いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
お姉チャンバラZ2 ~カオス~ ミッションモード
ミッションモードも全部クリア…と、いきたかったのですが
難易度ハードのミッション10「連絶数維持」であきらめました。

最初適当にやってたら、ボス敵を倒したところで雑魚敵がほとんど残っておらず
そこから連絶を稼げずにギブアップ。
おそらく、先にボスやら固い敵を片付けて、残った雑魚で連絶数を稼ぐ方法で
いけるんだろうと思いますが、その方法を試すことすらなくやめちゃいました。

もう飽きが来ていたのと、いちいちロードが長かったりで
少しずつストレスが溜まり、つまづいたらもう立つのが面倒になっちゃったパターンです。

前作ではクールコンボ最終段まで安定して出せるレベルに到達しませんでしたが
今作は沙亜也のチェーンソーとナックルだけは、乱戦でも結構最終段まで出せていたので
Pスキルは若干向上しているみたいで、そこは良かったです。

内容的に前作と似すぎていたかなーというのはあったので
次回作では、もうちょっと新作っぽい変化が欲しいですねー。
メタルギアソリッド5 ファントムペイン その3
EP13までの任務地であるアフガニスタンに飽きてきたなーと感じる頃
EP14以降のミッションが、新たな地アンゴラで始まり、また新鮮な気持ちに。
また、バディにDDやクワイエットが加わり、潜入パターンも増えてくるので
ゲームの進ませ方が上手だなーと思いましたね。

バディはそれぞれ得意分野が違っていて
移動なら馬、潜入ならDD、戦闘ならクワイエットが得意分野になると思うんですが
総合的にはDDが、頭一つ抜けている印象。
敵や兵器のみならず、捕虜や地雷の位置まで正確に把握する索敵能力に加えて
広範囲の陽動や敵の無力化までやってしまいますからなぁ。

それから、EP14を過ぎて、さすがに解禁される要素も少なくなってきたなーと思っていたら
EP22クリアでFOB関連の要素が解禁され、一気に出来ることが増えて一人でてんやわんやw
そして想定外に基地の収容人数も大きく増えて、人が足りない状態に…。
基地の収容人数が一杯になった時点から、無駄なフルトン回収しなくなってたからなぁ…。

これからのミッションは、またフルトン回収しながら進めるで。
深夜廻
前作に続いて、今作も遊びに来た友人が持ってきたソフトでプレイしたので
1日で一気にクリアしました。

システム、雰囲気、グラフィックなど、何もかも使い回しにしか見えず
マップギミックがあるわけでもないので、敵キャラが増えたくらいの
バージョンアップ版レベルの内容だったのが、残念…。

クリアまでは4~5時間くらい。
一般的なゲームの追加DLCクラスのボリュームでしかないのに
フルプライスなのはいかがなものかと思いますね。

攻略も前述したように、前作からの追加要素はなく
ダッシュのスタミナ管理と懐中電灯、石ころを投げるくらいのアクションだけですし
難易度も低く調整されているので、達成感は皆無。

怖さや雰囲気はよく出ているのですが
日本一ゲーの多くが同じテイストで表現されているので
日本一のゲームを多くプレイしていると
また同じような内容だな~と、ちょっと飽きを感じてしまいました。
ダンジョントラベラーズ2-2 闇堕ちの乙女とはじまりの書 その2
メフメラさんが仲間になる4章終了まで進みました。
パーティーメンバーも6人以上になって、組み方で戦術を練るのが楽しい時期です。

今作は禁止ゾーンはあっても職扉はなく、比較的自由にパーティ編成出来るので
レベル上げも大変だし当初は固定5人パーティで進めるつもりでしたが
プレイしているうちに全キャラ全職業使いたくなる病気にかかってしまったので
結局、ローテーションして全キャラ使っていく事にしました。
レベルが低くなりがちなので、雑魚戦ですら大抵苦戦するんですけどね…。

今レベル20くらいで、一度クラスチェンジしてはいますが
まだまだ職業毎の差は少ないですし、スキルもレベル30で振り直すつもりで
結構適当にやってるので、育てていく楽しみはこれからですかね。
ライフ イズ ストレンジ
海外製のADVは日本製に比べてシステムもストーリーも地味で
プレイアビリティも低いので、もうプレイしなくても良いかなーと思っていましたが
無料配信だったので、飛びつきました。

エピソード1までクリアした感想だと、まだ物語の導入から登場人物紹介を兼ねた
ストーリー展開による人物相関図の構築と説明が大部分を占めており
最初と最後の部分で全体のストーリーをぼんやりと提示する構成なので
日常描写が非常に多くて退屈でした。
当然、日常描写というのは特に序盤においては重要な要素なので
必要不可欠ではあるのですが、個人的に一番苦手な部分なんですよね…。
早いとこ、非日常にぶち込んで欲しい。

システム的には他のADVとの差別化として、主人公に時間を巻き戻す能力がありますが
プレイヤーの視点からすれば、セーブ&ロードという基本システムさえあれば
全てのゲームで時間を巻き戻す事が出来るので
これを主人公特有の能力として設定したというこを、どこまで活かせるかですね。

ストーリー的にもシステム的にも伸び代がありそうなので
エピソード2から面白くなるといいなー。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.