いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
BEYOND: Two Souls 2周目
2周目は選択肢を変えるのはもちろん
1周目では放置で失敗ルートだったQTEを全部成功させてみました。

まぁ、予想はしてましたが、どんな選択肢を選んでも
基本的には受け答えが変わる程度でストーリーに変化はありませんねぇ…。
稀に展開が若干変化する場合もありますが、結果が変わることはありません。

QTEに関しても同様で、失敗だろうが成功だろうが
僅かな変化しかないので、なんともやりがいのない2周目となりました。

あまり変化がないということは、当然同じシーンが多くなるわけですが
次の選択肢までのスキップどころか、セリフのスキップすら出来ず
ムービーシーンも強制的にフルで見なくてはいけないのが苦痛で苦痛で…。
ACERのNSM(NOT SKIP MOVIE)の悪夢を思い出してしまいましたわ。

エンディングは数種類あって、フラグ管理が楽なら全部見ようと思っていましたが
上記含め、いろいろ面倒なのでこれで終わりにしますー。
BEYOND: Two Souls クリア
エンディングまで見終わりました~。
時系列がバラバラにチャプターが進んでいくので
ストーリーがわかりにくいという話も聞いていましたが
チャプター開始時に、全体の時系列のどの位置の話なのかが表示されているので
特にわかりにくいという事はなかったかな。

ただ、ヘビーレインのように先が気になって、どんどん引き込まれるような展開もなく
特別素晴らしいストーリーというわけでもないので
ムービーゲーとしては駄作の域じゃないかと…。
エンディング、そして霊体エイデンとの関係性は良かったと思いますが、それだけです。

最後は連続でQTEのアクションシーンがありますが
今まで通り、操作しなくても勝手に進んでくれると思って放置していたら
まさかのバッドエンド直行でしたw

しかもやり直しがチャプターの最初からなので
またムービー見て、キャラを移動させて、選択肢選んで、ムービー見て…
リトライがこんなに苦痛だったのは久々ですよ。

2周目をやる価値なんて、ほぼないとは思いますが
別の選択肢を選んだ時の展開も気になるので、一応もう1周だけやってみようかと思います。
BEYOND: Two Souls
前作(ではないけど)のヘビーレインが、結構好きだったので
今作も楽しめるだろうと買ってみましたが…。
なんだろう、全てにおいてヘビーレインの劣化としか思えない。

ヘビーレインの時からアクション性は皆無で
ほぼ選択肢を選ぶだけのゲームではありましたが
捜査したり推理したり、少なからずプレイヤーの介入する要素はありました。

しかし今作は、ほとんどプレイヤーの介入する要素がありません。
一応、QTEによる操作はあるんですが、アクションシーンで何も入力しなかったとしても
特に問題なく勝手に話が進みますし、成功しないと進まない場面でも
無制限でやり直しが可能になっています。

あとは霊体?のエイデンを操作する事も出来ますが
隣の部屋の様子を見に行ったり、物体に干渉したり、人に乗り移ったりと
この時は結構、楽しめますw

まぁ、ノベルゲームが選択肢を選んで文章を読み進めるゲームなら
これは、選択肢を選んでムービーを見るゲームという感じですかね。
ここまでやるなら、もうキャラの移動とかも全部オートで良かったレベル。

まだ中盤くらいだとは思いますが、最後までこの調子かなーと思ってます。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.