いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
真 流行り神 クリア
本編、隙間録とも、全部読み終えました。
ライアーズアート以外の選択肢は全て選んだと思うので
もう、ほぼやる事はないかなー。

新要素のライアーズアートですが、神宮寺シリーズの尋問など
テキストアドベンチャーにゲーム性を持たせるためによくあるシステムで
要は、制限時間内に目的の達成を目指して正解の選択肢を選んでいくというもの。
相手との駆け引きが楽しめるので、結構好きなシステムですね。

逆になくなった要素としてオカルトルートと科学ルートの分岐がありますが
これは非常に面白いシステムだっただけに、とても残念です。
これがあるから、推理物としても楽しめたのですが
今作は、オカルトルート1本なので、推理要素は皆無なんですよねぇ。


<寄生虫編>
虫が苦手な人には辛すぎなシナリオですなー。
最後は謎を残したまま終わりますが、隙間録でも回収されなかったし
今後蒸し返す事もないだろうから、投げっぱなしかな?

<人形編>
あまりにも…あまりにもベタな内容なうえ、ひねりも裏も何もないとは…。
嫌いじゃないけど、ちょっと手を抜きすぎなんじゃないかと思うなー。

<秘密クラブ編>
最初は、ピンクの栞キター!と、思いましたが、全然大したことなかったわー。
どうせZ指定になったのだから、こっちもがんばって欲しかったなw


最後の隙間録を見るに、続編も見据えた終わり方だったので
次回作にも期待したいところですが、サウンドノベル系作品と比べると
テキストも演出もイマイチなので、もう一段階上のレベルで帰ってきて欲しいです。
真 流行り神 その3
中盤で新たに解放される2ルートを攻略しました。
ついでに、既存ルートの選択肢埋めとか隙間録とかも見てみましたよっと。

同一ルート内の別選択肢ですが、あまりにも変化が少ないですね…。
サウンドノベルとかも、同じルート内であれば
基本的には、どの選択肢を選んでも本筋から大きくははずれないですが
このゲームの場合は、あまりにもはずれなさすぎる…。
どの選択肢を選んでも、あっという間に本筋に合流するので
2週目でいろんな選択肢を選んでみる楽しみが全くないです。
唯一バッドエンドルートに入った時だけは展開が大きく変わりますが
これは特殊なパターンですしねー。

旧シリーズでは、選んだ選択肢によって最後の推理で使う為に得られるキーワードが
変わってくるため、結構重要だったんですけどね…。

隙間録は大半が他愛もない内容ですが、一部更なる謎を提供しているシナリオもありました。
この辺は今作中に判明するのか次回作へ持ち越すのか気になりますな。


<死臭編>
人体から作った醤油を販売してるとか、いろいろ怖すぎるわ。
人毛醤油やミミズバーガーどころの騒ぎじゃないぞw

<洗脳編>
かなり胸糞悪いというか、救いがないというか…バッドエンドしかないシナリオ。
隙間録でエンディング後の救いがある展開が描かれているんじゃないかと
少しでも期待した自分がバカでした。
真 流行り神 その2
最初のブラインドマン編をクリアすると解放される3ルートをクリアしました。
旧シリーズのように1話毎に話を進めるのではなく
選ぶ選択肢によって、全く別のルートに変化する「かまいたちの夜」方式のようですね。

そういえば、「かまいたちの夜」も「真」が発売されましたが
今回シナリオツリーを作ったり、ルートによって登場人物の立ち位置を変えたり
システムを似せてきているのは何か関連あるのかな?単なる参考でしょうかね。

ちなみに新たな3ルートも特に難しい所はないかと。
Sランクも攻略サイトなどを頼らずとも、案外すんなり取れちゃいますね。


<悪霊編>
真相が呪いそのものだったのは残念でしたが
死のルールはちょっと捻った感じになっていて面白かったかと。
FOAFを絡ませてくるのも、しっかり「流行り神」してたので良かったです。

<生け贄編>
Z指定の要因は「犯罪表現」という事でしたが、これが該当のシナリオかな?
たしかに、スナッフビデオ撮影の犯罪を描いた作品は珍しいかも…。
実は…という感じで遥さんの扱いは上手でしたね。
彼女の真相については、おそらく隙間録で見れるんでしょう。

<パンデミック編>
まさかのゾンビパニック系のシナリオで、もはや本編の面影は全くないですw
極限状態で徐々に倫理観が崩れていく様子なども描かれていますが
関本がやたら説教くさいのが、ちょっと嫌だったかなー。
真 流行り神
流行り神シリーズの最新作です。
旧シリーズは1~3まで全てプレイ済みで、とても面白かったので購入。
登場キャラなどは一新しており、再出発といったところですね。

まずはメインストーリーとなる「ブラインドマン編」をクリアしましたが
何度か選択肢ミスでのバッドエンドはあったものの、特に問題はなし。
ツリーを見ると、複雑な分岐構造をしているわけじゃないようなので
クリアするだけなら、選択肢の総当たりでどうとでもなりそうです。

ただ、最後に事件の真相を解明する為、人物相関図にワードを当てはめていくのですが
これの正答率がクリアランクに影響するようです。
クリアランクが高いと、事件の真相をより深く知る事が出来るサブストーリーが開示されるので
より深く楽しみたいなら、最高のクリアランクを目指す必要がありますねー。

道中で選んだ選択肢によって入手出来るワードに差が出てくるので
最高ランクを得るには、必要なワードを入手出来る選択肢を探す必要もあり
なかなか大変そうです。
まぁ、何度か挑戦したら攻略サイトに頼ってしまうつもりですけど…。

ちなみにストーリーはイマイチだったかなぁ。
犯人がただの異常者だったというのも、燃えない話ですし…
都市伝説との絡ませ方は、なかなか良かったと思うんですけどね。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.