いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
サイコブレイク ザ・エクセキューショナー
DLC第3弾です。
前二つが本編ストーリーの補完がメインだったのに対して
今回は、完全にゲーム内容に特化していますな。

まず、主人公がキーパー(金庫頭)という事に驚愕。
本編でボス敵だっただけあり、雑魚敵はガンガン蹂躙していける強さが楽しい。
対ボス戦でも、逃げ回ったり隠れたりせずとも正面から堂々と戦えますし
もはや完全に別ゲーですw

また、視点が一人称に変更されているのも、特徴ですな。
個人的には三人称視点の方が好きなので、選択出来ると嬉しかったのですが
十分楽しめたし、些細な事でしょう。

クリア後は、セバスチャン戦やホーンテッドバトル死闘編などが解放されるので
自身や武器の強化をして、挑んでいきたいところですが、スルーします。
ぶっちゃけ本編よりも面白いので、もうちょっと遊ぶのもやぶさかじゃないんですが
時期が悪かったですね…。
サイコブレイク ザ・コンセクエンス
キッドのDLC後編です。
「ザ・アサインメント」では全く出番のなかった銃器を使うシーンがあるので
僅かながらの戦闘要素もありましたが、基本的には「ザ・アサインメント」と一緒で
ほぼ完全なステルスゲーでした。

そのステルス部分も本編と比べると大したことないので
ゲーム的には全く見るところなしですかねぇ。
「ザ・アサインメント」にあったホラー要素がなくなってしまったのも残念でした。

そもそも、ストーリーの補完的な意味合いが強いDLCだったので
本編をプレイして設定が好みだったり、残された謎が気になる人用ですな。
一応、ストーリー要素は前面に押し出されいたかと。

クリア後に高難易度のモードも追加されたりしましたが、まぁスルーですね。
でも、「ザ・エクセキューショナー」はやってみるとします。
サイコブレイク ザ・アサインメント
キッドの視点で展開するDLC。
もともと本編をやりながら、キッドを操作したいなーと思っていたので
願ったり叶ったりなDLCで嬉しいです。

ただ、借りたゲームだったので、ディスクを持っておらず
ディスク必須な本作のプレイを諦めていたんですが
幸運な事にもう一度手に入れる事が出来ました。
PS3引退前にプレイ出来て良かったー。

DLCって事で、それ程長くはなく、3時間くらいでクリア出来ました。
ほぼステルスゲーになっていて、武器は攻略に必要な場面でしか手に入らず
見つかると為す術がないので、かなりドキドキしますね。

ホラー演出も本編より一般的でベタな内容が増えていて単純に怖くなってます。
訳が分からない的な怖さの演出も健在なのですが
こちらはホラー演出というよりはストーリー演出として見るべきでしょうね。
まぁ…もう本編の内容もあまり覚えていないし、ストーリーはどうでもいいかなw

今回は前編にあたる内容なので、引き続きDLC後編もプレイしますー。
サイコブレイク クリア
サクサクっとクリアしましたぁ~。
戦い方が解って来てからは、雑魚戦はかなりスムーズに進むようになり
しっかり銃器とボルトを併用していれば、弾薬に悩まされる事もなかったです。
ロッカーからの補充もありますし、思ったよりも余裕でしたね。

ただ、ボス戦はなかなか難しく、初見で無駄なく立ち回る事が困難だった為
とりあえず戦ってみて、なんとなく攻略法が見えてきたら死んでリトライしてました。
最初に、各種ボルトを撃って、効果を確認するのは必須ですな。

ラスボスはイベントバトルなので、ゲームとしてのラスボスは
その直前のキーバー2体になるんでしょうが、既出な敵な上、大して強くもありません。
むしろ、さらにその前の大量に雑魚が湧いてくる所の方が難しったような…。
ラスボス戦のイベントも超簡単なので、最後で詰まるって心配はなさそうですね。

クリア後はストーリー補完の為に、取り逃したアーカイブ回収だけやっておきました。
ゲーム内での出来事が何でもアリで意味不明なのは「精神の中だから」という事なので
ストーリーの全体像を掴むには、新聞記事などのアーカイブの方が重要なんですよね。
主人公が精神世界で体験している事は現実ではないので、ぶっちゃけどうでも良いというw

最終的にラスボスも黒幕?の組織も残ったままなので、次回作もあるかも。
サイコブレイク その2
借りているゲーム優先ってことで、シャリーを一時中断して進めてます。
現在、チャプター10まで終わりました。

自分より少し前に始めた同僚が、弾がカツカツでキツいと言っていたので
弾を無駄にした時は、セーブやチェックポイントの少し後くらいなら
リロードしてやり直しながら慎重に進めてます。

実際、敵が堅くて難易度は高めだと思いますし、ボス戦なんかだと
最初は攻略法がわからなくて、無駄撃ちしがちなので
初回は様子見・情報収集前提で戦うようにしてますねー。

その甲斐もあってか、今のところ潤沢に保てている…のですが、ちょっと余り過ぎかな。
かなりやり直しながら進めてきたので、ビビり過ぎだったかもしれませんw

ちなみにこのゲームって怖いのかな…?個人的には全く怖さを感じないんですよね。
おそらくは、今回の偏ったゲームスタイルの弊害だと思うんですが…。
やり直し前提、つまりシステム的な要素を前面に出した遊び方をしているので
世界観に没入出来ていないんでしょうねー。

今回のように1周目から効率的なプレイをする事は滅多になくて
アクション系ゲームの場合、1周目で練習を兼ねて初プレイを楽しみ
2周目で難易度を上げて縛りプレイする…というパターンが多いので
やはり、従来のパターンの方が個人的には合ってるのかなーと改めて思いました。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.