いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ブラッドボーン クリア
無事クリア~。
本編のミコラーシュ戦後からDLCをプレイしたのですが
DLC後の本編の簡単なこと簡単なことw
メルゴーの乳母、ゲールマン、月の魔物は全て初見撃破です。

本編しかプレイしていなかった時は、本編のボス連中もかなり苦戦していたのですが
DLCのボス達に比べると、雑魚過ぎますね…。
まぁ、DLCプレイ中にレベルが上がったというのもあるとは思いますが
クリア時点のレベルは104だったので、上げ過ぎという程でもないと思います。たぶん。

DLCのボスはどれもアホみたいに強敵でしたが、一番苦戦したのが
最初に戦うルドウイークだったかも。
あと、何気に苦戦したのが漁村の井戸の中にいる半漁人2匹ねw
あいつらもボス並みに苦戦しましたわ。

残念な事に、本編クリア後に存在を知ったのでローレンスとは戦えてませんが
一通りプレイ出来たので、これにて終了!

ダークソウル3も楽しみですが、どうせ完全版出ると思うので、一旦待ちだな~。
ブラッドボーン その3
道中、大きくつまずく事もなく、嘆きの祭壇のボスを倒すところまできました。
やっぱりダークソウルよりは簡単になっている印象ですね。
地形ギミックや敵配置で凝っているなぁ、嫌らしいなぁ、と思う場所はあっても
理不尽だと思える場所は少ないです。

ただ、難易度が下がったとはいえ、難しい事に変わりはなく
回復薬の仕様が変わったので、快適にプレイする為には
ある程度のPスキルが必要なのが難点かなーと思います。

ダークソウルでは難しい反面、拠点で最低限の回復薬が自動補充されるので
回復薬を使いまくって死んだとしても、特にデメリットはありませんでした。
というか、回復薬を使いまくって死ぬのなんて当たり前な難易度です。

これがブラッドボーンでは回復薬を自前で調達する必要があるので
下手な人は回復薬集めという作業を強いられる事になります。
今のところ自分はステージ中の敵のドロップ品などで間に合っている為
回復薬集めをしたことはありませんが、回復薬を大量に使って何度もリトライするようだと
回復薬集めがかなりのストレスになると思うので、ここは要改善点かな。

それから聖杯ダンジョンもやってみましたが、コピペマップばかりで
あっという間に飽きますね…。
これは完全に協力プレイ用のコンテンツで、ソロでやるもんじゃないと思いました。

この後は、本編もクライマックスなので、まずDLC分をプレイしようと思います。
ちょっとしかやってないけど聖杯ダンジョンはもういいや…。
ブラッドボーン その2
聖堂街で教区長エミーリアを倒し、周辺のエリアも
それなりに攻略完了した辺りまで進みました。

基本的にはダークソウルと同じ操作性なので
思い出すように、どんどん慣れていき序盤の苦戦が嘘のように順調です。
△ボタンの仕様が変わったので、両手持ちしようとして
たまに輸血液使っちゃうミスがあるくらいですかね。

戦術的には盾の性能が著しく低下しているので
とりあえず盾を構えて移動していれば安心という事はなくなり
不意打ちを、かな~り警戒するようになりました。

盾が絶対ではないので、回避偏重のプレイスタイルになりがちですが
被ダメージから一定時間以内に攻撃するとダメージを回復出来る
リゲインシステムのおかげで、常に回避してばかりではなく
リゲイン頼みでカウンターを狙う事も出来るのがスタイルの幅を広げてくれて好印象。

敵の配置は序盤からずっと嫌らしい感じに設定されてますが
地形的に殺しにかかっている場所はまだないかな?
ダークソウル系だと地形的な不利と敵配置の不利とで
二重に苦しい場面は多々ありましたからなぁ。

今のところ唯一の不満は顔が隠れちゃう頭装備が多い事ですかねー。
がんばってキャラメイクしたので素顔が隠れないように
頭装備非表示のオプションは欲しかったかも。
ブラッドボーン
ダークソウル2までの売り方から考えて
必ず完全版を発売するだろうと待っていた。
さぁ、獣狩りを始めよう。

タイトルこそ別物ですが、ダークソウルシリーズの流れを汲んでいることは明白。
1も2もDLC分まで攻略した身からしたら、序盤で苦戦するわけにはいきません。
サクサクっと最初のエリアを攻略…するつもりが、最初のボスでまさかの5連敗。
獣狩りのはずが、完全に狩られる側です…。

いやはや、完全に忘れてましたよ。そんな甘っちょろいゲームじゃないんだった。
油断すれば即死亡なのは、もちろん。油断しなくても死亡ですからね。

なんとかかんとか、最初のエリア「ヤーナム市街」はクリアしましたが
ダークソウル経験者だからといって、舐めるなよ?と
いきなり手痛い洗礼を浴びたのでした。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.