いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
Until Dawn - 惨劇の山荘 - 全員死亡・生存エンド
攻略サイトでフラグを見まくった結果ですが、全員死亡・生存できました。
しかし、何度やり直しても1周目のクリアデータのフラグ状況が
必ず適用されるというのは、めっちゃやりにくいシステムですな。

特定の章を選んでプレイ出来るので、フラグでやり直したい部分だけプレイして
先に進めようと思っても、別の章をプレイすると、また1周目のフラグ状況に
戻されてしまうので、やり直したい部分から全ての章を通しでプレイしないと
目的の状況に導けないというのが、とてもストレスでした。

いろんな選択肢を選んで試してみたいと思っても、一個前の状況に戻る事が
出来ない為、気軽にやり直せないのが辛いです。

おそらく、選択肢のフラグだけでなく、何の意味があるのかもわからない
各種ステータス情報(勇敢とか)もある為、ポンポンと章を変えられないのでしょうが
例えばセリフスキップやシーンスキップ、次の選択肢までのスキップとか
そのくらいは、出来るようにして欲しかったところです。

和製のADVなら快適なリプレイ性と共に、フラグ管理とかもしやすく
いろんなシーンを自分で探す楽しみがありますが
洋ゲー(ヘビーレインとかビヨンドとか)だと
その辺が疎かになっている事が多いと思います。
(かまいたちの夜3や428は、その辺が完璧に近い)

あとゲーム性とは関係ない部分ですが、残虐シーンの規制で画面が暗転するのは
状況がわからなくなってしまう事もあるので、やはり最低でも差し替えを用意してくれないと
不満がありますね…。

おまけシナリオとか、全然展開が違うストーリーも用意してくれれば嬉しいですが
まぁ、そこまでは高望みでしょうか…テキストと背景だけのADVじゃないですしね。
今後の発展に期待です。
Until Dawn - 惨劇の山荘 -
ヘビーレインやビヨンドのようなアドベンチャーゲームですが
内容が「かまいたちの夜」っぽかったので、今まで一番期待して購入。

まずは、何も攻略を見ず、選択肢も深く考えずに直観メインでプレイ。
まぁ、初見はこのやり方が最も楽しめると思うからね。
結果、2名生存という、なんとも中途半端な結果にはなりましたが
ゲーム的には十分楽しめました。

カメラ固定は演出面で効果大だし、バタフライエフェクトも
ただのフラグ管理システムとはいえ、可視化と雰囲気作りという意味では
分かりやすくて良かったかも。

ただ、トーテムだけはどうだろうね。
未来予測が出来るシステムだけど、フラグのヒントになるわけでもないし
全く役立たずで、演出としても中途半端。
少しだけど、先がわかっちゃうし、むしろない方が良かったかも…。

探索シーンでは結構、注意深く探したと思うので
収集物関連は、1周でかなり埋まってます。
全員生存を最後にプレイしたいので、2周目は全員死亡を目指しながら
収集物コンプリートしようかな。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.