いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
カオスヘッド ノア クリア
バッドエンド?と真エンド?も読んで全エンディング達成です。

真エンドは最初のエンディングと大差なくて、正直期待はずれ。
新たに判明するネタバレ要素とかもなくて
あまりにも予想通りのエンディングを迎えるだけなので
驚きも感動もありませんでした。
ラスボス戦の曲は良いんですが、テキストが全く盛り上がらないのがなぁ。

むしろバッドエンドの方が面白かったかな。
ニュージェネでの殺人がどのように行われたのか
被害者となって追体験するテキストになっていて
描写は残酷ですが、初めて明かされる情報とかも含まれているので
興味深く読めました。

全体的にストーリーは良かったと思いますけど
好きなキャラも嫌いなキャラも少なく、興味ないキャラが大半だったので
そこが一番残念でしたね…。ちなみに主人公は嫌いです。
カオスヘッド ノア その2
2周目以降は各キャラクターの個別エンドを一通り見てみました。
共通部分はスキップ機能があるので、周回ストレスはほとんどなし。
ただ、終盤でちょっと分岐するだけのシナリオしかないので
ボリュームはかなり少ないですね。

内容的にも特別良かったと思えるような個別ストーリーはなかったかなぁ…。
ただ、主人公以外のキャラクターを主観としたテキストが追加されたおかげで
物語の謎だった部分や、各キャラクターの行動の意味や考え方がわかったりして
ストーリーの裏側を見るという点では面白かったです。

あと、1周目では妄想トリガーを使わなかったので
いろいろと妄想してみましたが、結構面白いですねw
あくまでオマケ程度の要素ですが、分岐そのものにも関わるし
世界観設定とリンクしたシステムなので、オマケでありながらも重要。

あとは、バッドエンドと真?エンドを残すのみ!
カオスヘッド ノア
Vita版のDUALでプレイしてます。
マルチエンディングですが、1周目の結末は固定という事なので
本作で選択肢の代わりになる妄想トリガーは全て「妄想しない」で進め
とりあえず、エンディングまで読み終わりました。

まず思うのは、主人公がキモい。
セリフも思考も演技も、全てがキモい。
主人公の成長を描きたい場合、序盤の主人公はダメ人間として描かれると思うが
本作の主人公は序盤であっても受け付けられないレベルだった。
しかも、最後まで成長が描かれないので、最後まで好きになれなかったかなぁ。

主人公関連のテーマや仕掛けのようなものは、非常に面白いと思うし
「その目だれの目?」や主人公の趣味や性格といったものは物語にマッチしているので
個人的には非常に惜しい線だったと思います。(好みの問題もあると思う)

ただ、この手のゲームにありがちですが、テキストのレベルが低くて読みにくい。
サウンドノベル系の読みやすいテキストと比べると、段違いです。
文字数稼ぎなのか知りませんが、無駄な描写や、しつこい描写
つまらないコメディシーン(これも好みの問題かな)も多く、結構読み飛ばしました。
もしかしたらストーリーの重要な部分を読み飛ばしてしまって
お話を正確に理解出来ていないかもしれません…。
まぁ、そんなに難しい話じゃなかったので、大丈夫だとは思いますが。

あとは、主人公関連以外の描写が薄いので、好きなキャラどころか
気になるキャラクターすらいませんでした。
まぁ、他のキャラは個別ルートがあるようなので、そこで描かれているのかな?

ちなみに、同シリーズのシュタインズゲートと比べると
ストーリーとしては、どちらも優秀だと思いますが
キャラの差でシュタゲの方が好きかな。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.