いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ホットライン・マイアミ2 クリア
クリアしましたが、いや~チンプンカンプンですわ…。
興味なくて会話シーンとかは飛ばし気味でしたが
じっくり読んでても意味不明だったと思う。

ゲーム的には、さすがに後半戦は結構大変でした。
結局バカなAIを誘き出して倒していく戦法は有効なんですが
敵の数が多くなっていたり、ちょっとの油断で射線が通っていたりと
敵配置は、かなり嫌らしくなっていましたね。

あと、前作だとマスクを付け替える事で特殊能力が変化する仕様だったので
ステージ攻略の自由度が高かったのですが
今作だと、能力固定のステージも多いので、遊び方の幅は狭まった気がします。

全体的にステージの配置が変わっただけで、1から変化している部分がなく
まぁ、1と2がセットになって1作品という感じですかね~。
さすがに同じ事を繰り返してる感が大きくなって、後半辛かったです。
ホットライン・マイアミ2
1から続けてプレイして、一気にステージ12まで終わりました。
システム的には1のままステージが延長されていった感じの作りです。

1と比べるとステージが広く、敵が多くなって
攻略に時間がかかるので、その分難易度は上がっていますが
攻略方法が変わっているわけではないので、難しいとは感じないです。

大きく変わったのはゲーム面よりもシナリオ面。
登場人物と会話シーンが大幅に増量されましたが
操作キャラや時系列が入り乱れるので、理解するのは結構大変かも。
自分の場合は最初から理解するつもりがないので、問題ないですがw
このゲームのストーリーなんて雰囲気でいいの!

とりあえずは、1周サクッとクリアしちゃいます。
まぁ、スコアアタックや2周目はしないと思いますが…。
ホットライン・マイアミ クリア
スタッフロールが終わったと思ったら時間が戻って
別キャラ視点で、物語が再開されました。
強敵だったメット野郎です。

謎だったストーリーが明かされる展開なのかもしれませんが
そもそも何が謎なのかすらわかっていない自分に死角はなかった。

本編主人公と違って、武器はナイフしか使えない近距離キャラですね。
銃が使えないので辛いかと思いきや、当然ステージ難易度も
キャラに合わせて調整されているので、特に難しくはありません。
ステージ数も少ないので、思いのほかあっさりクリア。

本編の時は主人公に殺される結末でしたが
ラストステージで主人公と対峙した際は、逆に返り討ちにしてやりましたよ!
…つまり、どういう事なんでしょうね?w
まぁ、あまり深く考えるゲームじゃないって事にしておきましょう。

クリア後はボーナスチャプターとかスペシャルチャプターとかが
アンロックされていたので、それもプレイしてみましたが
どの辺がボーナスでスペシャルなのかは、やはりわからず。

この後2をプレイする前にインターバルが欲しいので別作品を一つ挟みまーす。
ホットライン・マイアミ その2
サクサク進めて、一旦スタッフロールが流れるところまで進みました。
意味深なトロフィーが取得出来たので、まだ続きがあるみたいです。

最初はすぐ死ぬし、難しめのゲームかと思いましたが
コツを掴めば、そんなに苦戦する程でもなかったですね。
AIがアホなので、誘き出しと角待ちが非常に有効でした。
ドア付近も簡単に倒せるポイントですな。

まぁ、ボス戦の場合はボス戦だけの攻略法が必要なので
試行錯誤が楽しかったのは、そこくらいかな。

基本はスコアタゲーみたいなので、高ランクスコアを目指したり
オンラインランキングの上位を狙おうと思えば、やり応えありそうですが
そこまでやる程は面白くないかな~。
ホットライン・マイアミ
真上からの見下ろし視点で、ひたすらマフィアを殺していくという
ステージ攻略型の2Dシューティングゲームです。
買ったのは、1+2のCollected Editionですが、まずは1からですね。

とりあえず、チャプター3までクリアしましたが
いろいろ独特な雰囲気のゲームですな~w

ストーリーは謎めいていて、覆面の連中とか
意味不明な依頼の電話とか、興味をそそられます。
多くが語られないのも良いですね。
(まぁ、実はあまり興味はないんですが…)

ゲームは完全にトライ&エラー系です。
主人公はガンガン死にますが、リトライが一瞬なのでストレスフリー。
ちょいと照準の付け方が慣れないと難しいかなーと思う以外は問題ないかと。
近接武器はたくさんありますが、あまり差はなさそうね。

非常にサクサク進んで、止め時がないゲームなので
この後は一気に進めるかな~。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.