いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜 クリア
あれ?もしかして、ここがラストダンジョンかな?
あ、そうか、これでメインストーリークリアか。
と、思うくらいに何も盛り上がる事なく、クリアしてました。

別に大仰な設定や展開を期待してはいませんが
少しくらい緊張感を持たせるかワクワクさせてくれるか
それくらいは、うまく誘導してくれても良かったんじゃないかな~。

あとシステム的な事で気になったのは
一度達成したウワサの効果が後から見れないのと
達成した事があるウワサかどうかを判断出来ないのが不便かな。
ウワサの効果でしか採取出来ないアイテムがあるし
討伐系だと、倒したことがあるかどうか知りたいしね。

メインストーリークリア後に関しては、後日談として
まだストーリーがあるようですが、もう飽きましたw
やっぱり日常系のストーリーが面白くないのと
マネジメントの必要のないシステムがつまらないですね。

前作でわかっていた事ですが、自分の好きだったアトリエは
なくなってしまったんだと、改めて感じました…。
ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜 その3
プラフタの魂を人形に移してから、後は一気にクリア~!
と、思っていたら、想像以上に長くて、まだ終わりそうにないので
一旦区切ります。
錬金レベルは38、冒険者レベルは20+αといったところ。

レベル的には終盤に近付いていると思いますが
ここまでメインストーリーはプラフタの記憶戻しで
サブキャラメインのエピソードは日常系ばかり。
戦闘では未だにボス戦がなく、冒険要素も皆無。

中盤過ぎくらいまでは、平和なだけの物語も悪くないかな?
なんて思っていましたが、元来日常系のストーリーに興味がないのもあり
ここまで引っ張られると、さすがに飽きてきます。

錬金釜自体を調合して、いろいろな特性を付けたり
様々な出来事が切っ掛けとなってレシピを思いついたり
調合要素は過去作同様に、新鮮でとても面白いのですが
物語は全く盛り上がりませんねー。

例えるなら、期限付きのアトリエでメインストーリーを終わらせた後の
好きに過ごす期間をずっとプレイしている感じです。
イベント自体は豊富にあるんですけどね…。
ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜 その2
今作の目的が本に魂を宿しているプラフタの記憶を取り戻すという
非常にこじんまりとした内容なので、ストーリーの進行度が分かりにくいですが
プラフタの魂を人形に移すところまでは進みました。

錬金レシピを本に書き込むことが、記憶の復元と直結しているのですが
冒険や探索はストーリーと直結しないので錬金よりのゲームみたいですね。
システム的にも、錬金は考える要素が多くて面白いですが
冒険については採取地でのイベントが皆無で、全くワクワクしません。
今のところボス戦すらないので、採取や戦闘がちょっと退屈ですね。

そして前作同様、期限というものを気にする必要がないうえに
発生するイベントも日常の中での事なので、非常にマッタリとしてます。
やる事がなくならないように密度が濃いので飽きる事はないのですが
個人的には期限に追われている時のアトリエの方が好きです。

まぁ、たまには最初から最後まで平和なだけのアトリエも良いかもしれないけど。
ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜
久々のアトリエー!
シャリーのアトリエで時間制限がなくなって
退屈なゲームになったなーという印象だったので
同じく時間制限のない本作もスルーしていたのですが
PSプラスで配信されたので、やってみる事にしました。

まだ、プラフタの最初の記憶を蘇らせたところなので
チュートリアルを抜けたあたりですが、一通りシステムとか
世界観とかには触れられたかな、と思います。

相変わらず錬金システムは面白くて
毎作システムを変えているのに、こうも面白いものを作り続けている事には
素直に脱帽ですねー。

戦闘面は、攻撃と防御のスタイル変更システムや、ターン制になったり
主人公以外もアイテムを使えるようになるなど、特筆する要素がいろいろありますが
まだどれもピンとこないですねー。
序盤だから、まだ何も考えずに戦えているだけだと思うので
最初のボス戦辺りになれば、自然とシステムを生かして戦っているかもしれません。

ともかく、まずは久々のアトリエを純粋に堪能したいですねー。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.