いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ベルセルク無双 クリア
最後まで楽しくプレイしてクリアー!
ラスボスのガニシュカ戦は、ゲームとして成立させる為に
若干のオリジナル展開となっていましたが
想像以上にしっかりとストーリーが描かれていましたね。

実際のところゲームシステムは、いつもの無双で
対ボス戦は褒められた出来ではありませんし
ストーリーモードでは、ほぼガッツしか操作出来ないし
そもそもプレイアブルキャラクターが少ないし
ネガティブな部分も多いのですが、とにかくガッツで無双するのが楽しい。

ストーリーも、若干省かれている部分はありますが
ガッツ視点で見れば、かなりの再現度だと思いますし
期待以上と言えるような出来だったと思います。

ガッツ以外のプレイアブルキャラクターの活躍の場は
やり込み要素の無限蝕モードになりますかね。
自分はプレイしなかったので、詳細は不明ですが
各キャラクター毎にクリアしていく必要があるようなので
プレイアブルキャラクターの少なさは、キャラ一人一人の
やり込みボリュームで補おうという設計のようです。

無限蝕モードにストーリー性は無いようなので
大変かもしれないですがキャラクター毎にストーリー性のあるモードを搭載して
プレイアブルキャラクターを増やした完全版が出れば
また買うかもしれないです。
ベルセルク無双 その2
蝕の後、黒い剣士篇から断罪篇まで終わりました。

映画アニメが黄金時代篇までなので
ストーリー進行にアニメシーンは挿入されなくなりましたが
原作を知っていれば、何が起こっているのかはわかるので
それ程不自由はないかもしれません。
ただ、あまりにも棒立ち会話シーンばかりなので
もうちょっと動きを付けて欲しかったとは思いますね。

また、ガッツ主観でストーリーが描かれているので
断罪篇では聖鉄鎖騎士団(主にアザン)やキャスカ周辺の娼婦絡みの話が
全く出てきません。
ファルネーゼとセルピコのエピソードは、千年帝国の鷹篇以降も
登場するからか、かなり丁寧に描かれてはいましたが…。
ロストチルドレンの章に関しては、ガッツがガッツリと関わっているのにも関わらず
全カットですし、ストーリーの描かれ方は雑になった気がしますね。

ただまぁ、ゲームプレイの方は、ほぼガッツしか使えないのに
ガッツを使って無双する事自体が楽しすぎて、全く飽きないですわー。
ボス戦は相変わらず面白くないですが、全体的には最後まで楽しめそうです。
ベルセルク無双
とりあえず~なんて軽い気持ちで黄金時代編まで終わらせようと思ったら
めちゃくちゃボリュームあってビックリ。
なんとか終わらせましたが、三部最初に盗賊との戦闘で3シナリオも
いらないでしょ…完全に尺の為だよねw

ゲームシステム的には、特筆する事もないシンプルな無双なんですが
ベルセルクの世界観、特にガッツとの相性抜群で
大剣で薙ぎ払うアクションは、とても爽快感があります。
ボス戦に関しては無双のようにシンプルなシステムで戦うには
無理があるように感じるので、ここは課題でしょうねー。

ストーリー進行には映画アニメのシーンが、多く流用されており
ゲーム用のグラフィックとの差が気になるものの
戦闘以外の部分についても表現出来るので
ストーリーを理解する手助にはなっていたと思います。

個人的には原作熟読済みですし
ゲームキャラによる演出だけで進行した方が
テンポが良くて嬉しかったですけどね。

ここまで非常に楽しいので、黒い剣士編以降も楽しみです。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.