いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
魔女と百騎兵2 クリア
バッドエンドでクリアしました。
前作もそうでしたが、何がバッドなのかわからないエンドですなぁ…。
制作者からのコメントとかってないんですかね?

まぁ、それを抜きにしてもストーリーがつまらなすぎて辛かったです。
終盤は唐突な専門用語だらけになり、興味がない事も相まって
チンプンカンプン…会話は流し読み状態だったので、ほぼ理解してないです。

そんな中、ボス戦だけは最後まで楽しめましたが
ラスボス(連戦の両方とも)のグラが既存キャラのコピーだったのが残念。
前作のような強大さも感じられず、戦闘は楽しいんですが
ビジュアル的にはラスボス戦という雰囲気ではなかったですねぇ。

キャラ育成では武器防具の練成具合が大きな割合を占めていて
装備次第で難易度が大きく変わるのも難点だと思いました。
ラスボス戦も最初の2回は、どう足掻いても勝てないなーと思うくらい
ボコボコにされましたが、持ってる素材アイテムをフルに使って練成してから挑んだら
ごり押しで楽勝になるようなバランス調整でした。
ファセットを切り替えながらスキルを駆使して戦うのは面白いシステムだと思うんですが
結局、攻撃特化のノーブルラプターで押し通すのが一番簡単だったかな。

クリア後のお楽しみが何もないのもねー…。
スチルもBGMも鑑賞出来ないし、いろいろ残念な後味です。
魔女と百騎兵2 その3
ノーマルエンドとトゥルーエンドを見るまで進みました。
だんだんつまらなくなってきたね!

自動生成マップを移動しながら進む雑魚戦は
ノートリアスがいたら潰して進む程度で基本的には無視。
探索の楽しみもなくなったので、ボスまでの道中に
経験値やアイテム稼ぎ以外の目的はありません…。

ボス戦は前作同様にかなり面白いですが
武器や防具の練成状況により難易度が大きく変わってしまうのが難点。
レベルはある程度適正値になってると思いますが
強力な武器・防具があると、難易度が下がり過ぎる気がします。
自分の練成具合が適正値なのかはわかりませんが
全体的に前作よりは簡単な気がしますね。

という事で、戦闘はまだ楽しめるレベルですが
ストーリーは章が進むごとにどんどんつまらなくなり
もはや前作のような傍若無人さは鳴りを潜め
仲良しこよしなパーティで王道に近い道を進んでいきます。

個人的に期待していたものと違った、という事もありますが
王道を描くにはキャラクターと相性がよくなく、いまいち燃えません。
もうあとは戦闘だけでいいかな~?という気分ですね。
魔女と百騎兵2 その2
6章まで終わりましたー。
毎度毎度、海外ドラマのような引きで終わるので
今回も早く7章を始めたくてウズウズしてますw

ただ4章から6章までのストーリーではチェルカの出番が少なく
アマリエメインで話が進むので(主人公だから当たり前ですが)ちょい地味です。
また、チェルカの出番が少ないという事で必然的に好きではないミルムの出番が
増えているので、そこはちょっと不満でしたね。

戦闘の雑魚戦に関しては基本的に無視して進み
名前有の中型の敵がいたら始末する…という感じで進めています。
ちなみにノートリアスは始めに会えるゴーラン以外は
全部初めて会った時に倒していると思います。
ボス戦はだいぶ慣れてきた事もあって、だんだん簡単になってきた印象。
プリムに多少苦戦したくらいで、他は余裕でしたね。
アイテムは救済システムだと思っているので、基本的に未使用。

ファセットを切り替えながら、いろいろなスキルを駆使して戦うのは結構楽しいです。

てことで、やりたくてウズウズしてる7章へ!
魔女と百騎兵2
1を借りてプレイして面白かったので、2は当然買ってプレイするつもりでしたが
もたもたしているうちに、結局同じ友人が2も貸してくれました。
ありがたやー。

まずは序盤のチュートリアルくらいまでかなーと思っていましたが
今回は1のシステムから大きな変更がなく、非常にすんなりと入り込めたので
気が付いたら一気に3章まで終わらせていました。

相変わらずボス戦の難易度が丁度良い難しさで楽しいですが
逆に雑魚戦のつまらなさが際立っていて残念至極。
フィールドも今のところ、全く同じような森の地形が続いていて
ループしているかのように延々と同じところを歩きまわされている感じで
何の楽しみもないんですよね…。
一応3章で毒沼ギミックが追加されましたが、邪魔なだけですし…。

ストーリーは魔女病の妹を救うために奔走する姉という図式で進みますが
個人的に助けるべき妹のミルムを好きになれないのが辛いところ。
チェルカもメタリカのコピーのような性格と容姿をしていて
二番煎じ的なインパクトの少なさが気になります。
姉のアマリエは、まだこれからといったところですかね。

章の終わりの引きが良くて、どんどん続きがプレイしたくなるので
4章以降もガンガンいっちゃいます~。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.