いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
リトルナイトメア クリア
やり込み系は無視して、とりあえず普通にクリアしましたー。
LIMBOやINSIDEに比べると、謎解きもアクションも低難易度でしたね。

謎解きは、そもそもそんなものあったっけ?という程度でしかないし
アクションも視認性の悪さからくる落下死くらいしかゲームオーバーの要素がなくて
全くゲームをしている感じがしませんでした。

ストーリーに関しても何一つ語られることはないので、これは前述の2作品同様
個人の想像力(妄想の方が近いかもしれないが)に託されますね。

逆に作品の世界観や雰囲気は、3作の中で一番良かったかもしれません。
細かな演出や小物の配置、敵の造形に至るまで、良く出来ていたと思います。
ゆえに、難易度の低下と合わせて、より雰囲気を楽しむゲームに特化したんでしょうが
個人的には、ここまで雰囲気重視でゲーム性を蔑ろにされてしまうと
映画を見た方が良いと思ってしまうので、ゲームという媒体で表現する以上は
ゲーム性で勝負する事を放棄しないで欲しいなーと思いました。

と、言いつつも本当に雰囲気だけは良かったですし
考察サイトは覗きにいくと思いますw
リトルナイトメア
LIMBO、INSIDEに続くインディゲーの第三弾です。
ゲーム性も基本的には同じような感じかな?
とりあえず、最初の監獄ステージが終わったところです。

プレイ前の印象では、小人を操作して大きな家具などを障害物に移動していく
リトプラみたいな雰囲気の楽しいファンタジー物かなーと思っていましたが
プレイ早々、薄暗い部屋の中で首吊ってる人間が出てきたりと
めちゃくちゃダークな雰囲気が漂っていて、想像とはかけ離れていました。

その後も、明るい雰囲気は一切なく、それこそLIMBOやINSIDEに近く
リトプラ感は全くなかったですねぇ。

それから、普段見慣れた道具とかが巨大になっているような
小人感もほとんどなくて、まだその小ささを実感出来る演出もないです。

現状だとイマイチな印象しかないので、この先明るくはならないとしても
今まさに叩いているキーボードの上を歩くような小人感はぜひ欲しいですね。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.