いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
アイドルデスゲームTV クリア
前回から引き続き、チームスマイルの二人と姫でクリアし
最後にDoD編をプレイして終了しました。

ゲーム的なことを言えば、結局誰でプレイしようが同じでしたし
DoD編は本編を更に簡単にした内容になっているので
ぶっちゃけ選抜メンバーの誰か一人のシナリオとDoD編だけやれば
十分かなーという薄さでした。
実際には初回プレイは千春固定だし、DoD編のアンロックの為に
何人かのシナリオはプレイしないといけないので、2周では不可能ですが…。

ストーリーも、ものすっごく薄いです。
各キャラのテーマでもある、それぞれの秘密については
DoD編だけで全てやってくれるので、各キャラの個別シナリオを
見る必要なんてないですし、せいぜいバッドエンドを楽しめるくらい。

ただ、薄いながらもDoD編の展開自体は、とても良かったですね。
王道だから良いのは当たり前ではありますが、良いものは良いです。
最後にドリパクの秘密を暴露するのもグッド!
エンディングで流れる映像も素晴らしい!

キャラや歌も悪くないので、ゲーム内容さえ充実してれば
なかなか良い作品になっただろうに、もったいなかった気がしました。
アイドルデスゲームTV その2
千春に続いて、まずは同じチームの真理子、しらせ、
そのあとアクセントを入れたくて、一癖ありそうな、れんでクリアしました。

真理子については、まさか本人のシナリオでも最初の試験を突破出来ず
強制的に敗退になるとは思わなかったですが、隠し部屋でDoDの秘密に触れるなど
一番核心に迫った人物でもあります。(まだプレイしてないキャラもいますが)
ただ、出番の少なさゆえにキャラ付けが薄くて不遇かも…。

次にプレイしたしらせですが、壮絶な過去を持つまさかの復讐キャラ。
その心の声が、かなり迫真なので、この声優さんの演技はすごい好きw
単にギャップがあるだけじゃなくて、ちゃんと演じられてると思う。

たまたまですが、れんもしらせとは違ったタイプの復讐キャラで、ちょいかぶり。
一癖ありそうだと思って選んだんですが、全く癖のないキャラでしたねw

ゲームとしては、キャラ毎の好感度の違いとか能力の違いも設定されているようですが
全員完全に同じプレイで、何の問題もないです。
ゆえに別のキャラといえど、周回を重ねる程に作業感が強くなり、どんどん面倒になります。
いくら1周が短くサクサク進むとはいえ、プレイの99%(100%かも)が作業では
さすがにウンザリしますよ…。
全プレイを通して考える要素はゼロに等しいので、会話イベント中以外は
ながらプレイを強く推奨ですね。(じゃないとやってられんw
アイドルデスゲームTV
当初から、そそられるタイトル、そそられる内容だなーと思い
とても興味はあったのですが、散々な評価なのを見て
買うのを躊躇っていたので、フリープレイは嬉しいですねー。

まずは最初の千春編をクリアしましたが
なるほど…これは、ほぼゲームしてないですねw
当然、ノベルゲーのような文章量があるわけでもないので
ただただ、ボリューム不足に感じられる内容です。
これには、散々な評価なのも納得。

キャラクターや声優の演技と表現は悪くないと思いますが
演出のしょぼさ、展開の少なさはどうしようもありません。
サクっと1周出来るのは良いですが、遊んでる感じが全くないのはねぇ…。

この題材をもってしてこのガッカリ感は、ハズレB級映画をつかまされた感覚です。
続き?やるよ!
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.