いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 クリア後
クリア後のお楽しみ♪
・ダンガン紅鮭団
・超高校級の才能育成計画
・絶望のダンジョン モノクマの試練
それぞれやってみたよー。

ダンガン紅鮭団は旧作と同様の、キャラクター同士の交流に特化したモード。
ゲームとしての面白さは皆無なので、好みのキャラクターのエピソードだけ見たら
コンプしたい人以外は用無しかなー。
動画サイトなどで代替しても良いくらい自分でプレイする意義は少ないかも。

超高校級の才能育成計画は、もう一つのモード「絶望のダンジョン」で使用する
キャラクターを育てる為のすごろくゲーム。
過去作のキャラクターも登場するし、本編では見られない絡みだらけなので
結構面白いです。
キャラを育ててスキルを覚えて~っていうのも、やってて楽しいしね。

絶望のダンジョン モノクマの試練は才能育成計画で育てたキャラでパーティを組み
ダンジョンを攻略するRPG風のモード。
ちょっとテンポが悪い気がしたけど、スタンダードな作りで可もなく不可もなくってとこかな。

自分としては、それぞれ1回ずつプレイして飽きたので、どれくらいのボリュームがあるのか
ゲームバランスがどうなっているのかは不明ですが、それなりに遊べる出来なので
時間があったら、もっとのめり込んでプレイしていたかもしれません。
時間がないのが全て悪いのです…。
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 クリア
本編クリアー!
いろいろ言われていると思いますが、事件の真相そのもの以外は
その真相に迫っていく過程やその後の展開も含めて、全て良かったと思います。

捜査パートから黒幕と真相が判明するまでの裁判はとても面白いですし
真相が判明した後についても、そこで逡巡し葛藤するキャラクター達が
どういった結論を出すのか興味深く読ませてもらいました。

残念だったのは、真相そのもの、ただ一点だけですね。
まさか、ここにきてデスゲーム系で一番スタンダードな真相を
持ってくるとは思いませんでした。
正直いって、5章で判明したと思われた嘘の真相の方が
これでどうエンディングに持っていくのかわくわくしたんですが
結局こんな普通の真相なわけがない…と思っていた事が真相だったので
ダンガンロンパらしからぬ普通の(綺麗な)終わり方に拍子抜けです。

また、最終章で急に過去作と地続きの物語である事を強調しだして
その最終章のうちに実は過去作とは話の繋がりはないですよーと言い出しますが
めっちゃどうでもいいですw
最初から3は新シリーズだと思っていたので、過去作の事は気にしてませんでしたし…。
まぁ、かまいたちの夜3と同じやり方と言えば、わかる人にはわかるかな。

全体的には面白かったですし、クリア後のミニゲームも気になるので
もうちょっと遊ぶつもりです。
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 第5章
楽しみにしていた5章が終わりました。
めっちゃ面白いんですが!
ストーリーは進んだし、展開もトリックも全部よかったです。
過去作の5章と似てますね。(狙ってる?

退屈だった日常パートも、ストーリーがちゃんと進んだ事で
興味深く読めましたし、人間関係にも進展ありと
まさに最後に向けて動き出した感がありますねー。

まぁ、外の世界の真実とか自分たちの境遇だとかは
過去作からの経緯を考えると、驚くようなものではないのですが
ストーリーが動くだけでも楽しいものです。

裁判パートも最後まで確信が持てずハラハラしました。
各キャラの誤認や思惑の絡み方が見事だったので
単純そうな事件にも関わらず、それぞれが複雑に作用して
全貌がなかなか見えない作りになっていて良かったです。
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 第4章
4章が終わりましたが、まだ同じ流れだったかー。
そろそろ新展開来るかと思ってましたが、人が減っただけでした。

もう残っているメンバーの個性は十分描かれているにも関わらず
日常パート、裁判パートともに、お約束のやり取りが多く発生するので
さすがに飽き飽きしてきましたよ…。

日常パートでバーチャル世界に入って探索する部分もありましたが
システム面で面白さが出ているわけじゃないので、結局は会話が同じ感じだと
システムを変えてもマンネリを打破できるわけじゃないんですよね。
バーチャル世界のシステムが面白ければ別なんだけども…。

裁判もバーチャル世界での殺人であるがゆえに
プレイヤーの推理に必要なルールを事細かに説明する必要があり
現実世界での殺人に比べて考える要素が圧倒的に少なくなるので、めっちゃ簡単でした。
裁判開始時点でも、ほとんど推理可能で
容疑者も二人まで絞り込める人が多かったと思います。
そういった面でも裁判の流れが全部読めちゃうので、今作で一番退屈な裁判だったかなぁ。

最後は意味ありげな終わり方だったので、次章こそは期待してますよ…。
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 第3章
3章が終わりましたー。
今回は状況が複雑だったので、裁判前の状態では事件の全容は全く見えず
裁判が進む中で少しずつ真相に迫っていく流れを感じられて良かったです。

日常パートは新しく行ける場所を増やすことで、展開に差を出してますが
キャラの個性としては、全キャラほぼ固まっているので、ちょっと退屈になりつつありますね。
捜査パートも同様ですが、今回は連続殺人という事もあり面白かったです。

裁判はアクション面は相変わらずのダメっぷり(これは最後まで変わらないと思うけど)で
推理に関しては完全に闇に包まれていた状態の序盤ほど面白くて
後半、特に犯人が割れてからの内容は、流れで全部わかっちゃうのが残念でした。
犯人の設定が奇抜だったというくらいですね…。
旧作に比べると、超高校級の能力を活かした場面があまり描かれていなくて
単に性格的な個性に終わっちゃってる人が多いのも残念かな。

この先は、人数が少なくなって来ている事もあり
単純に事件発生→学級裁判、という流れだけにはならなくなるかな。
そろそろダンロン3全体の真相についても何らかの動きがありそう。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.