FC2ブログ
いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- クリア
クリアしました…長かったー!
空の軌跡シリーズから始めたので、空3以外の8作プレイした事になりますね。
さすがにシナリオ展開のマンネリさ加減が辛かったです…。

最後の最後はマンネリではなくなったものの
シナリオの内容自体が残念なレベルに感じました。
敵と味方の馴れ合いが凄いので、まるで双方手加減して相手を立たせているような
主人公の周囲で全く緊迫感が生まれない展開でした。
終盤の敵全てがこのパターンだから、たまったものじゃないですね…。
おままごとでも見せられているのだろうか…。

ただ、世界観を膨らませ続編の振りをしつつも、閃シリーズとして帝国編として
しっかりと完結させた事は評価したいと思います。
それから、終盤のダンジョンが長すぎたり、会話がダラダラ長すぎたりという面も
だいぶ改善されているようでした。
(全員に一言ずつ喋らせる…という冗長部分は残ってしまっていましたが)

全体のキャラ数がかなり多くなってしまったので、続編があるとすれば
過去シリーズのキャラの登場は限定的にした方が良さそうですね。
英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- その3
第2部まで終わりました。
第1部と断章が、コピペ展開だっただけに、2部からはリィンが加わって
ようやくいろんな展開が見れるかなーと思いきや
2部前半は、まだ1部を見ているかのような同じ展開が続き
リィンが加わった事以外に変化がない退屈な時間でした。

風向きが変わったのはリーヴスで本校とぶつかった時ですね。
それまでとは一味違った展開になっており
ずーっと味がしなかったガムを噛んでいた状態から
新しいガムに取り換えた直後のような感動がありました。

その後のパンタグリュエルでの展開は、これまた過去作と似たような感じに
逆戻りしてしまいましたが、大規模なオールスター感に騙されれば
非常に熱く燃える内容になっていて、良かったと思います。
(彼らの復活は予想通りというよりは期待通りという感じかな。)

今後の展開に期待が持てるようには、なってきましたが
自軍メンツや協力者が豪華メンバー過ぎて
キャラクターが感じている程の悲壮感をプレイヤー視点で感じられないのが難点かな。
こんだけいれば、どうとでもなるやろ…って思うので
シリアスに物語を見つめるのが難しくなっているかもしれません。
英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- その2
第1部と断章が終了しました。
リィンが復帰という事で、前半の区切りとしてはベストなタイミングでしたね。

ストーリーの盛り上がりも前半部分としては十分な展開だったと思いますが
それまでの展開は過去作同様のコピペ展開と言いますか
相変わらず同じプロットを繰り返すだけの退屈な時間でした。

第1部は3編ありますが、その全てで全く同じパターンの繰り返し。
更に言えば、過去作も全て同じパターンの繰り返し。
セリフまわしなども、各キャラ似たり寄ったりで
プレイすればする程、残念な部分が目立ってしまうんですよね。

せっかくキャラクターの相関や設定、ストーリーの本筋は良いのに
中だるみを感じる部分が多すぎるのが難点だと思います。
加えてシステム面も含めた演出などのテンポの悪さも拍車をかけてますね。

もはやストーリーの核となる部分以外は、初めて見るシーンであっても
デジャブや見飽きた感があるので、セリフは飛ばし気味。
どうせ、特に意味のあるような会話はしてない事がほとんど…。

次回作では、設定やストーリーはこのままの方針で良いので
テキストを書く人をなんとかして欲しいなーと思う。
英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-
ようやく閃の軌跡シリーズ最終章をプレイ開始です。
さすがに4作ともなると引き伸ばしストーリーになってしまい
過去3作が盛り上がりに欠けていたと思うので
最終作で最高に盛り上がる事を期待しています。

序章では、主人公リィンは登場せず、まずは空と零の主人公組の
夢の競演からスタート。
その他、最初は3の最終決戦に参加していないキャラにスポットが当たり
今作のオールスター感を期待させてくれる出だしになっています。

その後、新旧Ⅶ組の面々がアッシュとミュゼ以外勢揃いし
リィン救出の為に動き出すという感じですね。

マニュアルは確認してませんが、序盤のチュートリアルを見る限りは
システム的に変更はないみたいですし、難易度もベリーイージーにするので
いつも通り戦闘はサクサクでいけそう。
しかし倍速戦闘って今回もないのかなぁ?
1改や2改で、非常にお世話になったのだけどね…。
英雄伝説 閃の軌跡 Ⅲ クリア
終章クリアしましたー!
どうせ中途半端なところで終わるんだろうとは思っていましたが
このレベルは想像以上でした…。
ストーリー自体はぶつ切りで終わるにしても
ある程度は幕間的なタイミングだと思っていたのですが
戦闘中に終了って、そんなんあり…?

逆にラストダンジョンの短さ(これは良い方に裏切られたけど)とか
最後の盛り上がりのなさについては、想像を大幅に下回ってましたね。
アッシュの件は4章最後に見事な引きをしたなぁと思ったのに
その後に回収されずに次作へ持ち越しじゃ、何の意味もないですね…。

全体的に序盤の方が面白くて盛り上がりもあり
後半に進むにつれて、つまらなくなっていくという
作品としては最悪の構成だったんじゃないかと思います。

完結作となる次作こそ面白くなると信じているぞ…!
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.