FC2ブログ
いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ヴェスタリアサーガ外伝 シルヴァビルヒの聖なる剣 その2
バルークと決着をつける15章まで終わりました。
ミスリー島での戦乱に終止符を打つ重要なシナリオでしたね。

ただ、島の戦い一つを描くのに10章以上を使ったので
少々中身が薄かったような気がします。
前作キャラよりも新キャラが多く登場するので
キャラエピソードを多く盛り込んだために、本筋の展開が
長引いてしまった感じですね。

前作のキャラ人気に頼ることなく、新キャラクターが多く登場し
更に、前作で影の薄かったキャラにスポットが当たったりしているので
キャラの話が読みたいという要望が多かったのかもしれません。

戦闘においても、いろいろなキャラを活躍出来るようにする為か
部隊分けが頻発し、比較的少数で戦闘するステージが多いです。
その分、凝ったステージギミックは鳴りを潜め、敵の増援による
力押しが目立っていました。

部隊分割中は部隊間でアイテムの受け渡しが出来ず
アイテム購入出来ない場合もある為、そこはちょっとストレス。

前作が良すぎた為に、期待が大きくなってしまったからか
今のところ不満の方が多い感想です。
ヴェスタリアサーガ外伝 シルヴァビルヒの聖なる剣
完全に続編は出ないものと思い込んでいたので
外伝扱いとはいえ、続編が出てくれて嬉しいです。

出撃準備が出来るようになる、4章開始時点までプレイしましたが
相変わらずのマップギミックの凝りように加えて
毎ターンHP-1の「不治の病」とか、専用武器のスキルで死なない代わりに
HP1になると混乱する「心の傷」とか、スキルの効果も凝っていますね。
これは、めっちゃ楽しめそう!

ここまでの難易度的には、前作を踏破した経験があるからか
だいぶ簡単になった印象ですね。
(救済モードでプレイしている事の方が大きいかも…)
ただ、専用武器やレア武器も結構消費気味なので
この先でしっぺ返しを食らうかもしれませんが…。

シナリオはまだまだ小競り合いをしながら旅の途中、といった感じですが
前作も中盤辺りからどんどん面白くなっていったし、今後に期待!
ヴェスタリアサーガ クリア
クリア…してしまいました…。
ゲーム的には終盤の充実具合に完全燃焼したものの
ストーリー的には、まだまだこれからという内容なので
本当に続編の望みが薄い事が悔やまれます。

シルティン側の19章を20章よりも後に持ってくる展開もありだと思いますが
冥界竜よりも人間をラスボスをした今回の構成は見事でしたね。

また、終盤になっても破綻する事のないマップ構成に感嘆しました。
どこを取っても全く手を抜いている様子が見られない
とことんまで突き詰めたマップ構成だと思います。

唯一、難点を言えばスラインの存在でしょうか。
射程3~7で移動後攻撃が可能なのは、あまりにも強いです。
彼を使うことで困難な局面の多くを安全に打開出来ますし
数少ない調整の必要がある要素だと思いました。

全体として見れば、過去プレイしたSRPGの中でもトップクラスの面白さです。
大満足!
ヴェスタリアサーガ その4
「第15章 三頭の竜」までクリア~!
攻略サイトによると、それなりに難易度の高いマップが
続いているようですが、かなり無双しやすくなっているので
成長吟味の効果が出てきているのかなーと思います。

詰将棋のようなゲーム性は10章くらいまでで十分に楽しんだので
ここからはキャラゲーとして苦労して(面倒な成長吟味ね)育てた
お気に入りキャラ達を存分に活躍させていこうと思います。

ドーピングアイテムやシュリの魔石も未使用で温存しているので
15章外伝でしっかりと体制を整えて、ガンガン攻めていこうかと。

吟味によって難易度は下がったとしても、ここまで相変わらずの
マップギミックや地形・敵配置の絶妙さ加減があるので
攻略に歯ごたえがなくなるという事はないと思います。
これはもう、このゲームへの信頼ですね。

フリーゲームゆえに、売る為でなく本当にSRPGが好きな人達が
作ったんだろうな~というのが伝わってきて、プレイしているのが楽しい。

最後まで楽しんでいこ!
ヴェスタリアサーガ その3
「第11章 ハラルの戦い」までクリアしました。
ゲームもストーリーも、どんどん面白くなってきてますね。

5章で完成度の高いマップだなーと感心したのも束の間。
6章以降もギミック満載で手抜きを感じる部分は一切なく
よくこんなに考え付くな~と思うほど多彩な構成です。

成長吟味と攻略サイトを参考にしたプレイをしているので
さすがに難易度が高くて歯ごたえがあるとは感じなくなりましたが
それでも考えることは沢山あり、とても楽しくプレイできます。

本当に各ステージよく作られていて
商業用の他のSRPGゲームと比べてもダントツだと思いますね。
最初の記事で「全てにおいて作りこみが甘い」とか書きましたが
ステージだけは本当に素晴らしいです。

ストーリーも、もう一人の主人公(なのかな?)であるシルティンが
登場する7章からは、ずっと面白いです。
良い子ちゃんの主人公ゼイドでは、会話も展開も面白みや斬新さに欠けるのに対し
シルティンは短気で無鉄砲な側面があるので、展開に起伏を与えていると思います。
幼い性格は後々成長していくと思われますし王道展開になりそうな気がします。

本気でコンシューマー用をプレイしたくなってきましたが
開発者がやる気ないって言ってるのが残念でならない…。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.