FC2ブログ
いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
バイオハザード7 レジデント イービル クリア
実験場から廃船、廃坑まで一気にクリア!
敵に背後に回られるシーンなど、恐怖を感じる部分はありましたが
酔いに続いて恐怖も終盤にはVR慣れが加速してましたね。

酔いは長時間続ければ、まだ酔うかもしれませんが
それよりも首や肩の疲労で休憩を挟まないと辛いので
終盤は酔いを気にすることは、ほぼなくなる程に慣れました。

恐怖に関してもVR以外のゲームに比べれば圧倒的に怖いですが
後半になるにつれて、事件の全容がわかってきますので
そうなると精神的な面で恐怖感が和らいできますね。
やはり未知への恐怖というのが、一番のスパイスみたいです。
もちろん、単純な慣れというのもあります。(演出とかパターンとかね)

そしてVRの恐怖を体験してしまった今
もう普通のTV画面に映るホラーを見ても
怖いと感じなくなってしまったかもしれないですね…。
所詮はTV画面の中の演出ですし、自分の体験のように感じられるVRとは
恐怖のレベル自体が違いますからね。
相性の良さを感じますし、VR用のタイトルがホラーだらけなのも納得です。

でも、次にプレイするVRは、ほのぼのしてたり爽快感があったりする
ゲームが良いなぁ…。アクアノートの休日希望…癒されたい。

ちなみにDLCですが、いろいろあってとりあえず一旦保留にしようと思います。
ただ、最低でも「Not A Hero」はプレイしたいですね。
バイオハザード7 レジデント イービル その3
旧館クリアしましたー!
もうVR酔いは慣れたもので、長時間は無理ですが
休み休み上手に付き合いながらプレイしております。

旧館では人型の雑魚敵は登場せず、ひたすら虫、虫、虫!
ただ、リアルでは虫が大っ嫌いな自分も
画面の中の虫はそうでもないので、火炎放射器で
焼き払いながら進むのが、結構爽快だったりw

唯一、細い通路をイベントで歩くときにムカデだかヤスデだかが
大量に這っていたのを見たときはゾワゾワしましたが…。
虫を見るのも無理な人は、このステージはクリア出来ないと思うw
VRなんて以ての外でしょう…。

個人的に一番怖かったのは、D型被検体の腕を入手して振り返ったら
足だけが見える位置に少女が立っていた時ですね…。
少し硬直してしまうくらい恐怖でしたわ…。
(D型被検体の腕がある部屋は入口が低く、扉を開けても上部は見えない)

更にその少し前に画面が真っ暗になって、少女の声が聞こえるシーンや
帰り道でドアを開けたら目の前に敵がいたりなど
この近辺に恐怖を詰め込み過ぎ!って思いました。

この後はどんな恐怖が待ち受けている事やら…。
バイオハザード7 レジデント イービル その2
相変わらずVR酔いはありますが、感覚的にそろそろ休憩すれば
30分後には再開出来る…というのが、わかってきたのと
単純に少しずつ慣れてきているようで、プレイ時間が伸びてきました。
最初の数回は、完全にダウンするまでプレイして
その後、どうにもこうにもならない状態になってましたからね…。

それと、本館に入ってから敵が登場するようになったので
それも酔い覚ましに影響しているのかなーと思います。
戦闘になると、画面揺れは激しくなるにも関わらず全く酔う事がありません。
たぶん、アドレナリンの影響で興奮状態になり
意識が戦闘に集中するからなんじゃなかなーと。

戦闘がない状態で、恐怖による緊張が続いたり
逆にリラックスし過ぎている状態でも酔いやすいと感じますね。

現在、本館から脱出して、外のキャンピングカー?でセーブした状態です。
この後の旧館では虫がたくさん出てくるらしく
また別の意味でVRの恐怖ががが…・。
バイオハザード7 レジデント イービル
ゴールドエディションのグロテスクバージョンで開始です!
VRの大本命のつもりで開始しましたが、体験版で感じた通り
酔いが凄まじいです…。

初回プレイでは10分くらいで酔い始め、15分で一旦休憩…。
素早く移動すると酔うので、ゆっくりゆっくりと進めました。
2回目のプレイでは多少慣れたのか初回よりはマシでしたが
一度に30分が限界という感じですね。

恐怖感は過去プレイしたゲームの中でも最高。
バイオ1よりも遥かに怖く感じます。
その恐怖が精神的なストレスになるので
より酔いやすくなってしまっているかなーと。

そんなこんなで全然進まないので、まだ例の家族に出会ったくらいですが
可能な限りVRモードで進めていこうと思います。
バイオだから、それ程長いゲームじゃないだろうしね。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.