FC2ブログ
いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
戦場のヴァルキュリア4 その3
13章まで終わりました。
一気にストーリーが濃くなってきましたね!

6章までは主に自軍を中心にキャラの紹介を兼ねて
快進撃のストーリーが描かれてきましたが
7章で敗走してからは、敵側のキャラの露出が多くなり
謎の少女が登場したり、カイを中心とした人間模様も複雑化してきました。

基本的にメインストーリーはシリアスを基本として描かれていて
コメディは各隊員の断章(キャラエピソード)で描くという住み分けも好印象です。

ただ、ストーリーの出来そのものは平凡で、よくある設定や展開だらけなので
見どころという程のものはないかもしれません。
それでも、軸がぶれずに一貫性のある描き方をしているので
とても楽しみやすいですし、悪い印象にはならないんじゃないかな、と思いました。
中だるみもないですしね。

ステージ構成は、中盤に来ても新鮮さが失われておらず
各ステージしっかりと設計され、明確な特色を持たされているので
最後まで飽きずに楽しめそうな感じです。
戦場のヴァルキュリア4 その2
7章まで終わりました。
敵の強固な拠点を大規模作戦で攻略し、勢いづいたところを
敵の奇襲で一気に劣勢に立たされ退却。
なんとか山岳地帯を越えて辿り着いた先に待っていたのは全滅した友軍。
迫りくる敵戦車部隊…その時…!
といった感じの流れでした。

ここまで3章から7章と、それ程進んだわけではないのですが
ストーリー的には盛り沢山。
主人公とヒロインの関係や、断章で語られるカイの物語など
キャラクターの深掘りも、しっかりとやっており濃い内容です。

SRPGとしてのステージ構成も、ストーリーに負けず劣らず多種多様で
非常に遊び応えがありますね。
同じステージの再プレイはしないで一発Sランクを目指しているので
かなりの回数をトライ&エラーで進めてます。

ゲームシステム的には敵の索敵も重要な要素なんですが
Sランクを狙おうとすると、どうしても敵の配置を把握をしておかないと
難しいので、敵の配置を確認してからやり直し…という行動になりがち。
これは初見クリアの楽しみを減らしている可能性もありますが
今回はこのスタイルでいくという事で…。
戦場のヴァルキュリア4
公式ページやPVを見る限り、1のシステムと3のストーリーの
良いとこ取りな感じがして面白そうだったので、期待して購入。
2章の後の断章までプレイしました。

まずマップが大きく一つになった(戻った)のが良いですね!
PSPの2や3ではPSP時代のモンハンのように
マップが細かくエリアで分かれてしまっていて残念だったのですが
据え置き機の今作では、また広大なマップで戦術を練る楽しさが復活。

実際、ここまでのマップ構成を見ても単純に突撃して
敵殲滅というマップはなく(チュートリアルの序章は除く)
どれも一癖ある内容になっているのが序盤から非常に好印象です。

ストーリー面もシリアスとギャグのバランスが程よく
現在と過去、キャラクター同士の相関が順序良く描かれていて
とても物語に入り込みやすいです。

久々の戦ヴァルは期待通り楽しめそう!
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.