FC2ブログ
いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE クリア
順調に進んでクリアしましたー。
2回目の平田屋敷はフラグ立てられなかったので未攻略ですが
怨嗟の鬼を含めて他のボスは全部倒したと思うし満足です。

後半のボスはみんな強かったですが、ちゃんと相手の技を理解して
有効な対応を覚えれば安定して倒せるようになるのは
本当に素晴らしいバランスですね。
次戦ったら勝てる自信はない、というボスはいなくて
どのボスも倒した後には負ける気がしないという気持ちになるので
攻略した後はスッキリした気分です。
ラスボスも倒す頃には、ノーダメに近い状態まで見切っていました。

忍具は獣相手の爆竹と、たまに傘を使っていたくらいで
あまり有効には使えなかったなーと思います。
実質、忍具禁止の縛りプレイに近かったかもしれません。

最終的にはダクソやブラボ程の難易度には及ばなかったと思いますが
気分良く楽しめる、やり応えのある難易度にはなっていたし
理不尽を感じたり運ゲーだと思う部分もなかったです。
ダクソの高難易度に関してはDLCのイメージも大きいかもしれないですけどね。

SEKIROのDLCは出ないのかなー?
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE その3
「仙峯寺」、「落ち谷」、「葦名の底」と次々に攻略して本城に戻り
「梟」を倒したところまで進みました。

相変わらず死にまくってはいますが、道中もボス戦も
めちゃくちゃ難しいと感じる部分はなくなってきたかな。
当初はダークソウルやブラッドボーンよりも難しいと感じていましたが
単純にシステムに慣れてなかったというだけかもしれません。

それと、ダークソウルやブラッドボーンと比べて
理不尽に感じる部分は圧倒的に少ないので、そこは好印象ですね。
特に地形に左右される部分は本当に減ったと思います。

システム自体も弾きが楽しくて楽しくて、最初は雑魚戦が面倒なんじゃないかと
危惧していましたが、全くそんな事はなく楽しめてます。

これから終盤だと思いますが、最後まで理不尽な部分がないと良いなー。
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE その2
「葦名城 本城」で「葦名弦一郎」を倒すところまで進みましたが
死にゲーの名前通り、めっちゃ死にまくってます…。
前回、地形に悩まされる場面はないと書きましたが
本城で初めて地形や敵の配置が嫌らしいなと思いましたね。

そしてボスの弦一郎ですが、普通に2回の忍殺を決めるのも大変だったのに
更に1回変身を残していたと知った時の絶望感といったら…。
しかも、負けたらまた変身前の状態からという、なかなかの鬼畜設定だったのですが
雷のカウンターが簡単かつ強いので、変身後の方はあまり苦戦しなかったです。

そんな弦一郎以上に苦戦したボスが「首なし」ですね。
戦わなくても良い中ボス扱いですが「神ふぶき」というバフアイテムを使わないと
ダメージを与えられないうえに、敵の攻撃で蓄積する「怖気ゲージ」がMAXになると
即死するという絶望的な敵でした。
一度倒すのは諦めて、少し進めてから怖気ゲージを減らしたり耐性を上げられる
アイテムを入手してから再戦したら、なんとか倒せましたが
今のところ出会った段階での戦闘では、一番苦戦した敵だと思います。

もう死に過ぎて…楽しい!w
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
楽しみ過ぎる死にゲー開始です。
「葦名城 城下」で「鬼形部」を倒すところまで進みましたが
噂に違わず、マジで難しいですね…。

ボス敵どころか、道中のポイントに配置されている、2回忍殺しないと倒せない
中ボス的な敵にも大苦戦するので、なかなか進みません。
ソウルシリーズのように、地形や状態異常に悩まされる事は少ないので
単純にアクションが難しくなった印象ですね。

弾きシステムは他のゲームでも似たようなシステムがいくつもありましたが
習得が必須レベルになっているゲームは初めてプレイしたかもしれません。
ただ、弾きからの忍殺は上手にプレイしている感が味わえて、とても気持ち良いです。

ちなみにソウルシリーズは攻略サイトを、かなり参考にしていましたが
今回は攻略サイトを見ていないので、そこも難しいと感じている要因かも。

ストーリーは話を聞いたり飛ばしたりで、あまり気にしていません。
この先もトライ&デスで楽しもうと思います!
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.