いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ファイナルファンタジーXII 5日目
FF12 5日目

暁の断片の力の引き出し方を探りに、ガリフの地ジャハラへと向かいます。

途中、ケロゲロスを討伐。
瀕死になるとレベル2倍になる技を使ってきて、被ダメが大幅に上がりますが
一気に押し切って倒せました。この話は使い古された王道的な話っぽいですね。
指輪は乾季になれば渡せるのかな。

ジャハラへ到着、門番に止められますが、ここに来るまでの戦いぶりを見ていたという
戦士長の薦めもあり、中へと入れてもらいます。
門番の話では最近よくヒュム族が来るのだとか、誰が来たのだろう?
戦士長の名前はスピネル、何の用で来たのかを問います。
理由を話すと、”お前達も”破魔石の話を聞きにきたのか・・・と
やはり他にも聞きにきたヒュムがいるようですね、ヴェイン関係?
スピネルは、長老方を訪ねるように教えてくれました。
大長老ザヤルを尋ねると、今度のヒュムは前よりも大きいという話なので
前に来たというのは、ラーサーっぽいですね。
ついでにスピネルにジャヤの木片を渡すように頼まれます。なんなんでしょうかね?
大長老の話だと、魔除けのお守りらしいですが・・・。

最長老とお話、最長老も使い方はわからないらしい。
ただ、暁の断片はその力を失っており、使い方がわかっても意味がないだろうと言います。
と、話の途中ラーサーが来ました。
ラーサーは、アーシェに頼みたいことがあるみたいです。
オンドール卿が解放軍を組織し、今アルケイディア帝国への反抗を開始すれば
ロザリア帝国は、解放軍の支援とうい大義名分を得た上で、
アルケイディア帝国との全面戦争になる。
そしてその戦場の中心になるのはダルマスカだと言います。
それを避けるために、神都ブルオミシェイスで大僧正アナスタシスに会い、
アーシェの即位とダルマスカ復興により、アルケイディア帝国と友好を結んでもらいたいと。
アーシェは、帝国側のあまりに勝手な言い分に納得できませんが、
ラーサーは本気で帝国のことと共に、ダルマスカのことを考えてくれているようで
アーシェはブルオミシェイスに向かうことを決断します。

アーシェは帝国との友好など、ダルマスカの民が受け入れるだろうか、と不安になりつつも
ラーサーと談笑するヴァンとパンネロを見て、光も見出していました。

帝国では、ジャッジ達の間でもヴェインへの評価は様々なようです。
主にヴェイン派とラーサー派がいるようですが・・・。

ゴルモア大森林で、謎の障壁のために先に進めなくります。
フランは私を拒んでいる・・・と言いますが、どうもここの森出身のヴィエラ族みたいです。
ただ、秘密の道っぽいのを作ってくれたのでそこを進みます。
そういえば、ここで出てくるモルボルのあまい息で、スロウになるんですが
これってエスナじゃ治らないのかな?万能薬もったいないです。
抜けた先はエルトの里、フランはミュリンという子を連れてきて欲しいと頼みます。
里を抜けたフランは歓迎されないということで、入り口で待っているようですね。
途中、エンケドラスやミドガルズオルムも倒しましたが、
いまだにレアモンスターからドロップなし。
ラーサーがハイポ連発してくれるので余裕ですね。

長のヨーテの話だとミュリンはここにはおらず、西の方の人間の穴にいるのだとか、
また、結界を通れるのはヨーテの許しの証であるレンテの涙を帯びた者だけらしい。
ラーサーによると、オズモーネ平原の南にあるヘネ魔石鉱だろうということで、今度はそこへ。

ヘネ魔石鉱の入り口にドラクロア研究員の死体が・・・。
奥へ行くとティアマット戦。
盾を操作して、ドンアクガ、エアロを唱えたら他のメンバーから離れ一人で受けるように。
ラーサーのハイポをメインに回復で楽勝。ついでにイシュタムも倒しときました。
ミュリンを発見、森を移動する帝国兵を見ても何も興味がない他のヴィエラ族を見て
不安感から、帝国兵の様子を探りにヘネ魔石鉱に来たところ捕まったらしい。

エルトの里へミュリンを連れて帰ると、どういう心変わりかレンテの涙をもらいました。
フランとミュリン、そしてヨーテは姉妹みたいです。
ヨーテは立場上、簡単にフランに協力するわけにはいかなかったのかもしれません。
ゴルモア大森林出口付近でエルダードラゴンとボス戦。
かなり強かったです、範囲状態異常技を使ってきたら、回復に専念。
ラーサーが混乱したら真っ先にエスナしてました。

神都ブルオミシェイス着。ブルオミシェイスははキルティア教の総本山であり、
どこの国も手を出せないことから避難民が多く集まる場所ということです。
大僧正アナスタシスの元へ集まったダルマスカのアーシェ、アルケイディアのラーサー
そして・・・もう一人ロザリアのアルシド・マルガラス。
アーシェが女王として即位し、ダルマスカの復興を宣言し、アルケイディア帝国と友好を結ぶ。
それによってロザリアもアルケイディア帝国侵略への大義名分を失う。
このような狙いであったが、
アルケイディア帝国のグラミス陛下が暗殺されたことにより事態は急転する。

グラミス陛下暗殺の犯人は元老院のグレゴロス議長とされ、元老院の議員達の大半が
共犯だったということになっています。
グレゴロス議長が亡くなったことによりヴェインが臨時独裁官になることを宣言。
しかし、これは明らかに・・・。
ジャッジマスター達もヴェイン派とラーサー派で一触即発の状態です。
だんだんとヴェインの思い通りになってきましたね。

アルシドは、グラミス陛下とならアーシェが即位したダルマスカ王国との友好もあり得たが
ヴェインが相手では、むしろアーシェを偽者だと解放軍を挑発するようなことを言うだろうと。
アーシェは、今はまだ表舞台に出ないことを決断し、帝国に対抗するため破魔石より
さらに大きな力を求めます。
アナスタシスはミリアム遺跡にレイスウォールの残したもう一つの力である
覇王の剣があることをアーシェに伝え、
アーシェ達はその力を求めてミリアム遺跡へ向かいます。

アナスタシスの「力を持って力に対抗するか・・・やはり人間らしい」という言葉が印象的でした。

続きはまた次回。

ワイバーンロードで検索してくる人がかなり多いみたい。
場所はナム・エンサの”熱風の下りる高台”の北の方です。
エアロを一人で受けるようにすれば、プロテスシェルも一人で済むし楽かと。
幻想水滸伝V 9日目
幻想水滸伝5 9日目

アゲイト監獄潜入。
メルセス卿を探します。一本道ですがね・・・。
看守に見つかりますが、メルセス卿をお守りするとか言ってます。ハテ?
事情を説明すると、看守の方納得しちゃいました、いいのか・・・。
看守さん自己紹介始めるし、名前はシウスとレレイ。
この看守さんは、メルセス卿の投獄は不当だと感じていたらしいです。
ゴドウィン卿が処刑を薦めていたのを、女王が減刑したとか、
元々女王は、監獄に入れるつもりはなかったのでしょう。
女王が崩御したため、ゴドウィンがこの機を狙い、暗殺に来たのではないかと思ったようです。

二人に案内されて、メルセス卿の所へ。
ルクレティア・メルセス、おや女性の方でしたか。
シウスとレレイのおかげで外の情勢もわかっているようです。
しかし、牢屋なのに異常に広いし、家具やベッドまで・・・(笑
それにしてもこの人、ちょっと天然入ってますね。
王子の軍師になってくれないかとの話をすると、あっさりOK。
ロードレイク暴動の際、女王に太陽の紋章を宿すように進言したのはルクレティアらしいです。
ゴドウィンが混乱に乗じ紋章を奪いに来る情報を察知し、守るには宿すしかない、と。
この当時ルクレティアはゴドウィン卿の軍師だったそうです。
本来なら彼のために知恵を働かせないといけないのですが、軍師としての任務よりも
自分の判断を優先し、ゴドウィン卿を裏切ったと言うのです。
ここまで言い、それでも自分が王子の軍師で良いのか?と。
つまり王子の判断とルクレティアの判断が違えば裏切る可能性がありますよ、
と言ってるのですね。
まぁ、仲間にしないと話が先に進まないので、もちろん信用してますし、お願いします。

脱獄する前に、キリィという囚人に会います。
なんか自分で牢屋の鍵を開けて出てきました。
脱獄しても周りが河で逃げられないから、ここにいたのだとか。
自分が王子だと知ると、
太陽の紋章を封じる胸像はいったいどこから持ち込んだのだと聞きます。
知らないと言うと、勝手にどこかへ行っちゃいました。

ルクレティアはそろそろラフトフリートが危ないかもしれない・・・ということで急ぎます。
戻る途中、バフラム・ルーガー将軍の艦隊が集結しているのを発見する。
ラージャ提督のところへいくと、サイアリーズやゲオルグもいました。
状況を聞くと、バフラム・ルーガー将軍が、ラフトフリートの自治権の返上し
次期女王リムスレーアに全面的に恭順するように、勧告。
従わない場合は武力行使するようです。

ラージャはかつてバフラム艦隊に所属していたこともあり、彼我戦力差を痛感しています。
しかし降参するのもシャク・・・。
王子はラフトフリートに手を貸すことを決めます。

戦争「バフラム艦隊迎撃戦」
ルクレティアの策もあり、楽勝。

戦争後、ラフトフリートが王子を支援してくれることに。
ラージャ、キサラ、ログ、ランが正式に加入。
シンロウと話すと、ゴドウィンのやり方が気に入らないということで、仲間に。
ハウド村で、ジョセフィーヌに話かけると、
サイアリーズのファッションセンスにライバル視し、仲間に。

ソルファレナで、マルスカールとギゼルがディルバ・ノウムに
レインウォールの反逆勢力討伐を依頼。どのような人物なのでしょう。

レインウォールへ一度戻ります。
バロウズ邸でサルムとルクレティアの腹の探り合い・・・こわい・・・。
ルクレティアによるとバロウズ卿がロードレイク暴動の件について
何か大事なことを隠しているらしい。そこで、オボロという探偵に調査を依頼することに。
依頼内容はロードレイク暴動当時のバロウズ卿の動向の調査、ということでお願いしました。

ここから探偵イベント。
宿屋で調査対象の酔っ払い、ノルデンに絡まれ、調査員のサギリとシグレに怒られる。
当時バロウズ家の警備隊副長だったらしい。
暴徒がバロウズ領を通過するさい、侵攻を阻止できなかったとして辞職。
尾行します。なにやら、監視らしき男に、余計なことを喋らないようにと釘を刺されています。
ノルデンと監視が別れ、追おうとするとオボロが登場、尾行はつけてあるっぽいです。
少し経つと、ネズミが報告に来ました・・・。で、ネズミの後を追うとバロウズ邸に。
監視の男はここにいるようです。そこで、今後の方針を考えるために一旦事務所に戻ります。

ノルデンはまた飲みに行ったらしいので、宿屋へ。
宿屋ではまずいので、なんとか説得して事務所で話を聞くことに。
なかなか話してくれないので、実際に惨状を見せるためにロードレイクへ連れて行きます。
ロードレイクで惨状を見ても、考えさせて欲しいとしか言ってくれませんが
今はこれで納得し、レインウォールへと戻ります。
途中、バロウズの兵士の襲われる、バロウズのことを嗅ぎまわるゴドウィンのスパイという
名目で口封じに出たようです。
ノルデンはこれで吹っ切れ、知っていることは全て話す決心をしてくれました。
が、気持ちの整理のために時間が欲しいということなので、王子はあとはオボロ達に任せ
この件はこれにて終了です。

監獄への抜け穴にて、エグバートのゴドウィン家への罵詈雑言を聞いてあげると仲間に。
アゲイト監獄でファレナの地図を作製していたというタカムを牢屋で発見。
フェリドの要請で地図を作っていたらしいが、ゴドウィンが地図を機密情報として
独占しようとしたことに対し、異を唱えたため監獄行きになったらしい。
最新の地図と共に、仲間になってくれました。

バロウズ邸へ戻るとカイルがいました。
王子が旗上げしたと聞いてやってきたようです。
リムやミアキスが無事なこと、ギゼルが太陽の紋章を宿すのを失敗したことなどを告げます。
カイルは自分の無力で何も守れなかったことを王子に詫び、改めて仲間に。

夜中、バロウズ卿が内密の話があると王子の部屋へやってくる。
ディルバ・ノウム卿による軍がこちらに向かっているらしい。
これを撃退し、その勢いに乗じて王になるつもりはないかと持ちかけます。
我々の側についている諸卿の領地を国土とし、 新たな王国を建てるのはいかがでしょうか、と。
まぁ、こんな口車に乗るつもりはないので当然断ります。

翌日、バロウズ卿を除く者で作戦会議。
ルクレティアの指示で動いていたものが何人かいるようです。
ゲオルグの報告から。南の森にアーメス軍が隠れていることが判明。
しかもその軍にユーラム・バロウズもいたと言う。
ルセリナの報告。サルムの隠している書状の中にアーメスの貴族と交わしたものがあり
アーメス南岳兵団から兵を借りる旨のものがあったようです。
ディルバ軍との戦闘中にアーメスが援軍に入り、
王子がアーメスの手を借りたという既成事実を作る。
そしてバロウズ卿が、新しい国を建てると言い出す。
王になった王子とルセリナが結婚すれば、サルムは王父ということらしいですね。
このような状況でバロウズ卿に手を借り続けるのはまっぴらですが、
今バロウズ卿から離れれば、味方はラフトフリートのみなってしまう。
そこでルクレティアに何か策があるようなので、期待しましょう。

翌日、援軍に来たリンドブルム傭兵旅団の団長ヴィルヘルムと副官ミューラーと会話。
そして戦争「レインウォール防衛戦」
まずルクレティアの指示で敵を南の森へ引き付けます。
そして、ディルバ将軍へ伝令。
南の森にアーメス軍を発見、一時停戦しアーメス撃退に協力されたし。というもの。
ヴィルヘルムは契約違反だということで戦線離脱。
ディルバ将軍はアーメスがいるのを確認すると、この条件を飲んでくれました。
アーメス撃退後、ディルバは仕掛けてくることはなく一旦引いてくれました。
ダインは、セーブルの街の安全のためにアーメスを追っていきました。

戦闘後、バロウズ卿は我関せずという顔をしていましたが、
ユーラムが戻ってくると、アーメスの将軍の名前や
黎明の紋章をバロウズ家が持っていることまで暴露。(というか、ミスって言っちゃった
王子、リオン、サイアリーズ、ルセリナで地下の倉庫を調べに行きます。
地下へ行こうとするとチャックが通せんぼ、王子と一騎打ち。
地下で露骨に怪しい箱を発見、開けるとそこにはやはり黎明の紋章がありました。
しかし黎明の紋章は光り輝くと王子の手に宿ってしまいました。
そこで東の離宮で出会った謎の女が登場。
王子は紋章に選ばれた、紋章に応えられなければ、
もっと相応しい人物に宿るように王子を殺すと言い、去っていきました。
チャックに問い詰めると、ルセリナが嫁に行くときに渡す大事なものがあるから
誰も地下倉庫に入れるなと言われていたらしいです。嘘は言ってないみたいですね。

バロウズ卿に事情の説明を求めます。
そこで追い討ちをかけるかのごとくオボロとノルデンが登場。
真相を暴露します。ロードレイク暴動は暴動なんて大げさなものではなく
水は濁るし、ゴミは流れてくる、下流のロードレイクは大変だと、バロウズ卿が
抗議に行こうと言い出し、それにロードレイクの人が集まっただけのこと。
ロヴェレ卿が暴動を率いたことなんてことはなく、むしろ騒ぎを大きくしないよう説得していた。
バロウズ卿は、抗議の人々の中に紛れ込み扇動し東の離宮を襲わせろと命令した。
この事実が発覚したことにより、バロウズ家との共闘は終了。
ルセリナ、チャック、ボズなども王子と共にゆきます。

レインウォールを出た王子はキサラに薦められラフトフリートへと向かいます。

また、話が動いてきましたね、続きは次回。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 12日目
クライマックスUC 12日目

エキストラモード上級編。そしてクライマックスUC日記 最終回です。


宇宙海賊現る
もうお馴染みのビギナギナ+シンシアで出撃
キンケドゥのX1&ザビーネのX2→トビアのX3
キンケドゥ+ザビーネより、トビアが強すぎた・・・。

ランクB

赤い彗星リターンズ
前のステージでX3が使えるようになったので、ここで乗り換え!
X3+シンシアで出撃。(へたれプレイ極まれり)
もう名前で想像できますが、シャアの乗機の連続ボス戦です。
パイロットはシャアでシャアザク→ジオング→百式→サザビー
サザビー以外弱いので、簡単だったかな。

ランクS

アナザー・ファイナル
X3+シンシアで出撃。
クロニクルモードのファイナルステージで出番のなかったガンダムが順番に出てきます。
パイロットはなしで陸戦ガンダム→フルバーニアン+サイサリス→ガンダムMk-Ⅱ(黒)→
最後はF90Vでした。F90V以外弱いのでやっぱり簡単。

ランクA

ニュータイプの悪夢
X3+シンシアで出撃
ハマーンのキュベレイ→ギュネイ+クェスのヤクトドーガ→
シャアのサザビー→アムロのνガンダム
だけど、これってどんな組み合わせ?
わからん・・・。
あ、ファンネル搭載機?

ランクA

地上の悪魔
X3+シンシアで出撃
ビグザムの大気圏突入から高機動な動きが格好いい(笑
こんなビグザム見たことない!
ドズルのビグザム→アイナのアプサラス→ブランのアッシマー→フォウのサイコガンダム→
グレミーのクインマンサ
これもようわからん、地上で運用可能なMAかな?可変MSも含んでいるが・・・。

ランクA

宇宙の死神
最後もX3+シンシアで出撃
シャアのジオング→ガトーのノイエジール→シロッコのジO→クェスのαアジール→
カロッゾのラフレシア
これは地上の悪魔の宇宙版っぽいですね。
ジOが謎ですが・・・。

ランクA

ちなみに集まったカードですが
オープン枚数334/423枚
コンプ率78.9%
ダブリ386枚
プログレスモードをジオン側でやったときに、間違えて最後連邦にしてしまったので
それがなければ、+10枚くらいいってたと思います。

あとは、カードコンプとか、オールSとか、オール50のオリジナルキャラとか
やれることはまだありますが、間が悪かった。
3月はやりたいソフト多すぎで暇がないです。
なので、とりあえずこれで終了~・・・です!
エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー
  ベルカ公国 - かつのて雄武国家。
  1980年代、行き過ぎた国土拡張政策は公国を経済危機へと陥れる。

  連邦法改正による国土縮小計画をもってしても未曾有の経済恐慌が収束することはなく、
  混乱に乗じて正当国家復古を掲げる極右政党が政権を獲得する。

  1995年3月25日、元ベルカ自治領ウスティオ共和国に眠る
  膨大な天然資源発見の報を機に、ベルカ公国は周辺国への侵攻作戦を開始する。

  「ベルカ戦争」の開幕である。

  準備不足の各国は、伝統のベルカ空軍の前に敗走。
  隣接するウスティオ共和国は、数日でほぼ全土を占領下におかれる。

  ウスティオ臨時政府は、
  残された第6航空師団を外国人傭兵航空部隊として緊急再編。
  オーシア連邦、サピン王国との連合作戦に一縷の望みをかける。
  この戦乱下、あなたはウスティオ傭兵部隊へ入隊。
  そこで、「片翼の妖精」の名を持つ腕利きパイロットと出会う。
  彼のTACネーム、”ピクシー”。

  入隊間もない、1995年4月2日1249時、
  ウスティオ最後の砦、ヴァレー空軍基地にスクランブルが響く。
  基地管制塔はベルカ爆撃機編隊の接近を確認。

  邀撃任務を託された二つの翼が今、戦線に舞い上がる。


と、いうことでエースコンバット0です。
このシリーズ2~5までやっていますが、変わらぬ面白さで安心できます。
今回新たに導入されたエーススタイルゲージシステムですが、
プライドに生きるナイトエースを目指してプレイしたいと思います。
ちなみに他には、金と力に生きるマーセナリーエース。
戦局眼を持ったソルジャーエースがあります。

さっそくプレイ、難易度はHARD、操作方法はNORMAL、英語音声日本語字幕。

MISSION 01:CROSSBOW
GLACIAL SKIES 凍空の猟犬
1995/04/02

プロローグにあるように、ベルカ爆撃機編隊からヴァレー基地を防衛するのが任務です。
機体はF-5E TigerⅡを選択。
通信内容から察するに、主人公はガルム隊の1番機、ピクシーが2番機のようです。
主人公のコードネームは”サイファー”
敵戦闘機は無視し、爆撃機だけを撃墜。
まぁ、最初ですしミサイル避けながら爆撃機だけ狙うのも容易でした。
狙い通りゲージはナイトエースに偏りました。

ランクC

MISSION 02:ROSELEIN
ANNEX 171号線奪還
1995/04/15

オーシア連邦とウスティオ共和国とを結ぶ陸の輸送路を確保するために 
ルート171を封鎖しているベルカ地上部隊の排除が任務。
機体はJ35J Drakenを選択。
被害が大きくなることから、爆弾は使用しない。
対地ターゲットも全てミサイルで撃破します。また、戦闘機や民家などは全て無視。
SAMや戦車のみ破壊。ゲージはナイトに到達。

ランクC

MISSION 03:CHOKER ONE
THE ROUND TABLE 円卓
1995/04/20

ベルカ公国との国境付近への強行偵察任務。
この場所はB7Rと呼ばれており、ベルカの強力な航空部隊が配置されている上に
強度の磁場による通信混戦なども確認されている地域である。
ベルカ絶対防衛戦略空域B7R 通称「円卓」
機体はF-5E TigerⅡを選択。
味方はピクシーのみ、偵察中敵機に発見され、交戦に。
円卓に入ると敵エース部隊の援軍、INDIGO隊。
撃墜命令が来たので戦います。
全機撃墜すると連合軍海上部隊が侵攻を開始したと通信が入り同時に帰還命令。
ピクシーは捨て駒という言葉を使いましたが、いわゆる陽動を兼ねた偵察ということでしょうか。
ちなみに最後の1機撃墜の時にピクシーと取り合いになり、
ピクシーと敵機が直線状にいるときに
ミサイルを発射してピクシーに当たりそうになっちゃいました。
最初に円卓へ向かわず無駄な戦闘をしたのが響いたのか、
ゲージが若干マーセナリーよりに。
次からターゲット以外は無視していきます。

ランクS

MISSION 04:OFFENSIVE CAMPAIGN NO.4101.
JUGGERNAUT 戦域攻勢作戦計画4101
1995/04/24

ウスティオとオーシア合同による、大規模な合同作戦の実行が決定。
また、今後両軍を総称した戦略的軍事機構を連合軍と呼ぶ。
この合同作戦計画を「戦域攻勢作戦計画4101」と呼称。海上輸送路確保が目的である。
3種類の同時作戦から成っており、どの作戦に参加するかを選択する。
ナイトエースっぽいので、連合軍艦隊の対空護衛任務のコスナー作戦を選択。
機体はF-5E TigerⅡを選択。
弾が足りなひ・・・特殊兵装を使い切り、ミサイルの残弾5発
機銃はうまく当てられないし、結構きつかった。避けられすぎかな。
攻撃能力を失った戦闘機や爆撃機は無視。
ややナイトよりにゲージが移動。

ランクC

MISSION 05:VARSITY
FLICKER OF HOPE 蒼天に舞う希望
1995/05/12

ウルティオの首都ディレクタス近郊にある、ソーリス・オルトゥスへの降下奇襲作戦の支援。
対空迎撃網、並びに迎撃機を無力化し、空挺部隊の降下援護をする。
機体はF-16C Fighting Falconを選択。
対空能力のある地上施設と戦闘機のみを破壊。
ゲージが大きくナイトよりに。このステージはわりとスタンダードで簡単かな。
GUARDIANの勲章をもらいました。

ランクS

続きはまた次回。
次は首都奪還作戦みたいですね。
ファイナルファンタジーXII 4日目
FF12 4日目 リヴァイアサン内部、アーシェ救出に向かう。

連行途中で兵士を片付け、別の場所へ連行されていったアーシェ救出へ向かいます。
敵は兵士だらけ、お宝もらえん・・・けどお金を落とすみたいね。
第一営倉にてアーシェ救出、ジャッジも見張りにいたけど、名前のないジャッジは雑魚扱いか。
アーシェは裏切り者(だと思っている)バッシュの力を借りるのを拒みますが
状況がそれを許しません。艦載艇を奪って逃走を図ります、
脱出前にラーサーがパンネロを連れてきてくれました。
ラーサーは帝国に歪みがあると言います、その歪みを示してくれそうだから、
素性を知りながらも逃がすのだとか・・・アズラスってウォーラスのことだったのね。
別れ際、パンネロがラーサーから人造破魔石をお守り代わりにもらいました。
最後はジャッジ・ギースが立ちはだかりましたが、たいして強くないので倒して脱出。

ビュエルバへと逃げます。追ってはこなかったみたいですね。
バッシュはアーシェにオンドール卿に会うように進めます。
表向きは帝国に従っているようにみえて、それは卿の本心ではないと、
アーシェを救出できたのもオンドール卿の助けがあってなのだと説得します。
ウォースラの同意もあり、アーシェも納得したようです。
また、これからはバッシュがアーシェの護衛を勤めるようです。

アーシェはオンドール卿に会い、助力を得ようとしますが、
返答は、王家の証を奪われた今、アーシェには力がないとし、保護するというものでした。
納得のいかないアーシェは、一人でバルフレアの飛空挺を奪いもう一つの王家の証である
暁の断片を取りに向かおうとしますが、
バルフレアに見つかり、オンドールに引き渡されそうになる。
アーシェは、一人で隠れているのがどうしても耐えられないようで、空賊のバルフレアに
”私を盗んでください”と言います。が、バルフレアは自分に得がないとして断ります。
しかし、暁の断片が、レイスウォール王の墓所にあると知ると乗り気に。
そこには覇王の財宝があるらしいです。
王女をさらえば、有名になり空賊としての賞金額もあがります・・・。
その場に居合わせたヴァンも付いていくことになり、
一行はレイスウォールの墓所を目指します。

アルケイディア帝国にて。
ジャッジ・ガブラスと皇帝グラミスの会話。
ガブラスは祖国であるランディス共和国を帝国に滅ぼされたが、
今は帝国を第二の祖国としジャッジとして働いています
だが、兄はそれを不服としダルマスカへと逃げた・・・。
これまでの会話から、ジャッジ・ガブラスとバッシュは兄弟のようですね。
また、グラミスの息子ヴェインは鋭すぎるとし、監視を怠らないようにと言いつけます。
そしてラーサーの力のなってやるように・・・と。
どうも真の黒幕はヴェインのような気がしてきました。

レイスウォールの墓所は、”ヤクト”と呼ばれる、飛空石の力が働かない場所にあるそうで
少し離れたところから歩いていきます。
大砂海オグル・エンサとナム・エンサを超えていくんだとか。
ロザリア帝国が作ったという、油田採掘施設でウォースラと合流。
施設は今は稼動してないらしい。ウォースラはどうやってこちらの居場所がわかったんでしょう?
そうこうしてると、この辺を縄張りとしているウルタンエンサ族とかいうのに見つかってしまう、
蹴散らしながら進みます。
ナム・エンサに入ったところで、ウルタンエンサ族の天敵であるウルタンイーターを
倒したら砂海の財宝をくれるとかいう話が。
さっそくウルタンイーターを倒しましたが、なんか、これから財宝を探しに行くとか・・・
いつくれるのやら・・・。

途中ワイバーンロードを倒しながら死者の谷へ。
ワイバーンロードは、通常攻撃はそれほど強くなく、エアロがやっかいですが
耐風装備とかしてれば結構余裕だと思います。
旅の商人に死者の谷にいる光る怪鳥の弱点は、ウルタンエンサ族が知っていると聞く。
言葉が通じず好戦的な彼らとどうコミュニケーションを取るか・・・。
で・・・なんか光る怪鳥(ガルーダ)は普通に倒せてしまったのですが・・・。
ワイバーンロードより弱いかも。
なんか特別な倒し方あるような言い方してたけど、意味あったのかな。

※後になって知ったのですが、ウルタンイーターを倒した後、
 オグル・エンサに行くとイベントがあり
 そのイベントでガルーダ弱体アイテムをもらえるらしいです。
※弱体アイテムならいらないと思っていましたが、イベント見に行って来ました。
 アイテムなんぞくれなくてもいいくらい、心に残るイベントでした。見てよかったです。

レイスウォール王は、ロザリア帝国やアルケイディア帝国、その他小国などの元の国
ガルテア連邦の王様らしい。ガルテア王国は数百年に渡って国々を統一していたみたいですね。

いよいよレイスウォール王墓突入。
デモンズウォールって懐かしい~敵が出てきましたね。
1体目の方が強かったですが、ミストナックを連発すれば結構簡単かも。
VS魔人ベリアス戦。
レイスウォール王は魔人と戦い勝つことで、この魔人を僕にしたらしいです。
んで、覇王の財宝っていうのはこの魔人ベリアスの召喚ライセンスでした。
バルフレアちょっと落胆・・・。でも暁の断片は手に入ったのでよし、脱出。

脱出したら、帝国軍に包囲されましたよ・・・・・。
ウォースラが一枚噛んでたみたいです。
ジャッジ・ギースは神授の破魔石と言われる、暁の断片と引き換えに
アーシェの即位とダルマスカの復活を交換条件にしてきました。
ウォースラを非難するアーシェですが、ウォースラは現実的な手段を考え
石一つで、ダルマスカが復興できるなら・・・と条件を飲んだようです。
アーシェは王家の証である暁の断片を渡すつもりはありませんでしたが、
バルフレアの首に剣をつけられ、仕方なく渡すしかりませんでした。

その後巡洋艦シヴァへ連行されるが、例によって営倉に入る前に兵士を振り切る。
しかし、理想と現実、目指す未来の違いにより、ウォースラと対峙することに。
ウォースラに勝利するも止めはささず、国を思ってしたことだと・・・。
しかし、シヴァ脱出直後、暁の断片の測定中に暁の断片が暴走。
シヴァ、リヴァイアサンを含む、アルケイディア帝国第8艦隊を壊滅させる大爆発を起こす。
おそらく、ウォースラ、ギース共に・・・。
爆発の中、暁の断片を発見したアーシェ達はそれを回収し、自分達の手に取り戻した。

その知らせを聞いたオンドール卿は病を理由にビュエルバを去る。
各地の反アルケイディア勢力を結集し、解放軍を組織するために。

これを機にロザリア帝国が戦力を集め、アルケイディア帝国攻撃の予兆を見せている。
この事態を招いた責任は艦隊を勝手に動かしたヴェインにあるとし
グラミス陛下はヴェインを本国へと戻らせる決断をします。

一方アーシェ一行。
第8艦隊を壊滅させた爆発に見覚えがある・・・。
帝国軍がナブディスに攻め込んだ時に、起こった謎の大爆発、それと同じだと。
ナブディスにも暁の断片と同じ力を持つ夜光の砕片が伝わっていたらしい。
そして帝国には今、奪われた黄昏の破片、そしておそらく夜光の砕片も手にしているだろうと。
アーシェは、暁の断片の力で対抗しようと考えますが、力の使い方がはっきりしません。
フランによれば、ガリフ族なら使い方がわかるかもしれないとのこと、
ということで、ガリフ族の里へと向かうことになりますが
バルフレアは、その報酬にアーシェのつけている指輪を要求します。
最初は拒みますが、他の方法がないため渡すことに。
アーシェは中指と薬指に指輪をつけていましたが、中指につけているのは
おそらく亡きラスラ王子の物でしょう。
バルフレアに渡したのは中指につけていた指輪です。

続きはまた次回。

と、全く関係ないのですが、最近パリィとは何なのかで検索してこられる方がいるので
書いておきますと、パリィとは英語Parryのことで、主に攻撃を受け流すことを言います。
花サボテンなどは、トゲで受け流しているのでしょうかね(笑
幻想水滸伝V 8日目
幻想水滸伝5 8日目

バロウズ卿に会いに館へ行きます。
途中交易所で奇書怪書の捜索収集をしているアズラッドという老人に出会う。
顔見せイベントかな。
ユーラム、サルム親子と会話。
サルムがゴドウィン批判を熱く語ってるところ、ルセリナという女性が登場。
娘みたいですね。きっと母親似だったんでしょう、綺麗な顔してます。
ゲオルグも驚いてました(笑
とりあえず今日はもう休むことに。
ルセリナに部屋を案内してもらってる途中、倉庫番のチャックと出会う。
荷物が多かったら預かってくれるらしい、”預かり所”ですな。

部屋でくつろぐメンバーに対し、緊張感を張り巡らすリオン。
サイアリーズは、今くらい休むようにいいますが、
リオンは幽世の門には、こんなときでも油断できないと。
リオンは以前、幽世の門に所属していたことを告げます。
幽世の門は、幼い子供をさらい、幼少時代から暗殺集団へと育て上げるところらしいです。
リオンもさらわれ、人を殺すための訓練を受けていたそうですが、フェリドに拾われ
今の女王騎士見習いになったのだとか。
本当の親も名前も知らないリオンに名前を付けてくれたフェリドに対し恩返しがしたかった・・・と
しかしまぁ、そんな過去がありながら、よくこんな出来た子になったもんだ。
リオンは、今まで隠していたことを詫び、
改めてそんな私でも王子の護衛をやらせてもらえるか、と
ま、過去はどうあれ、断る理由はないです。

翌日、早くも追っ手が迫っているとか、その数300。
名目は、大罪人ゲオルグ・プライムの捕縛と、王子、サイアリーズの保護。
バロウズ卿に協力を要請しているようです。もちろんバロウズは飲むつもりはないようです。
実力行使に及ぶようですが、バロウズ卿は我らの軍勢を王子に率いて欲しいと、
王子が率いることで、ゴドウィンこそが逆賊とのアピールをするのが目的ですね。

初の戦争。初陣
まぁ、最初だしかなり楽勝。

ソルファレナにて。
リムスレーアとミアキスはレインウォールで王子がバロウズと共に決起したのを知り、
喜びますが、ギゼルはこれを鎮圧してみせると、まぁ皮肉ったわけです。

レインウォール。
セーブルの街から援軍がついたらしく、隊長さんと面会。
名前はダイン、またその他にも各地から王子の名の下に
続々と義勇兵が集まっているらしいです。
しかしまだまだ兵不足。そこでラフトフリートのラージャ提督を陣営に誘いに行きます。
また、ダインはロードレイクの民とも手を結ぶべきと進言。
まずはラフトフリートのラージャ提督に会いにいきます。

しかしやっと幻想水滸伝本番って感じですね。
仲間集めもここからできるみたいです。
噴水でムラードを誘うが、
今は医者として両陣営の治療を行うとして入ってはくれませんでした。
オボロ探偵事務所でフヨウ、サギリ、シグレと出会う。
フヨウは経理担当、サギリ、シグレが調査員。所長は出かけてるらしいです。

ハウド村で家に入るとドレミの精に襲われ撃退するとコルネリオと遭遇。
ドレミの精の楽団を作るのだとか。ドレミの精を倒してしまったので
また集まるまでずっと一緒について来るんだと、てことで仲間に。

レインウォール北西、謎の大穴にて。
ドワーフの少年ベゲンと、魔法使いレヴィに出会う。
ベゲンはレヴィの魔法がみたいがために、この穴を掘っているらしい。
レヴィは穴を掘らせて封印球を捜しているようだが・・・。
紋章魔法についてレヴィに新しい知見をもたらせば仲間になってくれるらしい。

ラフトフリート着。
ここの人たちはみんな王子を指示してるみたいです。嬉しいですね~。
宿屋で料理人のレツオウ、娘のシュンミン
交易所でサイロウ、道具屋でサイロウの孫のシンロウと出会う。
みんなまだ仲間にはなってくれず。
ラージャ提督に会うと、奥でくつろぎつつ会話。
提督はだいたいの状況はつかめているらしいです。話が早い。
ソルファレナやストームフィストでは徴兵が行われているらしい。
ゴドウィンのやり方は気に入らないので、
王子に手を貸したいところだがバロウズ卿も気に入らない。
結果、協力は受けられなかったが、味方を集めるためには大儀を示さないといけない
そのために、ロードレイクをなんとかすることだ、とアドバイスを頂きました。

ダハーカを出ようとするとキサラに呼び止められる。
ログとラン、そして船を自由に使わせてくれるそうです。
砂金盗みで捕まったときに、よくしてくれたお礼だとか。
さっそくログとランに話し、ログの船でロードレイクへ。
ログとランも王子に恩を感じているらしく、やけに素直でした。
船には流れの紋章が使われているらしく、性能いい船みたいです。
ただ、ゴドウィンの砦が近くにあるらしく、船では近くまでしかいけないので
そこから歩いていきます。親父のログを船の見張りにおき、
娘のランは一緒に同行してくれるらしいです。

ロードレイクにてタルゲイユと会話。
現時点では、民の心は王子側にもゴドウィン側にもないようです。
ロードレイクを荒廃させた女王の息子である王子。
荒廃後、河を塞き止めるヘイトリッド城塞を作ったゴドウィン家。
今はまだ協力は得られませんでしたが、河を塞き止めているというヘイトリッド城塞を
どうにかるすことで、民の心を得られるかもしれないですね(予想

とりあえずレインウォールへと戻る。
サルムにいろいろ報告。ハウド村の芸術家に旗を作らせているらしい・・・。
状況を聞くと、王子はどっしりと構えているだけでいいだとか、娘のことをよろしくだとか
やはりこれは・・・まぁわかっていたことですしね。
サイアリーズはサルムが勝手にことを進めていることに危機感を覚えているようです。
こちらに情報は渡さず、お飾りだけの王子。
王子と娘を結婚させ、王子の義父の立場を得ることで、その後の実権を握る。
また、ルセリナはやはり出来る娘のようで、この辺の事情全て把握しています。
王子たちも、このままバロウズ家に頼りっぱなしでは、まずいと感じているおり
まずは、王子のために知略を尽くしてくれる優秀な軍師が必要だと、ゲオルグは言います。
サイアリーズに心当たりがあるらしい、名はメルセス卿。
ロードレイク争乱の時に女王のロードレイク粛正に反対し、
現在はアゲイト監獄に幽閉されている。
と、ここでサイアリーズが不自然に眠くなったと言い出し、話は一旦終わりに。

翌日、サイアリーズは就寝中、ゲオルグはすでに出払っている・・・と。
アゲイト監獄はフェイタス河の中洲にあり、船でしか出入りできないらしい。
そこで、またログとランの力を借り、船でアゲイト監獄へ向かいます。
ただ、正面から行っても無理なのは明白。
ログにいい案があるとのことでバスカ鉱山という場所へ
ここを抜けるといい場所につくらしいが・・・とりあえず行ってみますか。

鉱道を抜けるとついたところは、ドワーフキャンプ。
ログの知り合いのドワーフのガンテと出会う。
昔、ログと一緒に逃がし屋をしていて、
アゲイト監獄から囚人を逃がそうとしたこともあるらしい。
そのときに掘った抜け穴があるから、そこを通ってアゲイト監獄へ潜入します。

軍師ってどんな人なんでしょう~、楽しみです。
続きはまた次回~。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 11日目
クライマックスUC 11日目

エキストラモード、中級編です。

キュベレイ三姉妹
いつも通り、ビギナギナ+シンシアで出撃。
量産型キュベレイ→キュベレイ、プル&プルツー専用キュベレイMk-Ⅱと、3機同時相手。
でも、1機1機は弱かったので各個撃破すれば平気でした。

ランクS

復活のライバル
ビギナギナ+シンシアで出撃。
ボス戦連続。
ドズル+ガンダム→バーニィ+アレックス→ガトー+デンドロビウム→シロッコ+Ζガンダム→
ハマーン+ΖΖガンダム→シャア+νガンダム→ザビーネ+F91
歴代ライバル+主人公機ってとこみたいですね。
シャアνが強かった、どうもファンネルにうまく対処できない。

ランクC

プレッシャーに負けないで
百式+クワトロ限定。
LV3射撃限定、つまりメガバズーカランチャーのみで交戦。
このステージ時間かかった~、交戦時間12分、撃墜数100。

ランクB

殴り合い地球
ビギナギナ+シンシアで出撃。
格闘限定ステージ。シンシアは格闘が低いが、これは意地で固定。
雑魚出つつ、ボス戦。
バーニィ+ザクⅡ改→ミーシャ+ケンプファー→ノリス+グフカスタム→アムロ+νガンダム
νはナイスチョイス(笑
ステップ回避してカウンターしてるだけで楽勝。

ランクC

大は小を兼ねる?
ビグザム+ドズル限定。
ふひ~、何このステージ。
交戦時間14分、撃墜数152機。
時間かかりすぎや。

ランクB

幻の艦隊
ビギナギナ+シンシアで出撃。
どうも、歴代艦が出てるみたいですが、戦艦はあまり詳しくないので、名前とかよくわからず。
まぁ、簡単なステージのハズ・・・なのに。

ランクD

鋼鉄の要塞
ビギナg(ry
要塞の砲台破壊ステージ。
かなりの放火だが、所詮動けない的。

ランクS

中級編、終了!

次回、上級編・・・。
ファイナルファンタジーXII 3日目
FF12 3日目 バルハイム地下道を脱出、ラバナスタへ向かうところです。

ラバナスタへ向かう途中、レアモンスターのネクベトと遭遇。
盗む数十回繰り返すも何も取れず・・・倒してもドロップなし、残念。
ラバナスタに着くと、一行は解散になりました。
バッシュは今度一緒にレックスの墓参りをしようと言って去って行きました。
やっぱり死んじゃってるのかぁ。

ヴァンは心配をかけたであろうパンネロのところへ行くことに。
しかし、どこにも姿がないパンネロ。先にダランに挨拶に行くことにします。
ダランは、ナルビナを脱獄してきたヴァンを見込んで、頼みたいことがあると。
アズラスという人物に、ダルマスカ剣を届けて欲しいと、シリアスな顔で言ってました。
この役目はヴァンにこそ相応しいみたいな言い方していたけど・・・レックス絡み?
ヴァンは、引き受けるかわりにダランに姿が見えないパンネロの捜索を依頼しました。

ダランに言われた場所へ着くと見張りらしきものに止められました。
ダランの名前を出し、通してもらった先にあったのは、解放軍のアジト・・・かな。
バッシュはすでにここを見つけ、自分の無実を解くと共に解放軍への参加を希望していました。
しかし、ナルビナ城塞へ国王救出へ一緒に向かったウォースラを始め
他の兵もにわかには信じられない様子。結局解放軍へ参加することはかなわず、
バッシュはとりあえず、ヴァンと行動を共にすることにします。
足が必要なためバルフレアに会わせてくれとヴァンに言いますが、
別にヴァンを通す必要もないような・・・勝手に会えばいいのに(笑
まぁ、連れて行きますか。・・・・・・そういえばアズラスってダレ?
ヴァンはもうバッシュのことは信用してるみたいですね。

バルフレアに会いに酒場に行くと、なんかミゲロが怒ってます。
なんか、パンネロがバルフレアのせいでさらわれたらしいです。
さらったのはバッガモナン、バルフレアは高い賞金首らしいから、賞金稼ぎの的ってことか。
バルフレアは、バッガモナンの勘違いでさらわれたって言ってましたが、
勘違いというと・・・たしか水道から出て捕まったときに、パンネロに何か渡していたので
それを見て、バルフレアの知り合いだと思われたのかな、たぶん。
ごろつきからもらった手紙によると、パンネロは空中都市ビュエルバの魔石鉱にいるらしい。
返して欲しければ、バルフレアがそこに行く必要があるみたいですが、
バルフレアは乗り気じゃないみたいです。
それを聞いたヴァンは、なら俺が助けるから飛空挺でそこまで連れて行ってくれと頼みます。
バッシュも手伝ってくれるみたい、ビュエルバに用があるとか。
結局バルフレアが折れて、ヴァンの頼みを聞くことに。
パーティメンバーは初の4人に、ヴァン、バッシュ、バルフレア、フラン。

ビュエルバはダルマスカより小さな都市国家だが、魔石輸出で儲かってるらしい。
元首のオンドール公爵が帝国に協力的なため、いまだに帝国の侵略を受けていないようです。

バルフレアの飛空挺でビュエルバへ出発。
飛空挺の名前はシュトラール。飛空挺をみてヴァンは大感激です(笑

ビュエルバ着、なんかいきなりものものしい雰囲気だな・・・
兵士達が誰かを探してるようですが。
魔石鉱の話をしていると、その話を聞いていた少年が、
自分も連れて行って欲しいと申し出ます。
用事があるらしいのですが、こちらがなんの用事か尋ねると、
では、あなた達の用事は?と言われました。できる・・・。
名前はラモンと名乗りましたが、偽名っぽいですね。
結局同行させることにしましたが、その会話の中でヴァンが注意されていたにもかかわらず
死人のはずのバッシュを本名で呼び、バルフレアに失笑されていました。
兵士が探している人って、この少年・・・かな?

魔石鉱でハルム・オンドール4世とジャッジらしき人物との会話
純度の高い魔石は帝国ではなく、秘密裏にヴェインに届けているようです。
何か策謀を感じますね。
それにしても、ここは骨骨ファンタジーだな・・・。

探索していると破魔石の原料となる石がある場所へ
ラモンはこれが見たかったようです。破魔石とは魔石とは逆で魔力を吸収する石らしいです。
ドラクロア研究所で研究しているそうですが・・・。
バルフレアは、ドラクロア研究所のことを知っていて、破魔石のサンプルまで持っている
ラモンに何者かと問い詰めます。
話の最中、バッガモナン登場。隙を見てラモンが逃げます。
ラモンを追うバルフレア一行と、バルフレアを追うバッガモナン一行。
バッガモナンを振り切り、外へ出たヴァン達だが、
ラモンは外でハルム・オンドール、ジャッジ・ギースと合流していました。
ラモンの正体はラーサー・ファリナス・ソリドース。
帝国軍、ソリドール家の4男で、ヴェインの弟らしい。
また、先に魔石鉱よりバッガモナンから逃げ出してきていたパンネロが
尋問を受けていましたが、ラーサーと一緒にオンドール家の屋敷に連れていかれました。

さて、どう救出するか・・・。
オンドールは、バッシュを処刑したと発表した人物らしい。
バッシュが生きているというウワサを流せば、食いついてくると。
ということで、ヴァンががんばってウワサを流していると、怪しいやつらに拉致されます。
ハバーロという男(ビュエルバの帝国軍反乱組織のリーダーと予想)
がヴァンに詰め寄っているところ、本物のバッシュ登場。
なんだかんだで(ようわからん・・・)オンドール公爵と会えることに。
だが、完全に信用されているわけではないようです。

ここでちょっと寄り道して魔石鉱のモブ2匹退治へ。
ニーズヘッグは、ブラインが決まれば楽勝。
命中率が20%程度になってました。ケアルのみで回復間に合う。勝利時レベル13。
ロックタイタスは、近接攻撃系の技が強いため、足が遅いのを利用してヒット&アウェイや
遠隔攻撃連発で楽勝。離れてると魔法で攻撃してくるが、魔法はたいして強くない。
ダークのみ、走って範囲外へ逃げた。勝利時レベル14。

オンドールの屋敷では、パンネロがラーサーとお話中。
ラーサーは、ダルマスカの現状を憂い、必ず良くすると約束。
帝国が怖いというパンネロに対し、優しく接していました。

バッシュはアマリア・・・アーシェの救出をオンドールに要請。
ラーサーとパンネロは帝国軍と合流、戦艦でラバナスタへ向かうらしい。
オンドール公爵は表立って手助けをすることが出来ない立場。
バッシュなら敵の懐に飛び込むことで本懐を成し遂げることができると信じ、
バッシュが生きていたとし、ジャッジ・ギースに引渡し、捕まることで敵の戦艦に潜り込ませる。
あとは、バッシュ次第・・・。このような策ですが、バッシュは巻き込むぞ、の一言で
この作戦の決行を決めた。

戦艦リヴァイアサン内部で、連行されるバッシュ将軍他。
アーシェと出会うが、国王を殺したのはバッシュだと思っているため、
思いっきり殴られてました・・・。
ギースはアマリアがアーシェだとわかっているようですね。
いくらか話をしてまた別の場所へ連行されます。何故アーシェと会わせたのでしょう。
また、ヴァンの盗んだ女神の魔石は黄昏の紋章というらしい、
ダルマスカ国王の正当性を証明する物らしいが、ギースに取られちゃいました。
で、連行途中オンドール公爵の手引きでウォースラが敵の兵士に化けていたこともあり、
連行途中で兵士を片付け、別の場所へ連行されていったアーシェ救出へ向かいます。

今日はここまで~。
幻想水滸伝V 7日目
幻想水滸伝5 7日目

東の離宮の南でラフトフリート発見、誰か場所の説明してたっけなぁ・・・。
ラフトフリートっていうのは、川に橋やら船やらを並べて作った町みたいですね。
頭領はラージャっていう名前で、一番でかい船にいるそうです。船の名前はダハーカ。

ランの友達でビーバー族のメルーンと出会う。
ビーバー族は土木工事が得意で、普段は南の山奥に住んでいるそうです。
ぶっちゃけ不思議生物でした。

ラージャ提督と面会。切れそうな婆さんだと思ったら、元女王国水軍の総大将。
ラージャ提督の右腕のキサラは、ログの女房だそうで・・・。
ログとランは、奥でキサラにお仕置きだそうな・・・相当びびってました。
貴族・・・特にバロウズ派が傭兵を雇うために金を欲しがってるそうです。
また何か一波乱ありそうな・・・。

ソルファレナに戻り、女王アルシュタートにご報告。
明後日にはギゼルが来るそうです。
ラージャやハスワールはきっと王子に力になってくれるだとか、
本当にいい息子と娘を持っただとか、何か・・・よくないことが起きそうなセリフですね。

フェリドとゲオルグの密談。
失敗は許されない、保険のためにゲオルグを呼んだ・・・ということしかわからず。

2日後

結婚式・・・ではなくて婚約式・・?婚約の儀って言ってたかも。
リムにも、この式で誰も心から笑っている者がいないと、感じているようです。
心から笑っているのはギゼル、唯一人。

その夜。
まずはギゼルが動きます。
式の食事に冥夢の秘薬を混ぜていたようです。
何かに詳しいという赤い服の男、赤い服の男の監視を怠らないようにとドルフに命じるギゼル。
サイアリーズのことを話すドルフ。
動き始めました。ギゼルの策とアルシュタートの策、どちらが上回るのか。

こちらも読んでいたようで、宮廷内に入り込んだ暗殺者達は、待ち伏せに合います。
王子+リオン+サイアリーズも戦闘開始。
宮廷内はどちらが押しているのか・・・
女王とリムの元へ急ぎます。窓の外からは太陽の紋章の光らしきものが・・・!?
立ちはだかる、ドルフ+キルデリク
ドルフとリオンは知り合いのようです、
互いにミカフツ、ミスマルと呼び合っていますが、一体!?
追い詰められる3人、そこへ、助っ人カイル+ゼガイ!なんとか逃げ切ります。
ゴドウィンの兵は想像以上に強く、当初の策は失敗だそうです。押され気味みたいですね。
リオンが、彼らのことを話します。彼らは幽世の門・・・!
密かにゴドウィン卿が組織を引き継いでいたそうです。
リオンは彼らを幽世の門だと断言できるそうですが、今はまだその理由は言えないそうです。
ドルフとリオンとの会話で、リオンを自分達の仲間だと言いました。
つまりリオンは幽世の門にいたことがある・・・?
冥夢の秘薬のことを知っていたのもそのことと関係がありそうです。
女王とリムのことはカイルに任せ。
王子、サイアリーズ、リオン、そしてゼガイは脱出を計ります。

女王騎士の詰め所に抜け道があるらしく、そこへ向かいます。
途中ゲオルグと出会う。そこで衝撃。女王とフェリドが死んだ・・・?
本当でしょうか。フェリドとゲオルグの密談の内容が気になります・・・。
とりあえず、リム以外の王家は邪魔者として見つかれば殺される可能性が高い。
結局脱出を計ることになります。

この時、脱出案に納得し素直に逃げる選択肢と、
リムを心配し助けようとする選択肢が、何度か出ます。
この選択で、リムを助けることを選べば、リオンが叱咤し無理やりにでも
王子を連れて脱出しようとする様が見れるのはすぐにわかりました。
ゆえに、脱出するのが正しい選択だとわかりながらも、
リムを助けに行く選択肢を選び続けます。
この場面でリオンが王子を叱咤する一連のイベントは
リオンの強い意志がうかがえてとてもよかったです。
こちらの選択肢を選んでよかった・・・と思えた時でしたね。
まぁ、こういうのがあると、逆を選んだ時が気になりますが、あえて見ないで進め、
その後も見ないことにします。

脱出後の船上で太陽の紋章が輝くのが見えます。
果たしてそれはどういう意味を持つのか。
もし本当に女王が死んだならば、紋章は封印の間へと戻るらしいです。

リム+ミアキス+ガレオンの場面。
女王騎士のはずのザハーク+アレニアが立ちはだかります。
もともとゴドウィン派だった二人ですから、こうなるのも当然かもしれませんね。
フェリドならこの事態も想定できたはずですが・・・果たして。

その後・・・
王子達と僅かに生き残ったソルファレナの兵は、隠れ、
ソルファレナの様子を伺っていました。
官吏の報告によると、ソルファレナはほぼゴドウィンの支配下に置かれたそうです。
リムは無事だそうですが、ミアキスやガレオンやカイルはどうなったのでしょうか・・・。
また、女王騎士ゲオルグ・プライムが乱心の末、女王アルシュタートとフェリド閣下を殺害。
王子を人質に逃走中という報があったそうです。
ゲオルグをスケープゴートにするつもりのようです。

まず、ルナスへ行きハスワールに助けを求めることにします。
メンバーは、王子、リオン、サイアリーズ、ゲオルグ、ゼガイ。

ルナス着。
当然ここにも手を回していると読んでいましたが、まだ手は回っていませんでした。
ハスワールは話を信じられないようですが、やがて納得します。

マルスカールとギゼルの会話
王子とサイアリーズを逃がした以外は、予定通りのようです。
でも居場所はわかっているらしい。
封印の間での会話から、まだ太陽の紋章の封印の解き方がわからずに使えないようです。
ミアキスはリムの精神安定剤(嫌な言い方ですが)として使ってるようです。

翌日。
いよいよ、ソルファレナからの捜索隊が近づきつつあるようです。
その数100名以上。
斎官の中に何人か姿が見えないものがいるそうです、まぁ予想通り密告ですね。
裏の森にエルフにしかわからない道があり、イサトはエルフ。
答えはもう出てますね、そこを通っていけばバロウズ家の領地に抜けられるらしい。
バロウズをまず頼り、それでダメならさらに東の港町エストライズから国外へ。

イサトとは森を抜けたところでお別れ。
バロウズ卿はしたたかな人で、この状況でどう動くか予測できないので気をつけるよう
言い残し、ハスワールの元へ帰っていきました。

まず、ハウド村でバロウズ卿がどう動くかを探るために情報収集します。
ハウド村は、芸術家を集めて作った村なのだとか・・・
まぁ、芸術的なオブジェが所々に・・・ある?なんか、話をかけると曲が変わる女性がいたり・・・
芸術家の村ってことで、鑑定所でイベントが。なんかグチを聞いてくれとか言われました。
名前はバシュタン、鑑定士なのだが
この村の芸術家達はみんなバロウズ卿のお気に入りなので
価値がない作品でも評価しないといけないのだとか。このキャラも後々かな。
村で港町エストライズのボズ・ウィルド卿と出会う。王子達を助けに来たのだとか。
バロウズ派はゴドウィン派のことなど全く信じていないらしいです。
王子に濡れ衣であることを確認し、レインウォールでバロウズ卿に会うように薦めます。
やや怪しい感じもしますが、行ってみることにします。
しかし、ゼガイは闘神祭の際にバロウズ家に泥を塗ったということで
ついていく気はないそうです。ここでお別れとなりました。

船で送られてレインウォール着、バロウズ卿の館へ向かいます。

ここまで、また次回~。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 10日目
クライマックスUC 10日目。

エキストラモード初級編、開始です。

ザクの惑星
ヘタレなので、機体パイロット選択できるときは、容赦しません。
てことで、ビギナギナ+シンシアで出撃。
名前通りザクが大量+連続ボス戦です。
ボスはザクⅡ改→ザクⅢ→ザクⅢ改→で、Ζザク(笑
最後そうきたか~。

ランクA

ジム、宇宙に立つ
ビギナギナ+シンシアで出撃。
こっちはザクの惑星のジム版(笑
出るわ出るわジムばかり、でもボスはジムカスタムのみ。
驚きの機体もいないし、ザクの惑星の2番煎じ感は否めない。

ランクS

妖花
ビギナギナ+シンシアで出撃。
ボス戦のみで、
ガーベラテトラ+シーマ→専用ギラドーガ+レズン→クインマンサ+プルツー→
専用ヤクトドーガ+クェス→αアジール+フォウ(この組み合わせなんだ
ヤクトドーガのダミーに超苦戦・・・。
ちなみにこれは・・・どういう意味なんでしょ?
敵女性パイロット+機体かな、アイナとかいないけど。ようわからん。

で、ランクDでした・・・。女性ばかりとは汚い。

ヒロインズ。
ビギナギナ+シンシアで出撃。
妖花の味方版かな。
ガンダムMk-Ⅱ+エマ→Ζガンダム+ルー→専用キュベレイ+プル→リガズィ+ケーラ→
ビギナギナ+セシリーでビギナギナ対決。

ランクA

いぶし銀の逆襲
機体はゲルググ、パイロットがパミル・マグドガルで固定の模様。
ボス戦のみ。
ジム+サンダース→ジムカスタム+バニング→ガザC+グレミー→ハイザック+ジェリド→
ガンキャノン+カイ
渋さが足りないよ!

ランクD

大空の覇者
Ζガンダム+ルーで固定。
ガウの編隊+ガルダが1機、倒すとボス戦。
アッシマー+ブラン→ウェイブライダー+カミーユ→リガズィ+アムロ。
まぁ、敵はいいとして、ΖがMS形態で空飛ぶのやめれ。

ランクA

シャングリラの少年
ガンダムMk-Ⅱ黒+ヤザンで固定。
ボス戦のみ。
ガンダムMk-Ⅱ+エル→ガンダムMk-Ⅱ+モンド→百式+ビーチャ→Ζガンダム+ルー→
ΖΖガンダム+ジュドー。
イーノ・・・南無。
でもこれ、ルーがいるから、シャングリラチルドレンというよりガンダムチームだな。

ランクB

初級編はこれで全部です。

次回は中級編!
ファイナルファンタジーXII 2日目
FF12 2日目、パンネロとPTを組んだところからです。

パンネロとPT組んで思い出したのですが、一人の時に花サボテンを倒しに行った時、
パリィ連発で逃げ帰ったのです。
で、パンネロを魔法系にしようと思うので、
黒魔法を覚えさせれば案外楽に倒せるんじゃーないかと

つーことで、さっそく魔法を買って、花サボテンにちょっかい出しに行ってみる。
おお、通常攻撃だと、8割くらい受け流されるのが、魔法だとちゃんと効くしかなり強い。
もうちょいー、ってとこで針千本!
パンネロ死亡・・・、でもフェニックスの尾があった!
蘇生して、連発ー、倒したー。
PT組んで幅が広がった・・・気がします。

さーて、寄り道は終わりにして、ジンを探しに行きましょう。

ジンと出会う。
太陽石は陰石と黒水晶から作られるが、作ってる途中で怪我をしてしまったらしい。
んで、代わりに作ってあげることに。
いくつかの黒水晶から陰石にエネルギーを与えればいいらしい。
てことで、黒水晶巡りをしてきました。3箇所まわって、太陽石完成。
ジンと一緒に集落へ戻り、マシュアからもお礼をもらいました。

パンネロと別れ、ダランに太陽石を渡しに行きます。
別れ際、ヴァンの身を案じるようなことを言いますが
お節介というよりは、恋心から出たような言葉だったと思います。

ダランと会話。
さっそくクレセントストーンに魔力を戻します。
王宮に入り込むには5番倉庫の左側の扉から入るのだそうな、
しかし王宮の宝物庫は秘密の扉によって隠されているから、
そこでクレセントストーンを使えばいいらしい
そしてダランは最後に「紋章は太陽の力を欲し、
秘められた道を与える」という言葉を忘れるな・・と
紋章を見つけ、そこへ太陽の力をそそげば導きの光がさすそうです。
最後に忠告、捕まればナルビナの監獄で死ぬまで過ごすことになる・・・と。

ダランの家を出るとイベント
ガラムサイズ水路で何やら不穏な動きが、
死んだはずのバッシュらしき男が仲間に指示を与えていました。
また、こちらも死んだはずのアーシェの影も・・・。
ダランは今晩はやめておけ、と言っていましたが、行くしかない(笑

ねずみの群れを倒しながらズンズン進む、
ねずみがすぐ逃げるからリンクしまくりますが力押しです。
途中レイザーフィンとかいう魚を倒しましたが、あとになってレアモンスターだとわかりました。
あぁ、盗む試してない・・・。特にドロップアイテムはなかったなぁ。

しばらく進むと、この先が王宮のようだ・・・入ったら簡単には出られないかもな・・・
→すすむ

王宮に入ると人が結構いますが、臨時に雇われた使用人ってことで通りました。
階段で邪魔な兵士を見事な?陽動作戦。
2階へ到達
まず、紋章を探す・・・か。
鷹の紋章発見!クレセントストーンを使うも何も起こらず・・・
そういえば下の人がダミーがあるって言ってたなぁ・・・(厳密にはダミーではないのだけど
兵士を陽動しつつ探索。陽動された後、持ち場に戻らないのな・・・
獅子の紋章発見!導きの光が!・・・でどこだ・・・。
どこにも光なんて出てないし、って思ってたらゴール地点が光ってるだけでした。
宝物庫に潜入成功、物色物色・・・。
と、空族のバルフレアとフランがここで登場。
向こうもお宝目当てのようですが、今ヴァンが手に持っている女神の魔石が欲しいそうです。
外で物音がした隙をつき、逃げるヴァン。

外に出ると何やら大騒ぎ、外で兵士と謎の部隊だか軍隊だかが戦っています。
イフリートと呼ばれる戦艦まで出てるようで、かなり大規模な戦闘なようです
アーシェもいるようですが・・・。
ヴァンを追うバルフレアとフランだが、共に兵士に見つかり、協力して逃げることに
フランの空飛ぶバイクみたいなので逃げます。
が、途中で急に推力?を失い、墜落。
現在地・・・忍び込む時に通ったガラムサイズ水路のようですね。
先の騒ぎは、バルフレアの推察によると、
ヴェイン暗殺を狙った反乱軍の襲撃ということですが、
ヴェインはそれを読んで、自分を囮にして反乱軍を誘い出し、
戦艦で一網打尽、という感じみたいですね。

初の3人PTでズンズン進む。
水路の中盤、兵士に追い詰められるアーシェを発見。
助け、名前を聞くと”アマリア”と名乗りました。
まぁ、死んだことになっているし、簡単には本名は言えないよね。
一緒に逃げることになるが、ヴァンの持っている女神の魔石が王宮から盗んだものだと知ると
機嫌が悪くなりました。まぁそりゃあ当然ですけど。
ちなみにPTには入らず、NPC扱い。

水路を脱出~。はい、帝国軍大量の待ち伏せ(笑
仲良く4人捕まっちゃいました。
アーシェは盗賊団の仲間ってことになって、また機嫌が悪く。

ヴァンの夢。
兄レックスに王様殺しを本当にしたのか・・・?と、問いかけます。
夢の中のレックスは廃人のようになっていましたが、果たして生きているのでしょうか。

目が覚めると、ナルビナ城塞の地下牢獄。
武器防具アイテム等、没収されてるみたいです。
フランは抜け道を探しに行ったらしい。
ちょろちょろ動き回ってると、監視っぽい人達にいちゃもんつけられますが、
ヴァンとバルフレア、二人で素手で殴り倒す。
と、そこへなんか兵士がぞろぞろと来ましたよ。隠れる二人。
なんか言い争ってたりしますが、よくわからないなぁ。
バッガモナンとかって賞金稼ぎと兵士の仲が良くないみたいです。
フランが合流、独居房の奥に抜け道があるらしい。
ただ、扉は強力な魔法でロックされている。
今度はそこへ、ジャッジが登場。争っている兵士と賞金稼ぎを一喝。
ジャッジとは・・・ソリドール家の武装親衛隊で、帝国軍の実質的な指揮官らしいです。
将軍の居場所を聞いていました。将軍っていうのはバッシュ将軍のことでしょうかね。
奥の独居房にいるらしいので、ヴァン達は彼らをつけて独居房の扉を開けてもらい
隙をついて脱出する算段のようです。

途中、都合よく取られた装備やアイテムを発見。
将軍とはやはりバッシュのことでした。
なにやらジャッジと意味深な会話をしていましたが、詳細はわからず・・・。
バッシュにお前も俺達の祖国を裏切っただろうって言っていましたが・・・?
話が終わって、入れ替わりにヴァン達が入る。
ヴァンは、バッシュが国王を暗殺したことによりダルマスカとアルケイディア帝国の戦争が
泥沼化したことに対し、激しい怒りを持ってバッシュに当たります。
しかし、あまりにうるさくて兵士が戻ってきちゃいました(馬鹿

結局なんだかんだで、バッシュも一緒にみんなで逃げ出すことに。
ヴァンはバッシュを連れて行くのを拒んでいましたが。
バルハイム地下道とかいう所を通って脱出するみたいですね。

地下道中盤当たり。
バッシュはヴァンに真実を話します。
あの日・・・国王救出へナルビナ城塞へ突入した日。
国王の下へ辿り着いたときにはすでに国王は暗殺されていた。
そこで兵士に捕まり、他のダルマスカ兵は皆殺しに。
遅れてレックスが入ってくると、バッシュそっくりな人物によって狂言を聞かされ殺されてしまう。
その人物はバッシュの双子の弟らしい・・・。(そういうことだったのか

地下道脱出!東ダルマスカ砂漠にでました。
や~っと太陽の陽を浴びれたっていう感じです。
とりあえずラバナスタへと向かうことになりました。

続きはまた次回です。
幻想水滸伝V 6日目
幻想水滸伝5 6日目

前の続きです。

女王に知らせに行きます。

アルシュタートとフェリドに全てを話しますが、フェリドは
おそらくそれが真相だろうが、推測では動けない、と、アルシュタートも同じ考えです。
推測では動けない・・・ゴドウィンをなんとかしたい・・・その思いが膨らんだ時、
太陽の紋章が輝き、自分が正しい、ストームフィストにも裁きを・・・と考え出す女王。
ロードレイクの悲劇の再現かと思われたとき、王子の呼びかけにより、正気を取り戻します。
結局、今後のことはフェリドと考えるということで、一旦解散になります。
フェリドは無実であるゼガイを助けることを約束しました。
また、リオンがフェリドに”冥夢の秘薬”のことを調べてもらうように言っていました。
これがベルクートに使われた眠り薬ですか。

翌日。
今日ソルファレナへ戻るようです。
ですが、戻る前にここで出会った人々に挨拶に行きます。

シュン:ゼガイが無実であり、開放されると聞くと喜んでいました。

ムラード:ベルクートは自分が一番わかっているだろう
眠り薬を飲まされたということを最後まで言わなかったそうです。
マリノをかばってのことだろうし、それがわかったから、それ以上追求しなかった。

調教師の女の子:ファレナにすごい魔法使いを探しに来たらしい。
名前を教えてくれました、調教師の女の子の名前はノーマ
ヒョウのエルンストに関係することで探しているみたいです。

エグバード:地下の隠し通路を封鎖され、住家を追いやられたと大変お怒りでした・・・

ベルクート&マリノ:あくまで自分は薬飲んではない、寝不足で試合中に寝てしまっただけ・・・
たとえ全てを語ったとしても、マリノを罪に陥れるだけになる。
悔しさをにじませていました。

出航前にギゼルとマルスカールが出迎え、ゼガイを連れて帰ろうとする一行に、
理由を問います。女王暗殺を狙った大罪人として、
詳しく取調べを行うとして連れていくことにしたようです。
マルスカールも納得するしかなかったようですね。

出航後、マルスカールとギゼルの会話
後は門を開くだけ・・・と話していますが、何のことかわかりません。
マルスカールは王子に警戒心を持っているようです。

アルシュタート、フェリド、サイアリーズの会話
ギゼルが優勝した時のために、あらかじめ考えていた策があるそうですが、
かなりためらわれる策のようです。
なるべく犠牲を出さないように尽力する・・・ということから、相当な犠牲も出るようですね。
どんな策なんでしょうか?

数日後
女王に呼ばれて、会いにいく王子(とその他)。
ギゼルとリムの婚約の儀の話のようです。
まず、リムは東の離宮で黎明の紋章の祝福を受け、
北の聖地ルナスの泉で身を清める必要がある。
黎明の紋章は、ロードレイク暴動の際に失われていますが、婚約の前に黎明の紋章
婚姻の前に黄昏の紋章の祝福を受けるのがしきたりなんだとか。
王子とサイアリーズも付き添うみたいです、また護衛としてリオン、ゲオルグ、ミアキスも。

東の離宮にて
強い力を持つ紋章は、自ら宿る主を決める場合があり、
その場合、簡単にはずすことはできない、という話を聞けました。
太陽の紋章にも当てはまるのでしょうかね?

黎明の紋章の祝福を受けるには、紋章の間に入り、出てくるだけでいいらしい。
ただ、王家の人しか入れないらしく、王子、リム、サイアリーズの三人で入る。

中で謎の女に出会う、
黎明の紋章はまだ見つからないのか?と問う。
まだ見つかっていないことを告げると、出て行ってしまった・・何者?
一つしかない?出入り口から出て謎の女のことを聞くと、
自分達以外誰も出入りしていないという。
隠し部屋や隠し通路もないらしい、またきな臭いヤツが出てきたな。
とりあえず、この件は置いておき、北の聖地ルナスへ向かうことに.

聖地ルナス着、川がキラキラしてます。
上流に金の鉱脈があって、川に砂金が混じってるんだとか。
イサトという斎官がお出迎えです。
斎主様が待ってるらしい。(斎主は、ここの一番偉い人)
斎主様、名前はハスワール、大はしゃぎで元気な女性だ・・・。
子供が好きなんだって。でも、王子もサイアリーズも、”ちゃん”付けはどうかと・・・。

リムとミアキスが清めの儀の準備をしている間、イサトのルナス観光案内です。
なんか、王子を嫌ってる人もいるみたい。
本来なら斎主様が女王になるはずだったのだとか・・・。
サイアリーズの話によると、空しい争いがあったという。
幽世の門という女王直属の暗殺組織があった。
十何年か前、実の姉妹が女王の位を争っていて
どちらも幽世の門を使いお互いを殺しあった。
身内や貴族に何人も死者出て、耐えられなくなった姉が妹に女王の座を譲った。
女王の座について妹が最初に行ったことは、幽世の門による姉の暗殺。
その姉が、ハス姉(ハスワール)の母親、
妹がアルシュタート、サイアリーズの母親。つまり先代の女王。
そんな争いを見ていたから、サイアリーズは王位継承権を放棄。そして結婚と子供も諦めた。
正当な王位継承者は姉だった。
つまり、次の女王は当然その娘のハスワールとなるはずだった。
そう考える者がいる・・・と。

なんか、政治絡みのくらーい話が多いなぁ・・・。
そういえば、リオンが幽世の門という言葉を聞いたとき、反応していたが・・・・。

儀式の準備が出来たようです。
水浴びをするみたいで、男は締め出しをくらいました・・・。
リオンは王子の護衛なので、一緒に外へ。

と、川の上流の方で怪しい光を発見し、様子を見に行くことに。
川で砂金を漁る二人組みを発見。とりあえずとっ捕まえて館へ。
二人組みの名前はログとラン。親娘の関係。さらに言うとおまぬけ二人組です。
イサトは厳罰にすべきと言う意見です。
どうするか決めかねてる中、サイアリーズが横槍、この二人を知ってるようです。
ラフトフリートの頭領の身内だとか。
この件がばれれば、ラフトフリートと王家の関係がまずくなる、今は敵を増やせない。
かといって無罪にもできない。
ということで、ラフトフリートに直接話をつけに行くことに。
頭領はスジを通す人らしいですね。

夜、二人に会いに行くと反省しているみたいです。根は良いヤツ・・・のようです。

翌日、リムとミアキスは寄り道はいかんということで先にソルファレナへ帰ることに。
王子はサイアリーズが頭領に合わせてみたいそうです。いわゆる営業ってやつか。
では、ラフトフリートへ・・・ってそれドコだ!?

次回へ・・・
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 9日目
クライマックスUC 9日目です。

プログレスモード、ジオン編。

前回連邦よりでやったので、今度はジオンよりで進めてみたいと思います。
前回温厚だったので、性格は冷静で。

ステージ1:ジャブロー
ザクⅡJ型で出撃。
ここは連邦と立場が逆になっただけかな。
途中ガンダムが出てきましたが、もう少しのところで逃げられてしまいました。
そうえいば、出撃機体選択の時に連邦の時に使った機体が最初から選択可能でした。
何度もループしているうちにどんどん増えるのでしょうか。

ランクB

ステージ2:ア・バオア・クー
リックドムで出撃。
バニングが出てきました。いい感じです。
地獄の第四小隊が出てきてたら、もっとよかったなぁ。

ランクS、少尉に。ハイチャージを覚える。
陣営選択、もちろんデラーズフリート。

ステージ3:星の屑
ゲルググで出撃。
アルビオン隊と交戦しましたが、やはりバニング大尉のみか。

ランクA、中尉に。緊急防御を覚える。
陣営選択、当然アクシズ。

ステージ4:アフリカ
ハマーン様と出会えてちょっと幸せな気分に。
こちらだと父親がハマーン様の知り合いということになるみたい
ガザCで出撃。
雑魚ばかり、ノーダメクリア。
会話や展開がマンネリっぽくなくて、ジオンよりのシナリオの方が面白いな。

ランクS、大尉に。ラッシュを覚える。

ステージ5:決戦!三大戦力
同じ機体使いたくなかったけど、いいのがなかったので、またガザCで出撃。
雑魚+戦艦ステージ。
途中百式がメガバズーカランチャー発射していたようだけど、
これに当たることってあるんかな。
クリア後に、例によって怪我イベント・・・。

ランクS、少佐に。幸運を覚える。

ステージ6:叛乱軍撃滅作戦
ハマーン様がΖΖの衣装になったけど、こんなに色っぽかったっけな・・・。
使えるユニットが一気に増えました。
キュベレイ、ザクⅢ、ザクⅢ改、ドーベンウルフ、量産型キュベレイ。
悩んだ結果、量産型キュベレイで出撃。
雑魚に混じるドーベンウルフがちょっとうざい。
で、なんか出てきましたよビグザムが(笑
しかも雑魚も大量にいて、かなりきつかった・・・。

ランクS、中佐に。パワーカスタムを覚える。
陣営選択、決まってますね、ネオジオン選択。

ステージ7:地球寒冷化作戦
ここでも使える機体が4機増えてましたが、クェス専用ヤクトドーガを選択。
雑魚が大量のステージ。
途中レズンが助けに来てくれました。
撃墜数みたら131機・・・本当にたくさんいたな・・・。
そういえばステージ開始時に、結婚がどうとか言う会話がありましたが
連邦でやったときはなかったなぁ~、昇進状態が関係ありそうですが・・・。

ランクS、大佐に。鋭敏を覚える。
結婚イベント・・・今回幼なじみの女の子の話題も出てきたし、幼なじみを選んでみよう。
子供は前回男だったので、ピンクのロングの女の子。
名前・・・く、女の子の名前考えたことなかった・・・
男はイッシンで決まっています、
で、イッシンから、シンを頂き、シンシアにしました。
これから、女性の名前つけるときはシンシアにしよう。

ステージ8:謎の小型MS迎撃
あれ、クロスボーンでやりたいんだけど・・・陣営選択ってこの後だっけ。
もしかして、子供選ぶときに、陣営選べたのかも・・・うぅ。
ガンダムF90Vで出撃。
雑魚+ベルガギロス。
一気にやる気激減。

ランクS、中尉に。

ステージ9:激突クロスボーン精鋭部隊
雑魚戦→ザビーネ+ドレル。
おやF91が使えるってことで出撃。

ランクA、少佐に。
おお~、ステージ10が!
前回行けなかったけど、昇進状態かなやっぱり。
ベラ様イイ。

ステージ10:海賊旗の下に
クロスボーンガンダムX3で出撃!やる気出た(笑
F91(たぶん量産型?)が大量。

ランクA、
最後の一枚絵に子供が全員集合してましたが・・・子供が4人いたってことでいいのかな(笑

リザルト
カムナ :最終経歴、N賞受賞者
シンシア:ランクS

ステータス:射撃45、格闘20、防御35、機動45、CP35、NT45
パッシブスキル:ハイチャージ、緊急防御、幸運、パワーカスタム、鋭敏
アクティブスキル:ラッシュ

次回、いよいよエキストラモードへ!
ファイナルファンタジーXII
FF12 初日です。

まず、オープニングでいきなりシリーズ伝統のエンディングテーマが流れていました。
いつも、エンディングで感慨深く聞いていた曲ですが、クリスタルのテーマと合わせて
FFシリーズの象徴的な音楽なのでお気に入りです。
いまさら映像の美麗さは、言うまでもないです。

ニューゲームスタート!

前バレンディア暦706年、ダルマスカ王国。いきなり結婚式のシーンからみたいです。
結婚するのは、ダルマスカ王国の王女アーシェと
ラスラ・ヘイオス・ナブラディア(おそらく隣国ナブラディア王国の王子)

アルケイディア帝国により、ナルディア(おそらくナブラディア王国の王都)が攻め落とされ、
ラスラは自ら、国境付近のナルビナ要塞へと、防衛に赴く。
その際のセリフから、父親(おそらくナブラディア王)が
アルケイディア侵攻により戦死していることが伺えます。
しかし善戦空しく、ナルビナ城塞は攻め落とされ、ラスラもまたこの戦いで戦死。
結婚からの時間の流れがわかりませんが、
アーシェは結婚後すぐに夫を亡くすことになりました。
ナルビナを落とされたことにより、王都ラバナスタへの侵攻が可能になったアルケイディア帝国。

東のアルケイディア帝国と西のロザリア帝国が覇権を争う時代にあって、
ダルマスカは両国の間にある位置関係です。

アルケイディア帝国は、ダルマスカ王国に和平案を提示、つまり降伏勧告をします。
ダルマスカ王ラミナスは降伏を決断し、
和平協定調印のためにナルビナ城塞へと向かいます。
しかし、ラミナスがナルビナへ向かった直後、
ダルマスカ騎士団は国王ラミナス暗殺の策動ありとの情報を得、国王救出へ向かう。

ここから、操作可能に。
操作キャラはレックス、17歳、男(ダルマスカ騎士団の兵士と思われる)
詳しい状況はわかりませんが、国王救出にナルビナ城塞へと着いたところみたいです。
バッシュ将軍らとともに、ラミナス王がいる場所を目指します。

それにしても、操作方法を丁寧に解説してくれるので、本当に説明書いらずですね~。
今後も出来ることが増えるようになる度に丁寧な解説が入りそうです。
システムや操作方法等は、FF11に酷似しており、自分のようにFF11をプレイしている人には
とっつきやすいかもしれないです。
逆に未プレイの方は、従来のFFとは大きく違っているので戸惑うかもしれませんね。

まぁ、最初で楽なのでズンズン進む。
追ってに追いつかれそうになったところで、レックス自らが足止めし
先にバッシュ将軍らを行かせることに。

追ってを蹴散らし、遅れてラミナス王のいる部屋につくと・・・
すでに事切れているラミナス王、そして気がつくと自らの腹に剣が刺さっていました。
刺したのは、バッシュ将軍。
バッシュ将軍は、徹底抗戦を訴えており、この和平交渉が気に入らなかったようです。
そのために暗殺の策動ありという情報を流し、兵を動かしここまで来たのでしょうか?
結局バッシュ将軍もアルケイディア帝国の兵士に取り押さえられたようですが・・・
また、レックスがどうなったのか不明です。(刺されているので重症は間違いないでしょう。
最後に意識を失う際、”ヴァン”という言葉をつぶやきます。
バッシュ将軍との会話で、弟が一人いる、というものがあったので、
おそらく主人公ヴァンの兄がレックス。

この結果和平交渉は当然決裂となる。
バッシュ将軍は、大逆犯として処刑されたらしいが、
プレイヤーキャラのようなので、死んではいないようですね。
また、アーシェ王女も自殺したとありますが、
プレイヤーキャラなので同じく死んではいないでしょう。
王家の人間を失い、ダルマスカは無条件降伏を飲むことになる。

2年後、舞台は帝国の支配下におかれたダルマスカ。

ついに主人公ヴァン登場。スリがお得意のようで(笑
ヴァンのガールフレンド、パンネロとの会話
世話好きとの設定通り、スリに文句をつけてます。ヴァンもパンネロも戦災孤児のようです。
ヴァンは自分の飛空挺を手に入れ、空賊になるのが夢なんだそうです。
パンネロはヴァンにミゲロという人物に会いに行けと言って去っていきました。
なんか困ったことが起こって、ヴァンに頼みたいことがあるんだとか。
ミゲロとの関係がまだわかりませんが、とりあえず行ってみましょうー。

そういえば、全然関係ないですが、知り合いに主人公がオンドゥル語を喋るって言われていたのですが、たしかに滑舌が悪いように聞こえますね、結構気にする部分なので多少不安です。

ミゲロに会うと、砂海亭(さかいてい)に祝宴の材料を取りにいったカイツがまだ戻らないので、
連れ戻して欲しいとのこと。ヴァンも言ってましたが、本当につまらない仕事だ・・・。
なんか新しい執政官が来るとか、それで祝宴するんかな?
執政官ていうのは、まぁ帝国の派遣してくる役人みたいなものか。
ヴァンはミゲロの道具屋で手伝いをしたり、お世話になってるみたいです。

砂海亭(酒場ですな)でカイツ発見。
どんな理由で戻るのが遅れてるのかと思いきや、忘れていただけだとさ・・・。
同じ砂海亭で知り合いのトマジから依頼を受け、
東ダルマスカ砂漠にはぐれトマトを倒しにいくことに。

うむ~、やっぱりFF11とそっくりかも。
敵は同種族だとリンクする模様、アクティブなのとノンアクティブなのがいる。
オートアタックや敵がギルを落とさない等。
FF11だと、敵の感知能力に、視覚、聴覚、嗅覚、生命反応、魔法反応とあるが
エレメンタルが魔法反応なのは、街の誰かが言っていました。
はぐれトマト発見!弱い(笑
なんか横に強そうな恐竜がおるなぁ・・・ちょっかい出してみる。
G A M E O V E R
セーブしといてよかった・・・。

新執政官就任式典とやらが始まりました。
新執政官の名前はヴェイン・ソリドール、アルケイディア帝国の陛下の息子?だとか。
次期皇帝候補のようです。
執政官のスピーチでは、憎き帝国のはずが、巧みに民衆の心をつかみ
スピーチの最後には拍手を受けていました。
しかし最後に見せた笑みは
”民衆の心を操るのは容易い”と言っているように受け取れましたね。狐の予感です。

ヴァンとパンネロの会話
パンネロはダルマスカの雰囲気が帝国に飲み込まれ、
変わって行くのを感じているみたいです。
ヴァンは、祝宴パーティの際に宮廷へ潜入しお宝を盗もうとしているようですが・・・
ダウンタウンにいるダランという人物なら何か知っていそうだと、頼りに行きます。

ダランと会話。
クレセントストーンという魔力を秘めた石版で宝物庫への隠し通路を開くことができるらしい。
ダランが持ってるとか・・・都合イイナ。
ただ、魔力を失っているため、
魔力を取り戻すのに必要な太陽石をギーザ草原へ取りに行くことに。
まず、草原の集落で話を聞くといいそうだ。

集落の長に話を聞くと、黒水晶の前にいるマシュアに聞くといいと言われます。
たらいまわ・・・し
マシュアに話を聞くと、ジンという子供が草原から戻らないそうだ。
見つけて戻るように伝えてくれれば、太陽石をもらえることになった。

と、何故かパンネロが集落にいて、興味本位でついてきました。

初PT組んだところで、今日はお終い~。
幻想水滸伝V 5日目
幻想水滸伝5 5日目

ストームフィストを出て、初めてのワールドマップ移動。
西の林・・・こっちかな。
あ、入れた・・・。
裏道を教えてくれましたが、とりあえず正面から行ってみよう(笑
リオンに怒られました・・・。

小屋につき、様子を見つつ作戦会議中に突っ込むベルクート、案外熱血漢だな。
あっという間になぎ倒し、人質救出成功です。
抱き合うマリノとベルクート、一件落着・・・・・
と、人の気配に振り返るリオン、そこには誰も・・・。

林を出るとイベント
ギゼルとドルフという男の会話
あの娘とか、使うとか使わないとか、具体名が出てこなかったため、なんのことかさっぱり。
まぁ、ギゼルがまだ何か企んでいるのは間違いないようです。
小屋でリオンが感じた気配は、このドルフという男みたいですね、顔が(たしか)同じでした。

ちょっと推理・・・。
あの娘・・・というのが誰を指すのか・・・。
小屋にいたメンバーで女性は、リオン、サイアリーズ、マリノ。
一番可能性が高いのはサイアリーズ・・・?ギゼルと二人きりで会っていますし。
まぁでも、何を使うのかは、全くわからないですが。

宿屋へ到着。
念のため、今日はみんなで宿屋に泊まることに。

夜更け。
部屋から出ると、マリノが窓から外を見ていました。
他愛もない会話、そう他愛もない会話でした。
明日、ベルクートが優勝すれば・・・。
そうか、なるほど、ギゼルはその心を利用しようというわけか。
とすると、使うか使わないか・・・というのはベルクートが不利になるような代物。
マリノにとっては、ベルクートが負けてくれたほうがいいというわけか。
てか・・・俺気がつくの遅いかもしれん(バカ

翌日。
リオンの目に眼帯が・・・。
サイアリーズの寝起きが悪いことが発覚・・・(笑

朝食はマリノが作り、ベルクートの物だけ特別だったようです。
さらによそよそしい態度。
これはマチガイナイ、盛ったナ。

いよいよ決勝戦。
キルデリクVSベルクート
開始前からベルクートの様子がおかしい。
キルデリクが一方的に押し、そのまま勝利。

医務室にベルクートの様子を見に行く。
医者のムラードによると、魔法か薬で眠らされたらしい、
しかし魔法は監視がいるためありえない、
さらに薬で眠らされた時の症状が全く出ていない・・・ということみたいです。
何か特殊な薬を使ったのでしょうか。
そこへ、マリノがベルクートの身を案じて登場。
ベルクートが試合に出て怪我をしたことで、泣き崩れます。
そしてマリノの告白。
試合が始まる前に眠ってしまうと聞かされていた・・・と。
ムラードはそんな薬があるわけがないと、驚きますが、
リオンは知っているようです(また株上昇!
匂いも味も全くなく、使った後も、誰が調べても普通に眠っているようにしか見えない。
そんな眠り薬があるそうです。
リオンはこの薬について知っているようですが、いったい・・・?

さらに告白は続く。
どうやら、捕まっていたときに、薬を渡され、
マリノには使う動機があることから、マリノが独断で行ったことにするように、
と言われていたようです。
言うことを聞かないと宿屋の主人とおかみが・・・ということみたいです。

ゼガイが何か知っているんじゃないかと、話を聞きにいく王子、リオン、サイアリーズ。

ゼガイの告白。
ゼガイはアーメスの密偵とは無関係。
彼らは勝手に来て、勝手に喋っていたが、ゼガイは興味がなかったと。
騒がれると面倒だから、付き合っていただけらしい。
アーメス出身なのは本当だが、1年も住んではいなかった。
ということは、ゼガイもギゼルにはめられた一人だったということか。

サイアリーズは、ギゼルのことをよく知っています。
彼女の意見は、ゼガイの件、マリノの件、その他いろいろなことに対して、
ギゼルは、それぞれのきっかけを作ったにすぎないそうです。
その後、どう転ぶかを見て楽しんでいる。
シュンがたまたまアーメスの声を聞き、たまたま王子達を頼り、たまたまゼガイが捕まった。
そういうことみたいです。仕掛けを作るだけ作り、その過程を楽しむ。
結果が気に入らなければ、また新たな仕掛けを作り、
最終的に自分の都合のいい結果に持っていく。ギゼルはそういうやつなんだ・・・と。

さっそく女王にこのことを知らせに行きます。

続きは次回。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 8日目
クライマックスUC 8日目

クロニクルモード最終回です。

 それではルー編から。

バイブレーション。
量産型キュベレイ×3→クインマンサ
なんか、一方的に押してたのに、イベントシーンでΖがボロボロなんです・・・
まさか、ルーに専用ステージがあるとは思いませんでした(笑

ランクA

 プル編。

燃える地球
Ζ&ΖΖ
苦戦したなぁ・・・一番苦戦したかも。

久々のランクD

 マシュマー編。

アクシズの戦闘
マシュマーにも専用ステージが!
クインマンサ、ラカンのドーベンウルフ、スペースウルフ隊とタフな相手ばかり。
だが、ザクⅢ改はそれ以上に強かった・・・。

ランクB

 ΖΖハマーン編。

戦士、再び
キュベレイ量産型ニュータイプ部隊→ΖΖ
ハイメガキャノン直撃、一度負けました・・・。

ランクB

 CCAシャア編。

宿命
雑魚戦→リ・ガズィ
そういえば、戦闘機タイプの敵とやるのは初めてかな?
相変わらずBGM、SALLYはイイ。

逆襲のシャア
雑魚戦→νガンダム
νガンダム、なんか弱かった・・・。

ランクBS

 セシリー編。

エターナル・ウインド
意識拡大、効果時間長いなー。
これなかったら、結構つらかったかも。

ランクA

 ザビーネ編。

黒の部隊
雑魚+F91
MEPEしながら、突っ込んでくるの反則・・・。

ランクA


 ☆☆☆ファイナルステージ☆☆☆

アムロ+νガンダムを選択。
あえて何も言うまい。

ランクA

エキストラモードがついに追加。

今日はここまでっ

次回はエキストラモード・・・ではなくて、プログレスモードをジオンよりで進めてみます。

幻想水滸伝V 4日目
幻想水滸伝5 4日目です。

サイアリーズを呼びに行き、シュンが抜けた出して来た隠し通路から潜入し、
様子を探ることになったところからです。

隠し通路は、井戸から地下を通っていく道みたいです。
入って少し進むと、ストームフィストの本来の領主であるというエセルバルド家の
エクバート・エセルバルドと名乗る人物に出会う。

都がストームフィストからソルファレナに移された時に、拝領したが
ゴドウィン家にはめられ、領地を奪われた。
何かよからぬことがあれば、ゴドウィン家を疑うべきだと忠告してくれますが・・・
私怨ありありな感は否めません・・・。

隠し通路を抜け、闘技場の地下へ入ると、シュンの仲間の闘技奴隷達が迎えてくれました。
丁度今、例の声が聞こえるとのこと。
調査開始。
リオンが隠し扉を見破り、奥にいる人数まで把握してました。(またリオン株上昇。

奥でユーラムの代理である闘技奴隷のゼガイと怪しい男二人を発見。
ゼガイを他の闘技奴隷に任せ、怪しい男二人を追うことに。

隠し通路を抜けると、ストームフィストの西の林に。
怪しい男二人は、別の三人と合流。そこで追いつき戦闘に。
例によってゲオルグが強いので楽勝。

正体はやはりアーメスの密偵、ゼガイはアーメスの出身であった。
ゼガイは闘神祭で優勝した際に、女王と王女殺害の相談をしていたらしい。
おそらく極刑になるだろうとのこと。バロウズ家はこのことには無関与らしい。
だが、ゼガイ自身は何も話してくれないので、真実は・・・?
しかし、ユーラムは代理を失ってどうするのでしょうか?
別の代理を立てるのか、棄権するのか・・。

イベントでギゼルとマルスカールの話。
この一連の流れは、全部ゴドウィン家の策でした。
隠し通路、ゼガイがアーメスの出身、それらの情報を流していたようです。
狙い通り、ユーラムは代理を失い棄権したようですね。
練習試合で敗れたときの余裕はこういう意味だったのですね。

闘神祭開始、式典の一部で奉納試合として王子が試合をするらしい。
始球式みたいなもんだな。
相手はシュン。
まぁ、一騎打ちはシリーズ恒例で簡単なので、楽勝。

その後リムが、勝った王子に対して、このままでは王子と結婚することになってしまう~と、
わかりやすい動揺をしていました。まぁ、こういう演出はかわいいですけどね~。
自分はリオンが一番なので、ごめんなさい。
まぁ、勘違いはミアキスの差し金だったようですが・・・。

リムは剣での闘いを見ていられなくなり、部屋に連れて行って欲しいと王子に頼むが
アルシュタートは、リムのための戦いであり、それから目をそらすことはいけないと言います。
この程度を見ていられないようでは、
これからのリム・・将来の女王の責務に耐えられない・・と。
リムも納得したようです。

第一回戦、第八試合で気になる男を見つけた様子、名はベルクート。
フェリドは、王子にこの男と会ってみる気はないかと言い。
宿で偶然出会うように装い、会いに行きます。
護衛は、リオン、ゲオルグ、サイアリースといつものメンバー。

闘技場から出ようとするとイベント。
どうやら、第六試合で不正があったとのこと。
対戦相手にしびれ薬を盛ったとか、医者のムラードはそれを見抜き、
ここの医者には、そういう技術や知識も必要だと言います。

ゲオルグは嫌な予感がする・・・とベルクートに会うのを急かします。
暗殺でもあるのでしょうか。

闘技場から出ると、またイベント。
拳闘士のケニアなる女が、闘神祭に出たくて来たが、門前払いを受けていた所らしい。
そりゃ、女は出られん・・・とみんな飽きれ顔だが・・・。
どうやら、闘神祭の主旨を理解していなかった様子、説明すると帰って行きました・・。

街を歩いていると、またまたイベント
今度は鍛冶屋のドワーフの男が門前払いを受けています。
ゴドウィン卿はドワーフなどの亜人が嫌いらしい。

ゲオルグの予感が当たったようで(俺の予感ははずれましたが)
街の端でベルクートは、ごろつき数人に絡まれていました。
街の人も貴族も、余所者の彼が勝ちあがるのは面白くないようです。
2回戦の辞退を要求するが、あっさり断るベルクート。
余所者の参加が認められている闘神祭で、
それを否定するのは女王陛下の意思を否定することになる。
と、口ではごろつきを圧倒。
が、ここでごろつきを斬れば、失格になるのは明白。
抵抗できない彼に、王子達が助けに入り、戦闘に。
ゲオルグがいr(略

その後、ベルクートと会話。非常に礼節をわきまえた男です。
宿屋へ送っていくと、宿屋のマリノがお出迎え。
お客を届けてくれたお礼にと、マリノにご馳走になります。
マリノは、ベルクートに好意を持っているようですが、ベルクートは全く気づいていません。
なるほど、そういうキャラか。
ベルクートは、闘神祭に参加する理由・・・そして志を話してくれました。
彼は、昔ここの闘技奴隷だった。10年ほど前に、脱走し、国外逃亡。
闘神祭が行われると聞いて戻ってきた。
王女の婿になり、闘技奴隷の制度をやめさせるために。

帰りの会話、ベルクートに対する評価は強さだけでなく人間的にも上々のようです。
リオンは、マリノのベルクートに対する気持ちはわかってなかったみたいで、
こちらもそういうキャラのようです・・・。

数日後・・・。
決勝はギゼルの代理、キルデリクVSベルクートに決定。決勝は明日。
ベルクートの護衛も兼ねて、様子を見に行くことに。
宿屋へ行くと、マリノがさらわれていました。
返して欲しければ、西の林にある小屋にベルクート一人で来いということみたいです。
まぁ、西の森なら人目もつかないし、罠だろうけどベルクート一人で楽勝だね!
がんばってね^^

当然のごとく、王子達が手助けすることに。
サイアリーズに策があるようです。
小屋へ行くのに、裏道があるのだとか・・・。
んで、裏から奇襲すると。
婚約者だった頃は、よく遊びに来ていて詳しいみたいです。

では、さっそく行ってみようってとこで今日はオシマイ。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 7日目
クライマックスUC 7日目

今日も今日とてクロニクルモード。
ネタ切れ気味でも、クロニクルモード。

 クワトロ編からスタート。

シャトル発進。
キラキラ百式使いにくい・・・。
なんでチャージ2バズーカの、ため時間があんなに長いの。
メガバズーカランチャーは強かったけど。

宇宙を駆ける。
なんか追加されたクロニクルで初めて、~と同じ・・・・ではないステージな気がする。
雑魚戦→キュベレイ。
メガバズーカランチャーを当てれば、かなり削れる。

ランクBS

 ジェリド編。

月面の戦い。
マークⅡ&百式戦。
トリモチここで初めてくらった、うざいなこれ・・・。
ジェリドこんだけか~、残念すぎ。

ランクB

 フォウ編。

シンデレラ・フォウ
サイコガンダムつよ~、あっという間にクリア

永遠のフォウ
相手が百式とΖになっただけ。
相変わらずの強さで、こちらもあっという間にクリア
空飛ぶMS形態のサイコガンダム・・・

ランクSA

 シロッコ編。

宇宙を駆ける。
雑魚戦→Ζ
久々にクライマックスアニメみた・・・ほとんどのキャラないね。

ランクC

 ハマーン編。

宇宙の渦。
雑魚戦→Ζ
このパターン多いな。
ファンネル機はやっぱり強いです。プレッシャーもいい感じ。

宇宙を駆ける。
雑魚戦→百式
クワトロ編と攻守交替。
まぁ、楽勝。

ランクBB

次回クロニクルモード最終回・・・予定。
幻想水滸伝V 3日目
幻想水滸伝5 3日目
2日目の続きです~。

王子とリオンは街を見てまわることになったが、カイルの提案で
一緒に美人の紋章師がいるという紋章屋へ行くことに。ってとこからです。

紋章屋につくと、今日は美人紋章師さんは休みでした。カイル残念。

外に出ると騒ぎが!様子を見に行くと、ただのケンカの様子。
もちろん止めに入る。
ごろつき×6とバトル。カイルもいるし、楽勝。
ストームフィストの傭兵ながれが酒場で女王の悪口を言ったのが、ケンカの始まりらしい。

フェリドとアルシュタートは、アルシュタートが外遊をしていたときに旅先で出会った。
なんて話も聞けました。

で、とりあえず、宮廷に戻ることに。

戻るとイベント、女王アルシュタートは夫のフェリドに、王子達のロードレイクからの
帰還をもっと暖かく迎えるつもりであったこと、だが気持ちが高ぶると自分が正義、
背く者は報いを受けてしかるべきという考えがが抑えきれなくなることを打ち明けます。
そしてそれは、2年前、ロードレイクを太陽の紋章で粛正したときと同じだと。

それはやはり、太陽の紋章が原因。
太陽の紋章は宿す者の心を惑わすとされているそうです。

フェリドは、太陽の紋章をはずすように言いますが、
フェリド本人もはずすわけにはいかないことはわかっています。
太陽の紋章は、ロードレイクへの裁きのために宿したわけではない、
ゴドウィン卿を自由にさせないための、抑止力。

アルシュタートは何よりも自分の息子や妹のことを心配しているようです。
アルシュタートへの考えは自分自身、このイベントで180度変わりましたね。
ただの危ない人じゃなくてよかった(汗

またイベント。
夕焼けを見つつ、改めて、王子の護衛を約束するリオン。
なかなかいい雰囲気でした。

翌日になりイベント。
王子とサイアリーズはストームフィストで闘神祭の準備を監督するために王都ソルファレナを
離れます。護衛には、ゲオルグとリオン。

開会式は約1週間後。

で・・・どこから、どうやっていくのかな?(汗
リオンに聞いたら桟橋から船でいくらしい。

カイルが見送りに来てくれてました。
それに忠告も・・・ストームフィストはゴドウィン家の領地であり
太陽の紋章があるから今は手を出せないが
ゴドウィンはいつ謀反を起こしてもおかしくないから気をつけろと・・・。

船上の会話。
太陽の紋章を宿してから変わってしまったアルシュタート、
だんだんひどくなってる気がする・・・と皆心配しています。

・・・と、なんか河から爬虫類系怪物が・・・。
サイアリーズはトカゲが苦手なことが判明(笑
リオンは船員達に対し、見事な陣頭指揮でした。

ゴドウィン家の御曹司、ギゼル・ゴドウィンの船に助けられる。

サイアリーズは、怪物にわざと襲わせ、それを助けることで
恩を着せたんじゃないかと、勘ぐります。(自分もそう思った
だが、疑われるのも承知でゆさぶりをかけて楽しんでいる・・・と、そこまで読んでいます。
元婚約者ということで、ギゼルのことはよく知っているということでしょうか?

ストームフィスト着
ゴドウィン家の城・・・スーパーマリオでゴールするときの城みたいだ(笑

当主マルスカール・ゴドウィンが出迎え。

ふむ、ユーラムは、保身だけのバカお坊ちゃま
ギゼルは、野心ありありの腹黒貴族ってとこか。

さっそく、ギゼルに闘技場を案内してもらうことに。
フェイタス竜馬騎兵団が開会式の訓練をしているところを見る。
なんかすごそうでした。今後戦うことがあるのかな。

闘技場で、ユーラムの代理人のゼガイと
ギゼルの代理人のキルデリクが練習試合をしていました。
ゼガイは一流の槍使いで、リオン、ゲオルグ共に強者と認めています。
勝ったのはゼガイでしたが、ギゼルのその後のセリフから、
キルデリクは本気ではなかったことが伺えます・・・。
まぁ、何か裏があるのは間違いないでしょう。

闘技場は普段は、貴族達が闘技奴隷を用いた試合の賭け事に使うらしい。
貴族はろくなことやらんな。
女王アルシュタートとフェリドは、闘技奴隷による賭け試合を廃止しようとしたが
闘技奴隷の虐待や、売買の廃止のみにとどまったとのこと。

一通り見たあと、街を見に行くことに。
サイアリーズはギゼルに用があるらしく、二人はここで離脱。

芸をするヒョウで、名前はエルンスト
しかし割り算が出来ない調教師の女の子・・・。
会うなりリオンに求婚するも、あっさり断られるガヴァヤという男など
今後何かありそうなキャラがいますね。

適当に歩いているとイベント
尾行にいち早く気づくリオン、自分の中でリオン株上昇中(笑
尾行はシュンという闘技奴隷、王子に話があるとか、怪しい雰囲気ではない。

場面変わって、サイアリーズとギゼルの会話。
サイアリーズは、ギゼルが闘神祭に出る真意を聞きます。
はぐらかすギゼル、8年前の婚姻破棄の話に移っていきますが・・・
政略結婚でも嬉しかったというギゼル、
サイアリーズも結婚が嫌だったというわけではないようです
しかし、継承権争いの火種になるとして、女王が下した婚約破棄の決定に、理解もしています。
ギゼルも継承権争いによる闘争で母親を亡くしているよう。
ここらの話を聞いていると・・・ギゼルとサイアリーズ、悪くない雰囲気でした。
心の内に秘めた想いというのは、双方にあるのでは?と思わせます。

また場面変わってシュンと一緒に宿屋で話を聞くことに。
夜中に闘技奴隷の牢屋から、声が聞こえる。その声にはアーメスのなまりがあるらしい。
アーメスの暗殺者などだったら大変だと、調査することにします。
貴族達には知られたくないということで、王子達だけで調べることになりました。
ギゼルの案内で牢屋を見てまわった時に、奴隷の扱いに対して、怒った王子をみて
王子のことを信じられると思ったらしいです。

サイアリーズを呼びに行き、シュンが抜け出して来た隠し通路から、潜入し様子を探ることに。

今日はここまで~。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 6日目
クライマックスUC 6日目

今日からまたクロニクルモードへ。

シャア編から

大気圏突入
ガンダムとのタイマンです。(味方機いたかも?
もう慣れたのもあると思いますが、機体がザクとはいえ、
タイマンなのでガンダム相手でも楽勝でした。

ア・バオア・クー戦。
もう終わりか・・・、ララァはやっぱ出ないのね。
ジオング使いにく~、シャアザクのが強かったような・・・。

ランクSS


アイナ編

熱砂戦線
また、モビルアーマーです。ムズカシ。
そういえば、ギニアスもアプサラスⅢも出てないね。

ランクB


ノリス編

震える山
グフカスタム+ノリス最高^^
敵は08小隊のみ、だけどかなりボコボコにされました・・。

ランクC


バーニィ編

ポケットの中の戦争。
リザルト見たら、ライフ残り1%だった、あぶなっ。
バーニィ格好よかったよ。

ランクC


ガトー編

激突戦域
アトミックバズーカ、すごすぎ(笑
フルバーニアンも一発で昇天。

駆け抜ける嵐
またまたモビルアーマー、難し・・・ってあれ、常に移動してる他のモビルアーマーと違って
ちゃんと静止できるのね、ノイエジールは。

ランクSA


シーマ編

駆け抜ける嵐
マイクロミサイルばら撒きながら突進してくるデンドロビウム怖い・・・

ランクB

今日はここまでー!
書くことないなー!
幻想水滸伝V 2日目
幻想水滸伝5 2日目。
昨日の続きです。

ロードレイク視察の報告を終えた主人公は、妹に会いに行くことに。

妹を探していると貴族の王子に対する陰口を耳にする、出るに出れない主人公に
たまたま通りかかった女王騎士のカイルが助け船を出してくれました。
なかなか気が利きますね!
そのカイルの意見により、女王騎士の詰め所で話をしながら妹を待つことに。

女王騎士達の間でも、女王の行いの是非について異論、反論、賛同など様々な意見があり、
口論になっていました。
騎士長であるフェリドはその様子を見て、女王の考えに絶対賛同するのが忠誠ではなく、
是は是、非は非と意見を言うのが真の忠誠だと言い、
議論などはおおいにやってくれと言います。
言いにくいことでも進言したいことがあれば、自分が代わりに女王に進言すると約束するなど
フェリドはかなり出来る男のようですね。

女王騎士ザハーク フェリドの意見に耳を傾けながらも、それは理想だとし、
             理想が常に最善とは限らない、と一石を投じる。
女王騎士アレニア ゴドウィン派に賛同している。
女王騎士ガレオン ロードレイク生まれであり心配しているが、女王の考えは正しいと考える。
             複雑な心境だろう。

貴族の意見も元老院の2大派閥、ゴドウィン派、バロウズ派に分かれており
ゴドウィン派が過激派、
バロウズ派が穏健派ってとこかな。

城の兵士達の会話からわかったこと。

 8年前に、先代の女王ファルズラームが崩御し貴族同士の内乱の危機にあった。
 それを機に、東のアーメス新王国に攻め込まれるが、
 新たに即位した現女王アルシュタートと
 フェリドが国をまとめ、アーメス新王国を撃退した。

 女王の妹であるサイアリーズは王位継承権を奪われ結婚も許されない様子。
 女王の位を巡っての王家の争いが起きないようにするためらしい。

 紋章とは自然の力を表す印であり、水の紋章、風の紋章などがある。
 それぞれの紋章の力を人に宿すことにより、その力を使えるようになる。
 ファレナ女王国に伝わる世界にただ一つの3種類の紋章があり、
 それぞれ太陽の紋章、黎明の紋章、黄昏の紋章という。
 太陽の紋章は、繁栄をもたらす恵みの紋章。
 黎明の紋章と黄昏の紋章は太陽の紋章を守護する紋章らしい。
 太陽の紋章は人に宿すことを禁止し、封印していたらしいが、2年前の暴動の際に
 女王が太陽の紋章を宿し、その力を行使してロードレイクを荒廃させた。

 女王は太陽の紋章を宿してから変わってしまったのでは?との意見も。

 ゲオルグは北の大陸の国の将軍をやっていたという噂がある。

詰め所で、妹リムスレーア(以降リム)とその護衛のミアキスと対面。
リムは相当なお兄ちゃん子?らしく、主人公に抱きついてきました。(歳は12くらい?
主人公の次の目的は、ストームフィストの街へ闘神祭の準備の様子の視察みたいです。
闘神祭とは、リム(王女ですね)の婿を決める武闘大会で
フェリドもこの大会で優勝し、アルシュタートの婿になった。

元老院で、大会参加者の名簿が見れるということで、みんなで見にいくことに。
カイルとサイアリーズも興味があるとかで付いてきた(笑


元老院にてバロウズ卿ことサルム・バロウズとその一子ユーラムと出会う。
理想を語るも、己の利権のためにリムを利用したいだけだと言うことは見抜かれた様子。
リムもユーラムとは結婚したくないようだ。(こてこてのおぼっちゃんだったなぁ
ミアキスは、天然っぽいキャラだと思っていたが、したたかな面も見せた。
もしかしたら、天然に見えるのも計算なのかもしれない・・・。

みんなで名簿を見ていると、サイアリーズは気になる名前を見つけた様子。
ギゼル・ゴドウィン。ゴドウィン家の御曹司で、なんとサイアリーズの昔の婚約者・・・。
政略結婚がイヤで断ったらしいが・・・。

元老院で聞いたこと

 闘神祭は強い代理人を立てられる貴族が有利で、フェリド以外は
 ゴドウィン家かバロウズ家が優勝しているらしい。代理人OKなのね・・・

 元老院は貴族達の会議の場だが、
バロウズ卿とゴドウィン卿のくだらない言い争いになっている。
 処刑されたロヴェレ卿は、仲介役だった。なんか臭うな・・・。

その後、解散。

主人公とリオンは街を見てまわることになったがカイルの提案で、
一緒に美人の紋章師がいるという紋章屋へ行くことに。

今日はここまで~。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 5日目
クライマックスUC 5日目

今日はプログレスモードを初プレイ。

所属は、連邦軍。性格は人気なさそうな温厚で。
オリジナルキャラの面々は、あまり人気がないようですが
特に鼻につく性格のキャラはいなかったので、自分としてはそんなに悪くなかったです。

ステージ1:ジャブロー
陸戦ガンダムで出撃、途中アムロ君が助けに来てくれました。
だいたいアムロ編のジャブローと同じです。
ビッグトレーを守る必要がないのでこちらの方が楽かな。

ランクA、少尉に。緊急防御を覚える。

ステージ2:ア・バオア・クー
ガンキャノンで出撃。
こちらもだいたいアムロ編のア・バオア・クーと同じ。
ジオングが出てきましたが、ライバルキャラっていないんですかね~?

ランクB。パワーカスタムを覚える。

ステージ3:星の屑阻止
コーウェンと父親が知り合いの設定らしい。
ジムカスタムで出撃。
ケンプファーがボスで出てきましたが、一回ロックはずしたら見つけられず・・・
そのまま倒さずクリア。

ランクC、中尉に。統率を覚える。
陣営選択、一貫して地球側にしてみようってことでティターンズを選択。

ステージ4:ホンコン・シティ
バスクを見て、早くもティターンズを選んだことを後悔・・・。
ハイザックで出撃。
サイコガンダム逃げるの早いよ・・。

ランクB。

ステージ5:コロニーレーザー奪回
ジムⅡで出撃。
雑魚と戦艦ばかりのステージ。
ほぼノーダメだったけど、なんか被弾して怪我をしたとか・・・。

久々ランクS、大尉に。全力開放を覚える。
あぁ、結局ティターンズは敗れるのか・・・。
陣営選択、最初から選んでおけばよかった・・・エゥーゴ選択。

ステージ6:コア3
また雑魚掃討ステージ。
途中ジュドー以外のシャングリラチルドレンが来てくれます。

ランクB、少佐に。ハイチャージを覚える。
陣営選択、ロンドベルを選択。

ステージ7:アクシズ降下阻止
ジェガンで出撃。雑魚大量+ヤクトドーガ(ギュネイ)
ギュネイに苦戦、一度やられる・・・。

ランクA、中佐に。
結婚相手選択、あの・・・幼なじみの人、一回も出てきてないんですが・・・。
上昇ステータス?だし、3回目に選んでみよう。
結局オペレーターの人を選択。
子供の顔は、どこか親の面影のあるこの男で・・・
男の名前は悩んだことがない、イッシンと命名。

ステージ8:小型MS迎撃
リ・ガズィで出撃。分離したいがために、スキルはBWS分離を選択。
雑魚大量+ザビーネ

ランクS、中尉に。スピードショットを覚える。

ステージ9:クロスボーン精鋭部隊
ガンダムF90Vで出撃。
雑魚+ザビーネ&ドレル。
F90が強い・・・最終面なのに簡単すぎた。

ランクA、大尉に。

リザルト
カムナ :最終経歴、地球連邦軍中将、基地司令官。
イッシン:ランクB

ステータス:射撃40、格闘30、防御35、機動50、CP36、NT02
パッシブスキル:緊急防御、パワーカスタム、統率、ハイチャージ、スピードショット
アクティブスキル:全力開放

昇進状態って何かに影響するんでしょうか?
次は、またクロニクルモードをやります。シャア編から。
幻想水滸伝V
幻想水滸伝5 初日

  太陽の紋章と大河フェイタスの祝福により
  豊かな国土に恵まれた南の大国、ファレナ女王国。

  かつては女王位の継承順位や有力貴族の主導権を巡る争いに揺れ続けたこの国も、
  今代の女王アルシュタートの善政のもと、確かな平和と繁栄を享受しているかに見えた。

  女王に最も忠実と言われた貴族の領地で、不可解な暴動が起きるまでは。

  そして2年の後。

  女王の命を果たし終えた一隻の船が、王都ソルファレナへ帰還すべくフェイタス河を遡る。
  その船上に、若き王子の姿があった。

ということで、発売から約2週間経っていますが、幻想5のプレイ日記です。
このシリーズ1~4までプレイしていますが、段々と質が落ちていると思うので
今作での巻き返しに期待しています。

主人公の名前はイッシン、年齢15、6と仮定して声A(男性声優)で開始。

プロローグ
主人公達は、不可解な暴動が起きたという領地への視察から
戻って来たところらしい、メンバーは

主人公、女王アルシュタートと女王騎士長フェリドの長男。
リオン、女王騎士見習い。王子専属の護衛。
ゲオルグ、女王騎士長フェリドの古くからの知人。
フェリドの誘いでファレナ女王国の女王騎士に。
サイアリーズ、女王アルシュタートの妹。王子の叔母にあたる。

船上での会話、女王への報告から、少し想像してみる。

視察した領地の名前はロードレイク。
会話から察するにあまりよくないものを見たようだ。
女社会であり、男には王位継承権がない等、身分が低い様子。
また、ゲオルグのセリフから以前もどこかの国の宮廷勤めをしていたらしいことがわかる。
言葉使いに問題があるらしいが、その時は平気だったのだろうか・・・。
リオンは、ヒロインっぽい。

変わって、ロードレイクへ視察に訪れた場面へ。
2年前と考えていいのかな?
以前は、豊かな土地だったようですが、水が枯れ、荒廃しています。

ここから操作可能。
ゲオルグのレベルが20と高いことから、早々にメンバーからはずれそうですね。
とりあえず、街の様子を見てみることに。

話を聞いてまわると、どうやら勘違いをしていた模様。
ロードレイクで暴動が起きたために、女王の行った粛正により荒廃してしまったようです。
2年後、その様子を息子である主人公に見に行かせたと。
暴動が起きた理由と、どんな粛正をしたのかは、現在不明。
領主であったロヴェレ卿とその一族は責任を問われ、全員処刑されているようです。

ロヴェレ邸の裏の湖でイベント、かつて美しい街だったことが仲間のセリフから伺えます。
また、主人公とリオンは、ロヴェレ卿とも知り合いだった様子。
サイアリーズがロヴェレ卿のことを義兄と呼んでいたが、うむむ?

イベント
子供が弟分の子供達に綺麗な水を飲ませてやりたいと
森の中の湖に向かい、戻らないようです。
子供の名前はトーマ。
主人公達が捜索を買って出るが、王子達には関係ないと、断られます。
その時、サイアリーズが子供の命が危険なのに、王子だとかは関係ないと、たしなめますが
こういったセリフは好感がもてました。
結局、王子達に借りは作りたくないが子供の命がかかっている、ということで捜索へ行くことに。

適当に歩いてると、狼っぽいモンスターに襲われるトーマらしき子供を発見。
当然戦闘に、ゲオルグが強いから楽勝。

王子は子供に手を差し伸べるが、
この街を荒廃させた女王の身内である王子が許せないようで、
一人でさっさと戻ってしまいます。
まぁ、気持ちはわからないでもないですが、暴動を起こしているのですからねぇ。

ここまでで、ロードレイク視察の回想シーンは終了。
場面は宮廷へ戻ります。

女王は、ロードレイクの民がいまだ苦しんでいることを聞き、とても満足し”ざまぁみろ”
と言ってのけます。会話の節々から少し逝っちゃってる感が漂っています・・・。
どうやら、女王が発動した太陽の紋章の力により水が枯れてしまったようです。

報告後の仲間達の会話から、女王は昔はこうではなかったとのこと。
”変わってしまった”らしいですが、いつから変わってしまったのでしょう?
暴動が起きてからでしょうか。
女王はロヴェレ家のことをかなり信頼していたらしく、裏切りにショックを受けていたようです。
いまだに不明な暴動の原因はなんなんでしょう。
冒頭で不可解な暴動とあるように、何かが絡んでいると思われます。

その後、主人公は妹のリムスレーアの様子を見にいくことに。
その他のメンバーは護衛のリオンを残し解散。

今日はここまで!
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 4日目
クライマックスUC 4日目

今日はクロニクルモード、ジュドー編から。

燃える地球。
雑魚戦→キュベレイMkⅡ。
矢尾一樹のナレーションは似合わないな。

エマリー散華。
ΖΖに乗り換え。(原作では、乗り換えというより、用途による使い分けをしていた)
マシュマーのザクⅢ、ラカンのドーベンウルフ(+スペースウルフ隊)
プルツーのクインマンサと、ボス戦3連続。
クインマンサのIフィールドも一発で破壊のハイメガキャノン強し。

戦士、再び。
ハマーンとの一騎打ちの再現。
ΖΖは全3ステージ。
テレビシリーズでは最短、やはり最大の黒歴史なのか・・・。

ランクBAB。

クリア後、ルー、プル、マシュマー、ハマーン編追加。


CCAアムロ編。

宿命。
機体はリ・ガズィ。
出撃したら、まず分離(笑
モビルアーマー操作難しいです・・・。
雑魚戦→ヤクトドーガ→サザビー。
BGMが格好よかった。これはSALLYって言うのだっけ?

逆襲のシャア。
雑魚戦→ヤクトドーガ&αアジール戦→雑魚戦→サザビー戦
と、かなり長めのステージ。
νガンダム強い、1st以来のランクS獲得。

ランクAS。

クリア後、シャア編追加。


シーブック編。

フォーミュラ出撃。
雑魚戦→ベルガダラス。
F91の強さを堪能、VSBR連発!

黒の部隊。
なんか、ザビーネの声が変なような?喋り方かな。
原作とは違う印象を受ける。
背景が回転してるコロニー内部の空中で、結構新鮮でした。これは結構好きかも。

エターナル・ウインド
ラフレシアと対決。
モビルアーマー相手なので、ビームサーベルで接近戦を挑んだら
テンタクラーロッドでずたずたに(笑
BGMがエターナル・ウインドでしたが、小さすぎてほとんど聞こえなかったです。
F91が3ステージで、ΖΖも3ステージ。なんかおかしいと思ふ。

ランクCBA

クリア後、セシリー編、ザビーネ編、ファイナルステージ追加。
ファイナルステージ?あれ、トビア編はどこに・・・。


とりあえず、初期から選べたものは全部終わりました。
クライマックスシーンはもうちょっとなんか欲しかったなぁ。
全作品、歌が欲しかったかも・・・無理か。

クロニクルモードは一旦置いておいて、次はプログレスモードをやってみたいと思います。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 3日目
クライマックスUC 3日目

今日はクロニクルモード、カミーユ編。

最初のステージは黒いガンダム。
初代ガンダムは、ガンダム大地に立つが削れられていたけど、
Ζではしっかりあるのね、映画効果でしょうか。
でも、グリーンオアシスでジムⅡが出てくるのは、ちょっと違和感あったかも。

月面の戦い。
雑魚が大量に出て、最後マラサイ2体。
ストーリー的にも重要な位置じゃないし、ここは別にいらなかったのでは。

シャトル発進。
シャトル守りつつ雑魚大量→アッシマーです。
アポリーさん、いなかったことにされると思ってたけど、ちゃっかり出てましたね。
ジャブローあると思ってたのに、なくてこっちがあるとは思いませんでしたが。

白い闇を抜けて。
なんか・・・SFSも使わずにマークⅡが空を飛んでるんですが・・・
いいのか、これで(汗
操作は宇宙ステージ扱い、アッシマーが2度目の登場となるステージ。
Ζは1st以上に、ステージ構成が細かいね、1stは4ステージで終わりだし。
1stは他にたくさんゲーム出てるってのもあるのかな~。

シンデレラ・フォウ。
フォウの声優は劇場版のゆかなさんです。
劇場版をまだ見ていないので、きちんと聞いたのはこれが初めてでしたが、
なかなかいいんじゃないでしょうか。
前の声に慣れてるので、多少違和感はありますが。
それよりも、会話シーンでパイロットの顔が出ないため
モビルスーツが喋ってるように見えました。
こっちの方が違和感あったかも。

永遠のフォウ。
ここからΖガンダムに乗り換えです。
ダカールは飛ばされましたか・・・あの演説を聞きながら戦闘するのが結構好きなんですよ^^
このステージもSFSを使わず、変形もしていないのに、空を飛んでいます・・・。

宇宙の渦。
雑魚大量→キュベレイ戦。
カミーユとハマーンって原作で、戦いましたっけ?
映画版仕様?

宇宙を駆ける。
最終ステージ。
前のキュベレイのファンネルが厄介だったためか、ジ・Oはえらい弱かったな。
出番なしのキャラは、エマ、ヤザン、サラ、ロザミア等。

全部で8ステージか、1ステージは短いけど、8個あると結構疲れました。
ランクは、BDCAABBA

クリア後、クワトロ、ジェリド、フォウ、シロッコ、ハマーン編が追加。
追加も多いね!

次はジュドー編、CCAアムロ編、シーブック編までいけたらいいな。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 2日目
クライマックスUC 二日目。

一昨日書き忘れましたが、OPムービーがかなり格好よかったです。
必見。

クリアしたステージのランクが見れないようなので、メモメモ。
一昨日やったアムロ編初回クリア時のランク、SAAS。

今日はクロニクルモード、シロウ編をプレイ。
ステージは熱砂戦線と最前線。
ランクBD
ノリス&グフカスタム格好いいなぁ^^
ランクDは見とれて攻撃できなかったせいにしよう。

クリア後、アイナ編とノリス編追加。
どちらも大好きなキャラなので、楽しみです。

クリス編。
VSケンプファーと、ザクⅡ改。どっちもタイマン。
ポケ戦ってゲーム向きのシナリオじゃないよね。
ランクBD
バーニィに止めをさせないよ・・・(言い訳

クリア後、バーニィ編追加。

コウ編。
激突戦域、駆け抜ける嵐。
ケリィさんのシナリオがなかったのは残念。
ニナや地獄の第四小隊もリストラです・・・。
ランクBC
デンドロビウムの操作難しい・・・なんかコツないですか?

クリア後、ガトー編とシーマ編追加。
シーマ編があるとは・・・。

不満はあれど、遊んでると結構楽しい!
明日はカミーユ予定。
SIREN
実はこのゲーム、映画化されて初めて知りました。
当時は怖すぎるCMが放送中止になるなど、話題を集めたようです。

有名なホラーゲームというと、バイオ、零、サイレントヒルなどがありますが
SIRENも同じような感じのゲームと思ってもらうとわかりやすいと思います。

それではSIRENが他のゲームとは違う特徴を挙げてみましょう。

まず、SIRENの代名詞とも言える視界ジャックシステム。
これは敵の視界をジャックできるシステムで、敵の視界を盗み見ることができます。
これを使うことにより、敵の数、配置、武器、行動範囲
また、敵が施錠した鍵の開錠番号などを調べることができます。
ただし、視界ジャック中は、無防備な状態になるため、安全な場所で行う必要があります。
下手をすると、敵の視界に写った自分の後ろ姿を見るはめになりかねません・・・。

次にパズル要素の難易度。
激ムズです。
主人公が弱く、敵が強いため、難易度が高いという意見をよく聞きますが
敵の配置やどう動けば突破できるのかがわかれば、アクションゲームとしての難易度は
易しいと思います。
そのため、こちらが武器をもっており、敵を倒す(一定時間行動不能にするのみ)ことができる状態においては、多少強引に進めることができるため、難易度は急激に下がります。
武器をもっておらず、メタルギアソリッドのようなステルスゲームを強いられる場合
視界ジャックを駆使し、安全な道を見つけ、時には陽動しつつ進めることになるでしょう。

そして、ステージ構成とシナリオの進み方。
細かく区切られた複数のキャラクターの複数の時間帯のステージを
それぞれ攻略していくことになります。
キャラAの16時→キャラCの1時→キャラBの12時、といった感じでシナリオが進みます。
キャラクターと時間帯が飛び飛びになるため、シナリオを把握するのが難しいです。

とまぁ、こんな感じです。
いっしんは、そろそろ終盤?といった感じのところをプレイしていますが、
難易度が高いということを事前に知っていたので、最初のステージからずっと
攻略サイトのお世話になりました。(ヌルゲーマーです・・・。
やはり、攻略方法を知っていると簡単でしたが、そこに行き着くまでが大変なんだろうなぁ、
ということは容易に伺い知れました。

SIRENについては終盤なため日記を書かず、クリア後にまたお話したいと思います。
機動戦士ガンダム クライマックスU.C.
宇宙世紀好きな自分に取って待ちに待った(っけ?)発売です。

とりあえず説明書を読んでみる。
と、そこで気になったことが一つ。
説明書の表紙なんですが、なんか一人ガンダム乗りが足りないような・・・。
クリスは主人公じゃないからでしょうか・・・ちょっと不満です。
あと、みんな真面目な?顔してるのにシーブックだけ、なんか半笑いなんですが(笑
そういえば、シーブックは酸素欠乏症の設定でした。

まぁ、説明書読んだだけじゃ、ようわからんのでチュートリアルプレイ。
カミーユとジュドーとアムロが教えてくれましたが、
カミーユとジュドーに教わるのは違和感ありまくりでした・・・。

さて、いよいよ本編。
いろいろモードがあるようだけど、どれからやろうかな~。
一番楽しみだったカードコレクション、エキストラモードは予想通り最初は選べないのね。
クロニクルモードのアムロ編を選んでみる・・・。
永井さんの語りはやっぱりいいですな^^
”ガンダム大地に立つ”からだと思いきや、いきなり大気圏突入。
まぁ、詰めないと作るの大変なんだろうけど。
名前にあるようにクライマックスシーンに力を入れてるらしいしね。

で、このザク強ぇー!
って思ったらシャアザクか!
後ろにもザクが2体いましたが、一撃で撃破。
シャアザクも耐久力あるだけで、格闘攻撃してたらすぐ倒せました。
いきなりSランク。
最初のステージだけあって、簡単でした。
クリアしたら4枚もカードもらいました。
敵は3体だったのにカードは4枚。
敵が複数落とすことがあるのか、クリア特典とかでもらえるのか、どうなんでしょうね。
なんか大気圏突入が2枚ある!いきなりダブリか!
と思いきや、モードカードとステージカードとか、なんか違うものらしい。

次ステージはジャブロー。
なんか、ビッグトレー守れとかって、オデッサとか混ざってる気がしますが・・・。
後編でジャブロー地下があるかと思いましたが、シャアとは戦わないんですね。

次ソロモン。
なんか淡々と進んで行くなぁ、イベントもあっさりしてる感じ。
ララァはいないの?
クライマックスシーンに期待・・・です。

そういえば、パイロット選択画面で、特殊能力?っぽいのが表示されてますが、
効果の確認って出来ないのかなぁ?

いよいよクライマックスのア・バオア・クー戦。
雑魚にはマルチショットばかり使ってます。
画面に1体しかいなくてもマルチショット・・・。
で、肝心のクライマックスシーンなんですが・・・。
アニメが多少あるものの、やっぱりあっさりしすぎな印象。
あまりシチュエーションは楽しめなかったなぁ。

ちなみにゲーム自体はステージが短いくらいであまり不満はなかったです。
避けながらマルチロックオンして、群がる雑魚を倒して行く感じ。

まだクロニクルのアムロ編をやっただけなので、これからに期待です。
そういえば、アムロ編クリアしたら、シャア編が増えてました。

今日はここまでにしておきます。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.