いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS 寺田Pのコメント
OGS、PV第三段を見たファンから、質問メールが多く届いたようで
寺田Pにより、いくつかの質問について解答がありました。

以下スパログから要約して抜粋

Q、追加シナリオはどれぐらい?

A、10話くらい、内容をいじっているシナリオもある。


Q、キョウスケやエクセレンがパイロットスーツを着るようになった?

A、TV版に合わせて着るようになった。
キョウセレンはOG1の最初、地上にいる時は私服のカットイン(以降はパイロットスーツ)。
リューネはOG1は私服、OG2はパイロットスーツのカットイン。


Q、ラウルやロアはいつ仲間になるの?

A、「OG1には出ない」「かなり後の方」、基本的にはスポット参戦。


Q、最初(OG1)からプレイしないと入手できないアイテムはあるの?

A、なし


また、広報Wさんより意味深な発言が・・・以下スパログからそのまま抜粋

>(最後に、最近特に多くお問い合わせを頂いております件ですが、
>なんとか公式なコメントを出せるようにと鋭意調整中ですので、
>今しばらくお待ち頂ければと思います。m(_ _)m
>できる範囲でのコメントになってしまうかもしれませんが・・・。
>(・・・できないかもしれませんが・・・)がんばります!)

ヒュッケバイン問題しか考えられません・・・
そのうち何かしらの回答をして頂けるということなので、黙って待ちましょう。
ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争 その4
ようやくChapter.2クリア~。
進行遅いかも・・・

ムスタディオとアグリアスが仲間になり、ようやく固定キャラが使えるように。
やはり、固定職持ってる人は強いですねぇ~。
ムスタディオのドンアクは凶悪ですし、アグリアスの聖剣技はとても便利です。
仲間になった時点のレベルがちょっと他のメンバーより低かったので
少々レベルを上げて処刑場へ。
結構苦戦すると噂の場所ですが、運がよかったのか1ターン目から
ガフガリオンの武器を30%で盗むに成功、時魔を蛙にし、ナイトをドンムブに。
序盤でここまで華麗に決まれば、あとは力押しでも結構楽勝でした。
素手のガフガリオンに連続拳で80ダメくらいもらって焦ったりしましたが
総じて楽に攻略出来ました。

次の難関は連続戦闘の後半、キュクレイン戦。
ただ、ここもまたかなり運がよかったらしい・・・。
ねむりor死の宣告状態になる範囲攻撃をしてくるのですが
ことごとく死の宣告にばかりなって、ほぼリンチ状態。
竜(ラムザ)機(ムスタ)ホ(アグリアス)黒白と
遠隔攻撃が出来るジョブばかりで攻めたので
範囲攻撃に複数人が巻き込まれなかったのがよかったのだと思います。
ちなみにレベルは15~16で、ノーダメで攻略完了。

そういえば、この連続戦闘の前半、城門前の戦闘で
召喚魔法を使ってくる敵がいますが、範囲が広いとかダメージが大きいとか
そんなことよりなによりも、エフェクトが長いのがうざかったです。
エフェクトのオンオフ機能やキャンセル機能くらいは付けて欲しいところですね。

次回はChapter.3です。
フルメタル・パニック? ふもっふ
さて、またスパロボWネタですが、テッカマンブレードⅡに続いて見てみました。
ちなみに後輩がDVD全巻持っていたので、拝借しました。
今回は、テッカマンブレードⅡの時と違って初代フルメタを視聴済みです。

ふもっふは本編と違ってラブコメ一本に絞った路線のようですが
本編もシリアス物というほどではなく、結構コメディシーンも多かったので
わざわざ、専用に作らなくてもいいような感じがしました。
むしろ、本編中のコメディシーンの方が面白かったような気がします。
というかですね~、ボン太くんが楽しみだったのに出番が少ないんですよ!

まぁ、スパロボWでわからなかったネタを補完出来たので満足はしています。
あとはTSRがありますが、こちらも13話と短いのでそのうち見てみるかも。

今は、ガオガイガーFINALを見ています。8話と短いのが良いですね。
さすがに本編は長いので見る気になりません・・・。
ドラゴンシャドウスペル 第1章 戦いの契約
サモンナイトシリーズを手がけたフライトプランの新作ということで買ってみました。
サモンナイトにハマっていなかったら、たぶん買うことはなかったと思います。

ジャンルが同じSRPGということもあり、雰囲気・・・は似てないが
随所に似ている部分がある・・・と思う。
違う部分は主人公にボイスがついていることや、現代物ということ。
それから、(違うシリーズなので当然だが)システムは全く違うものになっていますね。

ゲーム内でマトリクスという単語が出てくるのですが
それで思い出したのが同社の開発したブラックマトリクスです。
このゲームもサモンナイトと同様、発売当初から気になっていたものの
結局手をつけなかったゲームですが、何かストーリー的な繋がりはあるのでしょうか。

1章は完全にチュートリアル的な内容で、戦闘も物語もサクサクと進みますが
いかんせん専門用語が多くて、戦闘システム、ストーリー共にとっつきにくい印象。
若干不安になりつつも2章に進む・・・。
サモンナイト4 7~10話
だいぶこのゲームに慣れ、楽しみ方もわかってきました。
サモンナイト4をやったことにより、新しく好きなシリーズ物が増えただけでなく
敵と味方の能力が拮抗した状況での戦闘が、いかに面白いかを思い出させてくれました。

最近プレイしたSRPG系ゲームは、どうしても自軍を強くして
自分で好きなように演出したシチュエーションを楽しんでしまいがちでした。
今回それを思いとどめたのが、ブレイブクリアという概念。
ある一定の条件を満たしつつ攻略すると、恩恵が得られるというものですが
プレイ前は、どうせキャラゲーだしフリーバトルでレベルを上げて
好きなキャラと召喚ユニットで楽しみながら楽にクリアしてしまおうと
思っていた自分の考えを改めさせるシステムでした。

ブレイブクリアの条件を満たそうとすると
攻略は当然難しいため、好き勝手な行動では厳しくなります。
しかし、ストレスがたまるほどの難しさはなく
考える楽しさを感じさせるレベルにうまくまとまっています。
個人差はあるでしょうが、自分にとって難しすぎず簡単すぎずという絶妙なバランスです。

個人的にはターン制限もあれば、もっと面白かったかもと思います。
10章までプレイして一番きつかったのが、7章の2回目でしょうか。
マップの仕掛け、大量の雑魚敵、飛んでくる遠距離攻撃をかいくぐり
辿り着いた先にいるのは、麻痺が厄介なエレキメデス使い(ゲック)
まぁ、なんとか1週目正攻法で、敵全滅にこぎつけましたが・・・。

今のところブレイブクリア失敗は
条件をよく理解していなかった、ごく初期の1回か2回だけです。
出来れば、残りは全部ブレイブクリアを達成したいところ!
スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS PV第3段
スパロボOG、オリジナルジェネレーションズの最新PVが店頭で公開中のようです。

まだ見ていない人は、画質音質悪いですが
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm339227
↑こちらでどうぞ。

自分もまだ上記の動画しか見ていないのですが
その最悪の画質で見ても、PS2最高峰の2Dアニメーションには驚愕の一言。
店頭、又は高画質版を見たら気絶してしまうんではなかろうか・・・。

※追記
朝起きたら↓に見やすい動画が来てました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm340186
良すぎる・・。

気になったのは、既出のパイロットカットインで私服だったものが
パイロットスーツ姿に変わっていたこと。
現在のPV第三段の物に差し変わったのか、選択できるのかは不明ですが
選択出来るのだとしたらすごいですね・・・というか出来て欲しいです。

それからBGMにGBA版OG2のPVから引き続きMachine soul 2005が流れていました。
もしサントラに収録されていれば、100%買います・・・。
BGMで思い出しましたが、またしても各キャラの専用BGMはお預けなんですね・・。
そろそろMarionette Messiahとかが聞きたいです。
アニメ版並のクオリティだったら卒倒しますね。

では、延期されずに無事発売されることを祈って・・・。
ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争 その3
Chapter.2です。

ここらでJP稼ぎでもしてみようかと思って、ちょっとやってみました。
レベル12くらいまでなら、バランス壊れないだろうと思っていたのですが
レベル12で進めてみると、めちゃくちゃ簡単になってました・・・。
現在ムスタディオが仲間になったところで、レベル14です。

Chapter.2から儲け話が出来るようになりますが
みんなこれってどうやってやってるのでしょう?
やはり依頼を受けたら、ランダムエンカウントしない場所をひたすら歩くのでしょうか。
これってただ面倒なだけで、意味不明な仕様なんですよねぇ・・・。
まぁ、別にやらなくても問題ないですし、本来は受けたままストーリー進めるのでしょうが
そんなやり方している人は、ほとんどいないですよね、たぶん。

あと他に欲しい機能はメッセージスキップ機能でしょうか。
最近のゲームなら同人ゲーですら標準装備の機能なんですが、なんでないのでしょう?
儲け話の報告とか、イベントバトルでゲームオーバーになった後
もう一度同じ話を見たりとかする場面で使えると思うのですが。
それとも、自分がマニュアルをよく読んでないのであるのに気が付いていないだけ?

移植するときに新しいイベントを作るのもいいですが
もっとシステム面を最新の状態にして作って欲しかったです。

ちなみにまだ不満はありますが、また次回にとっておきます・・・。
無双OROCHI 星彩「激難」プレイ4 & キャラアイテム集め その5
ルールコピペ
難易度:激難
使用キャラ:星彩
さらに、特別ルールとして
キャラチェンジ禁止、タイプアクション使用禁止、無双乱舞使用禁止
ジャンプ(もちろんジャンプキャンセル、空中ダッシュも)禁止。
簡単に言うと・・・左スティックと□ボタンと△ボタン以外禁止です。

最後の8章、8章外伝ですが
まずは、開戦してすぐ遠呂智を倒すだけで終了する外伝の方からプレイしました。
遠呂智自体は、他の強力な武将に比べても圧倒的な性能を有しているわけではなく
今まで普通にリョフなどを倒してきたのなら、それほど苦戦することはないと思います。
辛かったのは、戦国8章外伝「白帝城の戦い」での弓鉄砲隊。
結局最後まで遠距離攻撃に悩まされましたね・・・。
全ステージを比べてみても、ここが一番辛かったと思います。

メインの8章の方は、長い上に各勢力ともほぼ同じ内容のため
星彩の所属勢力である蜀8章だけをプレイしました。
時間はかかりますが、他のステージに比べて特別難しい所はなく難なくクリアできました。

一応これで、星彩「激難」プレイは終了となりますが
実はこの後、今の条件に星彩レベル1というのを加えて8章をプレイしてみたのですが
10回くらい繰り返した末断念・・・敵の雑魚兵の攻撃にかすっただけで死亡するのも
辛いですが、死亡しても経験値がリセットされないため
毎回オプションでリセットするのが面倒すぎます。
・・・と、ここまで書いてみて、もしかしたらフリーモードなら経験値貯まらないのかも?
と思ってみたり・・・でも、もういいです。ここでやめておきます。

そしてキャラアイテム集めもいよいよ最後の呂布です。
5,6回と挑戦した回数は少ないですが、どうもコツが掴めず結局断念。
禁断の2Pプレイで楽々ゲットさせて頂きました・・・。
ちょっと挑戦回数が少なすぎるので、もうちょっと練習して
そのうち自力で9分1000人斬りを達成したいですね。
サモンナイト4 4~6話
このシリーズは初めてで1~3話までをプレイしたときに、結構面白いんじゃないか?
と思っていましたが、この辺りでその疑問が確信に変わってきました。
最初よくあるキャラゲーの如く、システム面はおざなりなのではと不安でしたが
実は、そのシステムこそが他のSRPGに比べても秀逸な出来でした。

ゲームシステムでは、キャラクターの成長システムが良い感じです。
レベルアップに必要なポイントはキャラ毎に蓄積されるのではなく
パーティ全体の物として蓄積されるため、役割によって成長に差が出ることがありません。
ほとんどのSRPGは、直接戦闘するキャラばかり育ってしまうのですが
攻撃を捨てた壁ユニットや、いるだけで周囲に恩恵を持たせられるユニット
アイテム回収係りまで、差が出ないのが良いと思います。

他にもセリフスキップや、ボタン連打などで選択肢が不意に選ばれないように
配慮がされていたり、プレイヤーの視点に立った遊びやすい工夫が随所に見られます。
これによってゲームが面白いと感じることはないのですが
自分としては、かゆい所に手が届いている良い作品に感じられますね。
こういう細かいところが出来ていない作品が最近多いように感じられますので。

まだ序盤ではありますが、最近プレイした中では無双OROCHIに続き、楽しめる作品です。

追記
そういえば、4~6話と書いておきながら、そこには全く触れていなかった・・・。
セイロンの性格と声と喋り方が好きです。(完)
ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争 その2
Chapter.1クリア~。

ドーターと並ぶ1章の難関らしいジークデン砦ですが
ここもPSにプレイした時に苦戦した記憶がありました。
しかし、やはり今やってみると、う~む簡単ですねぇ。

当時どんなジョブでクリアしたのか覚えていませんが
今回はナ(ディリータ)ナ(ラムザ)ナ弓黒で、レベルがそれぞれ48777でした。

むしろ、その前の風車小屋の方がかなり苦戦しました。
ウィーグラフとアルガスだと、ウィーグラフの方が圧倒的に強いですよね。
ただ、ウェポンブレイクすれば楽らしいですね~。

システム面で気になったのは、やはりLRボタンの仕様でしょうか。
LRとアナログスティックの仕様を反対にするか、キーコンフィグをつけておくれ・・。
LRボタンでマップ回転できないなんて、3Dマップ型SRPGではあり得ない。
あとは、ソフトリセット機能がないことですね。
必須ではないと思うんですが、ランダムエンカウントなんか避けたいと思う時が
いくらでもあるので、そんなときいちいちPSPのメニュー画面まで戻るのが面倒すぎます。

他にも不満はあるのですが、次回に取っておこう・・・(汗
無双OROCHI 星彩「激難」プレイ3 & キャラアイテム集め その4
ルールコピペ
難易度:激難
使用キャラ:星彩
さらに、特別ルールとして
キャラチェンジ禁止、タイプアクション使用禁止、無双乱舞使用禁止
ジャンプ(もちろんジャンプキャンセル、空中ダッシュも)禁止。
簡単に言うと・・・左スティックと□ボタンと△ボタン以外禁止です。

今回は、各勢力の6章、6章外伝、7章、7章外伝をプレイ。
一番苦戦したのは魏7章「山崎の戦い」でした。
苦戦するシナリオっていうのは、つまり弓鉄砲隊が多い場所なんですよね~。
蜀7章「江戸城の戦い」も一発クリアは出来ましたが
江戸城天守での敵伏兵部隊はかなりやばかったです。
結構きついんじゃないかと予想した呉6章外伝「大阪湾の戦い」が
めちゃくちゃ余裕だったことを考えると、激難シナリオで
簡単なのと難しいのを分けるのは「弓鉄砲隊が多いか少ないか」みたいです。
少なければ、敵武将が多かったり雑魚がいくら密集してても簡単ですね。

まぁ、こんな背景もあってC1は時間の無駄になるので最近使わなくなりました。
弓鉄砲を受けたときの、のけぞりがなくなるわけじゃないので。

キャラアイテムは(リョフを除く)他勢力が終了。
これで残すところ、リョフだけとなりました。
どれくらいきついのか、楽しみです。

激難も残すところ8章と8章外伝のみ。
とりあえず、勝利条件を満たすのが楽な外伝からやってみようと思います。
ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争 その1
今まで特に好きなゲームジャンルはないと思っていたのですが
プレイしているソフトを見てみると、SRPGが好きなのかも・・・と最近思ったり。

FFTはPS版をプレイして、TOと比べてかなりがっかりした記憶があったのですが
移植作ということ以外、特に事前情報も手に入れずに購入しました。
その後いろいろと情報を見てまわりましたが、ほぼそのまま移植されているようですね。

以前はもっと難しいなぁと思っていたのですが、今やってみると結構簡単。
序盤の難関と言われるドーターのスラム街も楽にクリアできましたし。
高台を占拠というのをよく言われるようですが、そのまま正面から突撃し
黒魔道士二人に魔法を一度も使わせずに倒せたのがよかったと思います。
詠唱中にレベル4ナイトのラムザの攻撃で一撃でした。

今は砂ネズミの穴ぐらをクリアしたところです。
汎用ユニットを育てる気はないので、早くユニークキャラが出てきて欲しいなぁ。
アグリアスとかアグリアスとかアグリアスとか。
サモンナイト4 1~3話
え~と、前回の記事が12月8日だから・・・5ヶ月ぶりくらいですね(汗
別に忘れていたわけじゃないんですが、なんとなくやる気がおきなくて
ほったらかしにしてしまっていたサモンナイト4を再開してみました。

まだ1話クリアしただけでしたし、5ヶ月ぶりなのでもう一度最初からスタート。
とりあえず3話までやってみましたが、ふむ・・・これは結構面白いんじゃないかな。
全体的な感想は、前回から変わっていないのですが
マニュアルを読んで、いろいろな要素がありすぎて面倒臭そうなイメージが
あったのですが、実際にやってみるとそんなことはなかったです。

フリーバトルがあるので、どんどんレベル上げて簡単にクリアしてしまおうかと
思っていたのですが、ブレイブクリア(レベル制限クリアのようなもの)
の存在があったため、それを目指してプレイしてみることにしました。
まぁ、2話でいきなりブレイブクリア獲得失敗したんですがね・・・
獲得条件をよく読んでいなかったのが原因です。

ミニゲームのガチンコ★トレーニングでは、100点を取ってもパーフェクト評価に
ならなかったのですが、どうやら100点を取っても無駄な操作をすると
パーフェクトにならないらしい・・・のだが、自分なりに完璧!と言えるクリアを
5回ほどしてもパーフェクトになってくれない・・・
どうも、コントローラが誤作動を起こしているような気がしたので
コントーラを変えてプレイしたら即パーフェクト。
その後は、コントローラを元に戻しても、パーフェクト取れるようになりました。
ふ~む、なんだったんだろうなぁ・・・。

という感じでマタ~リプレイしています。
作品の雰囲気が温かい感じで、キャラクターにも好感が持てます。
まさに低年齢向けにピッタリの作品デスヨ。
無双OROCHI 星彩「激難」プレイ2 & キャラアイテム集め その3
ルールコピペ
難易度:激難
使用キャラ:星彩
さらに、特別ルールとして
キャラチェンジ禁止、タイプアクション使用禁止、無双乱舞使用禁止
ジャンプ(もちろんジャンプキャンセル、空中ダッシュも)禁止。
簡単に言うと・・・左スティックと□ボタンと△ボタン以外禁止です。

今回プレイしたのは、各勢力の4章、4章外伝、5章、5章外伝です。
いつもまぁ、各シナリオだいたい1,2回は死亡するんですが
初めて詰まったと言えるのが、魏の5章外伝「五関突破戦」です。
二関の前に弓鉄砲がめちゃくちゃ沸くので、ここでかなり死にましたね。
他の味方武将と足並みを揃えながらゆっくり進むと「貂蝉」が死亡するし
助けようと単騎突入すると蜂の巣になるという・・・。
二関の前にいる武将(名前失念)を倒せば雑魚兵が逃げ出すので
何度かやり直しながら、手前におびき寄せて倒しました。

基本的に特定武将を倒せばシナリオクリアになることが多いのですが
本編は、ある程度の工程をふまえないと、武将が出現しなかったりします。
外伝は最初から突っ立ってることが多いので
よく速攻で突っ込んでいって、リンチされますね(笑

でも、多数の雑魚と武将5人くらいを同時に相手にすると、かなり緊張感が出ていいです。
星彩でもR1を使えば、武将瞬殺は出来るのでしょうが
使用しないようにしているため、倒すのに結構時間がかかります。
C3でおそるおそるH&Aで攻撃するのが、面白いです。

まぁ、こんな感じで一度詰まったものの、結構順調に最後までやれてしまいそうかな?

キャラアイテム集めは、戦国武将が終了。
もう、こっちは楽勝ですね。難しい部分はないです。
残すは、他勢力武将のみ。
逆転裁判4 第4話
最終話の4話です。
1と2の時も思ったのですが、4話って短くないですかね?
システムはもう完成されていて、あとはアイディア次第だと思うのですが
やはり、そうそう簡単に考えられるものではないのでしょうね。
個人的にはもう少しあっさりめの話でいいので、もっと多くの話を見てみたいです。

4話は、内容を話すと激しくネタバレになりそ~ですね。
続編物に新しい主人公をたてて、かつ前作の主人公を登場させた時の
新旧主人公の扱いの難しさが、この4話に表れていたような気がします。
個人的にはナルホド君に、もう少し大人しくしていて欲しかったです。

ただ、2の時にあれほど嫌だったサイコロックも、4で改めてやってみると
結構面白かったり・・・というか2って探偵パート難しいですよね・・・?

4話は、かなり特殊な話になっていて賛否が分かれそうですが
個人的には、~がおかしいとかは案外どうでもよくてシステム的に楽しめれば
何でもOK派なのですが、それでも若干「これはナシなんじゃないか」と思う部分も・・・。
やはり○○で手に入れた証拠品を○○で使えるのは、おかしいよね?
あとは、黒いサイコロックと1~3話を模した絵の意味は結局なんだったんでしょう?
もうちょっと詰められる部分もあったように思いますが
次回作の布石として残しておきたい部分もあったのかもしれませんね。

また次回作が出れば買ってみようと思います。
宇宙の騎士 テッカマンブレードⅡ
スパロボWで興味を持ち、とても見たくなったのは無印テッカマンブレード。
しかし、49話を見る時間がなく、とりあえずその続編を見てみることにしました。
ネット上では、しばしば黒歴史的な言われ方もされるⅡですが
スパロボWをみた限りでは結構面白そうだと思ったのです。

で、見てみたのですが、結構面白・・・いや、う~んおもし・・・
思ったほど悪・・いや、う・・・まぁまぁいまいちだな、うん、まぁまぁいまいちです。

続編物OVAということで、設定などはすでに出来上がっており展開はかなり大雑把です。
元々3話で終了予定だったらしく、物語は急ぎ足でキャラクターの掘り下げや
脇役の出番がほとんどない状態。
追加で製作された後半3話では、前半描かれなかった各人物の過去や
人間関係についても描かれていますが、これも後付け感が満載でいまいち。

前半の3話を最初から6話で製作していれば
もっと良く描けたんじゃないかな~と思います。
D-ボゥイのDはDREAMのD・・・これだけはよかったです。

さらに無印テッカマンブレードが見たくなってしまったなぁ・・・
無双OROCHI 星彩「激難」プレイ & キャラアイテム集め その2
熟練度上げやキャラアイテム集めばかりで、少々飽きてきたので
激難で全ステージクリアの方も平行して進めていくことにしました。

ルール
難易度:激難
使用キャラ:星彩
さらに、特別ルールとして
キャラチェンジ禁止、タイプアクション使用禁止、無双乱舞使用禁止
ジャンプ(もちろんジャンプキャンセル、空中ダッシュも)禁止。
簡単に言うと・・・左スティックと□ボタンと△ボタン以外禁止です。

今のところ、各勢力の1章、2章、3章、2章外伝、3章外伝の計20シナリオをクリア。
軽く30回は死んでますね(笑
開幕10秒くらいでミスって死亡することもありました。
とにかく緊急回避行動を何一つ取ることが出来ないので、一瞬のミスで死亡します。
最初はチャージ攻撃禁止もしたかったのですが、無謀と気がついてやめました。

とりあえず、C1でハイパーアーマーをこまめに発生させてメインはC3。
C3の最後の一発だけしか属性が乗らないので、あまり回転させないように
△ボタンを押すのは一度だけに留めておく方が良いっぽい。
C3は前方に移動しながら回転攻撃するので、回転数は距離の調節に使うのがいいです。

まぁ、こんな感じでちまちまやっていこうと思います・・・。

キャラアイテムの方は、蜀に続き魏と呉も完了。
蜀で慣れたのもありますが、かなり余裕ですね。リョフ以外は楽勝とみた!
2007/4
4月は仕事もプライベートも平穏な生活でした。
自分の仕事は新入社員がどうとかもないんですよねぇ。


第14回検索ランキングです。


 10位 eM -eNCHANT arM- 20 →

PS3のRPGはまだこれだけでしょうか?
XBOX360版はプレイしましたが、オススメ出来るレベルまではいってないです。
どこでもセーブできる機能はとても便利だったので
今後発売されるRPGにも搭載されればいいなぁ。


  9位 氷室ディスク 21 ↑

「EVE new generation X」というゲームの特典ディスク。
同ゲームはPS2用ソフト「EVE new generation」のPC用18禁版移植作ですが
移植の際に、登場人物の一人である氷室恭子のHシーンの追加がなかったため
ファンの声により、特典ディスクという形でHシーンが収録されました。
発売日、価格、共に変更なしでの追加となったため、出来が良いとは言えないですが
ファンの声がダイレクトに反映された稀な例だと言えると思います。


  8位 キャラアイテム 22 NEW

無双OROCHIでキャラクターのタイプアクションを強化するためのアイテム。
取得すると、対象キャラクターに自動的に装備されて効果は永続される。
ほとんどの取得条件は簡単なものであるが
リョフのキャラアイテム取得条件は難しいらしい・・・そのうち挑戦します。


  7位 カルドセプトサーガ 28 ↓

XBOX360購入動機の一つなったゲームですが、最初の出来が悪すぎた・・
今はだいぶマシになっているらしいです。


  6位 テッカマンブレード 29 NEW

スパロボWで惚れた作品(笑
とても見てみたいのですが、49話は長すぎますよ・・・。


  5位 いっしん 30 ↑

久々にランクインしてました。
他の検索数が軒並み下がっているので、相対的に上がってきたというところでしょうか。


  4位 無双OROCHI 51 NEW

(個人的に)初無双、初三国志。
これを切っ掛けに三国志に興味を持ち、今は漫画の三国志を読んでいますが
本当に、ゲームも三国志も面白いですね~。


  3位 ファイナルファンタジー11 53 ↓

6月にバージョンアップがあるようですね。
ログインはしなくなっても、その動向は気になってしまいます。


  2位 スーパーロボット大戦W 56 ↓

つい先日クリアしました。
今はOGsまでの繋ぎにマッタリと2週目をプレイしています。
早くOGsの曲が聞きたい!
MARIONETTE MESSIAHとかASH TO ASHとか!


  1位 EVE new generation X 76 ↑

何気にPS2版を含めると2度目のトップ。
うん、たぶん検索でヒットするページが少ないんでしょう。
今になってWindows95版のburst errorが欲しくなってきました。
SS版がベストなんですが、サターンはもう稼動していないので・・。


下位シリーズです。

GIVE OUT YOUR LIGHT 18
REINCARNATION 4
どちらもテッカマンブレードⅡの曲でスパロボWの収録曲ですが
かなり気に入ったので、REINCARNATIONの方は手に入れました。
GIVE OUT YOUR LIGHTの方はサントラから録るしかないかなぁ。

記憶の欠片 18
EVE new generation Xで追加された要素。
集めると氷室のCGが追加されます。

イーベル 11
ゾマー 5
ベスナー 5
それぞれ、フランス語で春、ドイツ語で夏、ロシア語で冬を表す。
秋は言うまでもない。

ギブアップせい 2
ワァン→プラスワァン×4→ゴライオン!

オイヨイヨ アヤグ  1
久々に見ました、コレ。
FF12の主人公ヴァンの名セリフ


今月、今まで常連だったスパロボOGs、ヴァルキリープロファイル2
かまいたちの夜×3がランク落ち。
12ヶ月連続ランクインするか注目していたのですが、途切れてしまいました。

5月は、ちょっといろいろあるよ~、という月になりそうです。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.