いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
モンスターハンターフロンティア
久々にオンゲー始めましたー!

PSP版とPC版で悩んだんですが
会社の後輩がPC版をプレイし始めたので、それに習って自分もPC版にしました。
モッチさんには、止められたんですが・・・まぁ、とりあえず・・・ということで。
後輩はPSP版経験者なので、いろいろと教えてもらえるし良いかな~と。

あと、PSP版だとチャットがやりにくそうなんで、そこがちょっと不満でした。

まだ始めたばかりで、Pスキルや知識、マナーに至るまで未熟ですが
徐々にうまくなっていきたいですね!
今はハンターランク6でワイルドボウⅡをメインに使っています。
丁度2月頭から6連休に入るので、たっぷり遊べそう!

MHF
スーパーロボット大戦OG外伝 その9
短かったOG外伝、あっと言う間に最後です。

最終話 ラグナロク

最後だけどサイバスターとコスモノヴァをフル改造してみました。
やっぱり、シナリオの主役だし活躍させてあげたいしね。
で、ステージを開始していざやろうと思ったんですが
ヴァルシオン改とか、また雑魚がHP多いんですよね。
はっきり言ってめんどくさい。

ので、考えました。
そういえば、35話でダークブレインを1ターンで倒しましたが
結局雑魚掃討なども含めれば15ターンくらいかかっています。
今回は、ステージ開始1ターンでクリアしてしまおう・・・と。

てことで、1回リセットしてマインドブラストを装備させて再戦。
普通に、初手でアマブレ&スタン(防御封じ)
必殺砲連発→縮退砲イベント→マインドブラスト(鉄壁解除)→必殺砲連発→乙。
うん、ごめんねサイバスター。
せっかくフル改造したのに1歩も動かなかったよ。

このラグナロクで一応、第三次までのストーリー終了ということでしょうか。
となると、どうしても次はEXシナリオを期待してしまうんですよねぇ・・・。
それっぽい終わり方はしましたが、果たして。


ついでに、リザルトとして35話終了時点での撃墜数ランキング(45機以上)載せてみます。

1、アイビス(74)アステリオンAX
2、フォルカ(65)神化ヤルダバオト
3、フィオナ(64)エクサランス・エターナル
4、コウタ(63)Gコンパチブルカイザー
5、ラミア(57)ヴァイサーガ
6、リュウセイ(55)R-1(SRX)
7、リシュウ(54)グルンガスト参式
8、ヴィレッタ(50)R-GUNパワード
8、レーツェル(50)アウセンザイター
8、テツヤ(50)ハガネ
以下
レフィーナ(49)マサキ(49)ゼンガー(49)ラト(49)ラウル(49)
アクセル(48)クスハ(47)シャイン(47)フェルナンド(47)アリオン(47)
マイ(46)ブリット(46)
Gジェネレーションスピリッツ 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
1年戦争編が終わり、今回から第二部のジオン再興編に入ります。
なんだか、ようやく話が進んだという感じですね・・・1年戦争物が多すぎる。
1年戦争が一番好きなので良いんですけど。


機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY

STAGE 1 ジオンの残光

サブタイトルは映画版の物ですね。
ここでシドニーが消滅してしまっているという設定が出来てしまったために
0080でバーニィがシドニー生まれだと嘘を付くシーンで矛盾が生じています。
ステージは最初にしては難しかったです。
結構増援があるうえに、最後は戦艦が移動できない地形に進軍するためきつかったです。

STAGE 2 熱砂の攻防戦

毎度お馴染み、ターン制限付きのHLV破壊ステージ。
ここはかなり難しいですね。一番面倒だったのはブルー2面でしたが
今のところ一番難しいと思ったのはここ。

STAGE 3 ソロモンの悪夢

いつものステージ~と思っていたら、まさかのジオン側視点・・・!!
敵連邦は大艦隊で一見難しそうですが
移動も回頭もしてこないので、射程の穴をつくのは簡単。
ここは珍しいパターンで面白かったです。

STAGE 4 阻止限界点

ここもいつものパターンでターン制限付かと思いきや
阻止限界点は勝手に過ぎてしまうようだ。
イベント後、挟撃されますが、このゲームって挟撃は結構しんどいですな。
ここの評価がプラチナでしたが、何気にプラチナ取ったのは2回目です。

ハロポイントのシステムが大嫌いなんですよ。
なので、全くプラチナ評価は取れません。
しかも、何でもかんでもハロポイントが関わってくるんですよね。
経験値、金、追加キャラクター、取得オプションパーツと・・・。
雑魚に大量の支援や、オーバーキルを強要されたりと
ハロポイントを多く獲得するプレイをするとつまらなくなるのは明白なので
自分はPARでその部分は無視出来るように改造してプレイしてます。
スーパーロボット大戦OG外伝 その8
第34話 生れ落ちた過ち

ここは(どうでも)いいよねー!
終盤のボスのハズなのに、とても弱いミザルやらデュミナスやら
そして、アクセル、アルフィミィ、シュウとか味方の増援が鬼。
全体的に味方が超インフレ状態です。

第35話 ザ・グレイトバトル

味方もインフレなら敵のHPもインフレ。
ここのボスのダークブレインは、HP38万でHP回復(大)を持ち
一度倒すとHP58万でHP回復(大)持ちに変身。
ちなみに前話のデュミナスはHP37万で、変身もHP回復もなし。

そんな化け物染みたダークブレインですが、戦い方次第では1ターンで楽々撃破可能。
まだ余力があったので、HP120万くらいまでなら1ターンで撃破出来そうでした。

↓自分が戦ったときの状況などはこちら。
つづきを表示
アルトネリコ2 PHASE5 METAFALICA
そう、これだいぶ前にクリアしてましたが、記事を書くの忘れていたみたいです。
そういえば、2週目をやるのもすっかり忘れていました・・・。

このフェイズ5でいよいよ最後。
前回の記事はフェイズ5の終盤になります。
↓ゲーム内ゲームのOP映像アップされてました。
空葉原事変 少女の恋した裏切り者

で、本編ですが最終盤だけあってしっかりと盛り上げてくれます。
案外、イベントに感動するものが多くて涙腺ゆるんでしまいました。
ショップ調合系のイベントは、序盤から結構種類が多くて
たしかに面白いものの、見るのが大変ではあったのですが
最後のイベントの時にしっかり感情移入出来るように丁寧に描いていたんだなぁ・・と
しみじみ思ってしまいました。
個人的にはルカと空猫とのイベントが、一番よかったかな~。
ルカの性格が、とてもとてもうまく表現されていました。

エンディングはそのルカエンドだったのですが
この娘の属性は「ドロデレ」と言うらしいです(汗
たしかに詩魔法「白夜嬢」で心の声を表現したときのパターンに

クローシェ様はツンデレ
ツンツンしてて
デレるのがいいなんておかしいよー
ドロデレのどこが悪いのよ!

てのがあります。
えぇ、まぁ彼女はヒロインとしては特異なタイプだと思いますが
コスモスフィアも含めて、結構面白かったですよ。

全体を通してみると、思ったよりも前作とリンクしている部分が多くて
前作を未プレイだとわからないことが多かったんじゃないかと思います。
最強の詩魔法「ファンタスマゴリア」使用時に前作ヒロイン3人のカットインが入りますが
この程度のファンサービスのみに留めておいてもよかったんじゃないかな。

え~、一応4パターン分のエンディングを見るつもりなので2週目もやります。
2週目への引継ぎとかがないのが、最大の不満かもしれない。
スーパーロボット大戦OG外伝 その7
いよいよ終盤。
各作品のラスボスラッシュ開始です。


第30話 狼達の終焉

とりあえず、エターナルをフル改造。
これで、AXとエターナルがフル改造で、他はEN以外無改造です。
これでMX前日談が終わりましたが、このエピソードに枠取りすぎなような気も。
鋳人ネタは次回に持ち越しみたいですね。

第31話 轟き、覇壊せし者

ついに神化ヤルダバオト見参!
BGMを全体「轟き、覇壊せし者」に。
いろんなところでバランスブレイカーと言われていますが
EN以外は最後まで無改造でいくと思うので、AXとエターナルの方が強かったり。

第32話 阿修羅の頂点(前編)

VSアルティス兄さん。
敵も少なくて終盤にしては楽なステージ。
イベント系かな。

第33話 阿修羅の頂点(後編)

対修羅のラストステージ。
どうでもいいんですが、ここの熟練度獲得条件が簡単すぎて、ちょっと気になりました。
6ターンでメイシス以外を全滅ですが、6ターンあればステージクリア出来ますし。
アルカイドは2連戦になり、結構きついことを予め知っていたため
外伝初の必殺砲連発をしてみました。
う~ん、相変わらずの威力で、神化後も含めて1ターンで撃破。
精神が回復するので、全く同じこと2セットでいけますね。
アマブレの効果が切れるので、撃ちなおすのを忘れずに。
ちなみに爆砕剣とハイ・ツインランチャーはフル改造してあります。


いよいよ終わりが近づいてきたんですが
各キャラの戦闘前会話が少ないのがちょっと気になるなぁ。
個人的に、テンションを上げる重要な要素なんですが・・・。
ロストオデッセイ DISK4 ?
やぁ・・・実は、また・・・なんだ・・・いや、今回は以前と少し違うかもしれない。
まぁ、聞いていってくれ。

俺たちは裏切り者のガンガラを始末するため、グランドスタッフへ向かうことになった。
さすがに終盤のダンジョンだけあって、なかなか長い。
そのうえ、攻略するまで脱出不可能ときた。
途中、調べると戦闘になる「実験体1号」に思わぬ苦戦をしながらも
レベル42→47、約3時間をかけてボス戦まで到達。
しかし普通ボス戦の直前には、セーブポイントを置いておくもんだよなぁ。
ここには、それがなかった。

だが、安心してくれ。
このゲームにはいくつかのチェックポイントがあり
そこを通過すれば全滅しても、そこからすぐにリトライすることが出来る。
ただし、電源を落とせばチェックポイントのデータは消えてしまう。
あくまで一時的なものだ。

若干緊張したものの、ボスには特に苦戦することなく勝つことが出来た。
画面にはマップが表示される。
行き先を指示しなければならないが、まずは町へ向かうことにする。
なにしろ、3時間以上もセーブしていないんだ。
これがいかに危険なことか、俺は身を持って知っていた。

そして・・・町へ入る前のローディングが終わることは・・・なかった。
回転が止まるディスク、表示される「ディスクを読み取れません」の文字。
それは、不死者たちの時が止まった瞬間でもあった。
そして、その時間は二度と動き出すことはないだろう・・・。

-完-
アサシンクリード MEMORY BLOCK 7
メモリーブロック7は、もう暗殺とか関係なくなり、ラスボス戦のみです。

ゲーム開始直後に、実は近未来の話だと知って驚きましたが
最後は最後で、謎の超常現象の連続みたいな感じになってまた驚きです。
今まで暗殺してきた敵が一斉に襲いかかってきたり
ラスボスは分身するし、現実世界の研究所では謎の文字が見えるようになったり。

次回作は日本が舞台という噂もあるようですが、果たして・・・。
しかし、日本が舞台で忍者物だとしたら、まんま天誅になるという話も。
スーパーロボット大戦OG外伝 その6
とんとん拍子で話が進んで行く中、何気に次回作の伏線や
OGオリジナルの展開も結構交えてきてます。


戦力増量中な24~29話

第24話 ドール・マスター

敵も少なく、ほぼイベントマップ。
ラミアの復帰を匂わせてくれます。
たぶん、この展開を喜んだ人はいてもビックリした人はいないでしょうね~。
ラミア復活はあまりにも分かりきっていたことなので。

第25話 折れない心

龍虎王が復帰し、新たな敵として「鋳人」が登場。漫画ネタのようです。
こんなのが出てくると、否応にも雀武王の登場を期待してしまいます。
アイビス他が復帰し、これでメンバーのほぼ全員が集結しました。
お金が有り余っているので、とりあえずGRaMDsをフル改造しました。
当時は条件を知らずにプレイしていて、シシオウブレードと勇者の印は取れなかったです。

第26話 機神乱舞

ダイゼンガーの内臓武器が開放されますが、斬艦刀は使えなくなりました。
今後は換装して使い分けることが出来るようですが
斬艦刀と内臓武器を同時に使うという発想はないのか・・?

第27話 還るべき処へ(前編)

ここもほぼイベントマップ、今作はこんなばっか。
ここで、アクセル、ラウル、フィオナが揃うイベントを見ると
OGSの時からの規定路線だったのは間違いないでしょうね~。
まぁ、フィオナはラミア以上に復帰を確信していましたが。

第28話 還るべき処へ(後編)

特に前後編にわける必要はないが、シナリオ数水増しのためか分けられている。
ただ、そのシナリオは外伝の中でも屈指の出来。
フィオナ、ラウル、アルフィミィとアクセルの絡み。
そしてコードDTDからラミア復帰まで、アクセル祭りです。
OG2で元主人公なのに敵役扱いで悲しんでいたファンの鬱憤を晴らさせてくれる。

第29話 閃く光、燃ゆる炎

28話同様に話の出来が良い。
ライトニングとエターナルが登場するが、特に登場イベントがないため地味な印象に。
コンパチとGサンダーゲートの合体イベントがあるため余計にかも。
ショウコが自我を取り戻す際のイベントは必見。


さて、次回30話より早くも各作品のクライマックスに突入。
なんという駆け足展開。
Gジェネレーションスピリッツ 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
このポケ戦がガンダムの中では、一番好きな作品ですが
ゲームではその魅力が非常に描きづらいのが残念です。


機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争

STAGE 1 少年の瞳に映るもの

この作品の魅力は、やはり少年の日常を描いてこそ。
一応その日常をそれなりに描いてくれていたので良かったです。
クリスの声もよかったですね。
スパロボなども含め、戦闘シーンの声にどうも違和感があったんですが
日常シーンの声は原作のイメージに近くなっていたように感じます。
林原めぐみは、もうこの頃の声は出せないと思っていましたよ。

STAGE 2 戦いは宇宙の片隅で

多少セリフが改変されているが、やっぱりストーリーいいなぁ・・・
もう、ゲームのこととかどうでもよくなってきます。
原作を端折っている部分も多いですが、その辺は脳内再生で補完。
バーニィのビデオレターで涙腺崩壊。
そして浪川大輔氏のナレーションは反則。


アルの声は、仕方がないです・・・ね。
スーパーロボット大戦OG外伝 その5
ようやく、OG外伝が始まります・・・という感じですね。


19話~部隊合流までの23話。

第19話 震える大地

場面はクロガネメインで、合流まで他の艦は出てきません。
VSユルゲン前のわけわからん分岐より、ここで3艦の場面に分岐した方がよかったなぁ。
トウマ再登場。サルファでダイゼンガーに助けられたという設定があるらしく
その再現がなされているようです。次回作ではいよいよ・・・?

第20話 未知への飛翔

外伝主人公の一人、フォルカがついに仲間に。
乗機のヤルダバオトはリアルの機動力にスーパーの攻撃力。
フォルカVSフェルナンドはライバル物の王道という感じです。
フィールド曲の機神乱舞って格好良いんですが、コンパクト3からでしょうか?

第21話 無垢なる刺客

ハガネが合流。
あれ、他に何かあったっけ?お兄ちゃん?

第22話 黒き雷翼

Gサンダーゲートことグレート雷門登場です。
さぁ、合体イベントはいつになるのか。

第23話 想い、拳に乗せて

休憩シナリオ。鬼畜プレイが好きなリュウセイが見れます・・。
意味なくムラタが出てきますが、う~ん・・・正直こいつはよく喋る一般兵の認識。
ヒリュウ改が合流し、これでほとんどのメンバーが揃ったかな。
あれ、アイビスがいない・・・。


さくさく進みますね。
Gジェネレーションスピリッツ 機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…
ぼちぼち進行再開しました、スピリッツです。
これってPS2のめぐりあいにあったやつと思って良いのかな?
いろいろなメディアで展開しているようですが、自分が知っているのはゲームのみです。
漫画版ではガンダム戦記との絡みもあるらしい。
小説、漫画、ゲームとどれもストーリーが異なるようで非常にややこしい。
原作は小説ってことで良いのかな?


機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…

STAGE 1 ふたつのG

ジオンのキャラにゲーム版の育成モードのキャラクターがいるようですが
スピリッツ用のオリジナル設定をして出しているようですね。
それとも小説や漫画で設定あり?
ミユの声優は、プロモーションも兼ねてゲーム版では釈由美子でしたが
スピリッツでは変更されているようです。

STAGE 2 宇宙、閃光の果てに

何気に増援増援で、結構厳しいマップ。
ここでルースが死ぬのはゲーム版のストーリーですね~。
時代を考えるとメガビームランチャーは超兵器すぎるので、どうかと思いますが。

STAGE 3 和平

3層マップで面倒そうに見えるが、今作でもフタをする戦術は有効。
めぐりあいでのこのステージはよく覚えてるなぁ・・・
結構難しかった記憶があります・・・アクトザクが出てきたのも覚えてますね。


シャクザクはやっぱり出ませんでした(笑
アサシンクリード MEMORY BLOCK 5、6
メモリーブロック6で、一応の暗殺業務?は全て終了です。
結局最後まで、暗殺までの情報収集に関してはやることは同じでしたが
終盤は目に見えて難度が高くなっていました。

暗殺自体は、情報から最善のルートやタイミングを割り出したりと
毎回楽しめたんですが、自分が下手なので
手順に失敗して、衛兵を蹴散らし強行して暗殺する場面が多かったです。

うまくいかなかったら、わざと死んでやり直したりとかもしていましたが
途中から面倒になったので、突撃が多くなってしまいましたね~。
1ボタンでリトライできれば、何度もやってみたかったんですが・・・。
ブロックごとのリトライにしても、イベントはスキップ出来ないし
あまり繰り返しプレイしたくなるような仕様じゃないのが残念です。

それにしても、ブロック6の最後がめちゃくちゃアサシン無双なんですが・・・(笑
イベントで「一騎打ちだ!」と言っておきながら、結局囲んでフルボッコにしてくるし。
敵に囲まれて突破するのが結構面白いから良いんですけどね。

残すところメモリーブロック7のみ。
いよいよ最後です。
ロストオデッセイ DISK3 終了
一気に進めちゃいました。

DISK3は、大部分がパーティ分割されての行動でしたが
ストーリーはもちろん、戦闘でのマンネリ打破のためにも非常に効果的だったと思います。
クックとマックが若干影が薄かったような気もしますが。

そして、ここにきて新メンバーにトルタンとセドが加わりました。
トルタンはともかく、セドはDISK2までに特に伏線とかもなく、急に仲間になりましたね。
見た目は汎用キャラ並に地味ですが、所持しているスキルは豪華絢爛。
常時物理、魔法防御アップに戦闘後にもらえる各種ポイントやアイテム2倍などなど
まさに、後半登場するお助けキャラ的な感じです。
まぁ、不死者連中は、これらスキルを全部覚えられちゃうんですがね・・・。

最後は全員合流して、地下水路を脱出する時にミニゲームがあるんですが
なんで、RPGってこういう強制的なミニゲームが後を絶たないんでしょうね?
自分は得意なので全く問題ないですが、これが不得意で挫折する人もいるはずです。
クリア出来なくても、話が進めば問題ないんですけどね~。
スーパーロボット大戦OG外伝 その4
新規シナリオでやる気UP!
だけど、本編ではなくサブ的なシナリオ。


そんな16~18話。

第16話 争覇の宴(前編)

ここから、ようやく新シナリオ・・・なのだが、自軍はクライウルブズ。
スポット参戦なのに焦点をあてすぎな気がします。
サプライズ目的なんだろうから、本当にちょろっと出るだけで良いのに。
敵の修羅兵はわかりますが、ダガーって出展はスクコマなんでしょうか?

第17話 争覇の宴(後編)

AI0強ぇぇぇぇえええ!なシナリオ。
それ以外は特に意味なし。前後編に分ける必要はなかったですね。
もっとこういうサブシナリオじゃなくて、本編を充実させて欲しい。

第18話 放たれた凶獣

アインストからイェッツトに!
そして、アクセル&アルフィミィ&シュウ!
そうそう、サブシナリオならこういう感じですよ!
ここは、マップイベントやらセリフやら、かなり良かったです。
イェッツトは単なるアインストの色違いではなく
グラフィックや戦闘アニメーションも変更されていて良い感じ。
最終的にはツークンフトになるのだろうか?


次の19話からが、真の外伝本編開始・・・で良い?
Gジェネレーションスピリッツ 機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles
OG外伝始めたので、プレイが滞り気味です・・。
ガンダム戦記は、原作をプレイ済みですが、内容はほとんど覚えていません。
むしろ、覚えているのはあの悪夢・・・。

戦記ってデータロード画面で、□ボタンを押すとデータ削除出来るんですね。
間違って選択しても、きちんと確認メッセージが表示がされるので
×ボタンでキャンセルしようとしたんですが、このゲームは×ボタンが決定ボタンなのです。
はい、終盤でデータ消えました。ついでに、記憶も消えましたヨ。


機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles

STAGE 1 実験部隊

原作では、連邦とジオン、それぞれのルートがあるんですが
スピリッツではまずは連邦側からのようです。
音楽が格好よくて懐かしいな~。
ドダイに乗ったグフが出てきましたが
そういえば今回はSFSは固定ユニット化されているみたいですね。

STAGE 2 オデッサ

アッザム登場。
これは、原作でもなんとなく覚えています。
アッザムリーダーがENにダメージを与えてくるので、かなり脅威でした。

STAGE 3 強き決意

ここからジオン側視点。
原作ではジオン側のシナリオをプレイしなかったんですが
こっちの方が話が面白そうですね~。
急にやり直してみたくなってきました。
まだゲームも持っているし・・・。

STAGE 4 両雄決戦

ここのBGMが格好良い!
最初はトラップウザーと思っていましたが
敵がかかりまくるので、結局ウマーでした。


原作ゲームは未クリアでしたが、スピリッツやってたら再プレイしたくなってきました。
他のゲームが落ち着いたら、もう一度やってみようっかなぁ。
アクションだから、すぐ終わると思いますし。
アルトネリコ2 空葉原事変 少女の恋した裏切り者
いわゆるゲーム内ゲーム。
ジャンルは・・・恋愛アドベンチャー?バッドエンドなんかもあったりします。
前作でシュレリアのコスモスフィア(バイナリ野)で遊んだものと似た感じです。
しっかり世界観の中でこの現象について説明されているのが好印象。

一応タイトル画面とかもありますしTVドラマぽいOPは結構好きかも。
システム(という程のものはありませんが)がRPGとはかけ離れている上に
このようなゲームを想定しないで購入した人向けに
ゲーム中に特定のボタンを押すとダミー画面を表示できるのが面白い(笑
急に家族が部屋に入って来た時・・・とか用らしいですが・・・。

まぁ、別にプレイしなくても全く問題ないので、嫌いな人はスルー出来ます。
完全にファンディスクのノリで前作のキャラクターなども登場し
かつ、前作を知らないとわからない会話だらけ。
さらに、本編ではヒロインのルカが雑魚戦闘員役で出番も一瞬だったりと
前作キャラの方が優遇されているかも。
チェスターファンにはかける言葉がない・・・。

キャラが好きなら問題ないが、ストーリーはいまいちだったかも。
前作のシンガーエンジェル・シュレリア(だっけな・・)の方が話は好きです。
スーパーロボット大戦OG外伝 その3
実は、最近稀にみるハイペースで進んでますが
今回はキリの良い10~15話までで。


第10話 遊泳する異形

2.5と同じシナリオをプレイするのはウンザリなので宇宙ルートへ行きました。
どうやら漫画ネタのシナリオらしいですが、タッドポールとフラットフィッシュがキモい!
いや、キモすぎるだろ・・・顔グラフィックや戦闘アニメーションまで・・・。
とりあえず、一見の価値アリ、とだけ言っておこうか。
相変わらずラッセルに新曲はなしだが、タスクにはついに曲がつきましたね!
と思ったけど、これって曲名を見るにジガンの曲って感じですね。

第11話 ヒトという部品

・・・え~、14話まで別ルートのハズなんですが
タイトルが違うだけで、地上ルートと同じシナリオのような?これって・・・。
ラッセルと同じくブリットにも曲なし。「白き地平より」を使う気はないのだろうか?

第12話 望まれぬ訪問者

ここも2.5と同じシナリオ。
どっちのルートを選んでも結局は2.5シナリオをプレイしないといけないようだ・・・。
なら、最初から分岐なしで良かったのに。
デュミナス勢が登場してから「BE A PERFECT」でBGM全体設定にしたのに
トロンベは相変わらず白けさせてくれます。
戦闘アニメオフで回避出来るならまだしも、会話イベントがあるだけで
強制的にBGM変わるから今回も2軍にするしかないのが残念。

第13話 迫り来る惨事

2.5と同じシナリオです。完。
アリオンの曲が格好良い。

第14話 加速する危機

宇宙ルート行ったので、ここでアイビスが初登場。
そしてアステリオンAXをフル改造しました。
アステリオン無双はここから始まる・・・。

第15話 迷宮の囚人

2.5の最終話ですが、難易度はだいぶ易しくなっているみたいです。
アステリオン含め、全機体の武器は一切改造していない状態でも
ヴァルシオン改・タイプCFは5ターンで撃破。



16話からようやく外伝開始という感じですが
ハイペースも内容が薄いことの裏返しだったりするかもしれない・・・。
ロストオデッセイ DISK2 終了
ようやくDISK2終了。
今、DISK3でゴッツァに着いたくらいです。

雑魚戦、ボス戦共に、序盤に比べてだいぶ楽になってきました。
やっぱりスキルと魔法が揃ってきて、自由度が増したからかな。
ガンガラ戦とエクスペリメントスタッフ脱出時のBGMが格好よかったです。

ストーリーは千年の夢の方が面白いなぁ~と思っていましたが
ゴッツァでパーティ分散されたあたりから、急激に面白く・・・
というか興味を引く展開になってきました。
先が気になるとは、まさにこのこと。
DISK3終了までは、一気にやってしまうかもしれません。


ところで、今回ゲームを始めようと思ってロードしたら
「セーブデータの読み込みに失敗しました」
とか表示されて、めちゃくちゃ嫌な汗が出ました。
一応、やり直したら正常にロード出来ましたが・・・。
2007/12
新年、明けましておめでとうございます

今年も、どうぞよろしくお願いします

ゲームアワード2007参加者さんの記事はみんな見させてもらいました。
本当は、その全てにコメントするつもりだったのですが
ハラックさんの記事だけ楽天に登録が必要ということだったのでコメントしていません。
ハラックさん、ごめんなさい~。


それでは、第22回検索ランキングです。


 10位 CFA-44 Nosferatu 41 ↑

エスコン6のミッション13にて登場する、本作最強の敵機。
このミッション13の2ndオペレーション(CFA-44が登場するオペレーション)にて
同型機を使用せずに難易度ACEでランクSを獲得しましたが
1度は諦め、2日間に渡りプレイしたため合計8時間くらいかかっています。


  9位 ファイナルファンタジー11 47 ↓

順位の上下はありますが、検索数は毎月ほぼ一定を保っています。
アルタナの新兵が発売されましたが、今のところ復帰の予定はなし。


  8位 ラミア 48 NEW

よくファンタジー系の物語に出てくるモンスター・・・ではなく
スーパーロボット大戦Aの女性(型?)主人公。
スパロボOG外伝の体験版であるOG2.5の最終話において
生死不明(ゲーム内では死亡扱い)となるが、人気キャラということもあり
外伝本編での復活が期待される。結果、期待通りに・・・・?


  7位 エースコンバット6 57 →

全ミッション、全オペレーションをCFA-44禁止&難易度ACEにてランクS獲得。
公式ページによると、更なる高難易度ミッションのDLCを予定しているらしいが
全く配信の気配がない・・・いつになることやら


  6位 スーパーロボット大戦OGS 76 ↓

既に続編である外伝が発売されていますが、非常に長いゲームなので
普通にまだ1週目をプレイしている人も多そうですね。


  5位 BattleMoonWars銀 133 →

冬コミでこのゲームのミニサントラが100円で販売されていたので
それが欲しかったのですが、当日は仕事だったために断念。
当初は、第4部のPVもデータトラックとして入れる予定だったものの
良い物が出来なかったということで、取りやめにしたのだとか。
その分、PVには期待して下さいとのこと。


  4位 真・三國無双5 164 →

とりあえず、全武将使用可能、全戦功目標達成などは完了済み。
縛りプレイを始めたいところですが、星彩が使えなくてモチベダウン中。
他のゲームが落ち着いてから始める予定です。


  3位 スーパーロボット大戦OG外伝 212 ↓

元気にプレイ中!詳細は外伝記事にて!


  2位 改造コード 292 ↑↑

今回急激に検索数が伸びたため、初めて「↑↑」とか使ってみました。
スパロボ、Gジェネと上位が改造コードで遊ぶソフトの常連のため
検索数が伸びたと思われます。


  1位 SDガンダム Gジェネレーションスピリッツ 929 →

久々に改造コード使ってキャピタル(お金)だけ無限にしてプレイしてます。
これだけでも、自由度の幅が広がるので結構快適ですね。
長い作品なのでマターリやっていきます。


ちなみに、アワード2007にランクインした他のゲームの検索数はこんな感じ

戦国ランス:18、ロスプラ:21、サモナイ4:5、スパロボW:13
アルトネリコ:22、ACE3:38、オロチ:14


それでは、ランキング下位シリーズもいってみましょう。

MS IGLOO 14
たぶん映像化されているガンダム作品の中では一番マイナーな作品
次点でスターゲイザーだろうか・・・?

アクセル 23
アルフィミィ 15
デスピニス 14
フィオナ 10

ラミアがランクインしていたので、他のOGキャラの検索数も見てみました。
外伝でスポットが当たっているキャラが軒並み上位に来ていましたね。
我らがアイビスは8件でした

ブライト 声 3
(99%)全編フルボイス化したGジェネスピリッツにて
故人の鈴置氏が担当しているブライトの声についてですが
初代ブライトは、ライブラリー音声出力でフルボイス。
Z以降のブライトは、残念ながら音声なしとなっています。
代役をあてるのか、ボイスなしでいくのか、非常に悩んだと思います。

改造コードっていつ入力するの? 1
さ~てね?

いっしん 俳優 1
いや~、ばれてしまいましたか!アハハ

死ぬかと思った パンチラ 1
なにこれwww


おわり。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.