いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
スターオーシャン
このシリーズは、今まで興味がなかったんですが
今度出る4をやってみようかと思いまして
予習のために過去のシリーズプレイです。
3までやるとなると、そろそろ始めないとね~。

ゲーム本編はファンタジーものとしてストーリー展開されますが
基幹設定は完全にSFがメイン。
地球も出てくるので、現実の未来世界という設定でしょう。

ちなみにやってることはめちゃくちゃで、物語に緻密さは欠片も見られませんが
ゲームならこんなもんでも十分です。
とある目的のため、とある星の過去に行くのですが、道具は持って行けないらしく
そこからは完全にファンタジーストーリーとなります。

元テイルズチームのメンバーが作った最初の作品ということで
どことなくテイルズ風味が出てますね~。(テイルズやったことないけど)
同時に最新作のインフィニットアンディスカバリーの礎になったと思われる
システムもいくつか見受けられました。

今レベル24くらいでヒロインと合流したところなので、半分くらいまで来たかな~?
時間もないのでやり込みとかは完全パスでいきます。
スーパーロボット大戦Z その7
ようやく後半戦です。


第32話 『俺が俺であるために』

恒例の後継機乗り換えイベント…ではなく今回は主人公機パワーアップのみ。
まぁ、絶対に乗り換えなきゃいけないってことはない。特にスーパー系は。
補給装置ついたのが地味にいいのう。

第33話 『ロンリー・ランナウェイ』

う~ん…と迷った結果、レントンを探しに行きました。
DXがGファルコンと合体出来るようになってサテライト発射まで3ターンに。
そこをなんとか2ターンになりませんかねぇ?
メンバーが1/4になり、少人数なのでサクサク進みます。

第34話 『ストレンジ・コンタクト』

オーガスだのビックオーだの見たことないのでサッパリですが設定は面白そうだのう。
ビッグオーはキャラが好きになれそうなので、見てみたいかも。

第35話 『モーニング・グローリー』

チャールズ&レイと決着。
レントン復帰後はBGMを部隊「DAYS」に。
一応フラグ立てたつもりですが…ちゃんと出来たカナ。


来月は少し休みがもらえそう。
クロスエッジ その2
不安的中と言いますか
やはり、トネリコキャラだけで最後までプレイするのは無理なのね。
原作のストーリーを、クロスオーバーさせながら追体験させる
スパロボのような演出はないので、基本的に原作を知ってないと楽しめないんですよね。

ということもあって、出来る限り好きなキャラだけで進めたいので
1週目にして禁断のDLコンテンツ発動。
レアアイテムや各種ポイント系は、ほぼ使い放題になりました。
これが金の力だ。

ストーリーは(たぶん)半分を過ぎたくらい
戦闘曲が変わったのでたぶん後半戦突入だとおもふ。

ところで、フォームチェンジのグラフィックが反映されるのってイベント中のみで
戦闘中のグラフィックは変わらないんですね。
むしろ、雰囲気とか世界観とかがあるんだから
イベント中は変わらないで、戦闘中変わった方がいいと思うけどなぁ。
実際アルトネリコではそうだったわけだし…。

まぁ、基本的にダメなところが目につきますが
パッチ対応で長いロード時間が改善されたのは良かったです。
最初からやっとけよって感じですがね…。
アクアノーツホリデイ
9月25日に買った3本のソフトのうち、最後の1本がコレ。
絶対に予想不可能だったと思ふ。

何気に前作のアクアノートの休日2も買って
図鑑コンプリートまでやり込んだりしてます。

前作までは、ストーリーとかはなくて
ただ単に海中散歩するだけだったのですが
今作はミステリー風味なストーリーが用意されてるみたいですね。
それに伴って、システム面も若干凝ってるようです。

まぁ、ストーリーとかあってもなくてもいいんですが
エピソードを見て話を進めないと、次の海に行けないので
強制的にやらないといけないんですよねぇ。
興味ない人にとってはフラグ探し作業だし
ミニゲームみたいなのも強制させられるしで、なんでこうなってしまったんか。

やらなくてもいいサブエピソードもあるんですが
全部この形でよかったのになぁ。
セミクジラのエピソードはロマンチックで感動しました。

とりあえず、深海魚と絶滅種が楽しみで仕方ないのでガンバル。

スーパーロボット大戦Z その6
今のところ、大体想定通りのペース


第26話 『イントゥ・ザ・ネイチャー』

ランドルートです。
分岐して戦力が半分になったため、敵も数が少なくなりました。
何かと数合わせに出てくる堕天翅共は、HPは高いし、攻撃に特殊効果付きだし
何かとうざい敵ですな。

第27話 『15年目の亡霊』

はい、ブラックボックスFは取れませんでしたよと、ティファ…。
GX&ジャミル登場で、BGMを部隊「DREAMS」に
DX&ガロード登場で、BGMを部隊「Resolution」に
あ~、このエピソードは何回見てもいいなぁ。

第28話 『魂のコスプレイヤー』

なんかシナリオデモもなく唐突にステージが始まったんですが…まぁいいか。
ゲッターチームとアクエリオンチームのクロスオーバー
アクエリオンは未見なのですが、必殺技はどれもギャグ技なんですかねぇ。
まぁ、ギャグ技でも大真面目に演じてくれるので良いのですが。

第29話 『アウトサイダー』

ツィーネ登場。敵か味方か…いやこのステージでは味方なんだけども。
桂登場後は、BGM部隊「漂流~スカイハリケーン」に
イザークが出てきましたがランドルートだとガンダム系は影が薄いのう。
ディアッカが使えないらしいのは残念。

第30話 『アクペリエンス』

アークエンジェルが初登場。
ミーティア大好きなので、めっちゃ嬉しい。
サルファじゃこの曲がなくて残念だっただけによかった。

第31話 『引き裂かれる過去』

エウレカの話もあるが、オリジナルがメインか。
メールが人間じゃなかったことには、少々ビックリ。
全く想像もしていなかったです。
アサキムとツィーネはいよいよ牙をむいてきましたか
セツコルートとは設定が違うのかと思ってましたが、そうじゃないみたいですね。


半分までキマシタ。
クロスエッジ
ガスト、カプコン、日本一、バンナム、IFの5社のコラボ作品
なんて聞くとすごそうだが、全然すごくない。

まぁ、そんなことは買う前から百も承知…のつもりだったのですが
作っているのがコンパイルハートだからなのか、思ったよりひどい出来でした。
(そういえばローグハーツダンジョンもここだった…)
特にメニュー画面とかユーザーインターフェイスが最悪。
細かくは書きませんが親切心の欠片もない仕様。
ボタン配置も使いにくいです。

頻繁にあるロードもかなり長め。
インストールしてるのにこの長さはなんなんでしょう?
初めて戦闘に突入したときはバグったのかと思いましたよ。

システムはそれなりにオリジナリティがあるようですし
慣れるまではきつそうですが、面白そうな感じがするだけに残念。

元々アルトネリコキャラだけが目的で買ったので
他の参戦してる作品はほとんど知らないんですが
画面の見た目とかシステムとか、アルトネリコを参考にしてるっぽい所がありますね。
まぁ、ジャンルが同じRPGなので必然なのかもしれません。

で、プレイの方は最序盤でトネリコキャラが全員揃うので、いきなりメンバー固定です。
今はシュレリア様が戦闘に使えるようになったところまで進んだので
この先はライナー、オリカ、ミシャ、シュレリアで固定しようかと思いますが
戦闘で強制出撃とかってあるのかな~?それだけが心配だ。

あと、たぶん設定無視してるんでしょうけど
サーバーないのに、どうやって詩魔法発動してるんですかね?
気にしちゃだめ?
シークレットゲーム エピソード4
Episode Ⅳ - The only neat thing to do -
(大団円ルート)


OPで「トラワレビト」が流れる。
この時点で、すでに確信しました。
全ては、このエピソードのためにあったのだと。

同人版から引き続いた設定、PS2版からの新設定。
どちらにしても、重要な部分が一気に明かされていきます。
死んだ恋人との約束が前面に露出し
ここまでタメにタメてエピ4で初登場の優希
もう一押し足りなかった文香に新設定が追加されています。

見えそうで見えなかった黒幕もきちんと表現され
オミットされたと思っていたサクミンの叱咤激励シーンもありました。

そしてBETシステムですね。
システムとストーリーが融合しているゲームというのは、珍しくありませんが
そのうえに、製作者の気持ちや主張も融合されて表現しているのかなと。
隠しタイトルの出現条件も含めて、良かったと思います。


個人的には佳作クラスかなと思いますが、プレイしてよかったです。
続編、スピンオフなど次回作があれば、また買いたいです。

裏切りバッドエンドがなかったり
ジョーカーをうまく使ってる場面がなかったり
死にカードがあったり
選択肢がなかったり
心理戦がなかったり

いくつか不満点があるので、それも解消してたらいいな。
スーパーロボット大戦Z その5
最近お疲れ。


第21話 『父の思い出』

オリジナル系シナリオです。
しかし主人公以外のオリキャラの立ち位置が全くわからんな。
女性主人公のせっちゃんも出てきましたが、果たしてどう絡んで来るのか。
レーベンはともかく、アサキムは最後まで味方なのか疑わしいところ。
ツィーネはまだ出てきませんね。
あと、最後にかかったPAINって曲がイイ!
ランドクラッシャーのアレンジ版ですが、シリアスな場面では、こっちを戦闘BGMにしたい

第22話 『自分だけのエクソダス』

プラネッタは相変わらず「伝心」が強いのう。
オーバースキル「重力」は毎ターン加速とバリア効果アップ
「変化」は分身と運動性アップだけど、システム上うまく表せなかったか。

第23話 『百鬼の挑戦状』

アクエリオンとビッグオーも仲間になって
いよいよ、全参戦作品合流しそうな感じですな。

第24話 『光子力研究所奪還作戦』

ようやくマジンガーとグレートが仲間になりました。
グレートはともかく、マジンガーがこんなに遅い参戦は初めてではなかろうか
そして、マジンガー系でこんなに熱いシナリオも初めてでした。

第25話 『闇の住処』

前回といい今回といい、結構三つ巴になることが多いですな。
うまく使えば楽になるけれど、経験値や金を持っていかれる可能性があるのが難か。
鉄甲鬼は仲間になってもらいました。
なんか、さやかさんとフラグ立ててないかい?w


ぼちぼちスパロボ以外のゲームもプレイしよう。
東京ゲームショウ2008
今年も直さんと一緒に行ってきましたよ~。
前回のメンバーに直さんのお友達を加え、今回は4人でした。

いや~相変わらずどのブースも混んでましたね~。
ゲームをプレイするには長時間並ばにゃならんのが辛いところです。
自分なんかは、でかい画面でのPVと
イベント関係を見るのがメインなので、あまり支障はないんですけどね。

とりあえず、直さんと一緒に行動していた部分は全部丸投げするとして
別行動をとっていた部分だけ書いてみましょう。
といっても、「真・三國無双 MULTI RAID」をプレイしたのと
下川みくにさんのミニライブくらいですが。

無双は、協力プレイが売りみたいなので
モンハンブームの流れに乗って作ってみましたという感じなんですかね?
まぁ、ぶっちゃけイマイチでした。

下川みくにさんのミニライブは、元々相方の希望で「WarRock」という
PCオンラインゲームを見にいく途中で、偶然やってたのをちょこっとみただけ。
なんかフルメタルパニックの曲が聞こえるな~と思っていたら
生ライブ中だったので、ちょっとだけのぞいてみましたが
なんかCDで聞くより甲高い声でしたね。
係員が必死に観客の整理をしていたのが一番印象的でした(汗

そういえば、もう一個
バンナムのガンダムイベントでガンダムVSガンダムを
開発者チームVS古谷徹さん&ゲストチームで対戦する企画があったのですが
その時ゲストに選ばれていた女の子がΖガンダムが好きで
アムロとカミーユが好きなキャラクターだと言っていたのが印象的でした。

古谷さんも言っていましたが、てっきりSEEDとかが好きなんだろうと思っていたので
全く関係ない自分もちょっと嬉しかったです。
ちなみに対戦では、結構接戦になっていたみたいですが
古谷さんのMk-Ⅱを女の子のΖガンダムが誤射して撃破という…
最後までおいしいところを持っていってましたね。

ガンダム関係のイベントは毎回必ずあるので
自分的需要は毎年あるんですよね。
きっと来年も行くことになるんだろうな~。
インフィニット アンディスカバリー その4
2度あることは3度あったようです…
1度目はブルードラゴン、2度目はロストオデッセイ。
3度目はインアンのラストダンジョンです。
何度やっても同じ場所でフリーズするので、進めなくなりました。
はぁ…もうね…俺の360ダメダ。
というか、今までフリーズしなかったソフトがないですし
完全にドライブの初期不良だから、わかってて交換しない自分が悪いんだけどね。

360のRPGでクリア出来たのはショパンだけ。
あとは一応終盤まではいってるんですけどね。
ラストレムナントはPS3版を買うのが無難かな。
完全に壊れてしまえば、エリート買っちゃいますが。

ちなみにあとはボス数体を残すのみだったので
ニコニコ動画でエンディングを補完しておきました。
月から帰る時って、転移出来なかったら全員死んでたんじゃないだろうか…。

ま…もう、いいや…どうでも。
スーパーロボット大戦Z その4
放浪の旅も終り、ようやく味方部隊と合流。
小隊編成も出来るよー。


第16話 『特異点』

オーガスシナリオです。
といってもよくわからんが、オルソンは桂よりも5年早く来た分、いろいろあったという事かね。
設定はよく出来てそうだよね~、オーガスって。
ストーリーはわからんが。

第17話 『地獄のエキデン』

ゴレームは固いですね。バリアにはトライチャージがいい感じ。
オーバースキル「機体硬化」は装甲+300といまいちか?
原作でのイメージは知らないが、+500はあってもよかったんじゃないだろうか。

第18話 『さらば、我が友よ』

ザンボットのシナリオを再現すると、鬱になるものばかりですな…。
でも、万丈と勝平のクロスオーバーは良さそうでした。
アクエリオンは合流せずに単発イベントで少しずつ進めていく感じかな。
しかしどの技も無限拳の使い勝手が良すぎて出番がなさそうだ。

第19話 『建国のブリザード』

オーバーマンっていろいろいるんですねぇ。
まぁ、どうしてもスタンドを思い出してしまうけど。
オーバースキル「窃盗」は毎ターン必中のようです。

第20話 『ウソのない世界』

ゲイナーくんの告白。おそらく今作でも屈指のシナリオでしょう!
ACE3をプレイしていなかったら、もっと楽しめたんだろうけどね。
オーバースキル「幻影」は分身なので、それほど怖くないですが
「伝心」は毎ターン、必中、ひらめき、集中、覚醒って鬼ですな。
告白後はBGMを部隊「キングゲイナー・オーバー」にしておきました。


関係ないけどロボット繋がりで…
ガンダムダブルオーの1期を見始めました。
現在4話、結構面白いんだけど、俺の目が腐ってるのだろうか。
シークレットゲーム エピソード3
3週目
設定が全く同じのためか、若干マンネリ気味に。
とりあえず、渚さん、人気投票1位おめでとうございます。


Episode Ⅲ - Ask, and it shall be given you ; seek, and ye shall find -
(渚ルート)


3周目になっても、基本的に物語の大筋や、主張は同じ。
スポットライトの当たるキャラが違うという感じですね。
展開はもちろん全然違うんですが、持ってるカードは毎回同じなので
キャラクター達とプレイヤーの緊張感に差が出てしまうのが残念です。

でも、ジョーカーの持ち主は毎回変えているっぽいんですよね。
全部とは言いませんが、カード自体をシャッフルした展開もあれば良かった。

渚のバックボーンはドラマを作りやすい設定にしてあって結構好きですが
細かい部分が気に入らないため、渚自身はあまり好きじゃないんです。
口調も外見も性格も悪くないんですが…う~ん…なんていうのかな
組織に加担してる期間がもうちょい短いとか、
GMとして参加するのは、今回が初とかいう設定なら良かったんですが
実際は、もう戻れないところまで行ってしまってるんじゃないかな…と思うからです。
この設定で戻れちゃうのが気に入らないということです。

逆に主人公は今まで一番格好よかったかな~。
客連中とのやり取りは、個人的に同人エピ1でサクミンに叱咤されるシーンに匹敵しました。

そうえいば、エピローグで文香さんが出てきませんでしたが
どうなったのかな?
別れた後のセリフも意味深でしたし、ラストエピソードのための伏線?
サモンナイト その5
16話~最終話

ほぼ連続シナリオなので、実質合わせて1話みたいなもんです。
この辺になると、ブレイブクリアを保っていても無双ゲーになってきますね。
適当に突っ込ませても、死ぬどころかHP半分を割ることも珍しいです。
4に比べると、ずいぶんヌルイですが
きっとDS移植にあたって、難易度調整されたんだと思っておきます。

まぁ、ストーリー含めていまいちだったかな~。
シリーズの1作目なので、こんなものなのかもしれませんが…
4に出てた1のキャラの過去を見れただけでもよかったです。

ま、これからシリーズを重ねる毎に良くなっていくことを期待して
2もプレイしようと思います。
でもDS版はもういいや…PS版を買おうっと。
スーパーロボット大戦Z その3
最近忙しいので、平日は全くプレイ出来ません…。
なかなか進まないのう。


第10話 『ブレイク・ザ・ワールド』

物語は新たな局面へ、というかここからが本番か。
オーガスのお話のようだが、ほとんど意味不明
とりあえず、世界がごちゃまぜになったのはわかった。
なんかオリジナルっぽいカラスみたいな敵も出てきましたな。

第11話 『パラダイム・シフト』

ここから多元世界での主人公放浪記です。
いきなり主人公が記憶喪失になるという超展開。
と、思ったがビッグオーのシナリオの中に組み込んだだけかな?
ちなみにビッグオーも未見です。

第12話 『ブルースカイ・フィッシュ』

エウレカ勢でレントンが初登場。
Daysはいいなぁ、原曲のラップ部分がなければ、マイリスト入り確実なのだが。
あとシロッコが格好いい。

第13話 『立ち上がれ、宇宙の戦士!』

タイトルの通りゴッドシグマの話だが
その他スーパー系ロボット勢ぞろいです。
こうして、放浪しながら一通り参戦作品の顔見せをしているのだろうか。

第14話 『集う異邦人たち』

ブレイクザワールド前の所属部隊と合流…するのかと思いきや
まだ放浪の旅は続くわけですね。
エニルの説得は何のフラグなのかな~。仲間には自動的になるようですし。

第15話 『見えない明日へ』

15話だよ!全員集合!
オリジナルキャラも含め出るわ出るわ、敵味方増援の嵐。
いままでのまとめ、かつこれからの行動指針を決めるシナリオです。

分岐はガリアルートを選択。
主人公ランドだと、この流れが自然だよね。
2008/9
スパロボの9月。
それにしても、毎度発売1週間くらい前から、血圧が上がって動悸が始まり
前日あたりは、精神的にも肉体的にもかなり危険な状態になったりします…。


第31回検索ランキングです。


 10位 SDガンダム Gジェネレーションスピリッツ 51 ↓

長くランキングの常連となっていましたが
いよいよ崖っぷちです。

  9位 ラビアンローズ 53 NEW

ガンダムに出てくる、ドック艦の名称。
バトルユニバースではステージタイトルにもなってます。
結構難しいステージだからか、検索が伸びました。


  8位 スーパーロボット大戦A PORTABLE 57 ↓

まぁ、リメイクで安定した出来といえば、そうなんですが…。
やはり据え置きでやりたかったかも。


  7位 ファイナルファンタジー11 59 ↓

このランキングにとっては、もはや伝説的なゲーム。
毎月、必ずこのくらいの位置にいます。


  6位 SIREN New Translation 70 ↓

2か月連続トップから陥落
サイレンらしさは皆無になってしまった。
視界ジャックだけは、今までで一番良かったです。


  5位 メタルギアソリッド4 76 ↓

ゲームとしてみて素直に面白かったです。
あとは、もうちょっとボリュームがあれば…。


  4位 シークレットゲーム 107 ↑

同人ゲームからコンシューマへ。
単なる移植かと思いきや、シナリオは全面見直し。
サクミンはだいぶ劣化してしまいましたが、全体的には、まぁ満足。
9月に行われた人気投票では渚さんが1位でした。


  3位 BattleMoonWars銀 111 ↓

こちらは現役同人ゲー。
いよいよ第四部の店舗委託が10月5日より開始されます。
…3か月くらい前からスパロボと発売日がかぶらないようにって思ってたのに…。


  2位 スーパーロボット大戦Z 143 ↑

当然ながら発売されて一気にランクアップ。
特にここでは語りません。


  1位 ガンダムバトルユニバース 329 ↑

いや~、意外と伸びましたね。
ユニットや能力が強制されるランクSS取りには全く興味なし。
時間さえあれば、好きなMSであるジムスナイパーカスタムⅡ無改造で
全ステージクリアはやってみたかったなぁ。


下位ランキングもちょちょっと


このまま私を見捨てますか? 4
シークレットゲームの前身、キラークィーン屈指の名セリフ。
このセリフは相手を助けるためのセリフです。

ソル 2
SIREN NTにて、一番のネタキャラ。
ループ後の大活躍が期待されたが…

会社帰りにモンハン 1
すかいら~くで同僚としてました。
こんなに楽しいことはない。

モデル イッシン 1
声優 いっしん 1

世界のいっしんさん。

アイビス 19
今月のわんこ~。
目指せランクイン。


10月はゲームショウです!
今年もいっくぜ~!
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.