いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
お台場ガンダム
自分はガンダムが好きですが、好きなのは世界観であって
特にモビルスーツというものに憧れた事はなく
プラモデルなども買ったことはありませんでした。

そんなワケで、等身大のガンダムとやらにも、大きな興味はなかったのですが
先週、出社すると上司からお声がかかりました。
「今日V作戦を発動するんだが、どうする?」
てなわけで、親睦を深める良い機会でもあるし、拝見しに行ってきました。

↓会社帰りの一枚。だいぶ暗くなってました。
ガンダム02

↓会社の上司が昼間のガンダムも見たいってことで、別日に撮影。


みんな上を見ながら歩く為、迷子になりやすいです。
特にカメラのレンズをのぞいていると、視野も狭くなるのでご注意を。
聖なるかな 10章 不滅不断なる神々の戦い
新たな敵、南天神が登場。
しかし、後から後から別の敵が出てきすぎじゃないか?
繋がりが全くない事はないですが
半分は次の作品で、しっかりと尺を作っても良かったような気がします。

ゲームバランスも後半になるにつれて、味方側が強力になってくるので
力押しが最も効率の良い戦い方になってしまいます。
まぁ、ゲームの特性上、特殊なシステムにしない限りは
後半戦を程よいゲームバランスにするのは非常に困難なのは事実ですけどね。

一応9章でヒロイン毎にストーリーが分岐しているので
ここからは各ヒロインのルートシナリオってことですかね。
さっそくヒロインとのHシーンが用意されていて
そういえば、これってエロゲーだったね、と思い出させてくれました。

もう最後も近いですが、綺麗にまとめてくれるのかなー?
SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ ネオ・ジオン抗争 その2
前回の続きです。
1作品終わる毎に新たなマスターキャラが設定出来るような事を
どこかで聞いたんですが、Ζシナリオが終わっても出来ませんな。
複数の作品がセットになっているシナリオは、全部終わって1個扱いなんですね。

でも、それだとマスターキャラ全部雇うのに、シナリオ足りないような気がするんですが。


オリジン・ジェネレーション
ネオ・ジオン抗争


STAGE4 燃える地球

ΖΖシナリオは相変わらず冷遇。
ただ、客観的に見ても冷遇は妥当だと思います…よ、原作が原作ですし。


STAGE5 ザビ家の反乱

2話目にして、最終話ステージ。
スペースウルフ隊のうざさは、もはや伝統ですよねー。
それ以外もタフな敵が多くてきついステージです。


STAGE6 地球寒冷化作戦

逆シャアシナリオですが
普通にHi-νとナイチンってことは、小説版を混ぜた形ですかね。
少しでもマンネリを打破しようとしているのが見て取れます。


1個目のウォーズブレイクは、前編後編にわけたシナリオを
ウォーズブレイク条件満たしたら後編も遊べるよって感じになってるみたいですね。
2個目のウォーズブレイクはifの要素が含まれている事が多いようですが
今回は全てUC系だったので、違和感はなかったですが
せっかくのシステムを活かせてないような気がしました。
マグナカルタ2
先週末にようやく始めました。
それでも風見島から逃げてきたところなんで、ちょこっとだけですけどね~。

システムは最近のJRPGにしては珍しく、それほど複雑ではなく
独特なものでもないので、わりととっつきやすい感じです。
チュートリアルが充実しているのも、いいですね。

ストーリーは序盤過ぎて、まだなんとも言えないですが
キャラクターはちょっと微妙かなぁ。
全体的にセリフが芝居かかっているのも、嫌な感じです。
そこまで分かり易くしなくても行間でわかるから、もっと自然で良いのに。

あと、好きな人には申し訳ないですが
イラスト、ポリゴン共にキャラクターがちょっと奇形じゃないですか?
イラストはポーズとかも独特なので、デザイナーのデフォルメなんでしょうけど
ポリゴンキャラは、顔が小さすぎて気持ち悪いです。

とまぁ、まだまだ序盤も序盤なので、今書けるのはこれくらいですかね。
そろそろ、RPGには、どこでもセーブを標準実装してもらいたい。
聖なるかな 9章 始まりの時 運命の交錯
ふぅ、だいぶ長いこと続いてますが全12章です。
セーブ&ロードも考慮するとプレイ時間は60時間くらいですかね~。
ランクにこだわらなければ、もっとサクサクいけると思いますが
今のところ全ミッションでランクSSを継続中なので
このまま最後までがんばってみようと思います。

ここから最後の仲間キャラであるナルカナが参戦。
さすがに永遠神剣、第一位「叢雲」の化身だけあって半端じゃない強さです。
完全にゲームバランスを無視したとしか思えませんw

またユーフォリアの「悠久」も第三位とはいえ
特殊な位である鞘、「調律」の仮?の姿ということで、やはりかなりの強キャラです。
ほぼこの二人だけでも、敵を駆逐していけちゃいますね。

そういえば、「神剣の位」の設定もだいぶ変わったんだよねぇ。
前作の主人公であるユートは第二位の神剣使いではありますが
当時の設定なら事実上最高位でありました。
今は一位の神剣が複数本ある上に、嫁さんと娘さんが
特殊な位持ちになってしまったので、相対的にかなり弱体化してしまったのが残念。

ですが、今後のシリーズに登場するなら、どんな役回りになるのか楽しみです。
SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ ネオ・ジオン抗争 その1
1年戦争が終わったので、マスターキャラを増やせます。
ここはやはり、基本に戻ってアムロ・レイ(1st)でしょう。


オリジン・ジェネレーション
ネオ・ジオン抗争


STAGE1 グリーン・ノア

エゥーゴがガンダムMk-Ⅱを強奪した後からスタート。
一応一つのシリーズの最後と最初という差があるので
ア・バオア・クー戦に比べると、だいぶ楽チン。


STAGE2 月への道しるべ

ストーリーは一気に飛んで、既にΖガンダム入手後です。
原作ではムーンアタックの辺りか。
って、これは劇場版準拠なストーリーなんだっけ?


STAGE3 ゼダンの門

あっという間のΖガンダム最終話。
ΖΖシナリオに出番を取ってあるのでしょうけど
キュベレイはでないで終了です。


なんかウォーズブレイクしても、宇宙世紀の近い年代のキャラしか出てこないし
UCシナリオは、スピリッツに比べるとだいぶ劣化しましたなぁ。
やはりウォーズはアナザー系をプレイしてこそなんでしょうね。
そう思いたい。
探偵 神宮寺三郎DS 伏せられた真実
さ、PSP版の最新作が出る前に、これもプレイしないとね。
てことで、本編はさくっとクリアです。

基本的には今までのシリーズと一緒で、ストーリーが違うだけです。
名探偵Jとしてマスコミに取り上げられるというのは
公式ページなどで事前に知っていましたが
こんな展開だとは思ってなかったです。
なんだか、かなり手厳しいマスコミ批判じゃないですか?

それとも、自分に認識がないだけで、これくらいの表現は普通なんだろうか。
よくよくこのゲームをプレイする年齢層を考えると
これで問題ないような気もする、と納得してみる。

2作連続でプレイしたので、差がよくわかりますが
前作よりも推理をプレイヤーにゆだねる部分が多くなりましたね。
ゲーム性が増した、と表現することもできますが、それで面白いかは別。
個人的には、ただ面倒になっただけでした。
ゲームとして面白いものにするには難しいこと。

ストーリーはタイトルの通りの結末になったわけですが
そこまで擁護出来る事でもなかったですし
罪に問われないまま終わってしまい、釈然としませんでした。

では、次回作「灰とダイヤモンド」まで
携帯アプリ版と謎の事件簿をマッタリプレイして待ちましょう。
聖なるかな 8章 始まりの時 運命の交錯
元々の世界とそっくりな写しの世界。
ただ、あくまで分枝世界の一つというだけで
元の世界と何か関係があるわけじゃないようです。

ちなみに前作の主人公であるユートの世がこの写しの世界という設定のようです。
ファンサービス的に佳織と小鳥も登場。
キモウトさん、グラフィックはだいぶマシになったね。

この8章はヒロインが決定するので、何気に重要だったりします。
自分は「沙月ルート」を選択しました。
一週目じゃ無理みたいだが、ナルカナルートも気になるんですよ。
続編が出るとすれば、どのルートが正史となるのか、それが問題ですね。

アセリアの時は、タイトルがモロだから正ヒロインだとわかりやすかったです。
今回もタイトルからすればナルカナなんだろうけど、何故かしっくりこない…。
まぁ、二週する気はないんで、沙月ルートが正史だと信じてプレイします。
SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ 1年戦争 その2
前回の続きです。
今作って戦艦の回頭が180度出来るようになったんですね。
スピリッツの時は出来なかったですよね?たしか…。


オリジン・ジェネレーション
1年戦争


STAGE4 ソロモン攻略戦

毎度お馴染みのソロモン戦です。
ウォーズブレイクでエルメスとか出てきましたが
このシステムで出す必要ないような…デフォルトで出てくれば良いと思う。


STAGE5 宇宙要塞ア・バオア・クー

ソーラ・レイを破壊とな?
何もしてないのにいきなりif展開ですよ。
もしかして小説版ってこんな展開だったっけ?
読んだけど忘れました。
それにしてもプロヴィデンスとかグレートジオングとか
改造コード使ってない人は、このシナリオはきつかったんじゃなかろうか。


ここまで5話×2で10回ウォーズブレイクしましたが
敵が出てくるばかりで味方が現れることはないですね。
ないのかなー?

順番にプレイするので、次はネオ・ジオン抗争編です。
流行り神 PORTABLE その3
最終話まで終わりましたが、まだおまけ?シナリオがあります。

それぞれ~~編となっており
登場人物の誰かにスポットをあてて
そのキャラのエピソードを掘り下げる内容になっています。
なので、主に本編より過去の話です。


霧崎編 さとるくん

少年時代の霧崎水明が主人公。
結構切ない系のストーリーが良かったです。
が、既読率100%にしても、一部謎が残り意味不明でした。


人見編 カシマレイコ

オカルト否定派の式部人見が主人公。
パニックになりながらも科学的見地で突破しようとする人見さんは格好良い。
これが一番ホラーっぽいストーリーかなぁ。


ゆうか編 神隠し

高校生時代の間宮ゆうかが主人公。
本編を含めても分岐ツリーが最も複雑なのがこれでした。
攻略サイトがなかったら、既読率100%は面倒で諦めてただろうなぁ。


退魔師 犬童蘭子

本編の主人公が所属している警察史編纂室のボス、犬童蘭子が主人公。
演出重視のシナリオで選択肢はなし。
第一話 コックリさんの裏話になっており、残された謎の回答編のような内容。
最後は伏線を張りまくって終了。


これで、既読率100%で全エピソードSランク達成です。
データベースも当然全て埋まりました。
そうえば、このデータベースは結構良い出来ですよね。
解説文も、主観が入ってなくて納得できる説明が多いです。

このまま2へ突入!
聖なるかな 7章 理想世界 永劫回帰の海
前の6章まで、毎回誰かしらが仲間に加わってきましたが
この7章で、ようやくその流れが断ち切られました。

今作は仲間キャラクターが増えましたよね。
厳密にはメインキャラクターが、と言ったほうがいいのかな。
アセリアでもスピリット達を入れれば数は同じくらいですが
彼女らは、ほとんどストーリーに絡まなかったですし。

なるかなの登場キャラクターの数は、丁度いいくらいかなーと思います。
ストーリー的にも影が薄くなりすぎず、でしゃばりすぎず
割とバランスよく出番が与えられていますし
ゲームバランスの面でも、調整するにはこのくらいの人数がギリギリかと。

どうしても永遠神剣シリーズの本編次回作では
アセリアとなるかなのキャラクターの競演が見たくなりますが
数が多くなりすぎてしまうので、微妙なところです。

さて、本編ですが
理想幹神は小物臭がすごいっすねぇ~。
神剣の位で見ても、ユーフィーの方が上だし、なんとも言えないです。

この辺から、目的がなくなって、流されるがままの展開になってきました。
出来事に対する受身でしか動けない状態ですね。
たぶん、このまま最終章まで流されてしまうんでしょう。
SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ 1年戦争 その1
Gジェネ最新作です。
今作も長く遊ぶことになりそう。

まずは恒例の戦闘デモ鑑賞から。
なんか70分もあったらしいのですが、あっという間でした。
それだけ楽しかったということでしょう。
ぶっちゃけゲームよりも楽しい時も多々あるよね。

さて、ゲームを始める前に改造コードを使用している事を宣言しておかねば。
昔はスパロボでもPARを使ってたんですが、最近はGジェネ専用になってきたな~。
今回もキャピタルMAXのみ使用させてもらいました。

基本的なシステムは前作のスピリッツと変わりませんが
ややオミットされた部分があり、すっきりわかりやすくなった印象です。

最初のマスターキャラクターは刹那を選択。
アムロから順番でもよかったんですが、ストーリーもファーストから順番にプレイするので
アムロだといきなり登場キャラがかぶってしまって使えないんですよね。


オリジン・ジェネレーション
1年戦争


STAGE1 大気圏突入

いつもの大気圏突入です。
ウォーズブレイク(WB)を起こすと、アイナが登場。
08小隊シナリオは今回ないので、このシステムで補完するつもりなのね。
他作品とリンクさせながら、ステージ数を削ることが出来るので
一石二鳥なシステムなのかもしれない。


STAGE2 敵中突破作戦

ガルマのドップがMSより強いw
ここでWBを起こすと、ランバラル戦とアプサラス戦も
ごっちゃのシナリオになります。


STAGE3 ジャブロー燃ゆ

サイクロプス隊参戦で、0080シナリオを補完。
アレックスもジャブローで作ってたことにしちゃえば、クリスとかも出せるし
クロスオーバーも出来ると思うのだが。
ギニアスのアプサラスⅢが攻めてくる展開は、スパロボやギレンの野望でもあるし
もはや、お約束になりつつあります。
ま~、この展開はIFを考えたときに、真っ先に思いつくレベルですからね~。


ここまで6時間強、ざっくり1ステージ2時間だと約50ステージだから
ただクリアするだけで、ざっくり100時間てとこか。
流行り神 PORTABLE その2
これがどういうゲームで、どう楽しめば良いのか、だいぶわかってきましたよ。
とりあえず、2と3も購入決定しました。

シーンスキップがなかったりセーブの仕様が悪かったりと不満点もありますが
2以降は解消されてるらしいので、無駄なストレスはなくなりそうです。

ところで、このセーブの仕様はなんなんでしょう?
システムデータのロードとセーブ、ゲームのセーブと3段階のステップを踏まないと
セーブが出来ません。
普通、最初の二つは自動でやるもんじゃないのかな?
よくこんな仕様が通ったもんだ。


第二話 鬼

「鬼」って都市伝説…?なんかテーマとは若干違うような気がしますが
ストーリーはちょっぴり感動系で良かったです。
特に雪村恭子編がね~。久々に泣いてしまいました。


最終話 名前の無い駅

駅ネタ。こういうの結構好きです。
好きなんですけど、短い…最終話なのに展開もあっさりしてますし
ストーリー全体を通して、いくつかの謎が残されてます。
この時から続編を意識していたということでしょうね。


まだ隠し(?)がいくつかあるので、終わりではないですが
サブシナリオ扱いのようなので、本編との繋がりはあまりなさそう。

とにかく面白いので次へ次へ話が読みたくなります。
探偵 神宮寺三郎DS ~ きえない こころ ~ その2
携帯アプリ版と謎の事件簿もプレイしてみました。
全部やると結構ボリュームがあって、当初考えていたよりも長く遊べてよかったです。
携帯アプリ版はいくつかプレイした事があったので、それは飛ばしました。

まぁ、ボリュームは悪くないけれど、ほぼ完全に読むだけの内容ですな。
(読んだことはないが)携帯小説みたいなものかもしれない。

謎の事件簿も携帯でいくつかプレイ済みだったので、それは飛ばしてプレイ。
推理物としてみた場合、完全にこっちがメインですな~。
コミカルな絵柄と展開に似合わず、結構本格的なので
真面目に考えないと難しいです。

全部プレイしてみれば、本編と謎の事件簿で
内容の住み分けが出来てるので、本編で推理要素が少なくても
許容範囲かな~と思いました。
聖なるかな 6章 黄昏の色 終わり逝く時
6章まで来ると、だいぶSLGパートにも慣れてきまして
使いやすいスキルとかも分かってくるので、戦い方も固まってくるんですが
黒スキルの「ファイナルベロシティ」が圧倒的な性能ですね。
冗談抜きで「ずっと俺のターン」になってくるので
効果を下げるか、使用回数を減らすべきだったと思います。

この6章で「光をもたらすもの」、そして親友の絶と決着がつきます。
ここでの絶との会話シーンは屈指の出来で
今作では初めて音声スキップせずに、セリフを聞き入ってしまいました。

で、問題は全て解決したかのように思えますが
ここで新たな敵である「理想幹神」さん達が現れます。
ここを含めて、希美のエピソードを見てると、まさに正ヒロインな感じなんですが
実際は結構不遇な扱いらしい。
2009/7
業務拡大に伴い、人員増加。
これで少し楽になるといいな~。


第41回検索ランキングです。


 10位 シークレットゲーム 26 ↓

FLATは夏コミに出展するらしいですが、次の弾はあるのかな?
ブログでグッズは完売しても赤字になりそうと言っていましたし
この会社は大丈夫なんだろうか。
ちゃんと先行投資に見合ったバックを計算しているのなら良いのですが。


  9位 前田家脱出 28 NEW

サイレンの名物ステージの名前です。
ここのタイムアタック動画はマジですごかった。
なぜ急に検索数が増えたのかは不明。


  7位 絶体絶命都市2 29 ↑

3じゃないですよ、2です。
個人的には、画質やコストパフォーマンスなども含めて
あらゆる面で3は2に劣っていると思います。
3の方が良い部分があれば、教えて欲しい。


  7位 スターオーシャン4 29 ↑

先日クリアさせて頂きました。
今時、前の街(惑星)に戻る度にディスクチェンジが必要な仕様。
フルインストールしても必須とか、どうしちゃったの?
自分は素人ですが、技術的にどうにもならないとは思えないのですが。


  6位 戦国ランス 33 ↑

何故かランクイン…とは言いません。
何故なら、毎月15位~20位くらいにはずっといたんですよ。
いつランクインしてもおかしくなかったので、全体の票数が落ちたことで
自然と上がってきた感じですね。


  5位 ファイナルファンタジー11 37 ↓

もう、殿堂入りでいい気がしてきた。
第4回から連続37ヶ月ランクイン中。


  4位 SIREN New Translation 40 ↑

前田家脱出と一緒に検索数増加。
何か進展とか、新作発表とかあったのかと公式ページとか見に行きましたが
特になにもありませんね。謎です。


  3位 サモンナイト3 53 ↑

こちらも、プレイ終わって少ししてから検索数増加。
サモンナイト5とかでも検索してくる人がいるので、続編を待っているんだろうなぁ。
ちなみにXはRPGらしいので、パスします。


  2位 ガンダムバトルユニバース 62 →

こちらはFF11とは違って意味で殿堂入りでも良いかもしれません。
現在11ヶ月連続ベスト3入りを継続中。


  1位 BattleMoonWars銀 83 →

3連覇。
まぁ、(あまり)文句なしで面白いです。


今回は久々に下位ランキングも一件~。

いっしん関連の事件 1
一体ナニガ…。


8月はGジェネにハマる予定です。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.