いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ 地球光・月光蝶 その1
∀シナリオです。
「地球光・月光蝶」のタイトルは映画から。


アナザー・ジェネレーション
地球光・月光蝶


STAGE1 ノックス崩壊

プロペラ戦闘機と装甲車でモビルスーツに挑むのは
技術が衰退している∀の世界観ならでは。
開始直後のプレイだと、そんな戦力も使わないときついらしいが
自分の戦力だと、邪魔なだけですな。


STAGE2 ウィルゲム離陸

原作をほとんど見ていないから、こんな戦艦があるの知らなかった。
スパロボでも出たことないよねー?
増援の場所を把握してなかったので
8ターンの制限は結構きつくて、ギリギリでした。


STAGE3 月世界の門

ZZ系シナリオの保管と、ウルベが暗躍しているようですな。
他の作品と違い、ウォーズブレイクはIF系が多い。
さすがの黒歴史設定か。


原作を少ししか見たことがなく、記憶もほとんどない…
今度ちゃんと見なきゃなぁ。
東京ゲームショウ 2009
さ~、行ってまいりました、ゲームショウ!
今年も直さん達とご一緒させてもらいました、これで3年連続ですね。

自分は相変わらずゲームプレイよりも、イベント系中心ですが
フューチャー賞の受賞式など、いくつかは時間が被った事もあって、見れなかったです。

メタルギアのプレイに始まり、バンナムのロボットイベント、しなハウスを見て
最後にまたメタルギアのイベントって感じの流れですかね。
今回は、別行動せずにずっと一緒だったので
詳細は直さんのブログで公開されるのをお楽しみに!(丸投げ完了)

自分的には、いろんなイベントのゲストさん達よりも
しなハウスで生ゴチさんを見れたのが一番嬉しかったです。
機動戦士ガンダム戦記 その2
さくさくっと連邦のシナリオモードを終わらせて
フリーミッションをオンラインでプレイしておりましたが
先日、一応現存する全てのミッションを全ての難易度でクリア出来ました。

ちなみに最初のミッションから最後のミッションまで、全てのミッションを
会社の同僚と二人三脚で攻略。
最大4人のところを、2人でプレイしていたので、一部ミッションは結構辛かったですが
ボイチャで意思の疎通が出来たので、なんとか。

最終的な機体は、自分がジムスナイパーⅡにロングビームライフル二丁で
相方が、FAガンダム7号機でした。

後はジオンも一通り終わらせて
パーツとか集めながら今後の配信ミッションに備えようと思ってます。

※ジムスイナパーⅡの後継機を悩み中…やはりジムキャノンⅡあたりかのう。
マグナカルタ2 その3
買い換えてからは順調だったのに…
また、あれが再発してしまいました。
ゲームはフルインストールして、ディスクは起動時以外の読み込みをしていないので
ドライブが原因ではないのですが、もはや呪われているとしか思えませんな。

今までと違って被害は少なく30分程の巻き戻しだったのですが
それでも、見切りをつけるには十分でしたね。
ぶっちゃけると、飽きてきていたといいますか(汗

ストーリーは、後半になり核心に迫るほどにつまらなくなっていき
システムは単調で、変わり映えの無い戦闘を繰り返す。

RPGのストーリーは元々あまり重視しないタイプなので、つまらなくてもいいですけど
システムを含めた戦闘部分がちょっときつかったですね。
敵は前衛タイプと後衛タイプがあるくらいで
名前とグラフィックが違うだけにしか感じられないくらい特徴がないです。

同様に味方キャラも特徴がなく、出来る事も似通ってます。
好きなキャラで遊べると取る事も出来ますが、戦略も戦術もない戦闘は
飽きが来るのが早いです。

まぁ、そんなモチベーションでプレイを続けていた中でのトドメだったわけです。
これにて終了。
どこまで進んでいたか、なんてどうでもいいことですね。
SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ アフターウォー
ガンダムXシナリオです。
もう不遇は慣れっこという感じですが
最近は結構出番にも恵まれているかも。


アナザー・ジェネレーション
アフターウォー


STAGE1 作戦は一刻を争う

ここのウォーズブレイクでは味方増援が来るが、これは史実通りのもの。
未だにIFの味方増援は一回もなし。たぶんないんでしょう。


STAGE2 15年目の亡霊

2ステージ目で早くもDX起動。
ここのウォーズトリガーは一定ポイントを貯めるという今までにないタイプ。
そういえば、少しだけだけど海地形って初かな?
こんな少しでも、やっぱり海地形は適応が悪いのが多くて嫌ですなぁ。


STAGE3 D.O.M.E

ビルゴのプラネイトディフェンサーもうざいが
クラウダのビームコーティングもうざいですのー。
防御じゃなくても効果を発揮する分、こっちのがうざいかもしれないねー。


出来るだけサクサク進めたいところです。
無理ですが。
F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN
発売前は、日本語のコンシューマ版か、英語のPC版か悩みに悩みましたが
蓋を開けて見れば、結局PCでも日本語版が発売されました。
てことで、迷うことなくPC版を購入です。

コンシューマだとZ指定ですが、PC版は特に年齢制限とかはないようですね。
でも、Z指定なコンシューマ版はゴア表現が規制されていて
PC版は規制なしってのは、審査機関の違いなんですかね?
たしかにPC版はCEROマークがないので、違うんでしょうけど
日本で発売する以上、ある程度統一してないといかんと思うのですが…。

まぁ、前置きはこれくらいで、ゲーム本編ですが
ストーリーは1の終了直前からスタート。
でも、ストーリーはなんとなくしかわかってません。
アルマたんと戯れるストーリーだと思っておけば間違いないでしょう!

演出面では日本ホラーっぽさが減ってハリウッドホラーっぽさが増えてます。
モンスター系の敵も出てきますし、これは本当に残念でした。

FPS面は基本的に変わりなし。
覗き込みがなくなったり、ダッシュ出来るようになったりとマイナーチェンジ程度です。
今のところ小学校に到達したくらいの進行度ですが
初代を越える物を作るのは難しいんだなぁ、と感じています。

うー、恐怖度が減ったのが本当に残念だ。
流行り神2 PORTABLE その2
さて、最終話まで終わりましたが
前作よりも選択肢分岐後の文章に矛盾が目立ちますねぇ。
さっきと言ってること違うやん!ってのが多いです。

もっとしっかりと各分岐毎の整合性をとって欲しかった。


第二話 心霊写真

タイトルが、めっさストレートなネーミング。
連続ドラマのように、だいぶパターンが決まってきた感がありますね。
2作目で新キャラが少ないので登場人物の紹介などもする必要がないので
ストーリー展開もこなれて来たと思います。


最終話 流行り神

隔離された島というロケーションが良い感じ。
正式な捜査ではないイレギュラーっぽさが出てると思います。
内容はサスペンスドラマのスペシャル版みたいな感じかなー。
ちなみに、タイトルと中身の関連は最後までわからなかったです。


後は、各キャラクター毎にスポットを当てた
個別シナリオをプレイして終わりです。
SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ アフターコロニー その2
前回の続きです。


アナザー・ジェネレーション
アフターコロニー


STAGE4 バルジ攻防戦

UC系のシナリオがだいぶはぶれていましたが
アナザー系シナリオのウォーズブレイクで結構補完されてるみたいですね。
Wでは、完全にΖシナリオが半分含まれた感じで進行してます。


STAGE5 激突する宇宙

戦艦がほとんどいないせいか、全体的にかなりサクサクと進められたが
最後、このステージはビルゴもマップ構成も面倒だった。
ウォーズブレイクを使ったクロスオーバーはWが今のところ一番良いです。


これで丁度半分くらいかな、先は長い。
探偵 神宮寺三郎DS 伏せられた真実 その2
なんとか「灰とダイヤモンド」発売前に終わったぜ。

その2としましたが、本編以外の部分です。
実はパスワードの内容まで全部見たのは今回が初めて。

謎の事件簿にとどまらず、「謎じけ」なんていう
新たな神宮寺が展開しているとは、知りませんでした。
こちらは洋子さん(ロボット)が主役なんですね。

暗号解読をメインにした短編シナリオですが
基本は閃くかどうかなんで、難しさは人それぞれ。
自分には易しく思えました。

謎の事件簿も相変わらずの面白さですが
だんだんスタッフも悪ノリしてきた気がするなー。
まぁ、突っ走ってもらって全く問題ありませんがね。

で、せっかく新作発売前に終わらせておいてなんですが
一応ちょっとインターバルを置いてから次をプレイするつもりです。
しばし休憩…。
機動戦士ガンダム戦記
他ソフトのプレイが追いつかなくて、新作を買っても
発売日にプレイ出来ない状況が続いてますが
先日、ガンダム戦記を始めました。

PS2版にも同名のタイトルが発売されているんですが
何かしら繋がりがあるのでしょうか?
一応連邦編のシナリオモードをクリアしましたが
完全新作ストーリーと謳っている通り、完全に別物のようでしたが、ハテ?

ちなみに、そのシナリオモードではストーリーと呼べる程のものは存在せんです。
キャラ設定があったり、ライバルがいたり、計画を阻止したりしてますが
どれもこれも薄っぺらなもんです。

それよりやはり今作は、ネットワークでの対戦・協力プレイがメインなんでしょう!
野良でボイチャするのは初めてなので、ちょっと緊張しますなー。
まずは、シナリオモードのジオン編もサクっとクリアして、肩慣らしを終えるとしましょう。
SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ アフターコロニー その1
ガンダムWシナリオです。
Gと違ってしっかり5話用意されています。


アナザー・ジェネレーション
アフターコロニー


STAGE1 流血へのシナリオ

Gジェネではお馴染みのシナリオ。
ウォーズブレイクではOZとティターンズの絡み具合が良い感じ
他のウォーズブレイクって、ただ取り留めもなく敵が出てくるだけってのが多いので
新鮮に感じました。


STAGE2 亡国の肖像

ここもウォーズブレイクはティターンズとの絡みが中心です。
設定的に絡ませやすいということもありますし、あまり違和感はないですね。


STAGE3 ガラスの王国

プラネイトディフェンサーで射撃武器をシャットアウト。
そうです、ビルゴさんです。
ただ、特殊防御を選択しないと発動せず
反撃時には無力なうえ、今作は反撃でも支援攻撃出来るようになったので
フォーメーションさえしっかり組めば、あっさり落とせちゃいます。


5話は長いので一旦休憩。
こんなペースではいつクリア出来ることやら。
聖なるかな 12章 その全て 聖なるかな
終章です。
ここに来て、またしても創造神とかいう新たな敵が登場。
もう完全にドラゴンボール的な展開ですな。

ラストステージの曲「Gathering Heart」が格好良すぎて
戦闘シーンもこの曲にしたかった為に、ゲームのBGMボリュームをゼロにして
特典のサントラからMP3にして別の再生ソフトで流しながらプレイしてました。
PCゲーってBGMやSEや音声とか、別々に音量設定出来るのがいいよね。

ラスボスのイャガは自分を分割してちょっとずつ世界に侵入することで
「星天」の能力(外部から世界に進入した者に神名を刻み力を奪う)
をすり抜けたようなことを言ってますが
なんで、分割して入るとすり抜けられんのかがわからんかったよ…。

ラスボス戦の曲は、かの名曲「永遠のアセリア」のアレンジ版。
めっちゃ嬉しいし、良いんだけど、なんでこの曲なんかな?
たしかに前作と世界観は同一のものだが
繋がりってユーフィくらいしかないわけだし。
前作の主題歌を持ってきたのは、ただのファンサービス以上の意味はないってことかな?

あとラスボスがぽっと出だったので、前作のボスと比べると因縁もないし
燃えが圧倒的に足りなかったです。

エンディングでは、美里の撮ったと思われる写真が順番に表示され
書かれたコメントと併せ、とても感動できました。

あ~、これで終わりなのは勿体無いな~。
次回作がやりたい…が、作ってくれるのかなー?
流行り神2 PORTABLE
このまま2に突入!
と書いたまま、1ヶ月過ぎてしまいましたが、2を始めました。

基本的には1と全く同じでストーリーが違うだけです。
ぶっちゃけると、1にDLコンテンツで追加シナリオ配信されるのと変わらないです。
ゲーム性に変化がないのに2と言えるのか?という疑問はあるものの
自分自身ストーリーが目当てなので、これくらいにしておきましょう。

ただ、ゲーム性に関係のないシステム周りはバージョンアップしてます。
分岐ツリーや、シーンスキップが出来るなど、遊びやすくなっていますね。


第零話 黒闇天

オカルトルートと科学ルートの分離が顕著で分かりやすくなりましたね。
ただ、前作でも思ったんですが、もうちょっと大胆にストーリーを
変化させてしまっても良いんじゃないかなーと思うんですけどね~。


第一話 予知夢

編纂室にメンバー追加で理論派と行動派に分かれたので
バランスが取れた気がする。
王道ゆえに、結構良い話でした。
複雑さも物語も。


もう3も発売していることですし、サクサクっとクリアしてしまいましょう。
SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ コロニー武闘伝
UC系は全て終わり
ここからアナザー系のシナリオです。
スピリッツにはなかったので、今回のウォーズは当然こちらに力を入れている…よね。


アナザー・ジェネレーション
コロニー武闘伝


STAGE1 デビル包囲網を突破せよ

いきなりここからか~。
ま、そうだよね。
デビルガンダム関係以外は1話完結系の話が多いし。
それにしてもデビルガンダムがでけぇー。


STAGE2 復活のデビルガンダム

デスアーミー大量発生。
原作だとランタオ島の決戦のあたりです。


STAGE3 決戦!デビルガンダムコロニー

全てのサブタイトルにデビルってついとるがな。
ここは後半ゲスト軍と自軍が完全に切り離されるので
難易度調整がやり易かったかもしれないですね。


前の記事でもちょこっと書きましたが
ウォーズトリガーって、どのシナリオから始めても苦戦しないように
難易度調整出来るようにする役目もありますよね。

そういうったシステムを自然に組み込むこと自体はセンスがあると思いますが
まだまだゲーム性として練りこめるハズ。
マグナカルタ2 その2
DISK1終了まで一気に終わらせました。
だいたい16時間くらいなので、最近のJRPGの中では
ボリュームが少ないほうかもしれないですね。
最も、今はこれくらいが丁度良いです。

クエストも一応全てこなしながら進めてますが
あまり困難なものや、面倒なものがないので
そこで時間を取られることもなく、サクサク感があります。

パーティメンバーも全員揃って、戦闘システムも全部解禁されたと思いますが
目新しいシステムがなく、スキルの種類なんかも少ない事から
どうしても単調になりがちですな。
チェーンからチェーンドライブ、チェーンブレイクってのは
それなりに快感はありますが、やっぱり飽きはありますね。
強力なスキルを使うと、演出が長くスキップ出来ないのもなぁ。

ストーリーに関しては特に言うこともないかと。
結構淡々とした感じになりそうです。
聖なるかな 11章 太古の記憶 黎明の光
終わりが見えてきました、11章です。
基本的には後半になるほど簡単になっていくのですが
たまに味方の出入りがあったりすると
再編成をしなければならないので、そこだけが問題ですね。

ある程度、方針や戦い方が決まってしまい
思考しなくなってから、それが崩れると脆いものなのです。

この11章に関しては初めて主人公抜きの編成になるうえ
敵の抗体兵器も今までとは毛色が違うので、結構大変…なわけはないね。
あーだこーだ御託を並べても、結局なるかな様が強すぎデス。
バランス崩壊を改めて実感した11章でした。

最終決戦前の誓いをたてるシーン。(12章より)
なるかな

あとは、最後の12章を残すのみです。
SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ 次世代紛争
次世代紛争編はF91とVガンダムがセットです。
マスターキャラはプルプルズの為にジュドーを選択。
ネェルアーガマも欲しかったので、丁度良かったです。


オリジン・ジェネレーション
次世代紛争


STAGE1 フロンティア襲撃

F91は1ステージだけなので、最初からラフレシアを相手にしなければいけません。
ただ、ウォーズブレイクを発生させなければ、戦わなくてもクリア出来ます。
このシステムは、難易度調整にも一役買っているようですな。
ちなみに、意図的に作ったと思われる近接攻撃出来ない弱点があるので、
初期戦力でも倒すことは可能かと。


STAGE2 ポイント・カサレリア

そういえば、久々の地上マップかも。
ウォーズブレイクで、初の味方側増援がありますが
史実通りの展開なので、IF展開における味方側増援は別のシナリオに期待ですね。


STAGE3 巨大ローラー作戦

ここではウォーズブレイクでマスター参戦。
UC系ばかりの増援でウォーズブレイクに物足りなさも感じていましたが
いざ、アナザー系が出てくると違和感があるなぁ。
難しいところだ。


STAGE4 天使の輪の上で

Vガンダム最終話。
GジェネではΖΖの最終話と並び、タフなユニットが多数登場するステージですが
今作では、やや緩くなったかな?
エンジェルハイロゥのイベントは、戦艦に搭載して退避です。


これで、UC系はおしまいです。
スピリッツには収録されていなかったアナザー系に期待。
2009/8
最近個人的に別プロジェクトの人と絡みが増えてます。
結構仕事が充実してきたぞ。


第42回検索ランキングです。


 10位 スターオーシャン4 24 ↓

360のJRPGの中では、ラストレムナントと並んで面白かったなぁ。
ディスクチェンジさえなければ、もっと楽しめたに違いない。


  9位 絶体絶命都市2 25 ↓

先月も言いましたが、3じゃないです、2です。
ゲーム業界だと珍しいことじゃないですが
続編の方が質が下がるってどういうことなのかな~?
やっぱり、制作費に比例するってことか。


  8位 サモンナイト3 28 ↓

案外、検索数が伸びてるサモナイです。
未だにサモンナイトシリーズの新作が、PS2の発売予定に載ってますが
たぶん、いつの間にかフェードアウトするんだろうな。


  7位 SIREN New Translation 35 ↓

先月に続いて何故かランクインしてます。
リメイクじゃなくて新作がやりいなぁ~。


  6位 無双OROCHI 41 ↑

毎月何かしらの無双シリーズはランクインしてますね。
継続的に発売してるシリーズなので、その影響もあるのでしょう。


  5位 ファイナルファンタジー11 42 →

いつものFF11です。
38ヶ月連続ランクイン中。


  4位 戦国ランス 44 ↑

いやにランキング上がってきたな…。
今も昔も回想シーンの見方がわからなくて検索してる人が多いみたいです。


  3位 BattleMoonWars銀 63 ↓

首位陥落も上位は死守。
次回のWerk作品に期待しています。


  2位 ガンダムバトルユニバース 69 →

こちらもFF11と並ぶ長寿タイトルです。
11ヶ月連続ベスト3入りを継続中。


  1位 SDガンダム Gジェネレーション ウォーズ 126 NEW

やはりGジェネは強かった!
スピリッツも強かったですからね~。
来月の首位も堅いか。



エンドレスワルツ 戦争 革命 平和 3
ガンダムWの有名なフレーズですね。
人の歴史は「戦争、平和、革命」の3拍子を永遠に繰り返すワルツのようなもの

ドラゴアンクエスト9 1
ドラゴアン…!


そういえば、今月ってあれがある月じゃない!
チケット買わなきゃ!
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.