いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ クリア
前回記事で序盤を少しプレイした後間隔が開きましたが
2回目のプレイで一気にクリアまでやってしまいました。

見るべきものと言えば、クラウザー関係のシナリオなんでしょうけども
そもそもストーリーに興味がなかったもので、終始淡々としてました。
アーカイブを集めたり、ハンドガン縛りプレイなど
まだ楽しめる要素は十分残っているんですが
ガンシューはあまり得意じゃない事を実感しましたので
これ以上は無理と判断しました。

実際はあまりプレイ経験がないから苦手なだけで、練習すれば
十分ハード以上の難易度もクリア出来ると思いますが
プレイヤーを自由に操作出来ないもどかしさや
ある程度は弾集めをしないときついと思うので、その面倒くささを考えると
そこまでがんばる気にはならなかったです。

さすがに弾数無限では楽しくないでしょうから
ステージ毎に決められた武器と弾数で攻略するシステムなら
結構やり込んだかもしれないです。

ちなみに画面がぐわんぐわん揺れる件は
前回かなりきついように書きましたが、今回プレイした時は何故か全く気にならず
照準の難しさは相変わらずですが、頭痛はなかったです。
体調にも左右されるとは思いますが、慣れで対応出来るレベルなんでしょう。
ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 クリア
クリアしました~。
いや~、相変わらず面白かったです。
育成の楽しみは健在でした。

続編の「暁の女神」への引継ぎ要素もあるので
味方キャラは出来るだけパラメータMAXを目指したつもりです。

難易度ノーマルで拠点調整をしたというのもあるのでしょうが
後半、アイクが強すぎで無双状態。
スキル「天空」(与ダメージ分HP回復+相手防御無視の2回攻撃)で回復いらずになるうえ
ラグネルを持たせれば、攻撃範囲が1~2と広がり、もはや死角なし。
GBAシリーズはプレイしていませんが、恐らくは歴代最強主人公かと。

FEクリア後に始めるのも…またFEです。

以下、勝利数ランキング。

10位 タニス    45勝
 8位 ステラ    49勝
 8位 セネリオ   49勝
 6位 オスカー  67勝
 6位 ポーレ    67勝
 5位 イレース  68勝
 4位 ジル     80勝
 3位 マーシャ  87勝
 2位 ワユ    107勝
 1位 アイク   124勝
ベヨネッタ NON STOP ∞ Climax
これで最後ー!
難易度クライマックスをクリアしました。

縛り内容は以下の通り(ノーマル全プラチナアワード時と同じ)
・アクセサリ装備禁止
・アイテム使用禁止
・エアダッヂ、バットウィズイン以外のテクニック使用禁止
・手に修羅刃+足にスカボロのセット以外は装備禁止(アルフヘイム除く)


結論から言うと、この条件はヌルすぎでした。
簡単すぎでした。
ノーマル全プラチナアワードの方が遥かに難しいです。

やはり、条件から評価をなくしてしまったのが、一番の原因ですねー。
条件付きとはいえ、ただクリアするだけが目的では
プレイが雑になる一方で、緊張感が全くなくなりました。

全プラチナを狙うか…?
と、頭をよぎった瞬間もありましたが、たとえ達成出来たとしても
膨大な時間が必要だと予測出来るので、断念。
他に付け足せる適当な条件が思いつかなかったので、とりあえずクリアだけした感じです。

ウィッチタイムが使えず、ダッヂオフセットがそれほど得意ではない為
主にPKPを主軸に敵を殲滅。
特に苦労するような場所もなく、クリア出来ました。

まぁ、最後はちょっとダレてしまいましたが
今年のアワードでは1位の筆頭候補である事は間違いなしですね!
スーパーロボット大戦NEO その8
もう中盤も過ぎそうになって、今更ですが
ソフトリセットとクイックコンティニューがないのは痛いですな~。
別にリセットしないとクリア出来ないなんてことはないですが
キャラゲーとして、自分なりの演出がうまくいかなかった時なんかに
リセットしてやり直したい事が多々あるんですよね。

前回言ったように、今作はBGMが演出に使いづらくて
こだわったプレイをしたい場面こそ少ないので、それほど影響はありませんが
最低限、「タイトルに戻る」コマンドは欲しかった。
これも、ほとんどのゲームで採用されているシステム(というか仕様)なんですけどね。
新しいシステムを作るのは良いですが、基本がおろそかになっている気がします。


精霊石の行方が気になる

第28話-A あばかれた黒衣の騎士の秘密

 分岐ですが、過去の分岐ではずっとエルドランシナリオを追ってきてるので
 もう片方を正として進める事にします。
 邪竜族のメインキャラが登場し、共通の敵が出来たことでガルデンが丸くなる。
 ライバルキャラが仲間になる演出としては、最も多いパターン。


機械化帝国が気になる

第28話-B 友と誓ったスタジアム!

 アイアンリーガーは初参戦なのに原作終了後
 かつ、影が薄いのなんの…と、過去にもあまり例を見ない扱いだが
 このシナリオは熱くて好きだ。
 パーフェクトダイテイオーは、原作がないから仕方ないが
 どうしても、いきなり感があるなぁ。
 チームワークだなんだと言っても、説得力がないというか。


第29話 破滅へのカウントダウン

 各リューがクラスチェンジ
 リューパラディンへのクラスチェンジの次に楽しみにしていたのですが
 いまいち燃えない…。


第30話 決戦!飛行要塞ウルタリア

 本格的なオリジナルメインのシナリオ。
 DG細胞とかも絡んでます。
 増援とか砲撃とかうざい、とにかくうざい。


第31話 よみがえる悪夢

 デビルウルタリアとか、前も似たようなクロスオーバーあったな~。
 うーん、なんだっけなぁ…あったよ、たしか…。
 主にオリジナル系の話で、一見決着がついたように見えるが、そんなわけないよね。
 ラスボスは当然オリジナルだろうし。


残すところ10話+分岐分です。
2月中には終わるかな。
無限のフロンティアまでに終われば理想。
クイーンズブレイド スパイラルカオス その2
え~、前回リクエストがあったので「ママキタボタン」の話でも。

「ママキタボタン」とはゲーム中、とても人に見せられないような
シーンが再生されているタイミングで、部屋に人が入ってきた時などに
特定の操作を行うことで発動出来る、緊急回避スイッチである。
同じバンプレが開発に参加している「アルトネリコ」にも搭載されていたと記憶している。

「ママキタボタン」を発動すると、RPG風のダミー画面に切り替わるのだが
ハードがPSPなので、そもそも画面を見られるような事は少なく
スリープ機能でも代替出来る為、ほぼ無用の長物と化しているのではないだろうか。
有効的な使い方があれば、教えて欲しい。

ちなみに元ネタは「麻雀学園」というゲームに搭載されていた「ママ来たボタン」らしいです。


さて、ゲームは20章まで終わりました。
だいたい2/3くらいでしょうか、何故かFEと同じ進行スピードです。
そしてあっという間にスパロボを抜きそうです。

1ステージも短いし、会話シーンも短いので非常にサクサク進みますな。
スパロボの1ステージが冗長に感じるので、これくらいにしてくれるといい。

キャラ育成時のステ振りや改造は攻撃1本で良さそうだ
(防御を強化すると敵の攻撃で脱げる事が少なくなるからではないぞ!)
こちらが先制を取り、反撃させずに沈ませるのが、最も被害が少ないしね
ボス級の相手には「麻痺」させる事で反撃も防げるし
命中率も自動的に100%になるしで、どうにでもなる。

とりあえず、ヌルゲーで良かったです。
ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 その2
17章が終わり、主人公がクラスチェンジしたところまで進みました。
難易度ノーマルということもあって、非常にサクサク進みますね~。

だいたい出撃キャラも決まってきて、ほぼ固定化してますが
ボスをチクチクしたりしてのレベル上げなどは行っていないので
他の人より平均レベルは低めなんじゃないかなぁ。
17章前でクラスチェンジしてたのは、オスカーのみでしたからね。

戦闘では出来るだけ平均的に戦わせて、1レベル上がらないくらいに
みんなが経験値を稼いでくれるように調整してます。
レベルアップは基本的に拠点でボーナスEXを使って行い
当然、パラ調整も必須作業。
レベルは低くともパラメータは平均以上になっているかと。
戦闘でレベルが上がってパラメータが何も上昇しなかったりすると
テンションがかな~り下がるので、それを避けてます。
固定上昇なら、何も問題ないのに。

ストーリーはFEらしく、非常に真面目なテーマですねぇ。
あまり問題にならないように、人と人外の対立の図式になっていますが
人種差別問題にそのまますり替えることが出来るようになっているので
本当に描きたいストーリーっていうのは、そっちなんだろうなぁ。
スーパーロボット大戦NEO その7
今作ってBGMの出来を賞賛する声が大多数ですが
自分は正直残念な出来だと感じています。

まず、音量が小さい為、戦闘中などはSEの大きさにかき消されて
ろくにBGMを楽しめない。
また、特定の作品で盛り上がってる場面では
全機体(全部隊)にその作品の曲を設定したいのに一括で設定が出来なくなった。
最近のスパロボには標準装備だったのに、何故なくなったのか…。

あとは前々からの希望ですが、音声・BGM・SEを個別に音量設定させて欲しい。
PCゲーじゃ遥か昔から標準装備なのに、コンシューマだと出来ない事が多いですよねぇ。
これって何か理由でもあるのかしら?


第24話 ドル・ガイスト! 卑劣な罠!

 ライガーシナリオであるが23話から引き続き、エルドラン系のシナリオも続いています。
 ここではダイテイオーのサブロボが登場。
 どこまでが原作設定でどこからがスパロボオリジナルの設定なんだろうか?


第25話 目覚めの咆哮

 リュウ・ドルクが仲間になりーの
 ゲッターがパワーアップしーの
 シグザールが覚醒しーの
 異世界に移動しーの
 よう詰め込んだな。


第26話 大地を揺るがす閃光

 異世界にきたので、とりあえずガルデンと戦闘。
 ウォーミングアップ程度のシナリオ。
 しかし、もう都合良くいろんなところに飛ばされるのはうんざりですよ。


第27話 見えた!聖騎士への道!

 リューパラディン・ロードゼファー!
 このシナリオの為にプレイしてきたといっても過言ではない。


ふぅ、燃え尽きた…いや、ちゃんと最後までプレイするけど。
バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ
先日クリアしたアンブレラ・クロニクルズの続編です。
さっそく買ったので、ちょこっとやってみました。

基本的には前作とほとんど変わらない。
まぁ、ガンシュー自体が個性の付けづらいジャンルのような気もしますね。

特に進化したような箇所は、今のところ見つからないですが
敵(特にゾンビ)が柔らかくなったかなーと思います。(難易度EASY)
前作はゾンビが固すぎた印象があるので、ここは良い部分かと。

あとは、画面がよう揺れる。
ぐわんぐわん揺れるので、慣れてない人は酔うかもしれません。
自分も酔うことはなかったですが、すぐに頭が痛くなってしまい
長時間のプレイは無理でした。
画面が動きすぎるせいで、照準が思うように付けられず、若干ストレスも溜まるかな。
テストプレイで問題ないと判断したんでしょうが…ちと厳しかったなぁ。

他に細かいところでは、手榴弾が他の武器と同じように
選択してから使う仕様に変更されたので、使い勝手が落ちてます。
ガンシュー自体が覚えゲーだと割り切るのなら、事前に切り替えたりする事で対処出来ますが
自分は多分何週もプレイする事はないでしょうし、ここも劣化した部分になるかなぁ。

遊ぶ前は、少しやり込むつもりでしたが
第一印象として前作より出来が良くないので、1週クリアして早々に終わるかも。
ベヨネッタ ノーマル難度 オールプラチナ その2
ノーマル難度、オールプラチナアワード達成ですー!
長かった~。

縛り内容は以下の通り
・アクセサリ装備禁止
・アイテム使用禁止
・エアダッヂ、バットウィズイン以外のテクニック使用禁止
・手に修羅刃+足にスカボロのセット以外は装備禁止(アルフヘイム除く)

一部のアルフヘイム突入にクロウウィズインが必須だったので、そこだけ使いました。
にしても、ひどかったのが、その場でクロウウィズイン必須だと知った時には
スキルを持っておらず、行ける範囲にゲイツオブヘルもなかったので
それまでの評価を捨ててチャプターの最初からやり直さなければならなかった事でした。
まじで精神的にきつかった。

あとは、ハードでも苦戦したチャプター8の車道で戦うところかな。
コンボで高評価を取る自信があまりなく、その分ノーダメージで
ダメージ評価をピュアプラチナにする戦い方でやってきていたので
ここでもノーダメを目指したんですが、やはり車に轢かれまくってしまうんですよね。
結局ここではノーダメは無理だったんですが
意外に後のバイク面が楽だったので良かったです。

ミサイル面もバイク面と双璧をなす苦戦すると思われたステージだったんですが
こちらもかなり楽勝でした。
おかげで、後のジャンヌ戦の時に、余裕が持てましたね。
ゴールドでもOKだと思うと、精神的にはかなり楽です。

他は…う~ん、特に苦労するようなところはなかったかな~。
あ、なかったと言っても、1チャプター平均で50回くらいは余裕でリトライしてますからね。
単純計算でもクリアまで800回以上リトライしてる計算です。
結局は意地と根性で乗り切った形になりました。

次は同条件でクライマックスに挑戦ですが、評価を気にしなくて良いので
実はそっちの方が簡単なんじゃないかなーと思ってます。
さてさて、その通りなのか、それとも更なる地獄を見ることになるのか。
スーパーロボット大戦NEO その6
ふー、他にいろいろゲーム買ってるので
スパロボがダラダラプレイになってきたなぁ~。
思ったように進まないです。

今更ですが、今作ってタイトルコールの時のBGMがいろいろありますね。
サウンドテストを見てみると30種類以上あるのかな?
何故、今回ここに力を入れたのだろうか?

さて、21~23話で、途中分岐有りです。
分岐→合流直後のシナリオがエルドラン系のようなので
シナリオの流れを考えると、青空町に残ってエルドラン系シナリオを
プレイする方を正として進めます。


青空町に残る

第21話-A 絶対無敵の戦士、目覚める時!

 ライジンオーからゴッドライジンオーへ。
 ここから、エルドラン系パワーアップイベントの連鎖が始まる。


第22話-A ガンバーチーム!怒りの大反撃!

 ガンバルガーからグレートガンバルガーへ。
 魔王ゴクアークのHPは24万と、これまでの敵に比べてかなり高いです。
 いかにもラスボスって感じなんですが、違う…よね?
 原作だと、どうなるんだろうか。


釧路に行く

第21話-B 涙をこらえて友を撃て!!

 スーパー系ロボアニメではありふれた王道展開の詰め合わせ。
 友人が敵に改造されてしまい、倒すしかなくなるエピソード。
 敗北 → 復活、パワーアップの流れ
 ライバルキャラが実は…!?
 の3本です。


第22話-B 今、立ち上がるサンダーライガー!

 タイトル通り、ライガーのパワーアップシナリオ。
 これで2段階の変身が可能になり、変身毎にHPENが全回復するという
 化物ユニットが誕生し、かなりの長期戦が可能になる。
 過去のスパロボを見ても、なかなか2段階に強化されるユニットってないなぁ。


第23話 出現!最強を超えた力!!

 ゴウザウラーからキングゴウザウラーへ。
 しかしまぁ、ここは増援の数がすごいですね。
 HP10万クラスのボス3体との連続戦闘だけでもきついのに
 HP回復イベントとかまで用意してあるし。
 雑魚敵も含め、とにかく敵の数が多くて大変でした。


現実的な目標は今年度中のクリアか。
クイーンズブレイド スパイラルカオス
年末年始に向けて購入したソフト、ラストですー。
神宮寺の後釜になるPSPソフトですね。
ジャンルは大好きなSRPG。

バンプレ製作(外注してる?)ってことで、どうしてもスパロボと比べられますが
実際には共通点は少ないように思いました。
そもそもスパロボがスパロボたる所以である
多数作品参戦によるクロスオーバー演出がないですからね。
システム面でも独自のものが多く、あまりスパロボ特有のシステムは使われていないかな。
援護システム、スキル、アイテム装備などをスパロボと重ねる人も多そうですが
スキル(精神コマンド)以外は、他タイトルでいくらでもありそう。
戦闘アニメのシーンだけは、いつ見てもスパロボを思い出してしまいますが。

発売当初、難しいという評価が結構あったように思いますが
10章までプレイした感想だと、クリアするだけなら難しくはなさそうです。
きついなーと思うのは、モンスターの捕獲条件くらいかな。
さすがにこれをリセットなしでやれというのは、きつすぎるだろう。

御託ばかりで、ろくに感想も書いてなかったりしますが
もう少しプレイしてから、きちんと書くことにします。

鎧破壊による脱衣シーンについては、わざと触れませんでした。
いや、あまりここに触れるとイメージが…。
ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡
年末年始に向けて購入したソフト、第二弾がこちら。
久しぶりに任天堂ハードを買ったので、SRPG好きとしては、これをはずせないでしょう。
ちなみに、GC用なので、そのままではプレイ出来ず、GCコントローラとメモリーカードも購入。
ソフトもプレミア価格で、14000円と割高でしたが、値段なんて見ませんよ、ハイ。
中古だと6000円くらいでしたが、メーカーに還元する為、中古は買わないので。

これもバイオと同様、Wiiで発売されている続編「暁の女神」の為の通過点なんですが
さすがに、SRPGだけあって数日でサクッとクリアとまではいきません。
何より、自分がそれなりに楽しみたいと思っていますしね。
ただ、難易度はノーマル(最も易しい)でクリアするだけで止めようと思います。

それにしても、ほんとに久しぶりにFEですよー。
ゲームボーイを持っていなかったので「聖戦の系譜」以来です。
今、7章までプレイしてましたが、三すくみなど、システムに大きな変更はないようなので
慣れた感じでプレイ出来ていると思います。

残念だったのは、これだけ時が経っても成長システムに乱数を使っていること。
いい加減、固定成長にするか、最低保障をつけるシステムにしてもらいたいものです。
キャラゲーである以上、ランダム成長だとお気に入りのキャラが
設定以上に弱くなったりするのに耐えられず、成長に不満があればリセットして
やり直す人が多いと思いますが、これは時間の無駄だと思いますので。
運次第で、自軍全体がかなり弱くなってしまう事も考えられますしね。

自分も7章クリア後にワユの能力が魔力以外、全部上昇するまで
経験値振り分け→リロードを20回くらい繰り返したかな?
直前にセーブ出来る状況でレベルアップ出来る環境は、甘い蜜と言いますか
ある程度でやめないと、時間もかかりますし、バランスも崩壊しそうですね。

ぼちぼち進めていきます。
バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ
年末年始休暇に向けて、既存の3作(FF13、ベヨネッタ、スパロボNEO)だけでも
十分なボリュームだったのですが、新しい空気も入れておきたい、ということで
何気に年末に3本購入していたのでした。
WiiとGCとPSPで1本ずつです。

そのうちのWiiのソフトが、このバイオ。
他のシリーズとは違ってジャンルはガンシューティングですが
発売直後から、Wiiがあればやりたいなーと思っていたタイトルでした。
もう、半分忘れかけていたんですが、続編のダークサイド・クロニクルが1月発売ということで
ならば、前作からやっておかねばなるまい!ということで始めたのでした。

続編の為の通過点くらいにしか思っておらず、さくーっとクリアしてしまったので
実はあまり印象に残っていなかったりします。
難易度も、たしか一番簡単なやつでやりましたし
ハンターやキメラなど、シリーズの強敵もハンドガン連射で結構なんとでもなっちゃいます。
弾数も無限ですしね。
バイオらしからぬ、無双っぷりが楽しめますw

ストーリーは、バイオ本編ほぼそのまま+αですが
このゲームにストーリーを求めている人って、そう多くはないでしょうから
特に問題はないかな。
個人的にはバイオ0が未プレイだったので、内容が違う部分もあるでしょうけど
雰囲気くらいは感じ取れたと思うので、そこは良かったです。

一応隠しシナリオなんかも、全部出してクリアしたので、十分でしょう。
さー、次回作こーい!
2009/12
アワードのコメントにレスをつけていったら
自分のレスだらけで、スパムっぽくなってしまった。


第46回検索ランキングです。

10位 流行り神 23 ↓

 都市伝説を扱った作品で、主軸となるストーリーや設定も
 意外としっかりと練られていて、結構面白かったです。
 開発者が、都市伝説が増えるまで次回作は作れないとコメントしてたので
 もう続編は期待出来ないですなぁ。


9位 SIREN New Translation 25 ↑

 そういえば、SIRENとF.E.A.R.でどちらが怖いかという検索ワードがありました。
 どっちも怖いですが、やっぱりサイレン(初代)かなぁ。
 NTは駄作だったと思いますが、次回作があれば、またやりたい。


8位 SDガンダム Gジェネレーションウォーズ 26 ↓

 少しずつ落ちてます。
 しかし、このゲームのカットイン演出はすごく良かったなぁ。


7位 サモンナイト3 27 ↑

 最新作がDSで発売されるそうですが、RPGなんですよね。
 世界観とかは好きですが、何よりSRPGとしてのサモナイが好きなので
 DS版はスルーしようと思います。


6位 戦国ランス 35 ↓

 もうそろそろ落ちてもいいんじゃないかな…このゲーム。
 アリスソフトは業界の中では技術力高い方ですよね。


5位 BattleMoonWars銀 40 ↓

 このゲームに追随するように、スパロボ系同人ゲームが出てくれると嬉しい。
 最近、クイーンズブレイドネタでバンプレが作ってくれたので
 公式の派生作品にも期待。もちろんスパロボ本家もねー。


4位 八幡麗佳 42 ↑

 もうね、らんらららんら、しか言うことないですよw


3位 ファイナルファンタジー11 43 ↑

 もう、毎月カウントだけはしていこう…42ヶ月連続ランクイン達成です。
 この年末年始に、久々にフラッシュ群を見返してしまった。
 どれも面白いなー。


2位 ガンダムバトルユニバース 62 →

 毎月カウントするタイトルの2つ目、15ヶ月連続トップ3入り。
 次回作の予定とかは、あるのかなー?
 もうお腹いっぱいだとは思いますが。


1位 シークレットゲーム 92 →

 先月、急浮上から2週連続トップ。
 上位陣に変化がないので、書くネタないよー!
 FF13とかが上がってきてくれないと、困るよー!


以下、ランキング下位で気になったもの

ヅダ ジムが空中分解 なぞ 1
これってあのシーンですよね~。
自分もなぞですし、明確な回答はないと思いますが
まぁ、単なる演出だと思いますよ。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.