いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
自分取り扱い説明書バトン
久々のバトンです~。
しろさんから頂いてきました。

今回はお題が非常に難しかったので、支離滅裂な回答になってしまいました。
全然「自分取り扱い説明書」になっていませんし
ガノタ以外が見ても、意味不明な上、ドン引きする可能性大です。
ご注意下さい。


【自分取り扱い説明書】

製品名:いっしん
対象年齢:ガンダム世代の方
製造元:アナハイム・エレクトロニクス
製造日:UC.0101
保証期間:∀に滅ぼされるまで
価格:オープン価格


【以下の動作方法】

話す:ツィマッド、ジオニック、MIPの中で好きなメーカーはどれですか?
    など、誰でも簡単に話せる話題から振ってみると良いでしょう。
    
誘う:ちょっと木星までヘリウムガスを採取しにいこうぜ!
    など、気軽にお誘い下さい。

笑わせる:兵が見ている前で笑わせるのはご遠慮下さい。

泣かせる:「この隊の中で俺より階級が低いのはお前だけだ
        威張れるヤツがいなくなると困る…死ぬんじゃねぇぞ」
        号泣です。

怒らせる:左弦の弾幕を薄くすると…

謝らせる:見てない作品ってあるの?さすがにTVシリーズは全部見てるよね?
       と、尋ねてみましょう。驚くほど素直に頭を下げることでしょう。

倒す:あなたがニュータイプであれば、倒せる可能性はあります。
    ただし、嘘をつけないと難しいでしょう。

相談する:熱核反応炉・エネルギーCAP・Iフィールドなど
       ミノフスキー物理学に関することなら、相談に乗ってくれることでしょう。

騙す:父親への恨みの為に、騙す(謀る)のはおやめ下さい。

服従させる:服従させたつもりでも、仮面の裏では何を考えているかわかりません。
        ザンジバル級で脱出する際は、せいぜい気をつける事です。


【メンテナンス】
故障かな?と思ったら以下の事柄をお試し下さい

1・規定外のカラーリングを施している可能性があります。
  本機はトリコロールカラーでのみ動作可能です。

2・モノアイカメラを使用していませんか?
  本機にはツインアイカメラ以外を接続しないで下さい。

3・掛け声が間違っていないか、お確かめ下さい。
  正しい掛け声は「いっしん!いきまぁーす!」です。

4・コアブロックシステムの接続パーツを再確認して下さい。
  コアファイターにブースターを接続したまま換装を行うと
  本機が正しく作動しない可能性があります。


終わり…完全にテーマを間違ったかもしれん。
せめてゲームのネタにするべきだったか…。
GOD EATER その2
ぼちぼち進めてますが、なかなかみんなで集まる機会がなくて牛歩になっています。
会社帰りにやろうと思っても、だいたい誰かが残業している事が多くて…。
アドホックパーティだと手軽なんですが、公式対応しておらず
4人でプレイすると切断される事が多いんですよね。

そんなこんなで今は難易度5まで進みました。
難易度4から大型の敵が2体同時に出てくるようになり、一気に厳しくなりましたが
難易度5まで進めてみてから、難易度4をプレイしてみるとアラ不思議。
とっても簡単じゃないですか。
きっとプレイヤースキルが上がったんですよね?
装備が強くなっただけじゃないですよね?(*1

ちなみに難易度5では大型の敵が同時3体とか出てくるようなので
さらにきつくなるようです…。
モンハンと違ってエリアが分かれていないので
一度合流されたら複数の敵を分断するのは、ほぼ不可能。
一人である程度引き付けておいて、その間に3人で1体ずつ倒すのが良いかなぁ。


*1 攻略wikiのレシピを参考に“ないぞうはかいだん”を作ってみました。
  これは強いわ…。
アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く PHASE3
3を始める前、2のエンディングの時から楽しみにしていた
ハーヴェスターシャとの対面が、ようやく実現しますが
ココナが言うとおり、楽しみにしてた分だけ、とても残念な気持ちになりました。
ここまで嫌なキャラに描くとは、完全にやられたな~と思いましたよ。

でも、エクストラのキャラクター紹介を見てみると
勝手に名前を使っているだけで
「謳う丘 ~EXEC_HARVESTASYA/.~」に登場する神話上の
ハーヴェスターシャとは、全く関係がないらしいですね。
詩の中で謳われているハーヴェスターシャのイメージとは
かけ離れていますが、狙ってやってますねぇ。

ジャクリはハーヴェスターシャがどういう人物(?)か知っていて
ココナに大地の心臓を託したんでしょうかね?
直接会ったことはないらしいですが…。

まぁ、主人公サイドも個人を取るか、世界を取るかで
個人を取る自己中なストーリー展開なのですが、それは良いんですよ。
物語なので、リスクとか関係なしに個人を取ったうえで全てを救えば良いのです。
(まだクリアしてませんが、たぶんそういう展開だと思うので…)

一応フィンネルノーマルエンドは見ましたけどね。
スーパーロボット大戦NEO その10
分岐は地球に残るで
エルドランシナリオを正に。


アースティアに向かう

第37話-A 決戦、エルドギア! 邪竜族の包囲を突き破れ!

 タイトル通り包囲網がうざったい
 あっち行ったりこっち行ったり。
 ボスが弱いので終盤にしては楽な方かも。


第38話-A 輝け! 光速の聖騎士アデュー!

 リューナイトのラストシナリオ。
 何故か飛んでる邪竜族が多いので対空武器が大活躍。
 ここを含め、最近のボスはマップ外にいる事が多くて
 せっかくの包囲システムが活かせないです。


地球に残る

第37話-B 発覚! 大魔界の大秘密!

 ガンバルガーのみならず、ライガーシナリオの前振りもありますが
 所詮は前振りで敵の数も少なく、ボスも弱く、楽なステージ。


第38話-B 俺たちは元気爆発!

 前話から一転して、かなりきつめのガンバルガーラストシナリオ。
 分岐シナリオの為、戦力が半減している状態で
 作品ボスレベルの敵を3体同時に相手にさせるとは、まさに鬼畜。
 空中配置なので、対空武器が効くのが救いか。
 また、前編・中編・後編と3編に分かれているのは、このシナリオだけ。


後3話なので、次回で終われそうです。
スパロボのラストスパートの為に保留していたタイトルがようやく再開出来る。
ドラゴンクエストⅥ 幻の大地
発表から何年経ったでしょうか…ようやくDSで初リメイクとなりました6です。
SFC版プレイ時は印象に残らず、あまり覚えていなかったんですが
こうしてプレイし直して見ると、段々と思い出してきて
あ~、そうだったそうだった、と記憶を呼び起こしながらプレイしてます。

SFC版プレイ当時は中3の冬で(年齢を計算しちゃダメヨ♪)
思いっきり高校受験直撃だったので、あまりのめりこめなかったのかもしれません。
周囲からの圧力もあって、速攻クリアして終わらせた記憶があります。

しかしまぁ、ドラクエの何が面白いのか、どこが面白いのか。
未だにわかりませんね。
でも理屈じゃないんです、面白いもんは面白いんですよ!

ちなみに現在はムドーを倒して、ダーマの神殿で
初めての職に就いた辺りまで進みました。

職業は
主人公  : 魔法使い
ハッサン : 戦士
ミレーユ : 遊び人
バーバラ : 僧侶
チャモロ : 僧侶(2軍)

苦戦が予想されますねw
クイーンズブレイド スパイラルカオス その4
クリアーです。
26話以降は縛りプレイをやめました。
ただクリアするだけのプレイだと、こんなにサクサクと進むとは…。

序盤をプレイしていた頃は、結構ギリギリの戦いもあって
奥深いシステムなんじゃないかと思っていましたが
中盤以降は、めちゃくちゃ楽ですな~。
一応属性くらいは気にしておかないといかんですが
ほとんどの敵は一撃で倒せるし、ボスもダメージアップスキルや
麻痺スキルなんかと組み合わせると、ほぼ無力化出来ます。

ラスボスもHPだけは飛びぬけてますが、麻痺が効くので
結局はノーダメージでふるぼっこ出来ちゃうのよね。
それにしても通常雑魚敵がHP2,800くらい
ボスがHP3,500くらいで、ラスボスがいきなりHP50,000てバランスおかしいでしょ。
というか、ラスボス以外にステージボスがいないと考えた方がしっくりくるかな。

もうお腹いっぱいで2週目などやる気もおきず。
戦ヴァル2やドラクエ6も控えているので、そちらに移行します。
アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く PHASE2
今作では過去作以上に豪華な歌姫(歌手)陣が参加されていますが
このPHASE2の最初のムービーで流れる「風標」は
ジブリ作品等でも有名な井上あずみさんがボーカルを担当しており
豪華さを象徴していると思いますね~。

ストーリーは「承」に入った(と思われる)ところなので
まだ中盤ですが、既に前作・前々作のキャラ達も登場し
最終作として完結の為の準備が着々と進んでいる感じがします。
個人的にはココナがサブキャラではなくて
メインキャラ扱いなのが嬉しいですな~。
ハートポイントはフィンネル2、サキ1で進めるつもりです。

システム面は、やはり前作よりもパワーダウンしている感は否めません。
戦闘システムは、どうせならもっとアクション要素を大きくしても良かったかも。
レーヴァテイルを守るという要素は一番表現出来ているとは思いますが
ブローもボタン一発ですし、戦術もなにもないのであまりにも単調。
せめてアクション性が高ければ、楽しめたんですが。

調合ではサブキャラとの絡みがなくなった分
パーティメンバーとの絡みが増えたので、一長一短かな。
ヒロインのネーミングセンスを見るだけでも楽しいです。

コスモスフィアはシステム的には変わらないんですが
今までで一番ストーリーとの関係が希薄かなぁ。
内容に関しても、あまりヒロインの内面が描かれていないような。
誰もが抱えるような心の問題を解決したり
誰もが持っている心の汚い部分を容認したりするのがコスモスフィアだと思うんですが
ただのショートストーリー集みたいになってる気がします。

まぁ、今回は多重人格者という一つの大きなテーマがあるので
そこに焦点を置いているだけかもしれませんが。
そういえば、この容姿や声すら変わる多重人格設定のおかげで
多彩なキャラクターをストーリーに無理なく登場させることに成功していますね。
この辺のシステムと設定の融合加減はさすがだと思いました。

PHASE3へ続く。
GOD EATER
全くノーマークだったゲームがきましたよ、と。
会社の友人に誘われ、どうしても、ということだったので購入。
モンハンのパクリゲーです。

何から何まで、モンハンそっくりなわけですが
違うところはと言うと、いくつかオミットされている部分があるのと
モンハンよりも動きがスピーディだということですかね~。
システム面以外では、ストーリーがあるのもモンハンとの違いですね。

オミットされている部分は個人的にモンハンで面倒だと感じていた部分が大半なので
非常に良い改良だなーと感じています。
モンハンで面倒だったのは、狩り以外の収集要素とか
モンスターが逃げる旅に探し回らないといけなかったりとか
スタミナの最大値が時間で減少していく仕様だとか…です。

他には武装が近接3種+遠距離3種とだいぶ少なくなってます。
遠近1種類ずつ持ち歩けるので、より少なく感じるかも。
その代わり遠距離武器の弾の特性を自由にカスタマイズ出来る要素があるんですが
これが、一番熱いかもしれないですな~。
特性の組み合わせ次第で、かなり自由度が高いカスタマイズが出来るようです。
単なる弾丸の組み合わせにあらず
数多い弾種に様々な発射条件と発射角度を組み合わせ
最大8発まで連動で発射出来るので、組み合わせ次第で非常にユニークなものも作れます。

それぞれの発射角を調整した8本のホーミングレーザー(通称オクトパス)とか
弾から子弾を発射出来る特性を活かして
子弾に近くの敵に向かう特性を持たせ、発射条件を
最初の弾がオブジェクトに当たることにすると
曲がり角などで有効に使える反射弾とかが作れる。
他にもどう設定するのかようわかりませんが
地中を進み敵の真下から垂直上昇するような弾とか
擬似ファンネルのような挙動も可能みたいです。

とりあえず、これを見ると良いよ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9673368
スーパーロボット大戦NEO その9
セーブデータの記録を見たら、前回プレイしたのが1/4だったぜ。
1ヶ月以上もほったらかしてゴメンヨ。
後半になるとダレるのはいつものことだが
今回は増援多すぎでいつもより酷いです。


第32話 燃えろラムネス! 熱血パワーよ 永遠に!!

 この辺から、各作品のクライマックス連続かなー。
 まだ10話あるのに、結構ヘビーだ。
 トップバッターはラムネ&40のラスト
 最初にも書きましたが、敵増援が多すぎるんですよ。


第33話 僕らの夢は絶対無敵!

 タイトルの通りライジンオーのラストシナリオ
 毎ターンENが減少するのでかなりきつい。
 減少値も最大値の15%くらいのようで、めっちゃ減ります。
 せめて現在値を基準に計算してくれ…。


第34話 心の力で立ち向かえ!

 ゴウザウラーシナリオのラスト3連戦。
 久々に楽なステージで休憩出来た気分。
 というか、終盤でも正直これくらいが丁度いいよ。


第35話 最終バトル! 機械化城

 機械、あるいはそれに類するものに心が宿る展開は
 自分の大好きなシチュエーションの一つなので
 このシナリオが非常に良かった。
 子供の前で先生が活躍するのもポイント高い。


第36話 いつまでも熱血最強!

 タイトルの通りゴウザウラーのラストシナリオ。
 ラストエピソードに3話も用意している事からも伺えるように
 エルドランシリーズの中では最も丁寧にシナリオが描かれていた気がする。


あと5話+分岐2話です。
ファイアーエムブレム 暁の女神  第二部 国とは王とは
二部では場面が変わってクリミアが舞台でエリンシアが主人公になります。
一部がデインを舞台にミカヤが主人公
三部はまだですが、ベグニオンを舞台にアイクが主人公になるのかな?
で、四部で集合する、と。

二部の見所はいきなりくるんですよね~。
序章のロケーションはなんと空中戦…!
FEのみならず、キャラクターもののSRPGでは、まずないシチュエーションでしょう。
といっても、ユニットが飛行系のみで構成されているというだけで
何かシステム的な違いがあるわけじゃないんですがね…
雰囲気だけでも楽しめます。

前作でレベル20まで育てた甲斐もあってか、エリンシアが鬼の強さ。
初期から最上級クラスで、専用武器も強力なので
特に終章では、獅子奮迅の活躍でした。

エリンシア以外の登場キャラクターも総じて強いので
FEらしからぬ、パワープレイが可能ですね。
4章と終章では、味方のNPC部隊も相当数が参戦しますが、経験値がもったいないので
全軍待機させたままプレイアブルキャラのみで攻略しました。
NPCが敵を倒してもボーナス経験値としてプールされるようですが
戦闘中にレベル上げをした方が良く育ちますしね。

前作キャラのレベルがみんな高いので
三部のグレミア傭兵団の面々はすごいことになりそうだ。
アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く PHASE1
エンドオブエタニティも買いましたが、とりあえずこっちからプレイすることに~。

前作・前々作からマイナーチェンジはあるものの
相変わらずシステムと世界観が完全に融合していますね。
ストーリー的には3部作の最終作ということで、最後がどうなるのかが気になります。

前作では独自のシステムと用語が序盤から数多く登場し
理解するのが大変でしたが、今作ではそんなことはなさそうです。
まぁ、用語は3作目なので自分がこの世界に慣れているせいかもしれません。
システムはだいぶ削り落とされて簡略化されているので、わかりやすいのですが
その分、若干物足りなさも…。

コスモスフィアやトークマターは前作と同様ですが
戦闘システムはスタオーみたいなアクションになってます。
個人的には前作までのターン制コマンドバトルの方が
演出がゆっくり楽しめて良かったかなぁ。
前作は何もかもが面白かったので、それを越えるのは大変でしょうが…。

そういえば、視点・カメラワークの悪さは伝統なんですかね。
完全な3Dフィールドなんですから、カメラ位置の調整くらい出来ても良いのに
アングルが固定で、しかも見にくい…
いまどき真上からの俯瞰視点なんて、なかなかないでしょう。

そして、なんといっても詩。
最大の楽しみはこれに尽きますが…今のところイマイチ。
詩調合システムも技術としてはすごいのかもしれないが
別に楽しくない…ですよ?楽しめてます?
クイーンズブレイド スパイラルカオス その3
25章まで終わりました。
本当はクリアしてから記事にしようと思っていたんですが
予想より時間がかかっているので、一度刻むことに。

サクサク進めようと思えば簡単に出来るんですが
全敵をPKDで倒すなんていう、つまらない制限を設けてしまったので
無駄に時間がかかってしまってます。

当初は、PKD縛りで程良い難易度になってくれるんじゃないかと
期待していたのですが、別に難しくなるなんてことはなく
ただ面倒になるだけの効果でした…。
途中で解消するのも、なんか嫌だったので続けている次第です。

31話で終わりなので、もう少し…。
ファイアーエムブレム 暁の女神  第一部 暁の巫女
FEの後に始めるのは、やはりFEだったわけで。
今まで同シリーズのゲームをプレイする時は、少し間隔を開けていたんですが
ストーリーが連続していることと、何より元々大好きだったFEシリーズを
久々にプレイしたことで、めちゃくちゃ楽しくて。

この2作は開発段階から、リンクさせることを想定して作っていたんですね。
前作キャラの絡み方を見ていると、良く分かります。
システムではボーナスEXを使用した拠点レベルアップの仕様が変わり
パラメータが3種類しか上昇しないようになってしまったので
いくらリセットを繰り返したところで、戦闘でレベルアップさせた場合より
強くする事は出来なくなりました。

せっかく個人で難易度を低下させることが出来る、稀な良機能だったのに。
個人で難易度を上げるには、縛りプレイでいくらでも出来ますが
下げる場合は、改造するくらいしかないので、ここは逃げ道を用意して欲しかったなぁ。
他のSRPGのように、フリーマップでのレベル上げで難易度を下げる事も出来ないですし。

第一部は10章(だったかな?)で終わりますが
ストーリー展開がめちゃくちゃ早いですな~。
新キャラの絡みも少ないし、もうちょっと尺が長くても良かったんじゃないだろうか。
再登場となる3部や4部での活躍を期待しましょう。

あ、ちなみに難易度ノーマルなので、超簡単です。
2010/01
まだどれも記事にしてませんが、1月は4本も買ってしまったぜ。


第47回検索ランキングです。

10位 ベヨネッタ 25 NEW

 いやー、がんばりました。
 ここまでやり尽くすのは、年に数本だけですよ。
 ちなみに過去3度のアワードのうち、2度の1位が縛りプレイでやり込んだタイトルです。


9位 バイオハザード5 26 ↑

 いわゆる完全版効果なのか、ランクイン。
 まぁ、買うことはないでしょう。


8位 BattleMoonWars銀 27 ↓

 同系統で別のゲームもやってみたい。
 かなり体力のあるサークルじゃないときつそうですが
 どこか作ってくれないだろうか。


7位 メタルギアソリッド4 29 ↑

 こちらもピースウォーカー効果なのか上昇。
 ハードがPSPのアクションゲームは操作性の問題で
 よほど欲しくない限りは買いません。


6位 スーパーロボット大戦OGS 30 ↑

 これもまた、無限のフロンティアが出るから上がってるのかな~?
 今年OG3の発表はありそうですが、ハードはなんだろな~。
 まぁ、現行機全部持ちの自分はどれで来ても問題なしです。


5位 戦国ランス 31 ↑

 エロゲですが、何気に2週しようかと思った程、面白かったんですよね。
 あまりこういうゲームってないなー。


4位 ファイナルファンタジー11 40 ↓

 43ヶ月連続ですー。


3位 ガンダムバトルユニバース 50 ↓

 16ヶ月連続ですー。
 新作発表されましたねー。


2位 SDガンダム Gジェネレーションウォーズ 56 ↑

 いくら毎年のように新作ガンダムが作られようと
 このシリーズも限界に来ているかもしれません。
 システムを1から練り直した新シリーズがそろそろ必要かもね。
  

1位 シークレットゲーム 85 →

 3ヶ月連続トップです。
 上位陣の変わり映えのしなささは異常。


先月期待していたFF13のランクインはならず…。


以下、下位ランキングです。

蒼炎の軌跡 12
新品13000円で購入。
そう、別に値段なんて見ずに購入ですよ。

3作目はユーフィーがヒロイン 3
3作目が出れば…な。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.