いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
HEAVY RAIN Chronicle Episode-1
DLCの配信が始まったのでさっそく落としてみました。
ボリュームとしては、本編の1エピソードとほぼ同じくらい。
それで500円なので、かなり高額と感じるかもしれないが
自分は値段を気にしない人なので、特に問題なし。
(本編は大小含め50エピソード以上あります)

むしろ問題なのはゲーム内容ですわな。
本編で残った謎が解明されていく事を期待していた人が多いはずですが
全く本編と関連する要素が見られない…。
ADVである以上、ゲームシステムそのものの面白さには限界あるので
どうしてもストーリーに注目してしまいますしね。

今回の主人公であるマディソン・ペイジのジャーナリストとしての一面が描かれ
キャラクター個人の掘り下げの意味はあったと思います。
本編では、ジャーナリストとしての振る舞いは、ほとんど見られなかったですし。

ただ、今後もキャラクター個人のエピソードとして売っていくとしたら
それは辛そうな気がするんですよね~。
今回は、それなりに工夫してゲーム性を持たせていたのは関心しますが
相当練りこまない限り、いわゆるキャラゲーとしての売り方になってしまうので。
別にキャラクターの魅力がないとは思わないですが
キャラクターで売れる程ではないと思います。

次のDLCを落とすかは、ちょっと様子見だろうなぁ…。

ちなみに、本編の2週目もプレイしました。
1週目はポジティブな選択肢を選んだので、2週目はネガティブな感じに。
ただ、途中面倒なエピソードをスキップしたせいか
エピソード間の整合性がおかしくなってしまい
思うようにフラグ管理が出来なくなったのは痛かった。
飛ばしちゃいけなかったんだなぁ…。
END OF ETERNITY クリア
クリアしました~!
いやはや、ラスボスには苦戦させられました。
トライエース作品だと、なかなか楽勝クラスのラスボスは出てきませんね~。

でも、ある程度パターン化されて飽きがきていた戦闘が
最も楽しめた相手でもありました。
システム上、長期戦になると否が応でも戦術が必要になってくるので
ISゲージの管理、回復のタイミング、インビンシブルアクションの終了地点
味方配置、無限に沸く雑魚のターゲッティングのコントロールなどなど
考えることは盛り沢山でした。

2丁拳銃やレゾナンスアタックをうまく使えば、もう少し楽になったのでしょうけど
レゾナンスアタックを全く使わないでプレイしてきたので
どんな使い方をすれば有効かもわからず。
2丁拳銃は使えるようになってからも、何故かずっと使わなかったです。
無意識に縛っていたのかもしれません…

ストーリーに関しては、まぁ伏せておきましょうか。
クリアしても、いまいち理解出来なかったというのもありますが…ね。

そういえば、今まで書いてこなかったですけど
銃のカスタマイズ要素は、かなり面白かったです。
パズル的な面白さと言えば良いのかな?
ここをこう接続して、ここをこうすれば…的な…ね。

あとは、チョイポリスの攻略が残ってますが
戦闘の飽き自体が解消されたわけではないですし、時間的な問題もあるので
これで終了ということにします。
バーストエラー イブ・ザ・ファースト クリア
本編のみですが、最後まで終わりました。
ストーリーは…ってそれが全てのゲームだから、そこは伏せましょうかね。
基本的には原作通りなので、まぁ面白かったです。
クリア後に2ルートがさらに開放されたので
そちらを見た後は、また感想も変わるかも。

ところで最後の最後まで選択肢は意味がなかったようですねぇ。
全て2択で、どちらを選んでも、テキストレベルですら変化に乏しいという。
唯一、真弥子の求婚に対する返答の2択シーン。
どちらを選んでも同じ結果になるのですが
「同じ結果になる」事そのものが、伏線になっていたのは良かったです。
両方選んでみないと気が付かないですけどね。

あとは、絵も声も、悪くはなかったと思います。
どう足掻いても初代…というか自分の場合はサターン版ですが
それには及びませんけどね。
つまり「思い出補正」最強、ということです。

GW前の出勤は後2日。
狙ったかのようにピッタリくらいで終わりそうです。
END OF ETERNITY その4
チャプター11から13まで完了です。
もう、終盤にきて今更ですが、VP2風のグラフィックが良いですね~。
アングルなんかもそっくりですが、この質感がたまりません。
スタオー4の時も少し思いましたが、トライエース作品って
独特のグラフィックなので、オリジナルの開発環境なんだろうか。

さて、ストーリーはぼちぼち進展があるのかと思ってましたが
ほとんど進んでません。
もうエンディングも近いんですが…。
まぁ、裏ではいろいろ動いてる輩がいるようなので
主人公勢は、いきなり巻き込まれる形になるのでしょうか。

しかし、ストーリーでの引き込みがないので
さすがに戦闘は疲れてきました。
ミッションで、全く同じ構成の敵パーティと4回、5回も戦闘を強制される事が多いのですが
これは、個人的には、せめて2回までが限界。
同じ構成の敵と何度も戦っても、作業になってしまうだけ。
全体的に戦闘が多すぎるんですよね。
戦術的に戦うと面白いシステムなんですが
戦闘回数が多すぎるので、力技でとっとと終わらせたくなってしまいます。

残り3チャプター
どんなエンディングを迎えるのか…全く予想できません。
バイオハザード5 DESPERATE ESCAPE
DLCで配信されている追加エピソードの二つ目。

「LOST IN NIGHTMARES」とは180度変わって、敵が大漁に出てきますな。
ホラーじゃなくなってしまった今では、この方が楽しいです。

難易度ノーマルでやりましたが、最後は結構ヒヤヒヤしました。
プロフェッショナルの難しさは本編以上というのも頷けます。
正直プロフェッショナルでクリアしたい気持ちもありますが
時間の関係でお流れということで…。

ストーリー的には、ジルが裏でどういう動きをしていたかが
描かれているわけですが、大した内容ではないです。
個人的には、ウェスカーの傀儡だった頃に行っていた任務を
プレイしてみたかったなぁ。
ガンダム アサルトサヴァイブ その3
残ったSEEDとOOシナリオまで完了しました。
基本はUCと変わりませんが、ステージ毎にMSとキャラが固定されているので
残念ながらシステム上は劣化してしまっています。

まぁ、SEEDはともかくOOは主人公側が軍所属ではないので
量産機が存在しませんからねぇ。
固定になってしまうのも仕方がないのですが
いくつか、自MSとキャラが違うだけで、全く同じシチュエーションのステージを
強制プレイさせられるのは勘弁して欲しかったです。

特にOOの最終局面なんですが主人公4人それぞれのキャラで
ほぼ全く同じステージをプレイするのは、苦痛でしかないですよ…。
いろんなキャラやMSを使うのは、1週クリアしてから制限解除後に
好きな人だけやればいいと思うんですがねぇ。

もう、とにかくクリアしてもクリアしても同じステージをプレイさせられるので
急激に萎えてしまって、一応プレイするつもりだったエクストラ系のシナリオは
完全にやる気が失せました。

てことで、一応これで終了です。
アドホのお誘いがあれば、プレイしますけどね。
HEAVY RAIN 心の軋むとき
なんとな~く、手を出してみたゲーム。
勘で面白そうだと思いました。

ジャンルはアドベンチャーということで良いのかな?
結構、独特なゲームみたいな評価をされているようですが
個人的には、そんなに珍しさは感じなかったです。
まぁ、3Dのアドベンチャーゲームそのものが珍しいというのはありますが。
1週クリアしてみての感想では、ミシガンに雰囲気が似てるかなー。
といっても、ミシガンはプレイ動画を見ただけでプレイ経験はないんですけどね。
あと、箱庭要素を除いたシェンムーにも似てると思いました。
(主に単純な1ポイントコマンド入力部分とか…)

2Dでよくあるノベル形式のアドベンチャーゲームと違って
若干のアクション要素が入ってます。(上記のコマンド入力)
通常時のキャラクター操作は非常に個性的な操作性となっていて
好みが分かれそうですが、自分は好きでした。
ある程度慣れると、本当に手足を動かしているかのような感覚になれたんですよ。

他の特徴としてゲームオーバーがないということですが
むしろアドベンチャーゲームでゲームオーバーがある方が珍しいですよね。
大体が、ベスト・ハッピー・トゥルー・ノーマル・バッドに属する
マルチエンディング製だと思います。
まだ1週ですがこのゲームもまぁ、そんな感じだと思います。
ただ、ストーリーは1本道なので、分岐で大きく展開が変わるような事はないようです。

最後に…ストーリーはタイトルの通りめっちゃ重いです。
心が軋みました。
出来るだけ主人公に感情移入してプレイする事をオススメします。
展開としては、昼にやってたりする海外のB級TVドラマにありそうな感じかな。

ちなみに1週目は出来るだけポジティブ系の選択肢や行動をしてみたつもりです。
なので、2週目はその逆をいってみようかと…。
バイオハザード5 LOST IN NIGHTMARES
もう今更なので、さして興味もなかったんですが
友人に触発されて、DLCを買ってしまいました。

本編では、回想シーン扱いとなっていた
スペンサー邸でのクリス&ジルVSウェスカー戦が舞台です。

ま~、正直、期待はずれかな~。
1プレイで出来るという点では、長さは丁度良いかもしれませんが
敵が中ボス級の1種類しか出てこないってのは、ちょっとねぇ。

仕掛けは結構多いので、戦闘よりも謎解きがメインのつもりなのかな。
つり天井やクランクの仕掛けがあって、ファンサービスのつもりなんだろうけど
そればかりが、たくさんあるってどうなのよ。
何回同じことさせんだと…。

発売から結構経ちますし、完全版も発売された流れから
結構作り込まれているのかも…と
ただの1DLCにも関わらず、大きな期待を持ってしまったのが
満足出来なかった一番の原因でしょうなぁ。
というか、むしろDLCにしては、よく作り込まれている方なのかもしれない。

もう、購入済みなので「DESPERATE ESCAPE」もさくっとクリアしちゃいましょう。
END OF ETERNITY その3
チャプター10まで終わりました。
いよいよ、メインストーリーが始まりそうな雰囲気。

チャプター7までで、主人公3人の現在の生活を描き
チャプター8~10で3人が出会う前のエピソードを描き
チャプター11から物語が始まる(たぶん)といった感じでしょうかね~。

予想していたように、いきなりシリアスになるというよりは
徐々にシリアスになっていきそうな雰囲気です。
戦闘システムに飽きが出始めた頃に、ストーリーで引っ張る。
これは、良い流れなんじゃないだろうか。

そんな戦闘システムですが、まぁまぁ使えるようになってきたと実感してます。
しかし、プレイ時間の9割くらいが戦闘時間なんじゃないかと思えるくらいに
戦闘ばかりですし、慣れたりパターンを発掘するまでに時間がかかるだけで
システムそのものは、それほど深みがあるわけじゃないので
ある程度パターン化出来てから、飽きが来るまでは早いです。
正直戦闘の頻度は、この半分くらいで丁度良かったと思います。

3種類の武器と「ダイレクトダメージ」「スクラッチダメージ」のシステムは
単純ながらも、一定の戦術性を生み出していますが
スキルがパッシブ系しかないので、プレイヤーに出来ることが
限定されすぎているんですよね。
もう一要素あると良かったと思うんですが、バランス崩壊するだけかなぁ。

とりあえず、チャプター11以降は止め時が難しくなるくらい
ストーリーに引き込んでくれることを期待しておきます。
ガンダム アサルトサヴァイブ その2
なんだかんだいって結構やってます。
といっても、通勤中はイブの方をプレイしているので
ほぼアドホでの協力プレイのみですが、その時はがっつりです。
今のところUC分は終わりました。

後半の時代になるほど、機体性能が上がって
段々と爽快感は増してきますね。
初期配備されている量産型機体の無改造でも、クリアだけなら問題なさそう。

さすがにほぼ同じシステムのゲームの3回目ですから
機体を筆頭に収集する楽しみをメインにしないとやってられないですが
そもそも(リアルならともかく)ゲーム内のアイテムを
集めることに楽しみを感じないので、全ステージクリアしたら、もう終了かな~。

アドホックでのワイワイ協力プレイのみに楽しさを見出しているので
ゲームそのものは作業感満載です。

SEEDとOOは楽しいかな~?どうかな~?
バーストエラー イブ・ザ・ファースト その2
(前回の記事があんなんでしたから、実質その1みたいなものです)

自身が愛して止まない、イブバーストエラーのリメイク作ですね!
今までも移植やリメイクは何度かあったものの
大まかなストーリーの流れは同じものでした。
今回は大幅なストーリーの見直しがあったようで
ラストシーンも変更されていると思うので
楽しみ半分、不安半分、といったところでしょうか。

まぁ、仮にボロボロなリメイク作だったとしても
それで原作の評価が変わるわけではありませんので、そこは気にしません。

現在の進行度は、小次郎が絵画…もとい宝石を探し当てて
まりなが自宅で恋バナに花を咲かせているあたりです。

ちなみに宝石の隠し場所を推測するシーンは
さすがにちょっと無理があったんじゃないですかね~。
推理そのものには、納得出来ますが
「付けて、はずす」だけで、あの推理にたどり着くのは無理ではないかと。

その他、基本的には原作の流れから大きくずれてはいないので
さすがの面白さです。
が、上記の推理シーンや、前回記事のやり取りなど
テキストでは、表現不足や言い回しの癖などから
いくつか読みにくかったり、理解しにくかったりする所がありました。
「描写が雑」といってもいいかも。
この辺はライターさんと自分との個人的な相性のせいかもしれません。

ちなみに毎日の最初に子供達が会話してる謎のシーンが再生されますが
その中の「彼が眠ると彼女が目覚める、彼女が目覚めると彼が眠る」というフレーズは
あの人のことだよね…?いわゆるテラー的な。
さらに深読みすると、これは経験者向けに仕掛けられた
ミスリードを誘発する罠なのではないかと。

などと考えていても答えは出ないので、ノベルゲーらしくさくっとクリアしましょう。
END OF ETERNITY その2
思ったよりも進行速度が遅く、チャプター5が終わったところです。
序盤はもう過ぎたはずですが、まだまだ戦闘システムに慣れませんなぁ。
あまりに他とかけ離れている為、きちんと上達しているのかも怪しいもんです。
一応、詰まったりはしていないので、それなりに使いこなせているんだろう…。

さて、ストーリーですが、今のところ個別エピソード(クエスト)を
こなすのみで、ストーリーらしきものはありません。
OPやプロモーションムービーから推測すると
きちんとした幹となるストーリーが用意されているのだと思いますが
果たして、いつになったらそれらしき展開になるのだろうか。

ちなみに直さんに聞いたとおり、クエストの内容はおバカなテイストが
ふんだんに盛り込まれております。
これは、後半のストーリー部分がシリアスなので
そのギャップを見せる為に、メインストーリー以外で
ギャグ満載にしているんじゃないだろうか、と勘ぐっています。

急にシリアスになると引き立ちますからね。
ダブルゼータ、トップをねらえ!、舞-Himeなんかがそうかも。
例がアニメばかりですが…。
ガンダム アサルトサヴァイブ
結局買いましたー。
正直自分では微妙だなーと思いつつも、アドホのお誘いを受けて購入。

結果、やはり…。
つまらないわけじゃないですが、前作と同じすぎる…。
バトルユニバース発売直前に、前作を先にプレイしておかなければと
バトルクロニクルをプレイしてしまった後悔を思い出しました。

目玉は新規参戦のSEEDとOOですが、この二つのシナリオは
まだ未プレイなので、ここに楽しみを見出すしかないですね。
(てか、DESTINYくらいは一緒に出してくれよ…。)

ちなみに進行具合は0083シナリオまでクリアしたところです。
アドホで一緒に協力プレイもしまして
友人とプレイする事そのものは面白い(これはどのゲームでもそう)のですが
ゲーム自体は変わり映えしないので、早くも飽き気味に。

既に前作の感は取り戻しつつあり、クリアだけならサクっとやれそうなので
速攻クリアを目指します。
エキストラシナリオはクリア後のモチベーション次第で…。
バーストエラー イブ・ザ・ファースト
いきなりですが、皆さんに質問です。
普通、最初の記事ではファーストインプレッションを書いたりするものですが
そんなもんは関係ありません。

このゲームのとある会話で、どうしても意味がわからないところがあるんですが
どういう意味なんでしょうか?

状況を書いてみたので、興味のある方は
↓を読んでみてくださいな~。
つづきを表示
アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く ティリアエンド
ティリアエンドみましたー(ココナエンドもついでに見ました)
これまた余計にエンディングへの不満が募ってしまいますなー。

自分の読解力が甚だ疑問ではありますが、3人のヒロインの
各トゥルーエンド後、数年でティリアは寿命により死亡するということでしょうか。
ティリアノーマルエンドを見る限り、そうなんでしょうねぇ。

ご都合主義の大団円エンドが嫌われる昨今ですが
マルチエンド方式を採用出来るゲームメディアであれば
特に問題ないと思うんですよね。
まぁ、エンディングが一つだったとしても
トネリコシリーズの最後は大団円が相応しいものだったように思います。

コスモスフィア(バイナリ野)は、お約束の学園物ストーリー。
ここだけ明らかにギャルゲーです。
結局クロガネは何故自殺したんでしょうか?
不完全な塔を作ることで「塔の製作」「ティリアの生存」の
両方を達成出来るからでしょうか?
これ、結構気になって、文字通り夜も寝れなかったですよw
いい年して何考えてんだって感じですが。

とりあえずDLCの配信は決まっているので
もう少しこの世界を楽しめそうです。
2010/03
結構忙しかった印象のある3月でしたが
振り返ってみると、結構ゲームしてたみたいです。
でも、積みゲーが増えてきた気がするな~。
去年までは積みゲーなど、ほとんど存在していなかったのに。


<2010年3月のプレイ履歴>

●クリアしたもの

 ・ファイアーエムブレム 暁の女神

   4部終了でクリアです。
   ほんとに久しぶりにプレイしたFEでしたが、期待以上の面白さでした。
   蒼炎の軌跡とセットで見れば、ストーリーも秀逸。
   GBAシリーズを今からプレイするにはきついが、移植されればプレイしたい。

 ・ドラゴンクエスト6 幻の大地

   テリーが加入から一気にクリア。
   まぁリメイク作だし、隠しダンジョンまでやり込むつもりはなしです。

 ・無限のフロンティア EXCEED

   ほぼ1ヶ月ジャストでクリアです。
   クリアする頃にはお腹いっぱいになっているのは、本家スパロボと通じるものがある。


●プレイ中

 ・アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く

   一応エンディングは見ました。
   シリーズ完結編だけあって、この世界に暮らす人々の悲願である
   惑星再生がテーマなのは良いのだが、1と2のキャラが
   置いてけぼりなのはいただけない。
   2で大陸を紡ぐ時は、しっかり絡んでいたのに…。

 ・GOD EATER

   実はほとんどプレイしてないです。
   このままフェードアウトする可能性大。
   狩ゲーって合わないのかもしれないなぁ…。
   ネットプレイメインなので、時間がかかるように設計されているのも
   敬遠する理由ですね。
   とりあえず4月はプレイ候補から一端除外です。

 ・END OF ETERNITY

   まだ始めただけ、という状態。
   4月はこれがメインになると思う。

 ・バイオハザード5

   オルタナティブは、あまり興味がありませんでしたが
   友人は火が着いてしまったようで、中断していた本編のプロフェッショナルを再開。
   クリアしました。


<2010年4月のプレイ予定>

●新規

 ・HEAVY RAIN -心の軋むとき-

   とりあえず買ってみました。
   これなら、なんとなくEOEと平行でもプレイ出来そう。

 ・バーストエラー イブ・ザ・ファースト

   こちらも既に買いました。
   記事はまだですが、序盤ちょこっとプレイしてます。

 ・ガンダム アサルトサヴァイブ

   そしてこれも購入済み。
   本当はもうちょっと様子を見る予定でしたが
   友人にアドホックパーティに誘われたので、戦ヴァルを飛ばしてプレイ開始します。


●継続

 ・アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く

   エンディングは見ましたが、マルチエンドなので、他のエンディングも見るために
   分岐前から再プレイ中です。
   ティリアソフトのゲームもプレイしないとね。

 ・END OF ETERNITY

   継続というか、ほぼ新規扱い。
   ま~、GW中にクリア出来れば御の字だろう。

 ・バイオハザード5

   プロフェッショナルクリアで、結局自分も再点火してしまったので
   追加シナリオをDLCで購入しました。
   ちょこちょこっとプレイしてクリアしようと思います。


●審議中(上にある程、優先)

 ・戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校

   4月にプレイする予定だったが、ガンダムの割り込みがあったので、ちと延期。
   審議というか、ガンダムをクリア次第開始かな。

 ・ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~

   アルトネリコをプレイしてたら、アトリエシリーズもプレイしたくなってしまいました。
   丁度続編が発表されたのも追い風。
   ただ、アトリエシリーズとしては、あまり評価が良いとは言えないのがなぁ。



審議中から「斬撃のREGINLEIV」を削除
決して、プレイ候補からはずれたわけではなくて
列が想像以上に長くなってきて、割り込みもある事を考えると
プレイしたとしても、かなり先になりそうなので
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.