いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
大神 クリア
クリアしましたよー。
最後はどんなストーリーになるかなーと思ってましたが
ラストに相応しい盛り上がりでした。

特にイッスンがね~。
プレイ当初から、名前だけで贔屓にして見守ってきましたが
やる時はやるヤツだと思ってましたよ。

ちなみにカムイ以降のストーリーって大神のオリジナルですかね?
固有名詞もあまり日本的な名前じゃなかったし、聞いたことありませんでした。
まぁ、自分は歴史系の知識に疎いので、知らないだけで
元となった神話があるのかもしれませんが。

後は、やり込みがないわけじゃないですが
正直ゲーム的な面白さはあまり感じなかったんですよね。
とても作業的になってしまいそうなので、パスということで終わりにします。

以下、総合戦績 
    
プレイ時間34時間58分42秒 
経過日数63日 
セーブ回数77回 
死亡回数2回
総妖怪討伐数341体
総取得金額3612707両
総取得妖怪牙数16
総取得幸玉数4284個
ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地 その2
3章まで終わりました。
予想通りの歯ごたえで、自分の実力に丁度良いかもしれません。

<プレイ条件>
・難易度HARD
・傭兵使用禁止
・同じフリーマップは2回以上入らない
・キャラは一人も撤退させない(HP0にしない)
・アイテム使用禁止(現在2章で1回使用)

最初の戦闘は、さすがに簡単でしたが
2マップ目以降は、毎ターン長考状態ですよ。

一番苦戦したのが2章の「ポルトス・マグナス」での戦闘でしょうかね。
横幅3マスしかない細長い通路で挟撃とは、あまりにえぐい。
アイテム使用禁止のつもりでしたが、ここで1回だけ使いました。

ストーリー面ではシリアスなシーンは結構好みな表現が多いのですが
コメディタッチになってくると、もともとエロゲだったこともあり
免疫がないときつい場面が多いです。
自分は免疫付いてるので、ある程度平気ですが…。

まぁ、シナリオが進むにつれて
エロゲのリメイクとは思えないくらいに女性キャラが空気で
熱いシナリオ展開になっていくらしいので、期待してます。
影の塔 その2
すぐ終わるかなーと思ったら
結構いろいろあって、まだ続いてます。

頂上までの道のりは、だいたい予想通りですが
さすがに後半は少しずつ難易度も上がりましたね。
現実の世界(3D)と影の世界(2D)を行き来出来るようになると
だいぶゲーム性も上がったように思います。
そもそも現実の世界を移動出来るようになるとは全く思っていなかったし。

影の回廊も後半になると、アクション性が強いステージが用意されていたりとか
メリハリをつけようとしているのは感じました。
一応他のアクションゲームとの差も作れているかな、と。

頂上到達後に、まさかの地下編があったりして
もたつきましたが、ようやくこれで終わりだろ~と思ったら
「影の塔へ行きますか?」とか出てますよ?

あれ?今登っていた塔が影の塔だったのでは…。
ココカラガ、ホンバンダッタ。
大神 その4
鬼が島までクリアしました~。
オロチ戦のように、クライマックスかのような盛り上がりを見せましたが
まだまだ終わりません、想像以上に長いですね。
今のところプレイ時間は25時間弱ってところです。

ちなみに鬼が島といっても、桃太郎メインというわけではなく
日本神話がごちゃ混ぜになったようなストーリー展開した。

打ち出の小槌で小さくなるところは
ステージ的にも面白みがあって良かったな~。
HD機で映像を見てみたいと思いましたし
絵的には結構インパクトありそうですよね。

大まかな区切りでいうと、次が最後のストーリーになりそうなので
どんな話を持ってくるのか…。

そういえば、アイテムで神格を上げるものがあるんですが
そもそも神格って…ナニ?
ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地
なんだか急にSRPGをガチでやりたくなってしまい、急遽購入。
タクティクスオウガが楽しみすぎて、待ちきれなかったんですね。

攻略Wikiによると、難易度HARDは
「全滅上等な人にオススメ
 全てのシステムを使いこなさなければ即全滅と言うくらい難しい。」
と、あるし
ゲーム開始前の難易度選択でも、HARDの項には
「全滅必死の難度でお楽しみください。」
と、あるので、これは期待出来る。

てことで、当然難易度はHARDを選択。
更に縛ってみる。
・傭兵使用禁止
・同じフリーマップは2回以上入らない
・キャラは一人も撤退させない(HP0にしない)
・アイテム使用禁止(たぶん、これは相当厳しい)

・中断機能使用禁止…は、最初からやり直す時間が厳しいのでなし。

初プレイなので、攻略可能な縛りなのかも不明ですが
無理そうだったり簡単すぎだったりしたら、都度変更するということで。
トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~ 2周目クリア
2周目クリアです~。
予定通り、トゥルーを含む全エンディングを見れました。

トゥルーは誰でも結末が読める超王道的な終わり方ですが
エピローグがあっさりしていて余韻十分なのが、とても良いですね。
初めて迎えたエンディングで、この内容だと不満もあるかもしれませんが
初エンドがトゥルーという人は少数派でしょう。

個人的に家族みんなで墓参りするメルヴィアエンドと
異国の地を旅する冒険心いっぱいのミミエンドが好きでした。
特にミミエンドの物語は普通に別ゲーで遊びたいくらい。

難易度的にはトゥルー条件+オーツェンカイザー討伐くらいで
ロロナのトゥルーと同レベルじゃないかな~。
トトリは1週目でも1年以上余裕ありで、トゥルーいけると思います。

後、今更ですが、ゲーム内時間では最長5年3ヶ月が経過するわけです。
つまり、皆さん5個か6個は年齢が上がるわけで
トトリはゲーム開始時点で13歳ですが
クリア時点では19歳…あの容姿・性格で19歳…。
ロロナは27歳…。

おしまい。
影の塔
始めてみました。
現在、塔の20Fくらいを進行中ですが、めっさ簡単ですぐ終わりそう。

ロジックを立ててパズルを解いていくアクションかと思ってましたが
パズルというよりは、進行不能な場所があったら
ギミックを操作して道を作りながら進んでいくという感じです。

パズルゲーにありがちな、あちらを立てればこちらが立たずという
場面はなく、とりあえず見つけたギミックは操作しておけば
間違いがないので、考える必要もありません。

ということは、ゲーム本編とは切り離されている「影の回廊」なら
ゲームクリアに必須ではない為、少し難しく設定されているのではないか?
と、思いきや、こちらも難易度は変わらずです。

20F/55Fまで来ているとはいえ、まだプレイ時間は3時間未満。
これから難しくなる可能性も十分あるので、とりあえず先に進んでみましょう。
大神 その3
ボチボチ進んでます。
オロチさんを倒しました。

基本となるストーリーがメインではあるものの
少しずつ筆しらべが解放されて、行動範囲が広がっていくので
案外、箱庭探索ゲー的な楽しみもありますね。
公式ジャンルでもあるアドベンチャー要素は十分です。

でもオロチを倒した後も、まだ普通に続くのね。
おもいっきりクライマックスかのような演出だらけだったので
これで一旦エンディングかと思いましたよ。

まだ地図上で行ってないところがあったり
使えない筆しらべがあるから、終わりじゃないのはわかってましたが
てっきりエンディング後のやり込み系の要素かと。

この後のストーリー展開はどうなるんでしょう。
全く新しい展開になるのか、なんだかんだでヤマタノオロチ伝説が続くのか
はてさて。
ALAN WAKE クリア
中盤まではストーリーメインでゲームはおまけみたいな感じでしたが
後半は逆転して、敵も結構たくさん出てきますし
TPSとしても最低限くらいのレベルは保っていたような気が…します。

ストーリーは後半になるほど、わけがわからなくなってくるので
だんだんとどうでもよくなってくるんですよね。
結局、クリアしてもわけがわからないままでしたし…。

一応原稿は全部拾ってストーリー保管してますが
高難易度じゃないと、拾えない原稿もあるので、重要な情報は
そちらに書いてあるのかもしれません。

全体的にはゲーム性に乏しくてストーリー重視のつくりになっているので
ヘビーレインのように思い切ってドラマパートばかりにした方が
良かったかもしれませんね。
恐らくゲーム本編と同じ脚本家が書いたであろう
ナイトスプリングスが面白かったし。

てことで、ALAN WAKE 完了です。
2週目はやりません。
トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~ その5
2周目開始しました~。
DLCでツェツィさんの配信も始まりましたが、悩んだ末、購入せず。
BGM変更モードでマリーやエリーの曲を聴いたら、懐かしさで涙出ましたよ。
この頃から、本当にガストの曲って良かったんですなぁ。

2週目となると、勝手がわかっているので、サクサクと進められますね。
プレイヤーである自分自身の1週目で得た経験の大きさを感じます。
まぁ、お金と装備の引継ぎも相当なアドバンテージである事は間違いなく
1週目で苦戦した中ボス達も軽々と蹂躙出来ます。
たぶんね、これ攻撃も回復もアイテム一切使わずに最後までいけるわ。

現在3年目の5月をプレイ中ですが、船造りの準備も含めて
ほとんどやる事も残ってないです。
丸々2年くらい寝ててもトゥルーいけるんじゃないですかね~。

1週目でエンディング関連以外は、ほぼ全て網羅してますし
トゥルーに必要なことしかやるつもりはないので
後はポカしないように気をつけて、時を待つのみ。
ALAN WAKE
久々の360ゲーです。
360をプレイする時は、いつも久々って言っている気がするが…。

なんとなくホラー成分に惹かれて手を出してみましたが、うん、いまいち。
目立ったゲーム性は特になく
一般的な量産型TPSを更に劣化させた感じだろうか。
唯一ライト(何らかの光)を当ててバリアを剥がさないと
ダメージを与えられないというところがオリジナル要素かな。

逆に洋ゲーでは珍しく、ストーリーの魅せ方が凝ってるっぽい。
主人公が作家ということで、エピソード毎に話を区切っていて
ゲーム内で手に入る原稿には、何故か未来の出来事が書いてあり
どうやら、その原稿を書いたのは主人公本人っぽいが
書いた記憶がない…という設定。

ただ、魅せ方が凝っているとういだけで
ストーリー自体は、ただの海外サスペンスドラマっぽいイメージです。
ホラー成分は思ったよりも少ないですね…。

今のところエピソード2まで終わってますが
エピソード6で終わりみたいなので
後は1日ある時にプレイすれば一気にいけそうかな。
大神 その2
前回の記事では書き忘れましたが、プレイしてるのはWii版です~。
赤カブトを倒したところまで進みました。

最初のうちは、敵がいたらとりあえず仕掛けてましたが
最近は戦闘が面倒で、極力回避するようにしてます。
ボス戦以外は、ただの連打になりがちですし、倒してもお金落とすだけですしね。

なんだか、プレイ前の期待が大きすぎてネガティブな面ばかりが
目についてしまってますよ。

例えば映像がボヤけてるというか、にじんでいるというか
そんな風に見えてるんですよね。
これは演出だからなのか、もともとPS2のゲームを
ハイビジョンTVでプレイしているからなのか、わかりませんが
カメラワークの悪さと相まって、若干酔います…。

逆に「筆しらべ」は不安要素でしたが、非常に良い感じ。
PS2版の操作感がわかりませんが、Wiiコンの方が筆を走らせている感覚を得られるし
絶対に上だと思いますね。

このゲームは、雰囲気や世界観ゲーなんでしょうかね~。
そういえば、世間での評価が高いのは知っていましたが
どのような点が評価されているのかという所までは、知らないんですよね。
今度、いろいろ見て周ってみますかね。
2010/09
どうも最近筆が進まない…。
たぶん、ゼノブレイドにはまりすぎたせいだ。
あとは、トトリにもかなりプレイ時間を取られている。


<2010年9月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★ゼノブレイド

   分岐等で出来ないクエスト以外は全てのクエストが終了。
   ユニークモンスターも全て倒し終わったので、ゼノブレイドようやく終わりです。
   ストーリーの最後は超展開になるので、若干好き嫌いがでそう。


 ・トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~

   1週目クリアしましたが、ロロナよりもだいぶ完成度が上がってますね。
   システム面もそうですが、ストーリーでこんなに凝ってるとは思わなかったです。
   ロロナの評価が何気に海外で高いらしく、ストラテジー系のように
   マネジメント主体のゲーム性が要因かな?


 ・大神

   Wii版です。Wiiコンでの筆しらべは思ったよりも操作性が良い感じ。
   ストーリーは犬っころを集めるところまで進展。
   中盤くらいになると、敵を無視し始めますし、RPGっぽさが薄れてきますね。
   だんだんとアクションアドベンチャーっぽくなってきました。


<2010年10月のプレイ予定>
(★新規)

   
 ・トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~

   トゥルーエンドを見る為の2週目を始めるつもりですが
   そろそろDLCが配信されるので、それまで待ってから開始かな。


 ・大神

   今どれくらい進んでいて、後どれくらいあるのか
   全くわからないですが、今月中にはクリア出来るんじゃないかと。


 ★ALAN WAKE

   購入済みですが、9月中はプレイ開始までは至らず。
   久々の360ゲーで期待しとります。


 ★影の塔

   こちらも購入済み。
   Wiiは大神をプレイ中なので、終わってから開始になりますね。


プレイ予定ラインナップを見ると
今月はもう1タイトルくらい出来そうな気がする。
何かないかな。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.