いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
タクティクスオウガ 運命の輪 その5
第3章 駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚

3章開始~ハボリム救出まで
さて、また壁になるのは救出系シナリオなのだろうか…。
攻略サイトによると、ハボリム救出は屈指の難易度のようですが
ハボリムが序盤で敵の影縫いにより、移動不可になった為
楽に特攻を防げた事もあり、実は他のよりも簡単でした。

大体、敵とのレベル差は-1~-2くらいの事が多いんですが
敵と同レベルだとチャリオットなしでも楽勝。
-1で丁度良い手応え、-2だとかなり慎重になるレベルですね。
まぁ、チャリオットを使えば、どれも同じくらい簡単ですがw

味方キャラではアロセールが異次元の強さです。
クイックを真っ先にかけるのは決まって彼女ですね~。
トレメンダスショットを使えば、後衛なら致命傷か即死。
正直必殺技よりも強いし、トレメンダスショットで与えたダメージにより
すぐにTPがたまるので、連発も可能です。
撃ちもらした場合は、かのぷ~さんが仕留めていけば磐石。

一気に3章も終わらせましょう。
L.A. ノワール パトロール課
さて、はじめましたよ。
パトロール課の事件4つまで終わりました。
これ、最初の事件が中途半端に終わったんですが
これで良いんですよね…?なにか間違った?

どうもサクサクと進むなーと思ったら
それぞれ「捜査」「銃撃戦」「追跡」「取調べ」の
4つについてチュートリアルになっていたんですね。
刑事にもなりましたし、次の交通課からが本番ということでしょう。

システム的には、アクションがメインではないという事もあり
アクション部分は若干操作しにくい気がします。
普通のTPSものとは全く操作方法が違いますし
キーコンフィグも出来ないので、慣れるしかないですね。

その代わりにアクション・スキップ機能ということで
アクションシーンは何回か失敗すると自動的にスキップ出来る機能が
設定出来るようです。
アドベンチャーがやりたいのに、アクション部分で詰まった…
という意見をたまに聞くので、これは良い救済措置なんじゃないでしょうか。

あと、右側通行運転しにくい…って思いましたw
ファイナルファンタジーⅣ ジ・アフターイヤーズ 真月編 星喰 その1
<コンプリートコレクションより>

終章です。
携帯アプリでは3つの章に分かれているらしいんですが
PSP版では1つに統合されたようです。

一応3つの章に分けて書いてみました。


終結編 月の引力

各セーブデータを引き継いで始めたもので
金とアイテムがすごいことになってましたw

リディア編とエッジ編の最後で合流したところから開始で
終結編では、この2ストーリーのキャラが中心となって
各地の仲間を集めていく感じですね。

各キャラのストーリーはクリア必須ではないので
クリアしていないキャラはどこで合流したら良いのか
わかりにくいかもしれないです。


終章 前編 真月

全員集合後は全キャラから好きにパーティを組めます。
ちなみに自分が選択したメンバーは
ルカ、アーシェラ、リディア、ポロム、ローザです。

まぁ、どういう基準で選んだかは一目瞭然だとは思いますが
一応最低限のバランス取りはしてあるつもりです。
回復役が二人いるので、ボス戦で安定する形ですね。

前編では本編のボスと再戦しながら進みますが
特に強敵もいないので、楽勝でした。
ちなみに最後の「暗黒騎士」戦だけは一部メンバーがいないと
攻略不可能なので、そこだけパーティメンバー入れ替えましたね。


次回、ラストです。
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~ その5
ラスト5年目に入りました~。
ここからは開拓やらイベントやらをこなすよりも
次周の為に装備品の作成に入らないといけないですね。

で、せっせと武器や防具を作っていたんですが
めっちゃ時間とお金がかかります!
本当に納得いくレベルの物を作るなら余裕を持って
1年くらいは、見込んでおいたほうが良いかもしれません。

お金稼ぎは、Wikiを参考にレーション稼ぎを使いました。
10日で3万ちょい稼げますが、装備で20万以上は軽く使うので
金稼ぎだけでも、2ヶ月以上拘束される事に…。
1年目から計画的にお金を貯めておけば、もうちょい楽だったかも…。

で、武器防具(インゴットと布)の作成に関しては
コスト面を考えなくても分解と作成を繰り返せば
必要な特性をどんどん引き継いでいけるので、結構楽でした。
まぁ、1ヶ月もあれば十分なんじゃないでしょうか。

問題は、装飾品ですよね…。
インゴットや布と違って、簡単には特性を引き継げないので
コスト強化特性などを駆使して、特性を付ける必要がある上
パメラ屋を使っての量産が出来ないので、人数分を作る手間があります。

特性だけでなく装飾品そのものの主効果も十分に発揮させるには
素材も限定されてくるので、必要な物は無駄に使わず
きちんと確保しておかないと、後でまた採取に行くハメに…。

まぁ、とにかく完成品をイメージして
そこまでどう持っていくかに、めっちゃ頭使いました。
2品を3人分完成させるまでに半年くらいでしょうかね…。
調合のシミュレーションにはリアル時間で1時間以上かけましたよ。

最後に…なんで特性検索機能がないん…?
トトリではあったよね?なかったっけ?
倉庫に2000個もある素材を一つ一つ確認していくなんて
バカな事はさせないでもらいたい…。

4年目終了時はこんな感じでした。(5年目の4/1に計測)
・人口 132227人
・王国ランク Ⅹ(2675pts)
・錬金術 Lv48
・冒険者 Lv63
タクティクスオウガ 運命の輪 その4
第2章 思い通りに行かないのが世の中なんて割り切りたくないから

システィーナ救出後~2章クリアまで
2章前半ではアロセールが勝手に突っ込んで大変でしたが
後半でもやはりシスティーナが勝手に突っ込んで大変でした…。

港町ゴリアテでは複雑で進軍しにくい中央部で敵と激突している所を
システィーナが横からスルスルと敵陣深くまで進入し、集中砲火を受け
バイアンは味方を巻き込んでダストストームをぶちかまし
フォルカスは嫌な位置に陣取ってこちらの攻撃を妨害するし
もう、ゲスト組がやりたい放題です。

古都ライムでは救出対象が操作可能なデニムと
元々、敵から離れるようにAIが設定されているカチュアでしたので
自軍との合流は楽でした。
むしろ、デニムをナイトで運用しているので
ファランクスとランパートで盾役として強力に自軍をサポート出来ましたね。

ラストのアルモリカ城での決戦ですが、こちらの最高レベルが9と
若干不安だったので、フランパ大森林へ寄り道しました。
まぁ、エキストラバトルは利用しないといっても、ここはセーフですよね?
一度クリアしたマップは2回目以降戦闘になったとしても即退却です。

いや~、6-6のバトルはサックリ終わって良いですねぇ。
一応、フランパ大森林の2章で進める範囲は全部マップ攻略しました。
ストーリーと違って、敵のレベルをこっちと合わせてくれるので楽ですね。

アルモリカ城攻略後の選択肢ではカオスルートの継続を選択。
SFC時代と全く同じ選択肢しか選べない…。
ファイナルファンタジーⅣ ジ・アフターイヤーズ 月の民編
<コンプリートコレクションより>

よーし、各キャラのストーリー終わったー
と、思ったら追加で何か出てきましたよ…。
そうでしたそうでした、あなたも本編のメインキャラでしたよね。
忘れてはいけない…。


月の民編 追憶の青き星

何故、フースーヤ編ではなくて、月の民編なのか?
それはまぁ、ゴルベーザも一緒にいるから…というよりは
むしろゴルベーザが主人公だからですね。

ゴルベーザは本編のように重装備ではなく
仮面もしていないのですが、微妙に素顔が見えないような
顔グラフィックになっていました。
これは、やっぱり狙っているのかな…?

ちなみに本編のイベントバトルでゼロムスと戦うときに
ゴルベーザに設定されたHPは「2943(憎しみ)」で
月の民編では「2971(償い)」という意味らしい。
魔法剣士系の能力でHP2971は頼もしい限り。

そういえば、何故かチャレンジダンジョンが2種類あったけど…
何か意味があったのかな…?
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~ その4
4年目、中盤から終盤にかかってきました。
ボス敵がだいぶ強力になってきましたので
装備やアイテムを強化し始めています。

ワイバーンは思ったよりも強くなかったので
モディス旧跡攻略後に、とりあえずレーゲンティウム製の武器と
メディカルリネン製の防具を一通り揃えたら
「黄昏の乙女」を相手にしても、なんとかやれるようになりましたね。

もう調合品レシピも、ほとんど習得していると思うんですが
ロロナのパイレシピ、トトリのお魚・お酒レシピに続く
メルル用のレシピが特に見当たらない…。
イベントでキノコがクローズアップされる事が多いので
メルルはキノコレシピかな~なんて思ってましたが
今回はそういうのないんでしょうか…残念です。

そういえば、賢者の石もなくて金は不純物ありですし
どうも調合関係は、無難な感じにまとまっていて
メルルが凡人っぽく見えちゃうんですよね~。
もうちょい個性が欲しかったかも。

3年目終了時の成績はこんな感じ。(4年目5/28に計測)
・人口 62713人
・王国ランク Ⅷ(1830pts)
・錬金術Lv 45
・冒険者Lv 49
LIMBO
360版が出た時から、ちょっと気になっていたんですが
DL専用でクレカ登録もしていなかったので、一度はスルーしていました。

最近、PS3で配信が始まり、どうしようかな~と思っていたところ
どうやら、ちょっと怖い系のゲームらしいじゃないですか!
ということで、ホラーゲー好きの血が騒いでしまい、勢いのままに購入。
体験版もあったのですが、プレイせずに解除キーも一緒にダウンロード。

そのまま一気にクリアしました~。
ぶっちゃけた感想を言ってしまうと、リトプラの劣化版という感じでした。
まぁ、フルプライス作品と比べてしまうと可愛そうですけどね…。
ほとんどはリトプラに含まれているような内容なんですが
暗闇の中、音だけを頼りに攻略するステージは面白かったかな~。

後、基本的に覚えゲーなので、難易度は低めになってます。
パズル要素もあるんですが、こちらの難易度は個人的に絶妙でした。
最後まで攻略サイトなどに頼らず全て解けましたし
程よい難しさで、解法がわかったときの爽快感もありましたしね~。

で、購入の動機となったホラー部分なんですが…
コレジャナイ…自分が求めていたのはコレジャナイw
キャラ死亡時の演出が、どれもこれも残酷な描写で
確かに怖い(全体的な雰囲気も)……子供が泣くのも頷ける…のですが
求めていたのは、背筋の凍るような和風ホラー系の演出や
心臓がドキドキするようなハリウッド系ホラーなのですよー。

まぁ、こういうのも嫌いじゃない…というか、好きですし
なんだかんだでトロフィー全取得までやってしまいましたがw
そういえばトロフィー目的でプレイしたのは、今回が初めてかもしれません。
ファイナルファンタジーⅣ ジ・アフターイヤーズ カイン編
<コンプリートコレクションより>

各キャラのストーリーのクリアデータを
後のストーリーに引き継ぎ出来るのですが
ストーリー毎に引き継げるセーブデータが決まっていて
毎回引き継いで行くという事は出来ないので
引継ぎに使うまで、ちゃんと保存しておかないといけないんですよね。
ちゃんと全部残しておいて良かった~。


カイン編 竜騎士の帰還

ストーリー的にはセオドア編の続きからで
カインと謎の男を交互に視点を入れ替えながら進む感じですね。
セオドア編のセーブデータ引継ぎも可能です。

カインと謎の男…この二人の関係はネタバレになるわけですが
ファンタジー物では、よくあるネタなのでセオドア編の時点で
わかる人も多いんじゃないかと思います。

今まで出番が少なかったローザやシドもここで仲間になり
チャレンジミッションでも活躍出来たので
一番影が薄いのがセシルっていうことになるのかな…?
ここまで引っ張られると、最後はセオドアを押しのけて
主人公として復帰するんじゃないかと揶揄してしまいますが…。
タクティクスオウガ 運命の輪 その3
第2章 思い通りに行かないのが世の中なんて割り切りたくないから

2章開始~システィーナ救出までです。
いくらチャリオットで楽が出来るといっても
救出系のステージだけは、かなり苦戦しますね。

攻略サイトなんかを見ると、救出系のステージでは
専用の布陣や戦術なんかが記載されてますが
自分は相手に合わせてクラスや装備を変えるなんて面倒なので
そんなものは完全無視です。だから苦戦するのです…。

アロセールがゲストに参加して以降、彼女を守りながらの戦いだったわけですが
タインマウスの丘ではデニム共々、敵に3方を包囲された状態から始まります。
当然、プレイヤーとしては自軍がいる方へ退避させたいのですが
アロセールさんは初手から、敵軍最後方のクレリック目掛けて突進します。
デニムがナイトだったのでヴァイス含む敵ユニットに袋叩きにされる彼女を
なんとかヒールで援護しつつ、バフ系の消耗品アイテムも総導入して
なんとか乗り切りました…カードの射程が2あるのが助かりましたね。

2章の最初のステージで敵として出てきた時は必殺技で後衛が即死させられたり
一時はもう詰んだかと思うくらいに苦戦させられましたし
2章前半は何かとアロセール祭りでした。
しかし、これで最強の弓兵が仲間に加わったので
今後のステージでは厄介な敵後衛キラーとして活躍してくれるでしょう。
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~ その3
3年目をプレイ中ですが、何やらイベントで
年度末を待たずして延長戦が確定した模様。
まぁ、既に条件は満たしているので、先行してくれるのは有難い。

2年目くらいまでは、1本道の要素が強かったのですが
3年目ともなってくると、さすがに王宮依頼の幅が広がってきて
プレイヤーの行動にも選択肢が増えてきましたね。
まぁ、考える事が多いせいで、数日プレイしないだけで
あれ?めっちゃやる事多いけど、どういうスケジュール立ててたっけ…?
という事になりますので、やめる前はメモを取っておいたほうが良いかも。
キリが良い所、というのは存在しませんのでw

戦闘面でも、そろそろ装備に気を使わないと、苦しくなってきました。
エントの森に行ったとき、ボスに瞬殺でしたからねぇ…。
グリフォニアン相手にギリギリ勝てるくらいの実力なので
まだまだ、装備を煮詰めていかないといけないんでしょう。

ちなみに、パーティはミミとエスティさんで、ずっと固定です。
特に「STⅢ-40」が最高ですね!

2年目終了時の成績はこんな感じ。(3年目4/2に計測)
・人口 22523人
・王国ランク Ⅴ(985pts)
・錬金術Lv 35
・冒険者Lv 37
ファイナルファンタジーⅣ ジ・アフターイヤーズ ギルバート編
<コンプリートコレクションより>

全体から見ると、ようやく半分を越えたくらいでしょうか。
思ったより長いなーこれは…。
チャレンジダンジョンは無視してしまえば良かったかも。


ギルバート編 星落つるダムシアン

そういえば、このギルバートを含め
セシル、ヤン、エッジなど…国王だらけw
クワトロキングスというバンド技もあるらしいし
意識はしているみたいですね。

基本的にはダムシアンからバロンに移動するだけのストーリー
まぁ、面白くもなんともない…。
新キャラのハルとの絡みがメインになっているようですね。

その代わりにチャレンジミッションが他とは違って
かなり凝ったものになっていました。
ドラクエ4の3章(トルネコ)が異質だった事と、同じような感覚かな。

まぁ、単に面倒だという人も多そうだけど…。
タクティクスオウガ 運命の輪 その2
第1章 僕にその手を汚せというのか

1章クリアしました~。
序盤難しかったですが、システィーナ救出以降は
あまり苦戦するようなことはなくなりましたね~。
これくらいなら、なんとかエキストラバトル(だっけ?)は0回でクリア出来そうです。

…というのも、チャリオットを使いまくってるからです、ハイ。
最大50手まで自由に巻き戻せるというこの機能は
SRPGにとっては、禁断のシステムといって良いでしょう。
自分の好きなFEやサモンナイトなどステージ中のやり直しは
一切効かないのが普通ですからね~。

難易度の大幅な低下によってサクサク進むようになったのは良いのですが
いくらでもやり直せるので、思考は停止し一手一手が軽くなって
緊張感のかけらもなくなってしまいました。
ステージの終盤で致命的な失敗をした時など、使いどころは厳選するつもりだったのですが
一度使ってしまうと、抜け出せなくなってしまうわけですよ…。
自分で縛ってプレイすれば良いんですが、どうにも意思が弱いものです。

そんな1章ではゾード湿原のガンプ戦で結構苦戦しました。
グリフォン2体が味方を飛び越えて、容赦なく後衛を狙ってくるもんで
何度、スペシャル技の餌食になったことか…。

後はまぁサクサクって感じで、SFCの時に鬼難度に感じたバルマムッサの戦いも
チャリオットのおかげで全く苦戦することなくクリア出来ました。
ちなみにクリア時の味方レベルは5~6。

思ったよりも、早く攻略出来そうです。
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~ その2
2年目に突入しております。メルルです。
プレイ感は、ほんとトトリのままですね~。
ロロナとトトリでは、かなりの違いがありましたが
トトリとメルルでは、ほとんど同じのようです。

量販店やホムによる調合・採取補助も出来るようになって
早くも本格的なマネージメントが楽しめてます。
ただ、前回も書きましたがトトリに比べると自由度が下がっているので
王宮課題を効率良く黙々とこなすだけになりがちです…。

トトリでは拠点が2ヶ所あって、拠点間の移動に時間がかかるので
こっちの拠点にいるときにコレとコレやって、このフラグ立てておいて
向こうの拠点へ行って…といった流れを考える余地がありましたが
メルルだと、ある程度システム側で流れを提示されているので
それに従っていれば問題ない感じかな~。

まぁ、まだ2年目ですし、トゥルーエンドの条件次第では
こんなプレイではダメダメなのかもしれませんが…。
王宮課題で作る調合品も、後半は特性の条件が厳しくなってきそうだから
2週目はそれを踏まえて、必要な特性がついた素材を予め用意しておいたり
先を見据えた調合をしていくことが重要になるかもしれないですね。

ちなみに1年目終了時の成績はこんな感じでした。(2年目5/1に計測)
・人口 10003人
・王国ランク Ⅳ(575pts)
・錬金術Lv 27
・冒険者Lv 28
ファイナルファンタジーⅣ ジ・アフターイヤーズ ポロム編
<コンプリートコレクションより>

本編から結構時間が経っているので
本編キャラの顔グラが一新されているのですが
個人的にはTAの顔グラの方が好きなキャラが多いです。

本編とTAの間って何年くらいなんでしょうね~?
だいたい15年くらいだと思ってるんですが。


ポロム編 月へ消えた魔導船

本編終了後から
→数年後→数年後→数年後と少しずつストーリーが進む感じ
他のキャラとの絡みが多く、各キャラの本編とAFとの間を
補完するように話が展開してますね。
ポロム自身はいまいち影が薄いです…。

他のメインキャラが多く出てくる事もあってか
今回初めて新キャラの登場がなかったですね。

白魔道士は戦闘向きじゃないので、全体的に難易度は低め。
チャレンジダンジョンも、他と比べて簡単でした。
2011/07
ようやくタクティクスオウガを始められました。
今年は思うようにゲームが消化出来てないんですよね~。
すぐ終わるアクション系が少なくて、時間がかかるRPG系が多いからかなぁ。

あと、独り言ですが
10月22日の午前中は仕事になる可能性が高い気がするな~。


<2011年7月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★ファイナルファンタジーⅣ コンプリートコレクション

   記事が追いついてませんが、ジ・アフターイヤーズをクリア済みです。
   チャレンジダンジョン全てでアダマンタイトを取得するまでやりましたし
   思った以上に時間をかけてしまったかも。1章1章は短いから、ついつい…ね。
   クリア後の要素はパスしておきます。


 ★Dragon Age: Origins

   普通にプレイして普通にクリア…です。
   FF12やゼノブレイドとは似ていると思いましたが
   よく比較されるオブリビオンは未プレイなので、差がわかりません。
   ローカライズとインターフェースでだいぶ損してる気がしますね~。


 ・タクティクスオウガ 運命の輪

   今までプレイするプレイすると言いつつ引き伸ばしてきましたが
   やっと始めました~。
   1章クリアまで進んでますが、難しいのは最初だけだったかも…。
   バルマムッサよりもシスティーナ救出がきつかった。


 ・メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~

   3年目途中で、延長戦が確定した辺りです。
   今のところ簡単すぎて、スケジュール管理の必要性があまりないんですが
   過去2作品に比べてボス敵が強そうなので
   強力な武器防具を作るのに時間を取られそうな気がしますね。


<2011年8月のプレイ予定>
(★新規)


 ・タクティクスオウガ 運命の輪

   始めるまでは重い腰を上げるのに時間がかかりましたが
   始めたからには一気にいきましょう!
   カオスルートで行くつもりです。


 ・メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~

   とりあえず、1周目は武器防具作成に時間を割いて
   2週目では全エンディングを見る為の、マネジメントプレイをしようかな~と。
   そもそも今作は2週目じゃないと見れないエンディングもあるし
   ゲームシステムにも半強制なんですよね。


 ★L.A.ノワール

   メルルの後にやろうかなーと思ってます。
   操作性はだいぶ違うと思いますが、どんなシステムなんだろうか…。
   完全に雰囲気だけで購入を決定しましたが
   アランウェイクともヘビーレインとも違った感じなのかな。


 ★密室のサクリファイス

   ダンガンロンパをプレイしていたら
   脱出ゲーがプレイしたくなってしまい、選んだのがコレです。
   そもそも脱出ゲーなんてフルプライスで買うもんじゃないんですが…。


そろそろゲームショウが近くなってきました。
今年は土日どっちにいこうかしら?
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.