いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
タクティクスオウガ 運命の輪 カーテンコール その2
当時、中学生だった頃は、最初の選択肢で
カオスルート以外を選ぶなんて考えることも出来ませんでしたが
今なら、このロウルートを往く選択肢も納得…というか
こういう道もあるよなぁ…ということは理解出来るようになりました。


第2章 誰も僕を責めることはできない(ロウルート)

敵のレベルが同レベルなので、戦闘はめちゃくちゃ簡単です。
1周目に密かにやっていた「敵全滅縛り」もやめたので
戦闘開始と同時にボスを集中攻撃して、すぐ終わりますね。
まぁ、ワールドで2章に戻ってきたのはストーリーを追う事が目的なので
戦闘が全く楽しくはないですが、サクサクで良い感じです。

逆の選択肢を選ぶとヴァイスとは違う道を歩むことになるんですが
こっちを選んだ場合でも、結局ヴァイスとは道を違える事になるんですね…。
(デニムと一緒なのが嫌なだけなんじゃないか…)

それにしてもやっぱり、セリフ回しが素晴らしいなぁ…。
単なる雑魚戦でも、敵リーダーとの会話は熱いものがありますし
まるでプレイヤーの心に訴えかけてくるかのような事を言うので
いちいち考えさせられます。
デニムが自分の意見でハッキリと言い返すのも気持ち良い。

カオスルートとは展開も結構違っているので
3章で、どう修正して4章に繋げて行くのか、楽しみです。
クイーンズゲイト スパイラルカオス その3
そろそろ終盤ですが、さすがに戦闘が辛くなってきました。
といっても、難度の事ではなく、変わり映えしない展開についてですが…。
現在36話で分岐も多数ありましたが、ストーリーなんて無いようなものなのに
この長さはちょっと無理がありますよ…。

延々と同じ敵と戦い続けるような戦闘は、本来3ステージ程度が限界でしょうけど
このゲームは10ステージも20ステージも、同じ敵と戦うので
さすがに苦しくなってきます。
戦闘システム的には悪くないゲームなんで、もうちょっと
短めに作ってくれた方が、最後まで楽しめると思うんですけどね。

せっかく多くのコラボキャラが参戦してるので
もっとしっかりストーリーを作ってくれると良いんですが
会話シーンは誰が喋っても成立するような内容ばかりで
クロスオーバーも全くない…なんなんだコレハ…。
前作も同じようなレベルだったとは思いますが
こんなには気にならなかったのは、適度に短かったからかもしれません。

後、十兵衛とかノエルがようやく仲間になりましたが
既に出撃枠がないわな…うーむ、レベルアップボーナスなんかの関係で
基礎ステータス自体も既存キャラとは差が出ているし
どうしよっかなー、使いたいけど…。

ちなみにアニメ1期に続き2期も見てみました。
だいぶマシな内容になってましたが、まだ平均以下かな…。
最終回エンディングロールの背景絵だけは良かった。ほんとに。
HOSPITAL. 6人の医師 共通ルート
主人公6人のルートをクリアすると解禁される
いわゆるクライマックス編です。

ラストはお約束通り、架空の病気が相手になるわけですが
過去のシリーズと違い、外科手術だけじゃなくて診断や検視もあるので
非常にリアリティを感じられました。
現実にも未知の病原菌を相手にする事はあるわけですしね。

全12話の構成なので、6人×2話ずつで進むんだろうな~と思いましたが
ストーリー展開の都合からか、診断は1回のみで内視鏡が3回となっていました。
救急をやってる時は、切迫感を感じられてプレイしていて楽しかったですね。
あとは、診断で病名が特定出来ずに焦ったりする演出も良かったです。

ラスボスは全体的な難易度が下がった事を差し引いても
シリーズ最弱かと…。
まぁ、今作は医療ドラマメインという事は公式に言われてますしね。
実際に、ストーリーはシリーズで一番良かったと思います。

しかし…取扱説明書の最終ページにある、開発者からの挑戦状…。

---------HOSPITAL. 6人の医師 取扱説明書から抜粋 ここから---------

この度は、『HOSPITAL. 6人の医師』をご購入くださり、
また、取扱説明書の最後まで、目を通していただき、有難うございます。

これまで、『カドゥケウス』シリーズをお楽しみにいただいたお客様にとって、
この『HOSPITAL』は、少々、簡単に感じるかも知れません。

『HOSPITAL』は、誰もが医療ドラマを体験できるゲームを目指し、製作いた
しました。その為、難易度に関しては、控えめにセッティングを心がけており
ます。

ですが、攻略こそがゲームの醍醐味。あの高難度を誇る『カドゥケウス』を愛
してくださった方々に対して、次の挑戦をする事もまた、我々開発者の使命
だと考えております。

“カドケイズム”は、2周目から目覚めます。
スタッフから、「今回のXSは、本当に幻だ」との意見も出ております。

『カドゥケウス』を愛してくださり、そして『HOSPITAL』をご購入いただい
た皆様。ALL.XS。果たせますか?

---------HOSPITAL. 6人の医師 取扱説明書から抜粋 ここまで---------

別に愛しているわけじゃないですが…やってみましょう。
ファイナルファンタジー 零式
いきなりですが…専門用語のオンパレードやめーい!
自分の頭じゃ、とても理解しきれんぞ…。
まぁ、キャラゲーだと思っているから、メインストーリーは諦めよう。
きっとキャラ固有イベントも豊富にあるに違いない。


第一章 開戦、運命の三時間

第一章は、最初のミッションがあるだけで、非常に短いですね。
いわゆるチュートリアルってやつです。

どうせアクションと言っても、FFファンをターゲットにしている以上
大した事ないんだろうと思っていましたが、なかなか難しい。
敵の攻撃力が結構高いので、避けることを考えずに
ひたすら攻撃していると、案外簡単に死ねちゃうんですねぇ。

一応、今のところ動き回ってるだけで、ほぼ被弾0になりますし
緊急回避も性能が良さそうなので、意識してれば大丈夫なレベルです。

攻撃面も、ひたすらボタン連打のレベルで十分なんとかなりますが
キルサイトを狙うと俄然楽に、そして楽しくなりますね。
これは敵の隙を突いて特定のタイミングで攻撃を命中させると
敵を一撃で倒せるというものです。(ボスには大ダメージのみ;ブレイクサイト)

鬼武者の一閃と良く似た感じですが、鬼武者と違って
攻撃のタイミングが視覚的に表示されるので、難度はかなり低いです。
それでもキルサイトが表示されてから攻撃を開始したのでは
さすがに間に合わないので、タイミングを覚えて先読みする必要はありますけどね。

とりあえず戦闘はかなり楽しそうなので安心しました。

一章が終わるとディスクチェンジ。
チュートリアルだけでディスク1終わりなのね。
エースコンバット アサルト・ホライゾン クリア
まずは、さくっとクリアです。
「トンネルミッション=ラスト」だと思い込んでいたので
唐突に終わったように感じてしまいました。
まさか、ないとはな~w

代わりにラスボスとはDFMでのドッグファイト戦になっていました。
この新システムでもあるDFM(ドッグファイトモード)は面白い部分もあるんですが
特定の敵によってはパターン化されている部分があるようなので
非常にイベント感が出ちゃってるんですよね。
ラスボス戦で何度かリトライしたので、何度も同じ演出を見せられてしまい
若干ゲンナリしましたよ…。

対地用に用意されたAFM(エアストライクモード)は
ルートが絞られてしまいますが、こっちはまだイベントっぽくはないかな。
というか、普通に対地攻撃するのと大して変わらないんですよねw

カウンターマニューバは、出来れば通常操作だけで再現出来るとベストなんですが
操作が複雑になりそうなので、難しいのかなぁ…。
物理計算も大変そうですし、フライトシミュレータじゃないですしね。

初周は難易度ノーマルだったので、2週目はハードで練習しながら
難易度エースに備えることにしよう。
PORTAL 2 クリア
チャプター6~クリアまで。

チャプター5でストーリー的にもゲーム的にも大きな変化がありましたが
チャプター6以降は、またひたすらパズルの連続になりますね~。
でも、よくあるパターンのように、ギミックの種類などは前半で出尽くして
後半は応用がひたすら難しくなっていくようなパターンではなく
最後まで新しい要素が追加され続け、適度に応用も必要という
絶妙な調整が出来ている印象でした。

それでも応用は多くないので、難易度的には低めだと思いますが
どんどん難しくなって自力で解けなくなるよりは良いかな~。
一応、最後まで全て自力で解く事は出来ましたしね!

ストーリーは最初と中盤と最後に集中的に絡ませていますが
それほど前面には出てこないので、やはりパズルメインのゲームです。
ラスボス戦では、僅かながらアクション要素がありますが
かなり簡単なので、苦手な人でも問題ないかと。

といったところで、終わり~。
(チャプター10はエンディングだけだった)
HOSPITAL. 6人の医師 検視: ミラ・キミシマ
いやはや最後は検視とは…幅広く6種類選びましたねぇ。
しかも、現場検証から証言の確認、事件の推理・解明までをこなします。
主人公は前々作でも登場し、その時は外科医として活躍してました。
彼女は当時から天才という立ち位置だったので、まぁなんでも出来るのも納得。

…ですが、死者の声が聞こえる能力はなんなんだ…。
ここだけやけにオカルトチックだな~なんて思いましたが
そもそも架空のとんでもない病気や超執刀なんていう技術がある世界観でしたね。
今作ではSF的要素があまり出てないので忘れてました。

システムは完成度が高いと思いますが
さすがに本家捜査ゲーではないので、この手の捜査には必須情報である
死亡推定時刻が提示されなかったりと、所々で違和感がありますね。

最後には暗号解読が7問ありますが、これは超楽勝問題でした。
こういうのが好きな人なら全問10秒~1分以内にネタがわかると思います。

正直、もう少し洗練されれば、このシステムで別ゲーをしたいくらい面白いです。
割と本気で…出ないかな…。
タクティクスオウガ 運命の輪 カーテンコール その1
タイトルをカーテンコールにしちゃいましたが
実際はクリア後にワールドを使って、別ルートを攻略するだけです。
カーテンコールまでプレイする時間はない…。


第3章 すくいきれないもの(ニュートラルルート)

SFC版、SS版とプレイしましたが
カオスルート以外に進んだのは、これが初めてです。
今回も含めて、何度やってもカオスルートしか選べなかったので
ワールド様々ですね。
アンカーポイントが分岐ポイントより、ちょっと前なので
同じステージを攻略するのが、ちょっと面倒ですが。

オウガのストーリーは重厚な感じがすごい好きで
別ルートのストーリーも楽しみにしてたんですが
大筋ではカオスルートもニュートラルルートも
あまり変わらないなーという印象でした。
戦闘も似たようなシチュエーションになるので
別のストーリーをプレイしているという感じは、薄かったです。

最終的には4章で合流しないといけないので
まぁ、仕方ないのかもしれませんが…

この後はロウルートもプレイしてみますが
ロウルートは2章からなので、ニュートラルよりは
ストーリーに差があるんじゃないかと期待しています。
クイーンズゲイト スパイラルカオス その2
中盤辺りをチマチマと攻略中です。
具体的にはストーリーのターニングポイントとなる21話をクリアしたところ。

出撃可能数に比べて、味方キャラが多いので
前作キャラは使わずに、新キャラだけ使ってます。
戦闘アニメのクオリティにも差がありますしね。
ブレイド勢では前作で仲間にならなかったアレインさんだけレギュラー。

ここでラスボス的な敵を、ほぼイベント戦闘で倒してしまいましたが
まだ、半分も進んでませんし、後半で絶対に出てきますよね。

戦闘は前作同様に難易度低めで、本来ならサクサク進められるんですが
敵は必ずPKDしないといけないという縛りをしているので
なかなか思うように進みませんねぇ。
あと、同じフリーステージの使用は1回限定という縛りも。

今後のシナリオフローチャートを見ると、4分岐とかもあって
かなり大変そうなので、気合入れないと!

…温泉イベントのムービーは完全にアウトでしょうw
HOSPITAL. 6人の医師 診断: ガブリエル・カニンガム
診断専門医なので手術はありません。
患者の症状から病気を特定するわけですが、完全に別ゲーです。

人工知能を持つ診断補助端末“RONI”との掛け合いは、なかなか良い。
まぁ、RONIの役割は主人公の補助というより、医療知識のないプレイヤーの為
というのが、本質なんでしょうね。
専門用語のオンパレードなので、RONIの説明がなければほとんど理解不能です。

問診、聴診、視診、血液検査、心電図
MRI検査、CT検査、X線検査、etc...
この辺をガイドなしでリアル医者がプレイしたら
画像を視てこれは腫瘍だとか、この症状だとこの病気が疑わしいとか
やっぱりわかるのだろうか?どういう診断を下すのか興味深い…。

ちなみに他と違ってステージのクリアランクはなし。
まぁ、ADVだから2回やれば誰でも最高ランク取れるし
無意味なものはなくて当たり前か。
エースコンバット アサルト・ホライゾン
今回ナンバリングがはずれたエスコンです。
プレイしてみると、システム面で大きな変更点があって
過去のシリーズとは別物に近い内容になっていますね。
この辺りがタイトルに反映されたのかもしれません。

今までは主に、戦闘機や攻撃機を操作しての対空/対地/対艦ミッションが
ほとんどでしたが、今作では他に攻撃ヘリ、ドアガンナー、ガンシップが追加され
操作バリエーションが大幅に増えています。

まだ、キャンペーンモードの序盤をプレイ中ですが
とりあえず、どれも1回ずつはミッションで使う機会がありました。
ドアガンナーとガンシップは機体操作がなく、照準と射撃のみなので
どことなくミニゲーム的な感じでしょうか。
もう一つアイディアが欲しい気もしましたが、こういうシンプルなものが
あっても良いのかもしれません。

攻撃ヘリでの対地ミッションは攻撃機や爆撃機よりも、かなり低空で行われ
SAMや施設を直接攻撃するというよりは、攻撃車両や対人がメインです。
前後左右が自由自在なので、なんだかFPSっぽい操作感がしますw
ヘリの操作って実際にはかなり難しいと聞くので
操作面はもうちょっと難しい方が面白かったんじゃないかな~。
シリーズで初なので、簡単にしたのかもしれませんけどね。

戦闘機に関してもドッグファイトや爆撃に関して専用のシステムが
新規に採用されていますが、こちらに関しては次回ということで。
密室のサクリファイス クリア
前回、5人の主人公のうち、クロエエンディングまでみましたが
残り4人についても、終わりまして…いやー、想像以上でした。
難易度もストーリーも。

後半のステージでは、かなり攻略サイトを頼りにさせてもらいました。
ネタバレを見ると「自分じゃ何時間かけても無理だったな~」
と、思うものが多かったので、諦めが早くて正解でしたね…。
しかしながら、攻略サイトが存在するということは
(関係者のネタバレや解析じゃない限り)この鬼畜難易度を解いた方がいるということ。
一度、出来る人が初めて攻略するところを見てみたいものです…。

ストーリーは自分の想像していた内容以上のものを
ラストで展開してくれたので、結構満足してます。
ただ、かなりSF要素が強いので、人を選ぶかもしれません。
(それと、若干設定がぶっとんでるかもね…)

5人の主人公のエンディングはこんな感じ
ミキ編  … 消化不良
アスナ編 … ループ
オルガ編 … バイオハザード
クロエ編 … 詰み
イトカ編 … ハッピーエンド

イトカ編も他の4人のバッドエンドを見ていないと、バッドエンドに。
各バッドエンドは、どれも救われない感が良いですw
誰かの為に自分が犠牲になったり、自分の為に誰かを犠牲にしたりしても
結局は全滅なんですね。
まさにタイトル通り「サクリファイス」な展開が満載です。

こうやって足掻いても足掻いても助からない展開を見せてから
最後のハッピーエンドを見せる構成なので、より映えますね~。

個人的にアスナの性格はあまり好きじゃないですが、ストーリーは一番好きでした。
おしまい
HOSPITAL. 6人の医師 内視鏡: トモエ・タチバナ
初めて画面写真とかを見た印象では、一番やってみたかったのがコレです。
内臓内を移動していくので、グラフィックがダメな人はダメかも。

小腸やら大腸は一本道なのでともかく
肺は分岐点が多くて、空間把握がうまく出来ない人は迷子になりやすい。

操作はヌンチャクがメインで、他と比べて非常に特殊です。
慣れてない事もあって、最高でもBランクしか取れませんでした。
最後が手術じゃなくて、崩落現場の瓦礫の隙間に内視鏡を入れて
要救助者を見つけ出すという特殊なものだったのが印象的です。

主人公は他の医者達に比べると普通の人なんですが
自分専用の内視鏡を特注で作ったりと、やっぱりどこか…w

あまり意識してませんでしたが
彼女が日本の実家に帰ると言った時に
アメリカが舞台だったことを思い出しました。

やはりこのゲームのメインターゲットは日本よりも
海外っぽいですねぇ。
患者の身体データも、身長は“in”(インチ)で
体重は“ibs”(ポンド)表記ですし。
PORTAL 2 その2
チャプター5まで終わりましたー。
全部でチャプター10まであるようなので、丁度半分。
(メニュー画面で何チャプターまであるか、わかっちゃうのねw)

チャプター4までは、淡々とパズルを解いていくだけのステージが続き
あれ?ほとんどストーリーがない…と、思っていたら
チャプター5から、急展開!
なんだか、急に普通のFPSみたいになったんですけど、どういうことw
(“みたい”というだけで、銃撃戦とかはないです)

でも、チャプター3が終わった辺りで
新しい仕掛けやギミックも、出尽くした感があり
あと7チャプターもひたすら複雑になっていくだけだったら
辛いなーと思っていたので、これは大歓迎。

ストーリーも一気に面白くなって
チャプター5が終わる頃には、どっぷりとPORTALワールドにハマってました。
この先の展開が気になります!
2011/10
魔装機神Ⅱが発表されましたね…まぁ、これはこれで嬉しいわけですが
OG2どこいった?再世編はまだかのー?
と、どうしても思ってしまいます。


<2011年10月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★密室のサクリファイス

   前半はそうでもなかったんですが、後半は噂通りの鬼難度でした。
   攻略サイトがなかったら、確実にクリア出来なかったでしょうね~。


 ★ポータル2

   パズルゲーっていうことで、さすがの短さです。
   それ程難しくもなく、1ステージで長くハマってしまう事もなかったので
   だいたい、クリアまで10時間程度だったかなー?


 ★HOSPITAL. 6人の医師

   とりあえず、クリアまで。
   これ、かなり面白かったので、出来れば全ステージで最高ランク取りたいんですが
   ちょーっと時間がなさそう。タクティクスオウガとの2択でした。
   一応、今後やることもあるかもしれませんが、一旦完了扱いということで。


 ・タクティクスオウガ 運命の輪

   クリアはしたんですが、別ルートもやってみる事にしました。
   1周クリアだけで、相当時間もかけてしまったし、かなり悩んだんですが
   やっぱりストーリーが気になります…。


 ・クイーンズゲイト スパイラルカオス

   20話前後をちまちま攻略中です。
   全ルート攻略するつもりですが、攻略サイトで分岐情報を確認したら
   想像以上に多かったので、かなり時間がかかりそうだな~。



<2011年11月のプレイ予定>
(★新規)


 ・タクティクスオウガ 運命の輪

   ニュートラルルートとロウルートのメインの部分に特化して進めるつもりです。
   寄り道などはしないで、サクサクっといければいいかな。
   

 ・クイーンズゲイト スパイラルカオス

   オウガは通勤中専用にして、こちらはTV出力でじっくりと。
   本命の分岐ルート以外は、縛り条件なしでやろうっと…。


 ★エースコンバット アサルト・ホライゾン

   今回、ゲーム性が結構変わっているようで微妙評価も多いですが
   なんだかんだで前作も難易度エースで全オペレーションランクSを達成しているし
   エスコンならきっと楽しめると信じてます…よ?


 ★FINAL FANTASY 零式

   沢城さんのキャラが気になってます。サイス…だっけな?
   零式っていうタイトルもちょっと気になりますね…どういう意味なんだろう。



予定に載せていないですが、アンチャ3と街も時間があればプレイしたいなー。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.