いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ヒーローズファンタジア クリア
あっさりクリア~。
終盤になるほどキャラゲーレベルの難易度に下がっていきました。

後半になると、メンバーを変えるのも面倒だし
固定されたメンバー、固定された戦術で戦うだけなので
ずっと同じ事の繰り返しです。(主人公は2軍でしたw)

敵キャラはステータスの差があるだけで
基本的にみんな同じ攻撃しかしてこないから
戦い方を変える必要は皆無ですしね。
…というか、そもそも味方の火力がインフレしすぎて
ほとんどのボスが攻撃させる間もなく1ターンキルなわけですがw

一応ラスボスは強かったです。
他のボスとは次元が違いました。

ストーリー面は面白くなかったですが、意外と良かったのが
各キャラのクロスオーバー会話!
設定レベルのクロスオーバーはなかったですが
別作品のキャラ同士の会話に違和感はなく、すごく自然でした。

知ってる作品が少ないので、たぶん…ですが
原作再現はほとんどなかったと思います。
舞-HiMEに関しては、改変されながらも結構再現されてましたけどね。
命の顔が暗くなる演出とかも、しっかりやってましたし。

なんだかんだでキャラゲーなのでクロスオーバー面に満足出来て良かったかも。
また同じコンセプトの作品が出たら買いたいですが
システム面は一新して欲しいな~。
第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その14
シャーリー生きてたよぉおおお!
良かった~、ロジャーありがとう!


第36話 加速する世界

 軽くZONEを破壊し、次元獣を圧倒するガイオウ。
 そして、影で暗躍し続けていたアイムが表舞台に!
 いやいや、彼ら二人の登場で一気にオリジナルのシナリオが
 面白みを増してきましたよ。
 二つの世界が繋がった事で、自軍の戦力もさらに増強され
 文字通り、加速してきた…!


第37話 銀河をステージに

 バジュラを撤退させ、次元獣にダメージを与えるだけじゃなく
 ついに人間(アイム)にまでダメージを与えたぞ…バサラの歌ってなんなんだw


分岐 暗黒大陸ルート
第38話 告げられる絶望

 ようやくこのシナリオきたかー。
 グレンラガンがちょっと空気すぎるわ。
 自軍参入の時にやってしまったとはいえ、ムガンの爆発による被害とか
 完全にない事にしちゃったのね。
 あと、ヨーコの参入まだかな…焦らしおる…。
 分岐は暗黒大陸ルートで進めることにするよ。


分岐 エリア11ルート
第38話 過去からの刺客

 やっぱりギアスルートだと戦闘よりもイベントメインだのう。
 自力で真実に辿り着いたロジャーはさすがです。
 ヒイロに続き、二人目か。


第39話 禁断の継承者

 コード・ギアスの設定を深く描いてくれてます。
 ほんとに本編を見なくても、十分なレベルだなぁ、コレハ。
 逆にボトムズはどんどん本編が見たくなってくる。
 目標は今年中くらいで。
 ところで、ゼロはなんでキリコに素顔を晒したのかな?


第40話 歌え、誰かのために

 オルソンはともかくモームまで来るとは予想外。
 てか、オルソンさん単体では使えないのか…残念すぎる。


ワイズマンと聞いて真っ先にバーニィが浮かぶ自分はポケ戦好き
ToHeart2 ダンジョントラベラーズ
原作はプレイしたことがありませんし、キャラは一人もわかりません。
ダンジョンRPGもプレイしたことがありませんし、セオリーの一つもわかりません。
でも、薦められるがままに始めてみるw

プロローグで、なんとなく原作の雰囲気が味わえましたが
やっぱり学園物はダメだな~。
残念ながら原作をプレイする事はないでしょう。
キャラは全体的に良いと思うんですけどね~、なんだろう。

ダンジョンはとりあえず1層をクリアしたところまで。
ダンジョンRPGって総じて難易度が高い印象がありますが
いやいや、このゲームは所詮原作がエロゲのスピンオフですよ?
どうせ軽めの難易度調整に決まってるっしょ!
と、思って調子に乗ってたら、愛佳の魔法にボコボコにされたでござる。

一応、初見でも一人やられただけで勝てたんですが
全員生き残って勝ちたかったので、ひたすらリトライしてなんとか…。
普通のRPGのセオリー通り、ボスの取り巻きから先に倒してたんですが
最初に愛佳を全力で倒した方がベターでしたね。

1層からこれじゃ、今後どうなってしまうのだろうかw
ドラゴンズドグマ その3
サブクエスト優先で進めてるので、鈍足でしたが
一気に「決戦」まで終了しましたよー!

前回の記事の最後からレンジャーになりましたが、やっぱり弓は楽しい。
しかも、接近戦もそれ程苦手じゃないところが良いです。
ストライダー同様、掴まって相手の弱点を「百烈斬り!」も健在ですし。

でも…大弓って種類が少なすぎやしませんか?
防具だけじゃなくて、大弓もいろんなデザインを楽しみたいところです。
普通の弓や他の武器は、いろんなデザインがあるんですけどねぇ…。
ダガーは種類が多いですが、得物が小さいので戦闘時はほとんど見えないのがなぁ。

サブクエスト優先だと、レベルが上がり過ぎるだけじゃなくて
お金もめっちゃ貯まるので、もっといろいろ買いたいのさ。
一瞬で拠点に戻れる「刹那の飛石」は10個単位で大人買いしてますがw

ちなみにドラゴン討伐時でレベルは51。
所持金は金策なしで、450万くらい。
クエストでレベルが上がりすぎたせいか、超楽勝だったので
アクションゲームとしては致命的なヌルさになってしまったようだ。

それにポーンもかなり優秀なんですよね~。
自分は宝箱漁りに専念してても、周囲の雑魚は結構片付けてくれます。
探索時はアイテムも拾い集めてくれるし、ほんと出来る仲間がいると楽だわw

ただ、サポートポーンはレベルが上がらない為
自分のレベルと釣り合わなくなったら別のサポートポーンを
探さないといけないので、それがちょっと面倒な人もいるかもしれません。
自分はサポートポーン探しを結構楽しめてるので
大体2レベル上がったら、すぐに次のサポートポーンを探してます。
(簡単すぎるから、いっそサポートポーンなしでも…)

さて、この先が噂の第二部ってやつか…ドキドキ。
レイマン オリジン ゾンビのくに
意外に長く遊べたレイマンも、これで終わり。
「ゾンビのくに」は、ここまで辿り着いたプレイヤーへの最後の挑戦です。

さすがに他のステージとは比べ物にならない
ハードなステージ構成になってはいるんですが
操作のタイミングがシビアになった分、覚えゲーの要素が増した気がしました。

このタイミングでこの操作!というのが、攻略のポイントになってしまったので
難しいとはいえ、何度もプレイしてタイミングさえ掴めば
案外楽にクリア出来るんじゃないかと思います。

ラスボスも2回弱点を叩いたら、後は連打して終わりだしなぁ…
他のボス達とあまり差はなかったように感じましたよ。

ということで、最後はともかく全体的にはイージーな作品だと思いますし
久々のプラチナトロフィーゲットですよー!
いや、別にトロフィーとか全然興味ないっすけどね!
第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その13
鉄人って新規参戦の割には不遇な気がする…
武装追加の時もイベントがなかったから、いつの間にか増えてる状態だったし


分岐 地上ルート

 ストーリーの軸となる作品はなくて
 細かいところを、ちょこちょことやった感じ。


第32話 奪われた鉄人

 ブランチはここで終わりか…ベックやティンプみたいに
 死なないでいつまでもちょっかい出してくるような悪役じゃなかったのね。
 ドナウα1はフラグ満たしたけど、大したイベントもなかった…残念。


第33話 ブラック・アヴェンジャー

 宇宙ルートでピラーの破片を破壊してる時に
 地上ルートではこんなことしてましたってお話。
 この系統の話は協力してる感があって、やっぱり好きだなぁ。


第34話 亡者再臨

 ムーンWILLが復活するのは良いけど、小物感が出ちゃったような…。
 まぁ、原作終わった後で出れるだけマシかな?


第35話 昨日への決別

 宇宙ルートと全く同じシナリオ。
 同じシナリオなら、分岐でやらないでくれと何度いったら…。
 でも、このシナリオは戦闘前会話が楽しみなので
 メンバーが違うだけで、楽しいです。
 しかし、アサキムは相変わらずの厨二やなぁ。


ちなみに、宇宙ルートの方で進めてます。
TOKYO JUNGLE
期待半分、不安半分で買ってみました…

とりあえず、肉食のポメラニアンと草食のニホンジカで
2回ずつプレイしてみたところですが、まぁまぁ面白い程度。

ただ、いわゆるスコアアタックゲーなので
ゲーム以外の何か、を求める人には向いてないかもしれません。
出来る事もほとんどなくて、マップを移動しつつ
「狩り」「マーキング」「世代交代」をひたすら繰り返すのみ。

アクセントを加える要素として、時間経過と共に「チャレンジ」が指定され
成功するとスコアが増えるというものがあります。
チャレンジを達成するにはリスクを伴うので、少しでもハイスコアを狙うのか
安全に長く生きる事を優先するのかは、プレイヤー次第。

最近プレイしたスコアタックゲーとしてはミクさんがありますが
案外、単純なゲームで自分との戦いをするのが好きなのかもしれません。
(よくやる縛りプレイも自分との戦いだし、確実に好きなんだな)

 どの曲をプレイしようかなー?
 →どの動物でプレイしようかな~?

 特定の曲で一定の条件を満たすと次の曲がアンロック
 →特定の動物で一定の条件を満たすと次の動物がアンロック

てな、感じです。同じです!

ちなみに、一応ストーリーモードもありますが
未プレイなので、そちらはまた次の機会に。
ヒーローズファンタジア その4
3章の前半部分まで終わりましたー。
1章と2章のキャラクターが合流してクロスーバー感が増しましたね。
このクロスオーバーが思ったよりも良い出来なので
ストーリーなんて、ぶっちゃけどうでもよくなりましたw

オリジナル主体のストーリーである事を考えてか
世界観がしっかりと設定されていて、辞典的な物で読むことが出来るのですが
やっぱり、ただ読むだけなのは面白くない…。
シナリオの中でキャラクター達が自然に説明してくれるのが
一番スマートなやり方なんだけどなぁ。

ストーリー面はクロスオーバーが面白い事でカバー出来るとしても
システム面はやっぱり気になることが多いです。

各キャラクターとも、攻撃方法が通常攻撃と必殺攻撃の2種類しかないのは
非常に寂しい…リナがファイアーボールとドラグ・スレイブしか使えないって…。
せめて、もうちょい動いて欲しかったかなぁ。

ダンジョンマップでは、ギミックを操作するタイプのパズル要素がありますが
小学生低学年向けレベルでしかない為、全く意味なし。
参戦作品を見るに、低年齢向けに作ってるとは思えないんだけどね。

サブクエストは、どれも「指定の場所3箇所に向かえ」ばかりの内容で
バックボーンも展開されないから、何の面白みもない。
依頼者との会話程度はあっても良かったんじゃないか…。
これで製作者はプレイしていて楽しいんですかね?

はぁ…やっぱりシステム面では辛辣になってしまうな…
良かったのは、経験値が共有されている事とカスタムサントラ機能かな。

カスタムサントラはスパロボに搭載される事を熱望しますよ。
個人的には戦闘アニメーション以上に楽曲の方が大事なので
あの曲が収録されてない!って嘆くのはもう嫌です…。
ドラゴンズドグマ その2
領都に着いてから、全くメインクエストを進めず
ずっとサブクエストをやったり、周囲の地域を探索したりしてます。
なんとなく、レベル上がりすぎてヌルゲーフラグが立った気がしますよ?w
ちなみに「竜征クエスト」が全部終わった時点でレベル40オーバーでした。

今までで苦戦した敵といえば、初遭遇した時のオーガとドレイク。
オーガは既に楽勝ですが、ドレイクはまだ再戦してないんですよね。
もうそろそろ倒せるような気がするので、やってみるか~。

ジョブはストライダーからレンジャーで終了のつもりでしたが
ファイターとウォリアーが物理攻撃力を上昇させるアビリティを
覚えるようなので、手を出してみたら結構面白い。

特にウォリアーはスーパーアーマーを持っているし
攻撃範囲がかなり広いので、雑魚敵相手だと無双系のゲームをしている気分にw
ボス戦では、相手の隙を突いてタメ攻撃を当てるのが楽しくて
このまま最後までウォリアーでも良いかと思うくらい良かったです。

ファイターはウォリアーに比べるとスキルが多彩でタンクよりの性能なので
ちょっと地味なのが、なんとも…。
パーティプレイで真価を発揮するタイプだと思いますし
ポーンのAIも悪くはないんですが、やっぱりこのタイプは
オンライン協力プレイでこそ光る役回りだと思うんですよね。

とりあえず、ファイターとウォリアーで欲しいアビリティは覚えたので
今はレンジャーやってますよ。まだ成り立てです!

さて、不満点ですが…買い物で現在の装備品との性能比較の時に
装備品が強化された状態だとどちらが優秀なのかわかりにくい。
まぁ…8割が見た目、2割性能くらいの基準で買ってるから
あまり問題じゃないですけどねw

あとはやっぱり移動が少々面倒だというのがありますが
このくらいの距離ならギリギリ許容範囲かなー。
走り続ければ、片道長くても10分以内には到着出来そうですし
帰りは一瞬で戻れるアイテムがありますしね。

はぁ…楽しくて仕方ない。
レイマン オリジン タイムアタック
レイマンやり込みの第二弾、タイムアタックです。
こちらはメジャーなやり込みなので説明不要ですね。

タイムアタックと言っても、自分との戦いをしていては
なかなか終わらせることが出来ないので
システムで設定されているタイムをクリアして
スピードカップを手に入れることを目標にしました。

一部、ギリギリでクリアしたステージもありましたが
全体的には余裕のあるタイム設定だったかなーと思います。
1ステージにかかる時間も短いですし
これはサクサクっと全ステージクリア出来ました。

ただ、ラムチャレンジが時間をかければ誰でもクリア出来るのに対して
タイムアタックは時間との戦いで、1ミスしたらやり直しですし
苦手な人は大変かもしれません。

それ程苦労してないので、特に特別な事はしてないんですが
ダッシュ攻撃を多用した方が速く移動出来るときは使ってました。
後は落下時は□+↓で速く落ちたり…くらいですかね?

全クリア後に攻略サイトを見たら、ダッシュ攻撃→ジャンプで
速く移動出来るようです。自分では試してないけどね。

それでは、次はラスト…「ゾンビのくに」に行ってみましょう。
第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その12
主人公機に搭載されたCDS(コインドロップシステム)…
スフィアに意識を乗っ取られそうになると、ちゃりーんとコインが落ちた音が鳴り
その音に無意識に反応する事で正気を保つという…。


分岐 宇宙ルート

 ダブルオーとウイングのストーリーを主軸に
 あらゆるガンダムがメインなルート


第32話 メメントモリ攻略戦

 ダブルオー勢が一斉に強化されました。
 29話で乗り換えたばかりなのに、ペース早くなったなぁ。
 そしてνガンダムがついに参戦!
 ステージ開始時にかかっていたので
 なんとなくBGMを「TRANS-AM RAISER」で固定。
 盛り上がるな。


第33話 散りゆく光の中で

 当然ありますわな、ピラー撃墜ステージ。
 めっちゃ多くて敵のターンが長い…うんざりだわ。
 シナリオ的には様々な勢力が呼び掛けに応えて団結するところが好きなんだけどなぁ。
 月光蝶の範囲がやばいです。


第34話 白き牙

 タイトルの通り、ホワイトファングの決起シナリオです。
 クワトロが仲間になったのは良いけど、まだまだ迷いがある様子。
 この辺、しつこく描いてるけど逆襲フラグだと嬉しいな。
 後、隠しでもいいから、そろそろサザビー欲しい。


第35話 明日へのあがき

 気力が下がり、精神コマンドも使用不可といった厳しい条件。
 でも、敵が少なめで、それ程大変じゃなかったのが良かった。
 むしろ、次元獣とのトラウマ関係の戦闘前会話が興味深く
 あらゆるキャラに設定されているみたいなので
 これを見てるだけでも楽しかったですよ。


そういえば、まだ沙慈のセリフを聞いたことがない…声あるんだよな。
ヒーローズファンタジア その3
2章まで終わりましたー。
1章ではファンタジー世界系の作品が登場して
2章では現実世界系の作品が登場する流れでした。

1章はオリジナル作品を中心とした1つのストーリーの流れに
版権作品が乗っかる形でしたが
2章の前半では複数のエピソードが作品別に展開されるので
クロスオーバー感が薄かったです。

それでも後半になると徐々にクロスオーバーが多くなり
最後のVSホーリーな辺りは、かなり混沌としてましたが…。
意外にもケロロ軍曹が最も良い味を出してると思いますw

1章に比べれば原作の再現っぽい演出もあった様子?
スクライドのパワーアップイベントなんかは原作からなのかなぁ?
まぁ、全く燃える要素がないのが残念なところです。

戦闘の方は前半こそ苦しんだものの、後半になるにつれて
一発でボスに勝てるようになってきました。
ブレイブ(ステータスに振り分けるポイント)未使用の縛りのつもりでしたが
早々とこの縛りを解除したのも大きいかもしれません…。

あとは敵がどれくらい強力な攻撃をしてくるかが
アクションポイントの減り具合から推測出来るようになったので
防御のタイミングが的確になった事で多少楽になったかな。

キャラクターが死んだ後、特定の条件を満たして復活すると発動する
英雄モードも少しずつ有効活用出来るようになってきたし
キャラゲーだからシステムに慣れてしまえば、きっと楽にいけるはず…。

次は3章です。
バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ エコーシックスミッション その1
本編の高難易度は、とりあえず置いといて
DLCのエコーシックスミッションを開始しました。

有料ということもあって、評価の悪いソロプレイでやってますが…。
今のところ、仲間のAIには、ほとんど不満ないですよ?
当然、PCによる操作に比べれば役に立ちませんが
ストレスを感じるような場面はなかったです。

あんまり優秀すぎて、プレイヤーが何もしなくても
クリア出来ちゃったら、それはそれでダメでしょうしね。

ミッション内容は本編よりも多彩で
ジル、クレア、シェリーとの共闘もありますし
こちらの方がだいぶ面白い。
何より、マスク姿じゃないのが良いですw
本編が全員マスク装備なのは、マジでないわー。

今のところ配信されているミッションは前半部分のみで
後半の配信はもうちょっと先のようです。
他にやるゲームはいくらでもあるし、まったり待ちましょうかね。
レイマン オリジン ラムチャレンジ
さて、クリア後のやり込みですが
まず挑戦したのが、このラムチャレンジ。
ステージ中に存在するラムをステージクリアまでに
一定数取得するともらえる勲章を集めることになります。

ちなみにラムはマリオで言うところのコイン的な物と考えれば良いかと。
100個集めても残機が増えたりしませんがw

ラムチャレンジに時間制限や行動制限はないので
しっかりとラムの場所を把握しさえすれば、基本的にそれ程難しいわけじゃないですが
勲章をもらえる程集めるには若干コツが必要でした。

最も重量なのはラムの取得量が一定時間2倍になる要素ですね~。
ここで取りこぼしがないようにする事が、まず第一。

それから、ノーミスでクリアする事が第二。
これは1ミスがセーフになるハートという保険アイテムがあるのですが
既にハートを持っている状態で更にハートを取るとラムが5個取得出来るからです。
ステージに配置されているハートの数は結構多いので重要。

最後に地味ですが、敵は2回倒すということ。
敵を1度倒すと風船に変化し、ラムを1つ取得出来ます。
その風船を割ると、更にラムを1つ取得出来るのです。

ってことで全てのステージで勲章を取れたのですが
個人的に苦労したのはモスキートステージ(シューティング面)ですなぁ。

最初はずっとボタン押しっぱなしで弾を発射していたので
敵を捌ききれずに、だいぶラムを取り逃していましたが
自分で連打した方が圧倒的に攻撃が早い事に気が付いてからは
だいぶ楽になりましたよ…。

それを差し置いても難しめだったと思いますけどね。

では、次はタイムアタックをやろう~。
ドラゴンズドグマ
いや~、ドグマ面白いですね~。
いつも初回記事では数時間プレイしてのファーストインプレッションで
書くんですが、気が付いたら10時間以上プレイしてました。
ってことで、領都に到着したところまでストーリーが進んでます。

ジョブはストライダーで、メインポーンはメイジ。
バランス的にサポートポーンは、ファイター×2の構成が多いかな。
早くレンジャーになって、弓メインでプレイしたいぜっ!
混合職とか興味ないし、ストライダー→レンジャーで最後までいくつもり。

で、ここまでプレイしての感想ですが
メインのアクション部分は、大体期待通りの出来で満足してます。
モンハンと比べると、ボスモンスターの動きはモンハンが上だと思いますが
プレイヤーキャラの動きはドグマが勝ってるかなーと思いました。
(ただ、モンハンは武器毎にシステムが違うのでかなり多彩です)

オープンワールドのRPGはオフラインMMOみたいな印象が強くて
敬遠してますが、アクションメインだと楽しくて良いですね。
これでCO-OPがあればなぁ…。
第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その11
ストーリー分岐に繋がる大事なフラグを落としちゃってたみたいなので
29話まで進んでいましたが、最初からやり直しました。
途中の分岐ルートはやり直す前と変えてません。


第25話 終わらない約束

 最初はエウレカメインのシナリオかと思いましたが
 クロウがスフィア所持者として覚醒したり
 エスターが…だったり、ザ・クラッシャ-が本領を発揮したり…
 完全にオリジナル系のシナリオでした。


第26話 冥府への転落

 ケドラってなんか、怖いですわ…
 変な世界に転移させられたり、あしゅら男爵に凝った設定があったり
 昔のマジンガーとはだいぶ違うんですねぇ。


第27話 ゼロVSゼロ

 ウイングとギアスでここまでクロスオーバーするとは…。
 ヒイロとの戦闘前会話は相手によって気力が増減するのが面白い。
 ゼロシステムが危険だと感じた相手には気力が上がるってことかな?


第28話 暗黒よりの使者

 なんかいつの間にかデビルリングをはめられていたタケルですが
 簡単に跳ね除けちゃったじゃなーいと思ったら…何その設定…。
 あと、ブラックオックスが可愛いんだけどw


第29話 戦士達の叫び

 最初に変な?曲がかかってボトムズシナリオかーと思ったら
 とんでもないガンダムシナリオだったでござる。
 ウイングゼロ、ダブルオーライザー、ヘビーアームズ改が参戦し
 どさくさに紛れてゼータのバイオセンサーが発動して
 アレルヤが融合出来るようになっているしもう…w
 ウイングゼロのローリングがP兵器なのにビックリ。
 ダブルオーライザーの特殊能力に量子化がなくて残念でした。


第30話 一点突破

 ランドぉおおおお!
 というか、せっちゃんと全く同じ展開か…
 差をつける必要はないけど、それぞれを別の分岐でやるとかあるでしょうに。


第31話 ジ・アンブレイカブル

 主人公機乗り換えキター!
 やっぱり、後継機乗り換えイベントはBGMの変化と合わせて盛り上がるなぁ。
 そしてジェラウドさんは、これで退場か…。
 登場以来、強敵としての描き方は不十分だった気がする…。


ゼロの撃墜数70機達成完了。
これでフラグは全て揃えた!
2012/05
スパロボOGは今冬か…軽く1年以上延期とか、何考えてん?
と、思ったあなたはスパロボ初心者。1年の延期くらいは、もはや当たり前ですw
50本以上もシリーズ作ってて、スケジュール管理もままならないなんて
そういう会社なんでしょう。


<2012年5月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★初音ミク -Project DIVA- ドリーミーシアター 2nd

   実は5月はプレイしてないですw
   エクステンド版も発表された事だし、ここらで一旦やめにして
   発売されたら、1st2ndと一緒にエクステンドも含めて
   パーフェクトクリアを目指しますよ!      


 ★デッドアイランド

   クリアまではもうちょっとかかるかと思いましたが
   後半はサブクエストが少なくてスイスイいけました。
   半年以上も定期的に協力プレイしてきたので、終わっちゃうと寂しいものです。


 ★レイマン オリジン

   これ、値段(2500円)に関係なく、かなりの良ゲーでした。
   フルプライスでも十分通用すると思います。
   久々にプラチナだ~。べ、別に興味ないけどねっ!


 ★ブレイズオブタイム

   タイムリワインドで差別化してるものの、わりとスタンダードなアクションでした。
   ストーリー的にもゲーム的にも起伏が少ないので淡々としてます。
   2周目をプレイする程じゃないかな、と。


 ★ヒーローズファンタジア

   もっと時間かかるかなーと思いましたが
   後半になる程、サクサク進めるようになるという珍しいタイプ。
   キャラゲーとしてはなかなか良かったんですが、システム面が残念すぎた…。


 ・バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ

   とりあえず本編はクリア済みです。
   アクション面はナンバリングより、ずっと良いと思うけどなぁ。


 ・第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇

   結局、丸々30話もやり直してしまった…
   現在40話辺りを進行中です。


 ・ドラゴンズドグマ

   6月からプレイしようと思ってたんですが、どんどん楽しみになってきてしまい
   ちょこっと始めたら止まらなくなりましたw
   うん、面白い♪


<2012年6月のプレイ予定>
(★新規)


 ・第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇

   フラグ立てて安心したら、一気にペースダウンw
   まぁ、今月中にはいけるでしょ。


 ・バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ

   DLCでエコーシックスミッションの配信が予定されてるので、それはプレイするつもり。
   今のところ7月以降にDLCの予定はないから、早ければそれで終わりかな~。


 ・ドラゴンズドグマ

   面白いのは面白いけど、ダラダラ続けるものでもないので
   サクっと1周クリアして終わらせよう。
   オンライン協力プレイさえあれば…。


 ★アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~

   アトリエ好きとしては当然はずせません。
   しかし、サブタイトルが変わったということは
   やっぱりあれでアーランドシリーズは完結か~。


 ★TOKYO JUNGLE

   2年前(だっけ?)に初めて見たときは横スクロールの微妙ゲーだと思いましたが
   当初の印象とは良い意味でかけ離れた出来に仕上がったみたいですね。
   買っちゃおう!


 ★ToHeart2 ダンジョントラベラーズ

   とある方(Kさん)に猛プッシュされましてw
   いや、自分は全く興味ないんですよ!本当ですよ!?


6月末のカプコンサマージャムが楽しみだな~。
モンハン新作は見れるかな?個人的にはバイオが気になるぅ~。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.