いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
バイオハザード6 その6
難易度ベテランでのエンブレム集め完了~!
クリス編が終わった時に、桐月さんから
「お前下手すぎ!もう一緒にやってられんわ!」と言われましたが
泣きながらすがり付いて、なんとか最後までご一緒してもらいましたw
(一部フィクションですw)

この後、難易度プロフェッショナルでもご一緒してもらえるということで
こんなヘタレにお付き合いして頂けて、有難い限りです。
ということで、まだまだバイオは続けるのですよ!

この分だと12月の無料DLC配信時には、まだ続けてると思われるので
配信予定の最上位難易度「No Hope」なんかも…?w
まぁ、それはないにしてもエイダ編の「Co-opモード」はありかもね。

さて、一通り終わったところで
オンライン中のプレイヤーにクリーチャーで乱入出来る
「エージェントハント」というモードを遊んでみたわけですが
これは、かなり面白い!

結構いろんなクリーチャーを操作出来るので、それだけでも新鮮で楽しいんですが
基本的にやられて当たり前の中で、プレイヤーにトドメを刺せた時は、めっちゃ嬉しいです。
ほとんどの場合は見つかり次第、瞬殺されますからねw

それじゃあ難易度プロフェッショナルにいってきます!
Dies irae ~Amantes amentes~ 螢ルート
2周目クリアですー。
終盤の展開がちょこっと違うくらいで、香純ルートと大して変わらないんだろう
なんて思っていたら、全然違う展開だった!

大隊長はともかく、まさかラインハルトやメルクリウスとも
あんなにガッツリ戦うとは、思ってもいませんでしたし
彼女や彼まで登場して見せ場まで作ってくれちゃってまぁ!

と、戦闘シーンはかなり熱さを増してきましたね。
音楽もそれぞれ格好良くて場面を盛り上げてくれますし
戦闘描写には、本当に満足しています。

が…なんだか、あれだけ恐れられていた大隊長やラインハルトに対して
結構善戦出来ちゃってるので、想像してたより弱くね?って思えてしまう…。

いや、最初にこの戦闘シーンを見れば圧倒的な差であり
善戦などというレベルでないのは、明白なんですが
なんだかヴィルヘルム戦の方が、より苦戦していた感じを受けるので
相対的に、絶望感がイマイチ伝わってこないんですよね。

奇跡だかなんだか知らないけれど、結局勝てちゃうわけですし…。

それから終盤になっても戦闘の合間合間に設定のお話が
結構長めに挿入されるので、テンポが悪く感じます。
もうちょい簡潔にまとめてもらえませんかねぇ…。

それに、どうせこのルートじゃ秘密の全てが明らかになるわけじゃないんだし…
と、思っていると、面倒だからまともに聞く(読む)気にもならないですしね。

それでは次はマリィルートをプレイしてみるとしましょう。
ティアーズ・トゥ・ティアラ外伝 アヴァロンの謎 その4
第9話まで終わりました~。
何気にちょっとした縛りプレイっぽくなったので条件を書いてみよう。

・クリアランクS
・ボーナス全取得
・規定ターン内クリア
・同じフリーマップの使用禁止
・アイテム使用禁止
・1周目、難易度ノーマル

こんなもんかな?達成出来なかったのは、2ステージだけだと思います。
最近はずっと全ての条件を達成し続けてますが
ステージ18「カタコンベでの戦い」では最終ターンの最後の一人でクリアと
条件をクリアしたステージの中では一番苦戦したかな。

8話クリアでリディアが仲間になりましたが
近接も魔法も出来て移動力が6という使いやすさ!
これで全キャラが揃いましたが、自軍では屈指の良性能ですねー。

そういえば、このゲームって役割によってキャラの属性が、かぶりすぎなような?
今作から使えるようになったキャラも、改善になってないですし。

ちなみに前作だと近接タンクが地、弓が風、遊撃系が水って感じでしたが
新キャラはエポナ(魔法)が炎、ガイウス(近接タンク)が炎
デキムス(遊撃)が風、リディア(遊撃)が風…と。
ガイウス以外はみんな属性と役割がかぶっているというね…。

さらに闇と星は一人ずつしかおらず、聖属性の味方がいないというのも
バランスの悪さに拍車をかけているような気がします。

同じ役割でも属性が違う方が、好調期によって使い分けられるし
戦略の幅が広がると思うんですけどね。
プロジェクトクロスゾーン その3
第6話から各作品世界をひたすら転移して合流していく話が続いてますが
一体いつまでこの展開が続くのだろうか?w
とりあえず第13話の後で、部隊が分断される展開になったので
この辺がキリが良さそうかな、と。

ここまでを見る限り、一応はナムカプの後の話ってことになっているようですが
こんなにストーリーがないとは思わなかったなぁ。
一応オリジナルストーリーに各作品のキャラが参加している感じで
話が進んでいますが、各作品毎の展開も少しは欲しかったところです。
ナムカプの時は、結構あったと思うんですけどね。

てことで、ストーリー面での熱い展開には期待出来ないんですが
各作品の曲がかかった時はめっちゃテンションが上がりますねー。
T-elos登場時の「The Battle of your soul」が格好良かったし
EoEや.hackの曲も良い感じです。

基本的に該当キャラのターンが回ってきたときに曲がかかりますが
戦闘中は掛け声がうるさくて、曲が打ち消されてしまうのが残念です。
初登場時にボイス付きセリフと共に曲がかかる時が一番良いで!

そういえば、初回特典で44曲の入りのサントラがゲット出来たから
ちゃんと聞いておこう~っと。
バイオハザード6 その5
エイダ編をクリアしました~。
最後のシナリオだからか、他の主人公よりも難しめに感じました。
装備も最初がマシンピストルとボウガンだから扱いにくいですしね。

ストーリーは回答編といった感じで、他のシナリオで疑問に感じていたことが
解消されていくような展開になっています。
過去のバイオシリーズでは、とってつけたようなシナリオしかなかったので
今作が最もストーリー面で面白く感じましたね~。

ただ、エイダ編固有のラスボスがいなかったのと、エピローグだけは不満ですが…
なんでエイダのエピローグに彼が出てくるのさw
もう、次回作は彼が主人公でいいよw

とにかくこれで、マーセナリーズで使えるキャラも揃ったので
エイダと…彼女でもランクAを取っておきました。
EXコスチュームのキャラは使っていませんが、今のところは放置かな。
気が向いたら、EXキャラでもプレイしようと思います。
ステージはターチィばっかりでやってますけどね。

それでは、難易度ベテランでの2周目&エンブレム集めへ!
初音ミク -Project DIVA- ドリーミーシアター extend その3
難易度ハードも全曲パーフェクト達成~!
いやはや、まさかこんなにあっさりといけるとは思いませんでした。

一番苦戦したのは「いろは唄」かな。
連打速度はそれ程じゃないんですが、微妙に長い連打が
いくつも続くので、どうしてもその中で一回くらいミスるんですよねw

あとはやっぱり「初音ミクの激唱」ですが、こちらは両手打ちを解禁したら
結構簡単にいけちゃいました。
ほとんどの曲を右手だけでやっているので、左手で方向キーを打つのが苦手なんですが
難易度エクストリームに挑むには不可欠な技術だと思うので
少しずつ左手も含めた連打を出来るようにしていきたいですね。

ところで、ハードに挑戦する前にPV鑑賞しながら曲を覚えていたんですが
PV鑑賞もPS3版をプレイしているだけじゃ解禁されないのね…。
使ったセーブデータは改造で全曲全モジュールを解放してあるだけなので
曲をクリアする事で解禁されるPV鑑賞がなかったのです。
(改めてセーブデータを探してダウンロードしてきました)

ほんと、ドリーミーシアターの仕様は謎だらけだ。
Dies irae ~Amantes amentes~ 香純ルート
前回の続きから、とりあえずのエンディングを迎えました。

最初の戦闘の後は本格的にバトル物として始まるのかと思いましたが
まだまだ世界観の説明など、前置きが長い長い…。
設定が独特なので説明が長くなるのは仕方ないけど
あまり面白い設定とは思わないのがなんとも。
むしろ、細かい部分は無視してくれても良いくらいなんだけどね。

バトル部分の描写は、さすがに良かったと思いますが
戦い方は力押しの主人公よりも、司狼の方がテクニカルで面白かったかなー。
身体能力が人間レベルの司狼がヴィルヘルムを倒してしまう事で
聖槍十三騎士団の圧倒的な強さのイメージが弱くなってしまったのは残念でしたが
たぶん、司狼には隠された設定があると思うので
他のルートで、強さの秘密が明らかにされるんじゃないかと思っています。

ストーリーに関しては中盤辺りの香純がうざくて、どうにも好きになれませんでした。
終盤になると過去設定の話とかが多くなりますが、先を読みたい気持ちの方が強く
若干、文章を飛ばし気味に…まぁ、概ね理解出来てると思います…たぶん。
最後の最後…螢との会話は良かった!


ちなみに香純ルートを含めて全部で4ルートあるのですが
どこかで見たオススメの攻略順に従ってプレイしてます。

このルート順は徐々に強い敵と戦う内容になっているらしいので
最初の香純ルートだと、かなり中途半端な状況で終わっちゃいました。
ストーリー的にもバッドエンド系だし、バトル物としても
もう一歩、盛り上がりが足りなかったように感じましたねぇ。

最初はこんなものかな?
次は螢ルートをやってみよう。
プロジェクトクロスゾーン その2
とりあえず第1話~第5話まで。
5話でみんな揃って転移したようなので、キリが良さそうかなと。

この序盤はオリジナル敵勢力の紹介がメインだったみたいで
敵幹部らしきメンバーがそれぞれ登場してました。
各参戦作品メインの展開は、これからが本番ってところでしょうか。
(と、思っていましたが、そのような物はなさそうで…)

今のところ世界観が現代の地球に近い作品ばかりのメンバーなので
6話~いろんな世界に転移しながら、他の世界観の作品メンバーと
合流していく展開になるんでしょうね。

システム面で言えば、戦闘はまだまだ未知数な部分もありますが
コマンドメニュー?が2ページに分かれてるのはなんなんでしょう?
1ページに4つなので、合わせてもわずかに8項目です。
わざわざボタンでページを切り替えずとも、最初から全部表示出来るっしょ?
このゲームだけじゃないですが、センスのないインターフェースには萎えるよ…。

ちなみにキャラではレイレイが気になってます。
ナムカプの時はイマイチだと思っていたんですが、可愛くなったような?
作品は違うのにフランクとは良いコンビだと思いますw
ティアーズ・トゥ・ティアラ外伝 アヴァロンの謎 その3
第7話まで終わり、ストーリーは徐々に面白く
戦闘は徐々に難しくなってきました。

ストーリーですが、5話まではギャルゲーやエロゲーのノリが強かったものの
6話でガイウスが登場した辺りから、だいぶ締まって来たような気がします。
7話のガイウスとプリムラ、そしてリアンノンとのやり取りは
とても良かったですし、アロウンとプィルも良かったなー。

まぁ、正確にはストーリーというより会話が良いって感じです。
やっぱり男性キャラが魅力的なのは素晴らしい。

戦闘は、ずっと簡単だったので1話のステージ2以外は
クリアランクオールSでボーナスは全達成し
規定ターンオーバーは1回のみと、圧倒的だったのですが
7話は結構難しかったです。

ランクSだけなら、まだ楽だと思うんですが
ボーナス条件が「最大出撃人数より少ない人数で勝利」なので
5人(最大6人)しか出撃させられないのが辛くて…辛くて…良いねぇw
これくらいの難易度が丁度いいかも。
バイオハザード6 その4
レオン編も無事にクリアーし、これで初期3主人公は終わりました。
全部やってみると、レオン編を最初にプレイする事を想定して
ストーリーが構成されているようでしたね。

他の2主人公と違って、前半はホラーチックであったり
ちょっとした謎解きがあったりと、主にバイオ2を彷彿とさせる展開が
多くあったように思います。

終盤にはお約束のようにエイダとの絡みもあったので
この後にエイダ編をプレイする事を考えれば、最後がレオン編というのも
あながち悪い選択じゃなかったかなーと。

ちなみに、自分はヘレナでプレイしていましたが
ラスボス戦の一部では、完全にレオンとエイダの世界を作っていたので
除け者感が半端なかったですw
プロジェクトクロスゾーン
3DSでの初プレイタイトルはコレになりましたー。
とりあえず、3D機能と無線通信をオフにして…準備OK!
一応、3D画面でもプレイしてみましたが、なんも面白くないうえに
数字だけ浮かび上がって見えるのが気持ち悪くて耐えられませんでした。

とりあえずプロローグ5話までクリアしましたが
このクロスオーバー感はたまりませんね!
まだ登場作品も少なく、親和性の高い作品同士の絡みがメインなので
ほとんど違和感がなく、すんなり入っていけます。
スパロボ好きなので、個人的にはプロローグ3話のゼンガー絡みの展開が良かったかなー。

おそらくシナリオ面や設定面よりも会話メインのクロスオーバーになるので
原作でキャラを知っているほど楽しめると思いますが
自分は知っている作品が半数に満たないので、そこがちょっと心配かな。

スパロボのようにシナリオ面での再現もあると、知らない作品のキャラでも
親しみを持てるようになるんですけどね~。
まぁ、そこはストーリーがないゲームからの参戦も多いことですし
会話だけでどこまで引き込んでくれるかに期待しておきましょう。
ToHeart2 ダンジョントラベラーズ その6
なんだかんだ順調に進んで19層まで終わりました。
次の20層がメインダンジョンの最下層ですが
ここのボスは、今までのボスとは桁違いの強さですし
まずは他のサブダンジョンを攻略しながら、レベルを上げないとですね。

全キャラを均等に育てていく中で
今までは全員の装備を固定化(レア装備でも最初に装備した人に固定)していましたが
難易度が上がってきた最近は、良い装備を使いまわすようにしています。
封印書も今までは全て売っていましたが
有効な物はちゃんと5人分揃えて、状況に応じて使い分けるようになりましたよ。

パーティ編成を変える時に、いちいち装備を見直すのが面倒ではありますが
この方が大幅に戦力アップになるんですよね。

19層のボスである世界終末時計は、思ったよりも楽勝でした。
やっぱり、マスターアイドルとくノ一は偉大ですなぁ。
根性で世界終末魔法に1度耐えちゃいましたしw
(まぁ、すぐに2発目が来て、この時は負けたわけですが)

これで、今のところ行ける場所で倒してないのは20層のボス共と墓のボスだけです。
墓のボスは4人で戦わないといけないですし、3Fのボスでの苦戦具合から考えると
倒すにはレベル上げが必須じゃないかと感じているので
先に三十重の塔に行けるようにしようかなーと考えてます。

…まだまだ先は長いよ。
2012/10
4年半勤めた現場からおさらばしたぜ。
所属部門からの送別会はなかったけれど
別部門で仲が良かった人達から個人的に送別会してもらったですよ…
嬉しくて涙出ます。


<2012年10月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園 (PSP)

   クリア後の要素も一通り遊んだので、これで終わりー!
   SLGは個別エンディングを全然見てないですが…
   絶対に見たほうが良い!って程のもんじゃーないよね?


 ・ToHeart2 ダンジョントラベラーズ (PSP)

   メイン19層までをクリア済みで、20層を彷徨っているところです。
   まぁ、メインをこれ以上進めるのは難しいので
   これからはサブダンジョンメインにいきましょうかね。
   まずは、墓の3Fボスからです。


 ・ティアーズ・トゥ・ティアラ外伝 アヴァロンの謎 (PS3)

   バイオの合間にプレイするはずだったのですが
   合間にはついつい別のゲームをプレイする機会が多くて、進みが遅いです。
   あまり間を空けすぎると、ストーリーも戦術も忘れちゃうから気をつけないと。


 ・初音ミク -Project DIVA- ドリーミーシアター extend (PS3)

   難易度ハードでも全パーフェクト出来ちゃった。
   難易度エキスパートも始めて、2ndもちょろっと再開してみました。
   改めてプレイしてみると、今ならクリア出来そうな曲もチラホラあるので
   マジで再開してみましょうかね。


 ・バイオハザード6 (PS3)

   とりあえず難易度ノーマルで全シナリオをクリアしましたよー。
   マーセとエージェントハントも、それなりにプレイしたし
   あとは正直に言うと協力プレイが楽しくて続けてる感じかな。


 ・Dies irae ~Amantes amentes~ (PSP)

   ルート分岐型のマルチエンディングですが、まずは1周クリアしてみました。
   ぶっちゃけちょっと期待はずれ感があります。
   たしかに、バトルの展開は燃えるんですが、ストーリーとキャラがなぁ…。


<2012年11月のプレイ予定>
(★新規)


 ・ToHeart2 ダンジョントラベラーズ (PSP)

   もう今年中に終わらせるのは諦めました!
   気長にやっていくよ~。


 ・ティアーズ・トゥ・ティアラ外伝 アヴァロンの謎 (PS3)

   びびって難易度ノーマルで始めたものの、思ったよりも簡単そうなので
   一気にクリアしちゃいましょうかね。
   シビアなSRPGはサモンナイト5に期待しよう。


 ・初音ミク -Project DIVA- ドリーミーシアター extend (PS3)

   難易度エキスパートでやってると、いくら時間があっても足らないから
   ある程度満足したらスパっとやめないとな~。
   せめて全曲スタンダードクリアはしておきたい。


 ・バイオハザード6 (PS3)

   まずは難易度ベテランでエンブレム集め!
   他の事はその後で考えます~。
   2周目なのに衣装チェンジ出来ないのは不満。


 ・Dies irae ~Amantes amentes~ (PSP)

   ノベルゲーだし、普通に全ルートを読んで終わるつもりです。
   2周目以降は共通部分をスキップ出来るし、そんなに時間かからないでしょう。


 ★プロジェクトクロスゾーン (3DS)

   3DSの初プレイタイトルはこれにしたよー。
   クロスオーバー物は大好物だし、もともとこれはハズせなかった。


 ★コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー (PSP)

   これで間違いないよね?お願いします♪


11月からは新しい職場です。
心機一転がんばるのです。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.