いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
サイレントヒル2 最期の詩 HDエディション その2
病院から刑務所らしき場所に入ったところまで。

アパートでは、それほど怖さを感じなかったものの
やっぱり病院はガチで怖い…!
アパートではなかったから今回はないのかと思っていた
裏世界への突入もあったし、演出的にも恐怖感が増していましたね。

結構、のめり込んでプレイしていたので
画面転換後に急に表示される同行者に本気でびびったりw

それと、扉を移動した後は、画面が明るく表示されるより先に
SEが再生されるので、敵の音だけが先に聞こえる恐怖!
しかも暗転中も行動は出来るみたいなので、敵の接近が気になる気になる…。

ちなみに、前回はカメラワークを酷評しましたが
病院から脱出するシーンでは、固定カメラの演出が恐怖感を増していて
非常に良かったと思いました。
カメラの自由が利かない事での恐怖演出は最近のゲームにも欲しいです。

次は刑務所ですか…これまた怖そうな場所やのう…。
キングダムズオブアマラー:レコニング
RPGもアクションもちょっとご無沙汰で
何かプレイしようかな~と思っていたので、アクションRPGのコレを…。

とりあえず、チュートリアル的な部分が一通り終わって
最初の街に着いたところまで進みました。
イメージ的にはドラゴンズドグマでしたが、比べてみると
やっぱりアクション性は少し落ちて、RPG寄りになった感じっぽいですね。

メインジョブが戦士・ローグ・メイジの3種類で、複合職になれたり
アビリティ関連を見ると、成長要素はドグマとほとんど同じかな?
お馴染みのローグ系メインで進めようと思うので、武器は短剣とロングボウです!
ただ、弓がオートエイムなのが、めっちゃ不満…。
エイミングが射撃の面白さの大半だと言うのに…!

ストーリーとか設定とか世界観とかは、まだほとんど理解出来ていないんですが
主人公は運命から逃れられる超越者で、必殺のレコニングモードは
「その日、死ぬ運命ではなかった者の運命を書き換えて敵を殺す」という
なんとも厨二っぽい設定が好きですw
リトルウィッチパルフェ ~黒猫魔法店物語~ その2
コツコツと9月まで進みました。
既に1度は返済額である100万ゴルダを集めたんですが
イベントで丸々奪われるという…。

これはやっぱり、最初から200万ゴルダを集めないといけない仕様なのかな?
100万なんて余裕だぜ!と、悠長に進めているプレイヤーを
絶望へと叩き落す極悪イベントですなw
まぁ、自分は全力プレイだったのでイベントの発生も早く
まだまだリカバリー出来る時期なので、大丈夫でしょう。

経営はかなり順調で、もう完全にパターンを確立したと思います。
売れ出すと在庫管理が一気に厳しくなりますが
採取や調合も含めてパターン化してしまえば余裕かな。
突発イベントで時間が潰れる事に備えて、1日くらいは遊びがあると良いかも。

ちなみに、前回はイベントが少なくて淡々と進むような事を書きましたが
4月以降は、かなり頻繁にイベントが起きてます。
ただ残念な事に、ほとんどが単なる紙芝居イベントで終わってしまって
ゲーム性と結びついているイベントが、ほとんどないんですよね。

魔法大会のような出来の悪いミニゲームっぽいものもありますが
基本的に出来ること自体が少ないゲームですからね…。
やっぱり、アトリエとは比べるべくもない出来かなぁ。
バイオハザード6 その7
途中、中断したりといろいろありましたが
無事に難易度プロフェッショナルも完了しました~。

バイオ5では「被弾=即死」レベルの難しさでしたが
バイオ6では難易度ベテランと大きく変わる程の違いはなく
かなり、簡単にクリア出来た印象ですね。

これで結局3周したわけですが、1ルートで2キャラいるので
2周は良いとして、3週目以降の楽しみとして別コスを使いたかったなぁ。
バイオ5ではマーセ以外でも別コスを使えたんですが
6では、なんで本編で使えなくしてしまったんでしょうか?

まだ、エイダ編のCo-opや難易度「No Hope」は未プレイですし
未プレイのDLコンテンツもありますが、とりあえずこれで終了です。

難易度「No Hope」は興味がありますが、ソロではやる気にならないので
いつか、どなたかとプレイする機会でもあれば、その時に…かな。
第2次スーパーロボット大戦OG その11
もう最終盤といったところですが
ここまで来ても、敵が増えすぎないバランスが素晴らしい。
毎回のようにウンザリする程の増援が来ることの多いシリーズなので
今後は、このくらいのバランスを続けて欲しいなぁ。


分岐 宇宙

第54話 神の牢獄

 クストース系とは、ここが初対戦。
 全力で削れる状況なら、それほど問題ないけど
 ダメージ1500軽減の「神僕の盾」は戦力温存して戦いたい時に面倒そうだ。


第55話 ゲストとインスペクター

 ここから、対ゲストシナリオの前・中・後編ってとこかな。
 まずはVSロフ!そしてメキボス!


第56話 オペレーション・レコンキスタ

 VSセティ&ゼブ…お家騒動で自滅なあたり、ゲストはホントに良いところがない。
 マップBGMが「ARMAGEDON」だったので
 さっそく部隊BGMに…と思ったら、設定出来ないぃいい?!


第57話 激震の白い大地

 BGM「時を越えて」がキター!!
 初スパロボがSFC第三次だった自分にとっては感涙物。
 この曲をバックに戦えるOGがついにやってきたか…。
 ゼゼーナン?そんなものはオマケです!


第58話 クライシス・ポイント

 ここで部隊合流して、VSアクイラ&コンターギオです。
 Dラストの前半シナリオな感じですね。


第59話 デザイア

 おや?クロスゲートってDでも出てくるのかね?
 それともαシリーズとのクロスオーバーかな?
 ファートゥムはさすがの強さ…だけど結局1ターンキルだからなぁ。


ちょっとしか出番がないのに、リンが新グラになっていましたね。
次回作では、ぜひ戦線復帰してもらいたい。
サイレントヒル2 最期の詩 HDエディション
1をクリアしてからインターバルなしで開始!
あまり1との違いがないので、まだ1を続けてる気分ですw

たぶん、細かい所でいろいろと改善されているんでしょうけど
同じインターフェース、同じ地図記号、同じカメラワークなどの他
崩れ落ちている道路や、施錠扉などで制限される行動まで
1との共通点が非常に多かったです。

何より、1で最も大きな不満点だったカメラワークを筆頭とした
操作性が何も改善されていないのが辛いところ…なんですが
たぶん、同時期に発売された似たスタイルのゲームの中では
標準的な仕様だと思うので、そこは仕方なし。

今回もやり込むというよりは、体験メインで楽しむつもりなので
難易度は最低にしています。
(アクション難易度はBEGINNER、謎解き難易度はEASY)

今のところ、最初のボスを倒して病院に入ったところまで進みました。
相変わらず怖い…と、言いたいところですが、ちょっと慣れてきたかもしれません。

いや…あれかな?1の場合は、最初に出会った怪物に殺されてスタートだけど
2の場合は、最初に出会った怪物を撲殺しちゃいますからねw
怪物をそれほど恐れているような描写もないし
小さな子供が悠々と出歩いているような状況ですから
ストーリー演出的に、怖がらせる意図が少ないってことなのかも。

しかし、次の病院ではそうもいくまい…。
レイトン教授VS逆転裁判 その3
前回に続き、3章と4章をクリアです。(記事の公開がだいぶ遅れてますが…)
構成は同じで、3章がレイトンパート、4章が逆裁パートなんですが
今回から急にストーリーが面白くなってきましたよ!

まず、レイトン教授となるほど君が協力しながら
事件のナゾを解いていくという設定自体が、もう面白いです。
やっぱり他作品キャラのクロスオーバーは素晴らしい。

そして、それぞれの単発作品ではありえなかったであろう展開に…
まさかまさか、こんな事になるとはねー!
もう、止まらなくなってきた感じですよ。

ゲーム難易度は相変わらず簡単で、特に難しくなる気配もないです。
ただ、ナゾ24だけは無理でした。
色合わせは無理なのよ。

あとはまぁ…多方面で散々言われているでしょうが
レイトンサイドの声優、大泉さん・掘北さんに比べて
逆裁サイドの成宮さん・桐谷さんが、下手過ぎですね…。

大泉さんと掘北さんも、演技そのものが上手だとは感じないのですが
キャラによく合っているので、不自然さが全くないのに対し
成宮さんと桐谷さんは、かなり棒な上にキャラとも合わないので
聞いていてちょっと気持ち悪いことも…。
個人的には役者さんの問題というよりは、キャスティングミスの面が強い気がします。
シアトリズム ファイナルファンタジー その3
熟練の譜面に続き、究極の譜面もさくーっと全曲ランクSSフルチェイン…
なんて、簡単に出来るわけがないですよねー。

さすがに最高難度の究極だけあって、かなり難しいですが
FMSとEMSは全曲ランクSSフルチェインをやってやりました。
これ、BMSだけ難しさが別格ですね…GAMEOVERになったのは初めてですよ…。

EMSは特に難しいと感じる譜面はありませんでしたが
FMSでは「ミヘン街道」にかなり苦戦しました。
たまにスライドが混ざる長い連打ゾーンがあるんですが
終盤にテンポが変わるのはズルイですよw
ランクSSフルチェインまでは、15回くらいリトライしました。

そして、別格のBMS…フルチェインどころか、クリアすら難しかったです。
一応、ミクさんの時のように、1曲3時間とか練習すれば
フルチェイン出来そうな感じもしましたが
やり過ぎで、タッチパネルの寿命が心配だったので、諦めました。
(うむ、良い口実だ)

世間的には「ゴルベーザ四天王とのバトル」辺りが難しいと言われているようですが
自分が一番苦戦したのは「戦う者達」でした。
覚えてしまえば、ちゃんと弾けるんですが、なかなか覚えにくい譜面で
同じ箇所で同じ間違いを何度もしてたんですよね…相性が悪かったのかな~。

BMSもランク自体は全曲S以上でしたが、そもそもランクSくらいの成績じゃないと
GAMEOVERになっちゃいますからねw

ということで旧作にしては、まぁまぁやり込みましたし
「その3」としているものの、とりあえずこれで終了にします。

まだリズポが3万ちょいなので、解放されてない曲もあるんですが
作業をするつもりはないので、パスです。
DLCも興味がありましたが、1曲150円は高すぎでしょ…。
第2次スーパーロボット大戦OG その10
部隊BGMがボスBGMに負けるのはやめて欲しいなぁ…。
トロンベが強いのも気に入らないし、BGMの強弱も自分で設定したい。


第49話 闘志、炎に燃ゆる

 雷鳳遅いよー!!49話で初登場って…。
 トウマは味方の中で一番遅い出番かな?


第50話 去来交差点

 Dに続いてMXも後継機が来ましたが
 やっぱりガルムレイドとサーベラスのどちらかが余るのは勿体無い。
 それにしても、ミッテ先生の性格は敵として申し分ないなw


第51話 風の呼び声

 ここまでに加入した新戦力を試して下さい、とでも言わんばかりの休憩シナリオ。


第52話 私に、さよならを

 クリス…さようなら…ってか、Dのシナリオは訳がわからんぞ。
 ニュートロンバスターの演出はクリスがいる方が好きだったなぁ。


第53話 封印の予兆

 お、そろそろアルフィミィが仲間になるかなー?
 と、思っていたらドゥバンめ…!
 そういえば、イェッツト関連の話題は進展ないのね。
 第3次OGにはツークンフトが出るのだろうか。


今回は雷鳳・ヴァイサーガ・アウセンザイター・アッシュなど
マント演出が多いですな。
リトルウィッチパルフェ ~黒猫魔法店物語~
アイテムを採取して調合して、お店で売って借金を返していくという
アトリエっぽいゲームかな~と思って買ってみました。

返済までの期限は10ヶ月とアトリエの3年や5年に比べると短いプレイ期間ですが
採取や調合にかかる時間も1時間単位と短いので
採取に行けば数日~数週間だったり1個のアイテムを作るのに3日かかるような
アトリエよりも時間的な余裕がありそうです。
(そもそもアトリエの期間が長すぎよね…13歳と19歳で容姿が変わらないとかw)

まずは最初の1ヶ月をプレイ…なんだか、めっちゃ淡白です。
アトリエが濃すぎるのかもしれませんが、ほとんどイベントが起きません。
戦闘の要素もないですし、今のところ依頼もないので
勉強→採取→調合→販売をひたすら繰り返している段階かなー。

なんだか、既に作業と化している一面もありますが
陳列出来る商品の種類に限りがあるので
売れる商品と売れない商品を見極めて、コストと利益を考えたりと
アトリエよりも経営面の要素が強い感じですね。

まずは、もうちょっと進めてみるとします。
レイトン教授VS逆転裁判 その2
レイトンパートの1章と、逆転裁判パートの2章が終わりました~。
章ごとに、それぞれのシステムを入れ替えながら進む形式っぽいですね。
(進行状況に比べて、記事の公開が遅れてます…)

レイトンパートで解くナゾは多くなりましたが
まだまだ簡単なものばかりで助かってます。
今のところナゾ14が一番難しかったですが
まだノーヒントで全部一発正解を継続中でっす!
時間無制限なのが、簡単な原因かなー。

逆裁パートでは、まさかの新システムが搭載されていました。
同時に複数の証言者が登場し、一人の証言に対して
他の証言者の怪しい反応を問い詰めていくというものや
二人の食い違う証言について矛盾を指摘するという物ですね。

まぁ、新システムといっても、ゲーム性に変化を与える程じゃないので
あまり意識せずに、普通にプレイしていれば解けていく矛盾だと思います。

ストーリー上、最初はナルホドくんとマヨイちゃんが記憶喪失な状態ですが
せっかく記憶喪失ネタを使うなら、記憶が戻る瞬間に
もっと良い演出が出来たんじゃないかなーと、ちょっと不満でした。

記憶が戻らない為、本調子じゃないナルホドくんの弁護を
レイトン教授がアシストする展開は、すごく良かったですけどね!

今後は、彼らがどう協力体制をとっていくのかが楽しみです。
サイレントヒル クリア
一応「GOOD+」エンディングです。
しかし、これって良いエンディングですかね?w
ベストエンディングっていうなら、まだわかりますけど。

全体的にストーリーがわかりにくかったんですが
魔術的な何かって事で、済ませちゃって良いのかな?
中盤辺りで想像していた内容とは全然違ってました…。

まぁ、これくらいボヤけてた方が、ホラーっぽくて良いかも。

ゲームとしては、アクションよりもADV寄りのゲーム性なので
戦闘は簡単で、謎解きが難しめなバランスでしたね。
(戦闘が簡単なのは難易度EASYなのも大きいと思うけど)

演出とシステムを兼ねて、敵の接近をノイズで知らせてくれるラジオがあるんですが
これは便利さと怖さを併せ持つナイスアイディアだったかなーと。
このノイズに、また不安を煽るSEを使ってますしね。

逆に自分の体力を色で表現する手法は止めて欲しかった。
この表現はたまに見かけますが、色弱にはとても辛いです。
たぶん、かなり無駄に回復薬使いましたよw
せめて体力が減った事がグラフィック的にも
わかるようにしてもらえると助かるんですけどね。

さて、では1が十分面白かったので、このまま2を開始しようと思います。
第2次スーパーロボット大戦OG その9
この辺から、新戦力祭りじゃー!
鉄板の燃えイベントが盛り沢山。


第43話 輝きを一つに

 OG2からフィリオの死ぬ死ぬ詐欺で待ち続けたシナリオがようやく…。
 やっとハイペリオンきたよぉ~。
 当然ながら、部隊BGM「流星、夜を切り裂いて Ver.H」で固定。
 アラセリはこれだけで終わりなの?
 ちょっと出番もインパクトも少なかったな。


第44話 特異点崩壊

 シリーズ全体としてのネタバレ的展開の一つですね。
 第四次でも印象深いシナリオでしたし、ゼゼーナンの小物感がよく出てますw
 魔装機神が、この時点で必殺技を使えるのは賛否あるでしょうけど
 OG本編で習得イベントがあるわけじゃないので、まぁ良いのでは。
 第3次OG以降で出番があるとも限らないしね…。


第45話 凶鳥は三度死ぬ

 エグゼクスバイン登場で、部隊BGM「LOST CHILDREN」で固定。
 専用曲が2個とかイング推しですな~。
 これでもうエグゼクスバインだけで、ヒュッケの出番はないのかな…。


第46話 リューネ・カプリッチオ

 ヴァルシオーネRのグラフィックめっちゃいいやん!
 ディバイン・アームは汎用武器とは思えない固有アニメーションなんだから
 もう、固定化しても良いのではなかろうか。


第47話 トーチカ奇襲

 前後半に分かれたシナリオの前半の為、ほとんどイベントはなし
 一応、ヒューゴ復帰のフラグが立ったかな。
 撤退しない敵ボスだと自由に戦えていいねー。


第48話 深秘なる存在

 Dの後継機乗り換えで、マップ曲が変わったのでなんだと思ったら
 Dのタイトル曲なのね!当然ここは部隊BGM「Destinies」で固定。
 「英雄戦記」や「極めて~~」と同様にタイトル曲は燃えるなー。
 それにしても、後継機がデンドロビウム過ぎるw


今更ですが、今回はキャラのカットインが豊富になったのは良いんですが
ラミアのカットインポーズはマジなのかネタなのかわからんw
2013/01
職場環境が変わって、最初の1ヶ月。
結構順調なので、思っていたよりもゲーム時間が取れました。
むしろ、これからの数ヶ月の方が大変そうかな~。


<2013年1月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★バイオハザード6 (PS3)

   プロフェッショナルまでクリアしたので、とりあえず終了にします。
   豊富なサブモードや難易度「No Hope」は機会があればかな~。


 ★プロジェクトクロスゾーン (3DS)

   残り終盤の数話だけだったのに、1話進めるのにかなり体力使いましたわw
   ストーリーやSRPG部分はボロボロだったものの、戦闘システムは面白かったです。
   ただ、毎回敵が多すぎて、後半はその戦闘システムも飽き気味に…。


 ★コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー (PSP)

   ラストの5章をクリアして、一応全エンディングを見てみました。
   中途半端な部分や未解決な部分もあるので、続編も気になるなぁ。


 ★サイレントヒル (PS)

   サクーっと1週クリアしましたが、思ったよりも長かったです。
   敵との戦いよりも、謎解きの難易度が高めだったからかな?
   ホラーゲーなので怖さもありましたが、気持ち悪さの方が強かったかも。
   マルチエンディングみたいですが、旧作なのでここまでってことで。


 ★シアトリズム ファイナルファンタジー (3DS)

   難易度の一番高い「究極の譜面」で全曲ランクSを目指しましたものの
   BMSが難しくて挫折…しっかり練習すれば半分くらいはいけそうでしたけどね。
   DLCも最初は興味がありましたが、とんでもない値段だったのでやめましたよ…。


 ★レイトン教授VS逆転裁判 (3DS)

   それ程長くはないゲームですし一気にクリア~。
   システム面では、両ゲームの特徴を十分に生かせていたと思いますが
   ストーリー面は逆転裁判のように終盤で伏線を回収するような展開がなく
   むしろ大量の矛盾が生まれてしまう展開になったのが残念。


 ・第2次スーパーロボット大戦OG (PS3)

   55話までクリアです。
   3回の分岐は、マサキ→宇宙→宇宙を選択しました。
   1週クリアまで、もう少し。


<2013年2月のプレイ予定>
(★新規)


 ・第2次スーパーロボット大戦OG (PS3)

   早々に1週目をクリアして、2周目をプレイ予定。
   終盤恒例の増援祭りや高HPの敵だらけの展開もないですし
   1週目とは使うキャラを変えるつもりなので、2周目も十分楽しめそうです。


 ★サイレントヒル2 最期の詩 HDエディション (PS3)

   PSソフト故の古臭さはあったものの、1が十分に面白かったので
   当然2もプレイするのですよ!


 ★リトルウィッチパルフェ ~黒猫魔法店物語~ (PSP)

   アトリエっぽいゲーム性と世界観が良さそうだったので買ってみました。
   アトリエの劣化作品という気配もしますが、さてどうでしょう…。


 ★キングダムズオブアマラー:レコニング (PS3)

   なんとな~く、やってみたくなりました。
   まぁ、弓が使えるアクションってだけで候補に入っていたわけですが
   公式ジャンルはアクションRPGだから、アクション性に期待すぎるとまずいかな。


他にも、たくさんプレイしたいタイトルがあるんですが
いろいろバランスを考えながら…ね。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.