いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール その5
FMSに続いてBMSの究極の譜面にも挑戦してみました。
前作でBMSだけ異次元の難しさという印象があったのですが
思ったよりも簡単なもので、これまたほとんどの曲をフルチェインクリア出来ましたね。

目視確認なので、間違いがあるかもしれませんがBMSは全部で103曲。
フルチェイン出来たのは97曲なので、残すところ6曲です。
FMSと合わせても、あと10曲で全曲フルチェイン達成ですわー。

ちなみにBMSでフルチェイン出来ていないのは、下記6曲。
FF2から「戦闘シーン2」
FF5から「決戦」
FF8から「Force Your Way」「Maybe Im a Lion」
FF10から「決戦」
FF10-2から「終焉」

FMSと合わせて残った10曲は、すぐにはフルチェイン出来なかったというだけで
大体は練習すればなんとかなるんじゃないかなーと思うので
全曲フルチェインに向けてがんばってみますー。
ダークソウル クリア
DLC分と本編ラスボスを一気にクリアしましたー。
レベル89でしたが、どちらもそんなに難しくはなかったかなぁ。

王家の森庭に行ったときは、DLCマップ使いまわしか…と思いましたが
後半はちゃんとオリジナルのマップだったので安心しました。
本編のようにイジワルなマップ構成ということはなく、正統派な感じで
進めやすかったですね。

触れるとダメージを受ける幽霊とか、各種ボス系はどれも良い感じで
やっていてつまらないボスや理不尽なボスがいなかったのは良かったです。
黒竜カラミットとの戦いは楽しかったし、子シフ(オオカミ)も可愛かった!

ゲーム全体を通して、武器はほぼ「居合い刀」のみを使用。
気分転換に違う武器を使ってみたりもしましたが、少しだけですね。
防具は軽装の物を取っ替え引っ替えしてましたが、頭は「宵闇の頭冠」で固定してました。
他の頭装備だと顔と髪が隠れちゃうのが多くて…やっぱり顔は見れた方が良いです。

この後は2周目には突入せずに、少し間を開けてダークソウル2をプレイしようと思います。
ラスボス弱かったなぁ…。
魔女と百騎兵 トゥルー・エンディング
終盤になり、物語が一気に加速!
怒涛の展開に、素晴らしいBGMが相まって、最高に盛り上がりましたなー。
そして迎えたエンディングでは、大団円的な最後を見せ
エピローグで語られるのは……めちゃくちゃ胸糞の悪い真実です。

これほど憤りを感じるような事はそうそうありませんよ…。
トゥルーエンド?そんなものはクソくらえです。
導いてあげようじゃないの!バッドエンドへ!

それにしても、このゲームのメタリカに対する扱いは逸品です。
あんなにも我儘でドSでゲスな性格をしているので
誰がもが最悪の第一印象だったんじゃないかと思いますが
終盤には、いつの間にか感情移入出来るようになっているのではないかと。
(自分の場合、最初から結構好きでしたが…w)

それは徐々にメタリカが丸くなっていったから…というのもあるとは思いますが
夜会の魔女たちがメタリカを騙して笑いものにした時に
メタリカに対して抱いていた印象の悪さが夜会の魔女たちに移り。
夜会の魔女たちが裏切り者の罠にハマリ無残にも惨殺されれば、それは裏切り者に移る。
極め付きが、トゥルーエンディング後のエピローグです。

こうして、最悪の第一印象であったはずのメタリカですが
より印象の悪い相手を用意する事によって、メタリカの性格を変えずに
好感度を上げることに成功しているんじゃないかなーと思います。
まぁ、実際には過去編でガラっと印象が変わる人が多そうですけどね。

あ、ちなみにノーマル・エンディングも見ましたが、これは見なくても良かったかな?w
コープスパーティー Book of Shadows
前作「ブラッドカバー リピーティッドフィアー」の続編です。
完結編が発売間近ということで、これを機にプレイしてみる事にしました。

オープニング放置で始まるプロローグでは、前作トゥルーエンド後っぽい感じでしたが
実際にゲームを始めてみると、ループエンド後っぽい展開になってますね。

とりあえず最初のチャプターである「刻印」をプレイ。
ループなので「世以子」は相変わらず助けられません…。
しかも、いろいろあって、前作以上に悲惨な死に方と…。
いきなりトラウマをパワーアップさせて思い出させてくれるサチコはさすがです。

でも、トゥルーがあるのにループエンド後から始めるってことは
ループする事で展開が変わって、助けられる可能性があるって事ですよね?
わざわざ同じ展開を見せるだけで終わるとは思えないですし…。
まぁ、サチコ的には「助けられると思った?www」てな感じなんでしょうが、信じてます。
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その14
部隊BGMを設定しても、マキシマムブレイクや武器BGMには負けるのね…。
プレイヤーが何の為に部隊BGMを設定したいのか考えて設計して欲しいわ。


第55話 飛べ、宇宙へ

 ガウルンとの決着ですが、せっかく原作と変えてきたのに
 あまりインパクトを残せる展開じゃなかったのは残念でした。
 てか、宇宙戦艦ダナンのインパクトが凄すぎて…w
 ようやく自軍に正式参入するテッサを見れるスパロボに出会えたよー。


第56話 シャア・アズナブルの真実

 シャアとフロンタルが特異点で、アクシズが大特異点…だと!?
 一応、逆シャアシナリオという形式をとってはいるものの
 もはや完全オリジナルと言えるレベルですなぁ。
 さすがに常連だけあって、扱いに慣れたもんです。


第57話 BEYOND THE TIME

 熱い…熱すぎるぜー!!
 やはり、世界全体で協力するような展開は燃えますなー。
 最高に格好良いシャアが見れました。


第58話 いがみ合う双子

 ガドライトを倒して、ついにヒビキもスフィアリアクターに…。
 八つ当たりで地球を滅亡させようとしていたみたいだけど
 それだけの理由じゃ無理があるので、スフィアの反作用的な物でもあったんかねぇ?


DLC スーパーバトルシップ大戦

 サブタイ通り、戦艦のみで戦うマップです。
 αでは分離ユニットのみで戦うようなマップもありましたけど
 こういう特殊なマップを本編でやられると育ててなかったりした時に
 結構辛いので、今回のDLCのように能力固定だとやりやすいですねー。


DLC ラスト・デイ

 ガドライトの母星が滅びた日のお話です。
 双子座のスフィアの事や地球に来た理由などが明かされるのかと思いきや
 彼の最後の戦いの様子が描かれているだけでした。


DLC アルティメット・バトル

 DLCの最後は、単なるボスラッシュです。
 まぁ、シナリオ的にもゲーム的にも最もつまらない締め方やね。


次で終わるー!
シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール その4
究極の譜面で全曲フルチェインへの挑戦。
FMSで一通りやってみました。
中には簡単にクリア出来る楽曲もいくつかはあるだろう…。
なんて、軽い気持ちでやってみましたが、実際ほとんど簡単にクリア出来ちゃいましたw

数え間違えがなければ、FMSは全部で107曲ありましたが
練習なし(3回くらいまでの挑戦)でフルチェイン出来たのは、103曲。
残すところ、僅か4曲まできちゃいました。

残ったのは下記4曲。
FF4から「愛のテーマ」「ゾットの塔」
FF10から「発進」
FF10-2から「異界の深淵」

どの曲も少し練習すればフルチェイン出来そうな手応えはあったので
FMSは全曲フルチェインいけるかも!

これならBMSも結構いけるかなー?甘いかなー?
挑戦してみます。
魔女と百騎兵 その4
ちょっと短めですが第三幕、8章まで終わりました。
ここまで来ても、相変わらず戦闘が簡単で拍子抜け継続中です。
ちなみにハクスラ系という話も聞いていましたが
武器収集の要素は貧弱なので、なんちゃってハクスラですね。

結構、特殊なシステムが多くて複雑そうですが
ほとんどのシステムは使わなくても問題なく攻略出来るので
殴る事と避ける事さえ覚えれば、十分かな。
ぶっちゃけ、戦闘は楽しみにしていた程、面白くはないです…。

ただ、半信半疑だったストーリーの良さが8章になって垣間見えてきました。
序盤のドSでゲスさが半端ないメタリカの行動とストーリーが好きだったので
徐々にマイルドになっていく展開が7章でピークを迎えた時は
もうこんな優しくて安っぽいストーリー見てらんない!という感じでしたが
8章で語られた過去編は、物語の真相に迫る興味深い内容でしたね。

最後には感動すると確信出来る、期待を持てる内容だったので
9章以降が楽しみです!
東方輝針城 〜 Double Dealing Character
古くはPC98の頃から存在する有名な同人シリーズの14作目です。
ジャンルは弾幕シューティングですが、そもそも2Dシューティングにあまり興味がなく
、過去に少しだけ怒首領蜂をプレイした事がある程度の経験しかないので
どこまでいけるか不安です…薦められなかったら、プレイする事はなかっただろうなー。

まずは、恐る恐る難易度イージーでプレイしてみましたが
さすがにイージーだけあって簡単でした。
最初はコンティニューしながらクリアしたのでバッドエンドでしたが
何度か練習してノーコンティニュー余裕になりましたね。

ちなみにプレイアブルキャラは3名で、それぞれ兵装が2種類あります。
一応、全部試してみましたが、スタンダードな霊夢B(妖器を使用しない) が
典型的な初心者向けといった感じで使いやすかったかな。

3名×2兵装で計6種類のエンディングがあるようですが
今のところは霊夢B以外でプレイするつもりはないです。

一応、難易度ノーマル程度はノーコンティニュークリア達成したいですね。
シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール その3
さぁ、ここからが本番。
究極の譜面でのフルチェイン挑戦です。

全曲での達成を目標にしますが、達成出来ないのは目に見えているので
諦めたら試合終了ということにしますw

とりあえず、どんなもんかなーと思ってBMS・FMS・EMSで1曲ずつやってみましたが
やはりBMSの難易度が高く、次いでFMS、EMSという感じだったので
まずは曲数も少なく簡単なEMSから挑戦してみました。
そしてサクっとEMS全曲でフルチェイン達成です!
まぁ、EMSはね…そう、簡単なんですよ…本当の地獄はここからだ…。

てことで、この後はFMSをやっていきますが、いつ終わるかもわからないですし
すぐに諦めるかもしれないですが、そのうち進捗があれば次の記事を書くつもりですー。
ダークソウル その4
アノールロンド以降、サクサクと進み「王のソウル」を4つ集めたので
残すところはラスボス戦とDLCのみ!というところまできました。

サクサク…といっても、アノールロンド以降が簡単なわけじゃないです。
むしろ難度的には更に上がっていると思いますが、難しさの質が違うんですよね。
アノールロンドまでは直球で、アノールロンド以降は変化球という感じかな。

このゲームの難度の高さは折り紙付きで、プレイ前から苦戦する事は予想出来たので
最初から攻略サイトを参考にしながら進めているんですが
アノールロンドまでは、いくら攻略サイトを見ても、参考レベルにしかならず
結局はプレイヤースキルがないと突破出来ない構成なんですよ。

逆にアノールロンド以降は、ステージが非常に特殊な構成になっている事が多くて
有効な攻略方法を導き出すために、トライアンドエラーを繰り返すような内容です。
つまり、攻略サイトで有効な攻略法を見てしまえば、簡単に有利な状況で進められるのです。

それと多少は自分自身の練度が上がっているってこともあると思います。思いたい。

ちなみに、アノールロンド以降で一番苦戦したのは地下墓地→巨人墓場→墓王ニトのルート。
地下墓地では神聖武器を持っていなかったので、スケルトン復活しまくり
巨人墓場では明かりを持っていなかったので視界悪すぎ、四つん這い強すぎ
墓王ニト戦でも神聖武器を持っていなかったので、雑魚スケルトン復活しまくり…。
神聖武器がないと辛いのがわかっているなら、作ればいいのにね?

このあと、DLCをやってからクリアしようと思います。
ペルソナ2 罪
4に向けて順番にプレイ中ですよー。
ってことで、ペルソナ2罪を始めました。
今回も1と同じく、シリーズの雰囲気を感じるのと変遷を見るのが目的なので
戦闘難易度はイージーです。

とりあえずは最初のボス戦が終わるところまでプレイしましたが
1と比べると、大幅にシステムが削られており、だいぶシンプルになった印象です。
3Dマップや戦闘時の陣形、悪魔合体といった要素は軒並みオミットされてますね。
正直、1は敷居が高かったと思うので、これくらいが丁度良いかな。

世界観は1と共有しているようで、前作のキャラクターも一部登場しています。
パーティメンバーには、ゆきのさんがいますが、1で彼女が活躍するのは「雪の女王篇」のみ。
自分は「セベク篇」しかプレイしていないので、ほとんど印象に残っていないのが残念です。

全体的に1よりも好印象なので、クリアまでこのまま楽しめたらいいなー。
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その13
いよいよ終盤に突入で、原作ラスボスラッシュが始まりました。
雑魚敵もHPが高いので辛いです。


第50話 神殺しの魔神

 初登場では人類など見向きもせず、その強大さを見せていたハーデスも
 インベーダーに無視されるなど、この決戦シナリオで一気に株が落ちましたな…。
 まぁ、今作のマジンガーはスパロボオリジナルの展開だし、こんなもんかな。


第51話 神話センリツ

 シュレードの最期は、まぁ良かったけど。
 アマタの家族関連の話は全く共感出来ないわ…。
 身勝手で無責任な親以上の感想はない。


第52話 1万2000年の愛

 アクエリオンEVOLのラストです。
 MIXYがMIXに戻ったり、クレアが使えるようになったのは良いけど
 彼女ら専用の技がないから、めっちゃ使いにくいわー。


第53話 暗黒の理

 グーラ、そして宇宙魔王との決着…鉄人28号のラストです。
 他に比べて雑魚敵は弱いんですが、宇宙魔王は演出的にもシステム的にも強敵でしたね。
 離れた位置に出現する3体の同ターン撃破が必要なうえ
 2回行動、マップ兵器、行動不能ありと、攻守万能な感じでしたな。


第54話 The Show Must Go On

 ビッグオーのラスト…?で良いのかね?
 そもそも原作再現とかやっていたのかも不明なくらい、ビッグオーは謎すぎる。
 Z1で再現終わったんじゃなかったんかな?2ndシーズンでしょうか?謎です。


ようやく専務がエースになったわー。
これでZチップに悩まされる事もなくなるね。
魔女と百騎兵 その3
第二幕、6章まで終わりました。
だいぶ慣れてきたので、結構サクサク進めるようになりましたが
1章1章が、かなり長いので時間がかかっちゃってますね。

広いマップを丁寧に歩きすぎているのが原因だと思うので
攻略サイトを見て、必要なところだけ周るようにした方が良いかなー。
マップ踏破率とか表示されるから、心情的に100%にしたくなるのさw
ま、100%にしたところで特に何もないわけですが…。

最大の懸念事項だった難易度の高さは、事前に聞いていたほどじゃなく
ここまでのところ、むしろ難易度は低めかと。
敵の種類も少なく、既に動きも攻略法もわかっているので
少々攻撃力と耐久力が上がっただけじゃ、何の脅威にもならんのですよ。

ストーリ面も序盤のような衝撃はなくなり、大人しくなってきた感じ。
メタリカのドSっぷりは変わらないですが、周りのメンツが温いですからね。
まぁ、ずっと序盤の調子じゃ収拾がつかないので、ストーリー構成的には当然でしょうけど。

ここからまた終盤に向けて、難易度もストーリーも上げてくると思うので
楽しみにしながら続きをプレイしていきましょー。
2014/6
今の職場は日勤夜勤があって日勤のシフト争いが激しいのですが
希望通り、日勤が多めにもらえていて満足じゃ。


<2014年6月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★ペルソナ (PSP)

   クリアしましたが、それ程面白くはなかったかなぁ。
   そもそも薦められたのは4で、1はシリーズの流れを把握する為にプレイしただけだしね。
   もともと高くなかった期待値くらいの出来だったかと。


 ★ファイナルファンタジー10-2 ラストミッション HDリマスター (PS3)

   つまらなくて途中で投げ出すんじゃないかと予想していましたが
   攻略サイトを見ながらなら、スイスイと進められたので無事クリア出来ました。
   まぁ、不思議のダンジョンとしての魅力は皆無でしたが…。


 ★シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール (3DS)

   熟練の譜面までは全ての楽曲でフルチェインを達成しました。
   究極の譜面で全楽曲をフルチェイン出来れば文句なしで卒業出来るんですが
   到底無理だと思われるので、無理をせずにボチボチとチャレンジしていこうと思います。


 ・第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 (PS3)

   現在、50話付近をプレイ中。
   あれ?先月から10話くらいしか進んでいない事実に驚愕…。
   (そして先月のコメントでも同じ事を書いていたことに驚愕)


 ・魔女と百騎兵 (PS3)

   期待していた難易度の高さは、まだまだ感じられませんが
   8話になって、物語が動き始めた気がします。
   難易度と、もう一つ楽しみにしていたストーリー面に期待が膨らむなー。


 ・ダークソウル (PS3)

   あかーん!めっちゃ難しいのに、やめられないとまらない!
   ほんとに油断すると即死なので、強制的に集中力が身に付きますw
   アノールロンドまでは王道的な難しさで、以降は変則的な難しさな気がします。


<2014年7月のプレイ予定>
(★新規)


 ・第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 (PS3)

   まずは1周クリアしておきましょう。(先月、先々月と同コメとか…)


 ・魔女と百騎兵 (PS3)

   いよいよ終盤に向かっていきますが、ストーリーが良くなる気配がすごいので
   楽しみで仕方がないです。


 ・ダークソウル (PS3)

   DLC分をプレイするか悩んでいましたが、面白くて仕方ないので
   これはもうプレイするっきゃないでしょ。
   このレベルのゲームなら、いくらでも時間かけられますよ!


 ★ペルソナ2 罪 (PSP)

   4に向けて、順番に…ってことで2をプレイしますよー。
   1からの変化も意識しながらプレイしようと思います。


 ★コープスパーティー Book of Shadows (PSP)

   もうそろそろ完結編が出そうな事と、PSストアで期間限定価格で販売していた為
   まんまと買ってしまいました。
   前作の復習をしたいし、世以子からのメールが届くシーンでもう一度泣きたいので
   プレイ動画とか転がってないかなー。


 ★東方輝針城 〜 Double Dealing Character (Windows)

   これまた職場で薦められたタイトルです。
   シリーズはたくさん出ていますが、とりあえず最新作をやってみるよ。


職場でゲームを薦めてくる人が後を絶たない…w
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.