いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その19
コンボとか考えないで戦うようにしたら、サクサク進むわー。
やっぱり、アレって考えるだけ時間の無駄だったか。


分岐 依頼を受けない

第17話 後の祭のフェスティバル

 今回のふもっふシナリオは練馬RDのお話。
 アカギ繋がりでダイガードとの絡みがるとは面白かったですw
 M6のコクピットにかなめがいるので、戦闘ボイスも新鮮でした。


分岐 ネオ・ジオンの調査に向かう

第22話 ロンデニオンの邂逅

 逆シャアシナリオとユニコーンシナリオが同時進行。
 今作では完全にセット運用ですなぁ。


第23話 次代を担う者

 VSネオジオンです。
 逆シャアとユニコーンは味方だけじゃなく
 ギュネイとアンジェロみたいな敵キャラの絡みも結構良い感じ。


第24話 パラオ急襲

 別ルートとほぼ同じ…かな。


第25話 NT-D

 ここもマップと敵配置が違うだけで
 シナリオは別ルートとほぼ同じやねぇ。


第26話 魔獣王子、目覚める

 正太郎とグーラの友情は、こっちのルートの方がちゃんと描かれてるー。
 それでもまだ足りないとは思いますけどね。


第27話 涙の行方

 エピソードの語られ具合に差があるものの、別ルートと同じ。


攻略順が違うだけで別ルートとほぼ同じなのは、シナリオ数の水増しよのう。
東方輝針城 〜 Double Dealing Character その2
難易度ノーマルでノーコンティニュークリアしましたー。
最初のうちは苦戦してましたが、2Dシューティングは覚えゲーの側面が大きいので
パターンを覚えていくと、徐々に簡単になっていきますね。

ステージ5までの間にミスって残機を減らした場合は、即リセットしていたので
ノーコンティニュークリアする頃には、だいぶ上達していたのか
残機にも余裕を持って攻略する事が出来ました。

弾幕シューティングは怒首領蜂以来、久々にプレイしましたが
弾幕の種類が想像以上に豊富で楽しませてもらいましたわー。
よくプレイしている人にとっては、マンネリなのかもしれませんが
自分的には面白い弾幕がたくさん見れて良かったです。

難易度ハードも、ちょっとだけやってみましたが
さすがにノーマルとはだいぶ違いますねぇ。
練習すれば、たぶんノーコンティニュークリア出来ると思いますが
自分の性格的には上を目指すよりも、制限プレイが好みなので
もしやるなら、難易度ノーマルでボム禁止のノーコンティニュークリアですかね。

まぁ、とりあえずは目標をクリアしたので、ここまでにしようと思います。
ヒットマン アブソリューション その2
丁度半分くらいのミッション10まで終わりました。
プレイ前は全く期待していなかったストーリーですが
ハリウッド映画っぽい展開が多く、かなり楽しめてます。
「おっさん+少女」という黄金パターンなのも、功を奏している感じですね。

メインキャラはもちろん、サブキャラも個性的で
洋ゲーでは珍しくキャラクターも好印象。
日本語音声でやってますが、ガヤも含めて良い演技をしてますな。

ゲーム内容は基本的に侵入・暗殺の2要素ですが
決して単調な作りにはなっていないのが、素晴らしい。
ステルスメインかと思いきや、人混みの中での暗殺もなかなか多く
ターゲットを発見したら、行動パターンを観察しながら
周囲のギミックを調査して、どうやって暗殺するか考えるのが楽しすぎですw

とりあえず1周目は出来るだけスマートにってことで
自分の手を汚さず、仲間割れを誘発したり、事故死に見せかけたりする
暗殺方法を目標にプレイ中です。

あとはこのまま、マンネリ化する事なく最後まで楽しませてもらえれば文句なし!
コープスパーティー Book of Shadows クリア
クリアしましたが、なんという衝撃的なラストか!
というか、完全に完結編のプロローグ的な内容になっていて
ここまでブツ切りにしてしまうとは、思い切った収録をしましたねぇ。

おかげで、完結編がめっちゃ楽しみになりましたが
まだVitaを持っていないので、とりあえず「サチコの恋愛遊戯」でもプレイして
間を埋めるとしましょうかね。

で、今作ですが前作のストーリーのまま別キャラクターにスポットを当てるのではなく
ループ後のストーリーを描いているのは、整合性を考える必要なく
キャラの活躍をチャプター毎に自由に描けるからかなー?
ループってキャラの掘り下げをするのに便利な展開なのかもしれませんね。

もう隠す必要もないってことで、サチコの出番も多くなりましたが
デレ(のフリ)の時がカワイイので、ツンの時の怖さが引き立ちますわー。
「サチコの恋愛遊戯」も公式とかで、ラブコメ物っぽい宣伝してますが
絶対にそんな生易しいもんじゃないはず…騙されませんよ…。

そして前作主人公格だった持田は、ほとんど出番なし!
完結編ではあゆみが主人公っぽいし、今作はほぼ出番なしで
前作も主人公格とはいえ、岸沼の影に隠れがちだったので不遇じゃの…。

そろそろVita買いますか。
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その18
本命の宇宙ルートですが、めっちゃ味方少ないですわー。


分岐 宇宙に向かわせる

第10話 コロニー動乱

 エンドレスワルツの序盤とオリジナル系の伏線ばら撒きですね。
 VSトロワは専用セリフないのかなぁ。


第11話 ユニコーンの日

 初参戦だけあってユニコーンの1話を丁寧に再現してます。
 ホットドッグを食べるオードリー可愛いわー。


第12話 赤い彗星の襲来

 フルフロンタル&シナンジュの顔見せ。
 ここでアムロ登場とはわかってるな!


第13話 戦乱のプレリュード

 EWの五飛戦。
 いつも通りの五飛と、グラハムのプリベンター・ライトニングに吹いたw
 しっかし五飛はめんどくさいやつだなー。


さくさくやってこー。
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その17
ここは3分岐なので、まずは本命じゃない方からプレイ。


分岐 日本に残らせる

第10話 魔王の誘い

 宇宙魔王の存在を匂わせるだけの展開。
 結構焦らすなぁ…。


第11話 新世紀の序章

 EVAの導入部分。
 劇場版になっても、この辺は変わらないのでスパロボではお馴染みの展開ですね。
 1週目で暴走状態を見れなかったので、見れて良かったー。


第12話 みんな、必死に生きている

 ヘテロダインも1週目だと絡んでこなかったので新鮮。
 シンジと赤木の絡みもなかなかw


第13話 他人、そして自分

 VS第5の使徒です。
 トウジやケンスケが初号機に同乗した状態で戦う時に
 専用セリフがあるとは思わなかったのでビックリ。


そしてまた10話に戻って、本命の分岐ルートを選んで進めますー。
コープスパーティー Book of Shadows その2
チャプター7「歯」まで終わりました。
バッドエンドも含めて、ここまでの全エンディング回収済みです。

前作よりもシステムが簡略化されているので、キーアイテムが見つからなくて
校舎内を延々と彷徨うような事がなくなりましたね。
ゲームとしての探索はもちろん楽しいのですが、フラグがわかりにくかったり
詰まったりすると、ストーリーにのめり込みにくくなってしまうので
ストーリー重視で楽しむなら今作くらいの探索システムが丁度良かったです。

そのストーリーですが、プレイ前は前日譚や後日譚で
キャラクターの掘り下げをメインに進めるのかと思いましたが
実際には前日譚が結衣先生のエピソードで語られるくらいで
他はみんなループエンド後のお話のようですねー。

ループなので基本的には前作と似たような展開になるんですが
前作であまり出番のなかったサブキャラクターがメインなので、思ったよりも新鮮。
主人公グループのサブメンバーだけでなく、別の学校の生徒達も多く登場するので
キャラが一気に増えて楽しくなってきました。

特に物語の発端とも言える「大上さやか」と「冴之木七星」の話が面白かったですな。
(そういえば、この話も前日譚がメインだった)

残すところチャプター8「BLOOD DRIVE」のみ。
誰メインのエピソードなのかなー?楽しみ。
ヒットマン アブソリューション
シリーズ物ですが、過去作からプレイする環境がなかったので
いきなり最新作からプレイです。
登場人物やストーリーの繋がりは、Wikiでちょこっとだけ勉強しておきました。

とりあえずミッション1とミッション2をクリア。
ミッション1はチュートリアル的な内容なので、あまり自由度がありませんでしたが
ミッション2では、様々な暗殺方法が用意されているみたいで
いろいろと方法を考えながら、周囲を探索するのが楽しかったですねー。

変装したり物陰に隠れたりしながら、ターゲットに接近するステルスゲー的な部分と
マップギミックを考慮しながら暗殺方法を試案するパズルゲー的な部分の
どちらも好きなタイプなので、以降のステージも楽しめそうです。

現地調達ですが、一応火器類も手に入るので、強行殺人も出来るようです。
この場合、とても暗殺とは言えませんが…w
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その16
2周目始めましたー。
1周目とは違う分岐を選んでいきますよー。


分岐 ハイキングに行かない

第5話 忍び寄る悪意

 本当に僅かとはいえ、映画「ソレスタルビーイング」が専用マップで再現されるとはw
 ちゃんと4人のマイスターの顔グラも用意されてて面白かったわー。


第6話 新たなる暗雲

 ダグザと正太郎のまさかの絡みがw
 ダグザって案外使いやすいキャラなのかもねー。
 今回は生き残らせてみせる!


分岐 助っ人を引き受ける

第9話 やりすぎのウォークライ

 別分岐ではポニ男の話でしたが、こちらはラグビー部のお話。
 見れるふもっふネタが変わるだけで、戦闘マップのシナリオはどちらも同じですなー。


あまりゆっくり楽しむつもりはありませんが
1周目で使わなかったキャラも使ってみたいですね。
シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール その6
あと1曲…あと1曲フルチェイン出来ぬー!!
まさかここまで出来るとは自分でも思っていなかったものの
ラス1まで来てしまうと、どうにか全曲達成したい欲が出てきますよねw

曲自体は、どう足掻いてもフルチェイン出来ない…という程難しいわけじゃないんですが
苦戦しているのが連打ゾーンなのが悩みどころ。
DSの持ち方や連打の区切り方など、工夫次第でやれるかもしれませんが
基本的に連打は苦手なので、ほとんど糸口が掴めていない状態です。

さすがに最後に残った同じ1曲ばかりをプレイし続けるのはしんどいので
他の曲も挟みながら練習してみましたが、もう、ちょっと辛いかな…。

しかしまぁ、本当はもっと気長に挑戦するつもりだったんですが
案外、簡単にフルチェイン出来てしまうものですなー。
特にBMSは前作で、ほとんどフルチェイン出来なかったのに…。
ボタン操作でやってるから前作より簡単に感じるのかな?

ちなみに一覧画面からでは、フルチェイン済みかどうかが判断出来ないので
きちんと管理しているつもりですが、もしかしたら漏れがあるかもしれません。
フルチェインを目標にする人が少ないとは思わないので
この辺はユーザーの遊び方を考慮して、GUIの設計をして欲しかったですね。

てことで、ここら辺が潮時かなーって思うので、これで終わりにしようと思います!
ペルソナ2 罪 その2
同時期にプレイしていたゲームが思いのほか時間がかかってしまい
ろくに進まなかった為、1ヵ月ぶりの更新です。
リサの口からジョーカーの正体について語られた後、岩戸山に行く直前まで進みました。
各キャラクターの過去が大きく関わってくるようで、この辺から物語が加速しそうです。

とはいっても、ストーリー面は貧弱なので、それ程期待出来ないかもしれません。
1よりは演出が良くなっていますが、まだまだ淡泊ですからね~。
まぁ、戦闘メインで楽しむのであれば、ストーリーはこのくらいで丁度良いとは思います。

その戦闘面については、かなり好印象。
いろいろなペルソナを仲間にして強化したり、悪魔と会話するのが楽しいですし
1のシステムの不要な部分をオミットし、必要な部分が強化されて遊びやすくなっています。

ちなみに、一般人が普通に暮らしたり、商売している施設で
当たり前のように悪魔に襲われるってどういう世界観なん?w
魔女と百騎兵 バッド・エンディング
最後までやり切ました~!
もうね、ラスボスが強すぎて一晩やってもクリア出来なくて
別の日に再チャレンジする事態にまでなりましたからね!

このゲームのボス戦は、きちんと敵の動きを観察して
攻撃範囲やパターン、隙の度合いなんかを見極めるところからスタートなので
戦闘開始直後は苦戦したり、何度か負けたりしながら思考錯誤するわけですが
とどめを差す頃になると、もう何度戦っても負けないな!というくらいに成長出来て
非常に楽しいです。貴様の動きは既に見切った!という感じでしょうか?w
逆に雑魚戦は敵の種類が少ないので、面倒なだけで楽しくないですが…。

だから、12章のボスラッシュが一番楽しかったですねー。
個人的にラスボス以外では、ネザリア戦が一番苦戦したかな。
12章で回復アイテムが必要だったのは彼女くらいです。

一つ残念なのは、負けたボスと再戦する時に準備が面倒な事。
昨今のゲームだと、負けたら即リトライ出来るものが一般的ですが
このゲームの場合、消耗したギガカロリーやアイテムをそのまま引き継ぐので
再戦の為に、マップに入り直してのカロリー回復が必須。
ラスボス戦には負けまくったので、アイテム補充が面倒になって
タイトル画面からリロードしてました。

そんなラスボス戦ですが、倒した時のスペックはこんな感じ。
HP:602
武器:百鬼百命剣1本のみ。(持ってる武器を吟味した結果、これがベストと判断)
攻撃力:4800くらい
防御力:5100くらい
ファセット:メインが初期のやつ(76レベル)、サブは忘れた…レベルは40後半。
フィジカルリバレーション:未使用
戦術トーチカ:未使用

火球で600強のダメージをもらうので、即死しまくり…。
あまりに勝てないので、結局カオスリバレーションでゴリ押ししました。
他のボスには全然使ってなかったんですが、カオスリバレーションめっちゃ強いのね。


エンディングに関しては、いろいろ書いていたらネタバレがすごい事になってきたので
続きに書きました…。

つづきを表示
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その15
1周目クリア~!長かった~。


第59話 決戦の銀河

 グレンラガンの決着シナリオ前編、といった感じかな。
 大量の雑魚と戦うマップですが、充実の自軍戦力の前には無に等しい。
 そのせいもあって、原作と比較するとだいぶ盛り上がらなかったような気が…。
 キタンの特攻も、もう一押し欲しかったかなー。
 「多元宇宙迷宮」は、全作品の主人公格で物語が展開されるので見応えがありましたね。
 

最終話 天の光は全て星

 久々(いつ以来かな?)にオリキャラ以外がラスボスを飾りました。
 オリジナル系がラスボスだと、熱い展開は演出出来ても
 ストーリー面で弱くなってしまうので、今回は物語でも盛り上がれて良かった~。


Epilogue 動き出す刻、そして……

 戦闘はイベント的なレベルなので楽勝。ストーリー重視のエピローグです。
 このエピローグがあるせいで、次回作がめっちゃ楽しみなってしまったわー。
 天獄篇はよ!!!


さて、1周終わったので自分の撃墜数ランキングでも載せてみます。
それが何か?という感じでしょうけど…。

キリコ 115
アムロ 109
バサラ 104
甲児  104
ゼクス 103
ジェフリー 102
ヒイロ 101
キラ 101
カミーユ 100
カレン 100

結構、万遍なく使ったので、全員50機以上撃墜しとります。
2周目はサクサク行きたいので、強キャラ無双で進めますよー。
2014/7
職場の人間がどんどん増える…仕事が増えてるからなんだが
分担するのは良いとして、一応全部出来ないといけないから覚えることが多すぎるわ。


<2014年7月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★ダークソウル (PS3)

   DLC分も含めて、倒せるボスは概ね倒す事が出来たと思います。
   後半は攻略サイトを見まくりだった事もあり、それなりに楽にいけました。
   めっちゃ楽しかったので、ダークソウル2もプレイするつもりです。


 ・魔女と百騎兵 (PS3)

   胸糞の悪いトゥルーエンディングを見て、バッドエンディングに向けてやり直し。
   もう終盤のクリア直前くらいまでは来ています。
   11章までは噂ほど難しくないなーと思っていましたが、12章はいきなり難しすぎー。


 ・第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 (PS3)

   やっと1周クリアです…!逆シャアシナリオの使い方が最高に良かったよぉ~!


 ・ペルソナ2 罪 (PSP)

   他のゲームを優先していたので、あまり進んでないです…。
   ペルソナ1よりも、解りやすく遊びやすくなっているので続編として好印象です。


 ・コープスパーティー Book of Shadows (PSP)

   前作のサブキャラクターを中心にしたエピソード集ってことだったので
   ホラー要素よりも掘り下げメインなのかなーと思っていたら、しっかりホラーメインでした。
   そして、相変わらず声優とSEがんばり過ぎ。怖い。


 ・東方輝針城 〜 Double Dealing Character (Windows)

   とりあえずイージーでノーコンティニュークリアしました。
   普段シューティングしないので、イージーでも難しかったかな…。


<2014年8月のプレイ予定>
(★新規)


 ・第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 (PS3)

   別ルートに行ったり、逃した隠しキャラとか使いたいので2周目に突入です!


 ・魔女と百騎兵 (PS3)

   あとはクリアするだけです!
   ハッピーエンドが恋しく感じるなんて、初めてかもしれない。


 ・ペルソナ2 罪 (PSP)

   早く4まで辿り着きたいので、サクサク進めたいところ。
   特に2は罰もあるので、意識して早めにプレイしようと思います。


 ・コープスパーティー Book of Shadows (PSP)

   夏にプレイするにはピッタリで、プレイ中は本当にちょっぴり涼しく感じますw
   一応、バッドエンドも全部回収してクリアするつもりです。


 ・東方輝針城 〜 Double Dealing Character (Windows)

   イージーでクリア済みですが、せめて難易度ノーマルでノーコンティニュークリアしたい。
   エンディングは6パターンですが、霊夢Bだけでいっぱいいっぱいになりそう。


 ★ヒットマン アブソリューション (PS3)

   まぁ、たまにはハゲのおっさんを操作するゲームもいいんじゃないかなw
   

ガンダムのEXVSFBを強く薦められましたが、さすがに付いていけないと思うので
薦められたゲームでは、初めて断ってしまったなぁ。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.