いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ヒットマン アブソリューション 2周目
じっくりと攻略した1周目に続いて、邪魔なヤツは全員皆殺しな2周目です。
まぁ、皆殺しとは言っても、下手に見つかるとガンガン増援を呼ばれて
収拾がつかなくなるので、基本はステルスキルでじわじわと排除ですが。

しかし、最終的には一般人を含めて全員キルしてからクリアするように
心掛けてプレイしていたので、大体どっかで見つかって銃撃戦になりますねw

ただ、この皆殺しプレイで決定的に残念なのは、全く面白くないという事…。
当然、プレイ前は楽しく出来ると思ってやり始めたわけですが
そもそものゲームコンセプトと全くマッチしていませんし、考えてみれば当然かな。

結局、ミッション10にも到達せずに、飽きてしまったので
無理して続けずに、これで終了にします。
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その22
おそらく過去のスパロボ全てに該当すると思いますが
会話は一気に飛ばせるのにマップイベントは少しずつしか飛ばせないのが面倒。
プレイヤーが操作出来る場面まで飛ばすのに、何回スキップさせるんだよ…。


選択肢 シャアを信じる
分岐 職務に専念する

第42話 仁義なきファンシーZ

 まさかのボランティア部VSくろがね五人衆。
 こういうクロスオーバー系は面白いけど
 決着が付かないのが残念よのう。


分岐 日本に残る
分岐 起動実験を行う

第47話 生命の選択

 新エヴァだと3号機に乗って浸食されるのはアスカなんですね。
 他の部分は旧エヴァと同じようですが、アスカ退場かぁ。


第48話 禁断の領域

 この辺も旧エヴァと同じ展開ですね。
 1週目は使えなかったマリを存分に使いますよー。


分岐 メリダ島へ行く
第46話 残された時間

 逆シャアとユニコーンにカミーユも絡んで描かれる
 UCガンダムのクロスオーバーは良いものだ。
 でも、やっぱりダブルゼータもいた方が嬉しかったなぁ。


第47話 大西洋の死闘

 完全な水中マップ。
 フルメタが参戦で、ダナンの活躍の為にこういうマップが用意されるのは当然かな。
 水中適性の高い機体は少ないので、敵は弱めに調整されていて楽勝です。


第48話 重力の井戸の底で

 この辺はユニコーンの原作再現をしっかりやった感じに見えます。
 ちょいとアムロは出しゃばり過ぎな気もするかな。


残すところIFルートの分岐のみ。
次回で最後。
東京ゲームショウ 2014
いつもの面子でTGSに行くようになってから、今年でもう7年目ですかねー?
勝手知ったるTGSといった感じになっとります。

いつもはバンナムのスパロボ系イベントを一番の目当てに行っているので
他は行き当たりばったりで見て回っているのですが
今年は残念な事にスパロボ系のイベントがないので
見て回りたいイベントを事前にリサーチしておきました。
事前にスパロボ以外の情報収集をしたのは、7年目で初めてだったりしますw

見たかったのは、ドラクエ、逆裁、バイオリベ2、サイレントヒル、メタルギアでしたが
実際に見たのは、フューチャー賞、逆裁、サイレントヒル、メタルギア。
バイオとサイレントヒルは時間がかぶっていたので悩んだのですが
サイレントヒルの後がメタルギアのイベントなので、サイレントヒルからいないと
人が多すぎて見れないだろうとの判断から、サイレントヒルを選びました。
実際、サイレントヒルが終わっても誰もいなくならなかったので正解だったかなー。

あと、ドラクエは見くびってましたね。
フューチャー賞から続けてドラクエを見に行ったのですが、既に人がごった返していて
まともに見れる状況じゃなかったので、断念。見たかったなー。

では、イベントの感想や詳細などは直さんにお任せして…って
今年はもしかして、なし…かな?
真 流行り神 その2
最初のブラインドマン編をクリアすると解放される3ルートをクリアしました。
旧シリーズのように1話毎に話を進めるのではなく
選ぶ選択肢によって、全く別のルートに変化する「かまいたちの夜」方式のようですね。

そういえば、「かまいたちの夜」も「真」が発売されましたが
今回シナリオツリーを作ったり、ルートによって登場人物の立ち位置を変えたり
システムを似せてきているのは何か関連あるのかな?単なる参考でしょうかね。

ちなみに新たな3ルートも特に難しい所はないかと。
Sランクも攻略サイトなどを頼らずとも、案外すんなり取れちゃいますね。


<悪霊編>
真相が呪いそのものだったのは残念でしたが
死のルールはちょっと捻った感じになっていて面白かったかと。
FOAFを絡ませてくるのも、しっかり「流行り神」してたので良かったです。

<生け贄編>
Z指定の要因は「犯罪表現」という事でしたが、これが該当のシナリオかな?
たしかに、スナッフビデオ撮影の犯罪を描いた作品は珍しいかも…。
実は…という感じで遥さんの扱いは上手でしたね。
彼女の真相については、おそらく隙間録で見れるんでしょう。

<パンデミック編>
まさかのゾンビパニック系のシナリオで、もはや本編の面影は全くないですw
極限状態で徐々に倫理観が崩れていく様子なども描かれていますが
関本がやたら説教くさいのが、ちょっと嫌だったかなー。
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その21
2周目だとDトレーダーとか、たまにしか入りませんが
入った時にたまっているエースパイロットのお祝いメッセージを
延々と聞かされ続けるのが面倒です…。


分岐 宇宙部隊に配置

第36話 生命の歌声

 アクエリオンシナリオ。
 ゼシカの告白から新技発動までの流れは良かったんですが
 ゲパルトへの技追加がセリフだけで終わりって寂しいような…。


第37話 フィフス・ルナ攻防戦

 今作の逆シャアシナリオは原作を取り入れながらも
 ほぼオリジナルのお話ですねー。
 Zシリーズの流れからすると自然なので違和感はないかな。


第38話 湧きあがれ、いのち

 アクエリオンのシナリオも絡ませてはきてますが
 オリジナルの話は他ルートと同じです…。


第39話 レア・イグラー

 着々とアクエリオンの話が進んでおりますな。
 しかしモロイとサザンカのエピソードは全く再現されないのう。


第40話 ラプラスの遺骸

 1周目は殉職されたダグザさんを無事助けることが出来ました。
 さらっと生きて出てくるダグザさんがちょっとシュールw


2周目だけあって、まぁまぁのスピードで進められてるかな。
最終分岐後の共通ルートまでプレイするかどうかは、ちょっと迷ってます。
ペルソナ2 罰
罪から間髪を入れずに開始です。
とりあえず、空の科学館までをクリアしました。

グラフィックとシステムは、ほぼ罪の使いまわしなので
すんなりとゲームに入れたのは良かったのですが
同時にマンネリも感じてしまうので、一長一短だったかと。
特に今回は連続してプレイしているので、またレベル1からやり直しか…という気分に。

ストーリーに関しては2周目(罪→罰)である事を意識した作りになっていて
1周目の出来事を知っているキャラクターなんかも登場していますので
ループ(正確には別世界設定なのかな?)物として楽しむ分には問題ないですねー。
主人公やメインキャラの入れ替えも行っているので、こちらはマンネリを感じないです。

今回も難易度はイージーでプレイしているので、サクっとクリアしちゃいましょう。
ヒットマン アブソリューション クリア
クリアしました!
後半は幹部たちを暗殺していくミッションの連続だったので
モチベーションが上がりましたし、やっていて楽しかったですねー。

ただ、最後のミッションの暗殺対象をムービーで自動的に殺してしまうのが不満。
実質、護衛の精鋭3人がラスボス扱いですが、ここで初登場な上
バックボーンも何も語られないので、雑魚兵士を相手にしてるのと同じ気分でした。
一応、探知能力も戦闘能力も、雑魚兵士とは比べ物になりませんが
たった3人で、しかもバラバラに行動するので、各個撃破余裕ですわ。

ちなみに1周目の縛りとして
・発見されない。
・ターゲット以外に手を出さない。(気絶もさせない)
・事故死に見せかけて暗殺。
・変装しない。

といった事を心掛けながらプレイしていたので、かなり時間がかかってしまいました。
まぁ、心掛けていただけで、守れていないミッションもありますが
ほとんどのミッションは、上記の縛りの中でクリア出来たはずです。

1周目で縛って縛ってフラストレーションも溜まったので
皆殺し大暴れの2周目も予定してますw
ペルソナ2 罪 クリア
後半は一気にカオスなストーリーになりますが
結構盛り上がったし、かなり面白かったなー。
ストーリーは期待も興味もなかったので、良い誤算でした。

2部作前半としてのエンディングですが、印象的かつ綺麗な終わり方をするので
本作だけでも十分に感動的でしたね。

逆にシステム面では期待ほどの面白さを感じられず残念。
噂が真実になるというストーリーの設定について
システム面でもリンクさせていましたが、活用しきれてなかった印象です。
結局は「どこどこにこんな悪魔がいるらしい」みたいな噂を聞いて
実際にその悪魔を倒して報酬を得るという単純なクエストが多く
ショップの品揃えの変化については、ただ面倒なだけでしたわ。
悪魔との会話やペルソナ関連の、前作からあるシステムは面白かったんですけどね。

難易度イージーだったので、戦闘は特に考えることも苦戦する事もなく…。
歯応えはありませんでしたが、その分サクサク進めたので良かったかな。
ラスボス戦なんかは、ノーマルだと結構苦戦しそうなポテンシャルでしたし。

クリア後に罰のPVを見てみましたが、本作をプレイ済みだと否が応でも期待が高まるので
早いところ始めたいですね!
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その20
2周目でもエースパイロットへのお祝いメッセージがありますが
1周目で聞いたキャラも強制的に表示されるのでスキップが面倒。
お祝いメッセージ表示のON/OFF機能とか欲しかったかなー。


分岐 日本部隊に配置

第36話 戦場外の憂鬱

 今作屈指の名シナリオがこんなところに…!
 もともとトライダーとダイガードは数々の名クロスオーバーを見せてきましたが
 サブキャラ同士の地味な関係がとても素晴らしかったです。
 お父さん繋がりでシンジの心情表現もすごく良かったですね。


第37話 グーラの願い

 まさかの連続して名シナリオだわー。
 みんなでグーラの興味を引こうと、いろいろやるのが面白い。
 特に腕っ節の強い連中のバトルロイヤルが良かったw


第38話 温かな声

 Zシリーズって同じオリ系の話をルート毎にやる癖がありますよね。
 完全なるシナリオ数水増しです。


第39話 灯火を集めて

 WILLとロージェノムの会話だったり
 グーラとの共闘だったり、メインはシモンがニアにプロポーズする場面ですが
 ここもクロスオーバー的に良シナリオっすなぁ。


第40話 封印されし闇

 ブロッケンは惨めな死に方したなー…ってくらいしか見るところがない。


ルート分岐じゃなくて、部隊分岐だと敵が少なくてサックサクー。
真 流行り神
流行り神シリーズの最新作です。
旧シリーズは1~3まで全てプレイ済みで、とても面白かったので購入。
登場キャラなどは一新しており、再出発といったところですね。

まずはメインストーリーとなる「ブラインドマン編」をクリアしましたが
何度か選択肢ミスでのバッドエンドはあったものの、特に問題はなし。
ツリーを見ると、複雑な分岐構造をしているわけじゃないようなので
クリアするだけなら、選択肢の総当たりでどうとでもなりそうです。

ただ、最後に事件の真相を解明する為、人物相関図にワードを当てはめていくのですが
これの正答率がクリアランクに影響するようです。
クリアランクが高いと、事件の真相をより深く知る事が出来るサブストーリーが開示されるので
より深く楽しみたいなら、最高のクリアランクを目指す必要がありますねー。

道中で選んだ選択肢によって入手出来るワードに差が出てくるので
最高ランクを得るには、必要なワードを入手出来る選択肢を探す必要もあり
なかなか大変そうです。
まぁ、何度か挑戦したら攻略サイトに頼ってしまうつもりですけど…。

ちなみにストーリーはイマイチだったかなぁ。
犯人がただの異常者だったというのも、燃えない話ですし…
都市伝説との絡ませ方は、なかなか良かったと思うんですけどね。
ヒットマン アブソリューション その3
ミッション15で拘置所に潜入するも、変装がばれて、そのまま捕まってしまった所です。
正直、めっちゃこの先が気になる所で区切ってしまったので、焦らされている感じですなぁw

本当は最後まで一気にプレイしたかったのですが
後半になるにつれて徐々に難しくなってきており
1ミッションにかかる時間が増えてきたので、ここで区切りました。

ステルスだの事故死に見せかけるだのターゲット以外は殺さないだの関係なく
多少強引に進めれば、だいぶプレイ時間を削れるのですが、それじゃ楽しくないですしねー。
あと5ミッションなので、なんとか最後まで華麗な暗殺者として振る舞いたいです。

ちなみに事故死に見せかける方法も複数用意されているので
クリアした後に、別の暗殺方法を攻略サイトで見るのも楽しいっす。
まとめている動画とかがあったら、ぜひ見てみたいw
2014/8
「魔女と百騎兵」が想像以上に面白くて思い入れが出来ちゃったせいか
初めてフィギュアというものが欲しくなったーよ。
サンプルを見る限り、めっちゃ良い出来なんだけど延期延期なんだよねぇ…。


<2014年8月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★魔女と百騎兵 (PS3)

   ただただ、素晴らしいストーリーでした。
   ゲーム的には制作が難航していただけあって、調整不足な面や
   未実装だと思われる要素が見て取れましたが、それなりにまとまっていたかと。


 ★ペルソナ2 罪 (PSP)

   悪魔との会話とペルソナ育成が楽しかったー。
   システムとストーリーの、どちらも高レベルだと思いますが
   ストーリーは罰とセットだろうから、まだ評価出来ないねー。


 ★コープスパーティー Book of Shadows (PSP)

   相変わらずダミーヘッドマイク音声による恐怖は健在、怖すぎる…。
   サブストーリーでのキャラクターの掘り下げも良かったですが
   最後のメインストーリーの引きが衝撃的過ぎて、めっちゃ続編がプレイしたくなりましたわ。   


 ★東方輝針城 〜 Double Dealing Character (Windows)

   ちょっとだけがんばって、難易度ノーマルでもノーコンティニュークリアしましたー。
   ハードもちょっとやってみましたが、攻略に時間がかかりそうなので
   一旦これで終わりという事に…もし何か進展あれば、また記事にしまーす。


 ・第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 (PS3)

   2周目やってますよー。30話くらいです。
   熟練度全取得でやってますが、めんどくさくて後悔してますw
   でも、途中で投げ出すのも、なんか嫌だし最後までがんばるつもり。


 ・ヒットマン アブソリューション (PS3)

   半分くらいまで進んでますが、ゲーム的にもストーリー的にも期待以上。
   暗殺方法を考えるのも楽しいし、ストーリーを見るのも楽しい。


<2014年9月のプレイ予定>
(★新規)


 ・第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 (PS3)

   2周目は最後までやるか、分岐部分が終わったらやめるか思案中…。
   せっかく熟練度取りながらやってるので、最後までかなー。


 ・ヒットマン アブソリューション (PS3)

   1周目は出来るだけスマートな暗殺を心掛けているので
   2周目では全く隠れる気のない豪快な暗殺メインでプレイしてみたいw

   
 ★ペルソナ2 罰 (PSP)

   「罪」が終わったので、当然「罰」もプレイです。
   

 ★シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ (PS3)

   発売から1ヵ月以上たって、DLCも出揃ってきたみたいなので、そろそろ頃合いかと。
   黄昏シリーズ完結編かと思いきや、まだ終わらないようですね?


 ★真 流行り神 (PS3)

   旧シリーズは完結したので、同じコンセプトで再出発!
   登場キャラは一新されているようですが、はてさて。


9月は、アレがあります!楽しみー!
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.