いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ その2
二人のシャリーが合流する5章まで終わりました。
ここまでストーリー展開はほとんどなく、ひたすら雑用をこなしているだけでしたが
サンドドラゴンを倒し仲間も一気に増えたので、ここからが本番と言えそうです。

日数制限のないアトリエをプレイするのは初めてですが
採取地の周り方や採取物の取捨選択を始め、あらゆる効率を考える必要がなくなり
非常に作業ゲーの側面が強くなってしまいましたなぁ。
欲しい素材があれば、何も考えずに同じ採取地を出たり入ったりするだけですし
モンスターの討伐も同様。

日数制限によって敷居が高いイメージがあった為
新規ユーザ獲得を狙ったのかもしれませんが
アトリエシリーズの面白さ自体が半減してしまった感があります。

調合時は過去作と同様に、使用する材料・投入順・潜力・効力・スキル・コストなどなど
考える要素がてんこ盛りで楽しいんですがね~。

後半でシステム面が改善されるような事はないでしょうから
ストーリーを楽しみに進めていこうかなーと思います。

ちなみにリンカは、過去作で仲間になったリンカとは別人なんでしょうかね?
しっかり秘書をやっているので、同一人物だとしたら、だいぶ成長したと思うw
コープスパーティー -THE ANTHOLOGY- サチコの恋愛遊戯(略) その2
どうせ途中からサチコが本性を見せ始めて、後半はいつものコープスになるんだろう?
公式のキャッチコピー(ラブコメ云々)は、(良い意味で)看板に偽りありなんだろう?
と、思いながらプレイしていたら、早くも残すところラスト1シナリオ。
「懺悔リア充爆発しろ 」のシナリオまで読み終わりました。

ちなみに、ここまでは完全にギャグ展開のみで、ホラー要素は一切なし!
前作「ブックオブシャドウ」で、本編の雰囲気そのままにキャラの掘り下げをやりましたが
今作ではギャグ要素を入れることで、キャラの個性を強調しつつ
他校の生徒同士の交流を交えて、さらに補完しようって事かな。

ただまぁ、かなり悪ノリしてるので、個人的にはお寒い展開が多かったです。
面白かった話もありましたけど…テキストが冗長だったり
同じネタを何度もやったりするのが不満でした。
あと、レズ(というか、女好きの女)多すぎっしょ…原作者の好みなんかねぇ。

残り1シナリオだけではありますが、最後は本編のようにシリアスなノリで
そしてホラー系の展開が待っていることを、期待してます。
シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~
毎年恒例のアトリエシリーズ、今年も開始です。
エスカ&ロジーに続いて主人公は選択制。
なんとなくシャリステラの方が王道っぽいので、1周目はシャルロッテで始めました。
難易度選択できるようなので、とりあえず「ファンゲーム」(真ん中)でやってみます。

アトリエは毎作システムを変えてくるんですが、今作では日数制限が撤廃。
ザールブルグ、アーランド、黄昏とプレイしてきましたが
日数制限はシステム回りの根幹だと思うので、思い切った決断をしましたね。

とりあえず1章までのプレイでは、これまで通りの黄昏シリーズって感じ。
日数制限撤廃の影響を感じることがあるとすれば、中盤以降でしょうなー。

二人のシャリーが織り成すストーリーも楽しみですが
W主人公制は2周遊ぶのが面倒なので、勘弁して欲しかった。
ペルソナ2 罰 その3
またやってしまいました…。

ドラクエ7に続いて、セーブデータの巻き戻しです。
ただ、ドラクエの時は完全に自分のミスでしたが
今回はボス戦でのゲームオーバーでセーブ箇所まで戻されるというもの。

システムの仕様通りとはいえ、今時ゲームオーバーでの巻き戻りはナンセンス。
一応ダンジョン内でもセーブは出来ますし、ボス戦の前には
それとわかるイベントが挿入される事が多いので、直前にセーブするのが当然なのですが
今回はボス戦直前のアナウンスが何もなかったうえに、スリープモードを使いながら
レベリングを数時間行っていたので、ずっとセーブしてなかったのですよ…。

突然ハングする可能性なども考えれば、そもそも数時間以上もセーブしないなんて
どこの初心者だよ…って感じではあるんですが、最近はオートセーブが主流なので
「手動でこまめにセーブ!」っていう意識が希薄になっていたようです。

ちなみに進行状況は「アメノトリフネ」の終盤まで到達していたので
クリアまでもう少しという所だったのですが、完全にやる気消失です。

まぁ、シリーズ物の流れやゲームの雰囲気は十分に掴めたので
新作の前に旧作をやる目的は達成出来たと思いますし、これで終わりにします。
コープスパーティー -THE ANTHOLOGY- サチコの恋愛遊戯(略)
タイトル長すぎて1行に入らんw
ということで、始めましたシリーズ3作目です。

今作はラブコメって事で、ホラーだった前2作とは雰囲気が変わっていますが
なんだかんだで後半はホラー展開になるに違いない…!
という勝手な期待を胸に購入してみました。

とりあえず「Hysteric Birthday!」と「戦場に架ける恥 」の2シナリオを読み終えましたが
今のところラブコメというよりは、単なる寒いコメディ展開のみですなぁ。
あまりにもつまらないので、ボタン連打でかなりスキップしてますよ…。
システム面も、かなり簡素化され完全にノベルゲーになってしまっているので
探索的な楽しみが完全に失われています。

まぁ、この辺は事前情報通りなので、別に不満というわけではないですが
テキストがずっとこのレベルだと、後半は読み続けるのが辛いかもしれません。

この先、面白くなる事を願って…。
第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その23
バサラに奇跡の欠片2枚で、開幕「突撃ラブハート」連発は捗りますな。
最後だから、MAP兵器使いまくり、マルチアクション使いまくりで
敵を蹂躙してやりましたわw


分岐 運命に抗う

第50話 ephemera

 シュレードが死なない以外は、ほぼ同じか…。


第51話 決戦!ブラックホール!

 グーラとの和解決着!このIFは良かった。


第52話 闇と陰と暗黒と

 宇宙魔王との決着ですが、通常ルートの方が手強かったかなぁ。
 こちらは与えたダメージの10%を跳ね返してくる能力を持っていますが
 3体を相手にするよりは楽だったかと。


第53話 永遠という幻想

 ほぼ通常ルートと一緒かな…。


第54話 光の闘神Z

 ミケーネVS堕天翅族に巻き込まれる人類の構図。
 今作は結構あったけど、敵勢力同士の争いも、もっと描いて欲しいなー。


クリアまで、あと僅かなので、ついでに2周目クリアしちゃうか悩みましたが
そんな無駄な事に使う時間はなかったので、中途半端に終了です。

1周目クリアの時に撃墜数ランキングを載せてみたので
今回も2周目54話クリア時点ですが、載せてみました。

バサラ 246
ヒイロ 223
キリコ 208
アムロ 204
ロジャー 197
キラ 190
桂 185
ヨーコ 183
ノリコ 179
ブライト 176

対バジュラで楽をさせてもらったので、バサラの撃墜数がうなぎ上りですわ。
真 流行り神 クリア
本編、隙間録とも、全部読み終えました。
ライアーズアート以外の選択肢は全て選んだと思うので
もう、ほぼやる事はないかなー。

新要素のライアーズアートですが、神宮寺シリーズの尋問など
テキストアドベンチャーにゲーム性を持たせるためによくあるシステムで
要は、制限時間内に目的の達成を目指して正解の選択肢を選んでいくというもの。
相手との駆け引きが楽しめるので、結構好きなシステムですね。

逆になくなった要素としてオカルトルートと科学ルートの分岐がありますが
これは非常に面白いシステムだっただけに、とても残念です。
これがあるから、推理物としても楽しめたのですが
今作は、オカルトルート1本なので、推理要素は皆無なんですよねぇ。


<寄生虫編>
虫が苦手な人には辛すぎなシナリオですなー。
最後は謎を残したまま終わりますが、隙間録でも回収されなかったし
今後蒸し返す事もないだろうから、投げっぱなしかな?

<人形編>
あまりにも…あまりにもベタな内容なうえ、ひねりも裏も何もないとは…。
嫌いじゃないけど、ちょっと手を抜きすぎなんじゃないかと思うなー。

<秘密クラブ編>
最初は、ピンクの栞キター!と、思いましたが、全然大したことなかったわー。
どうせZ指定になったのだから、こっちもがんばって欲しかったなw


最後の隙間録を見るに、続編も見据えた終わり方だったので
次回作にも期待したいところですが、サウンドノベル系作品と比べると
テキストも演出もイマイチなので、もう一段階上のレベルで帰ってきて欲しいです。
真 流行り神 その3
中盤で新たに解放される2ルートを攻略しました。
ついでに、既存ルートの選択肢埋めとか隙間録とかも見てみましたよっと。

同一ルート内の別選択肢ですが、あまりにも変化が少ないですね…。
サウンドノベルとかも、同じルート内であれば
基本的には、どの選択肢を選んでも本筋から大きくははずれないですが
このゲームの場合は、あまりにもはずれなさすぎる…。
どの選択肢を選んでも、あっという間に本筋に合流するので
2週目でいろんな選択肢を選んでみる楽しみが全くないです。
唯一バッドエンドルートに入った時だけは展開が大きく変わりますが
これは特殊なパターンですしねー。

旧シリーズでは、選んだ選択肢によって最後の推理で使う為に得られるキーワードが
変わってくるため、結構重要だったんですけどね…。

隙間録は大半が他愛もない内容ですが、一部更なる謎を提供しているシナリオもありました。
この辺は今作中に判明するのか次回作へ持ち越すのか気になりますな。


<死臭編>
人体から作った醤油を販売してるとか、いろいろ怖すぎるわ。
人毛醤油やミミズバーガーどころの騒ぎじゃないぞw

<洗脳編>
かなり胸糞悪いというか、救いがないというか…バッドエンドしかないシナリオ。
隙間録でエンディング後の救いがある展開が描かれているんじゃないかと
少しでも期待した自分がバカでした。
ペルソナ2 罰 その2
ぼちぼち進んで海底神殿まで終わりました。エリールートです。
中盤を過ぎて、そろそろ終盤に差し掛かるくらいだと思いますが
さすがに、ちょっと飽きて来ましたよ…。

システムが「罪」とほとんど変わらない事など十分予想出来たので
もうちょっと間を空けてプレイするのが正解だったかもしれないです。
1も2罪も、ほぼ全てのペルソナを順番に使っていく遊び方をしていたので
違うペルソナを使ってみる…的な目線の変え方も通用しませんし。

まぁ、難易度イージーで戦闘が楽勝なので、とりあえず何も考えずに
効率良くやって、さっさとクリアしてしまうのが最善かなー。

ストーリーは悪くないんですけどね。
2014/9
仕事増え過ぎでどうしようもないわー。
業務が破綻する未来しか見えない。


<2014年9月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★ヒットマン アブソリューション (PS3)

   単なるステルス系のアクションではなく、変装したり周囲のギミックを利用したりして
   いろんな暗殺方法を模索出来るのが良かったですねー。
   2周目をジェノサイドプレイでやってみましたが、あまりにもつまらなくて断念。
   そういうゲームデザインじゃないって事ですな。


 ・第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 (PS3)

   2周目も50話くらいまできました。あと10話なので、もうちょい。

   
 ・ペルソナ2 罰 (PSP)

   中盤過ぎくらいまできましたかね。
   ゲーム性は罪とほとんど変わらないので、ちょっと飽きてきたかな…。


 ・真 流行り神 (PS3)

   4シナリオをクリアしましたが、旧シリーズのウリだった
   科学ルートとオカルトルートの分岐がなくなってしまっているのが残念。
   「かまいたちの夜」形式の分岐システムで、ルートによってキャラの立ち位置や
   設定が変化するのは面白くて良いんですけどねー。


<2014年10月のプレイ予定>
(★新規)


 ・第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 (PS3)

   あと10話~!

   
 ・ペルソナ2 罰 (PSP)

   サブイベント系もいろいろありますが、余計な事はせずに一気に本編だけ進めよう。


 ・真 流行り神 (PS3)

   あと5シナリオくらいかな?
   ピンク系のシナリオも楽しみですが、女性主人公なので、どんな感じになるのやら。


 ★シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ (PS3)

   9月にプレイするつもりだったんですが、余裕がなく…10月こそ。


 ★コープスパーティー -THE ANTHOLOGY- サチコの恋愛遊戯♥Hysteric Birthday 2U (PSP)

   ファンディスク的な内容っぽかったので、当初は興味がなかったんですが
   どうやら完結編にも関連してくるようなので、やっぱりプレイしておきますー。


モンハン4Gは、めっちゃ悩んで見送る事にしましたわー。
やっぱ3DSじゃプレイし難くて…。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.