いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
リトルビッグプラネット PlayStation®Vita クリア
クリアして思いました…短い!
とはいえ、リトプラはクリエイトが本編であり真骨頂。
ストーリーは程々の長さに…というデザインなのでしょう。

1や2の面白さを継承しつつ、ハードの特性を活かした新要素も加え
みんなでワイワイやる楽しさは健在でしたので、短いながらも満足でした。
(PSプラスで無料だったのもあるけど…)

唯一ラグだけは大幅なマイナスポイントでしたが
ボス戦で苦しかった以外は、話のタネに出来るレベル。
やはり協力する事で楽しさが増すゲーム性は強力な武器ですねー。

まだ、単にクリアしただけなので、各ステージのアイテムコンプや
ノーコンティニュークリアなど、やる事は残っていますが
リトプラ3も控えているので、今回はやり込みせずに終了とします。
第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 その12
分岐シナリオ行く前に、DLCシナリオが溜まってたので
一気にプレイしておきました。


DLC 多元戦争追想

 ZEUTHでの戦いの後、キラとシンのわだかまりを解く話…って
 今更、何時の話をするつもりなんだという感じですが
 ユニコーンの1話冒頭なんかも、混ざってるので、まぁ良いか…。


DLC ザ・バトリング

 キリコVS桂のガチ勝負は見てみたいけど
 原作がある以上、この手の勝負は商業作品じゃ決着付けられないのよね。


DLC 縁の下のハードワーカー

 これだけの作品のキャラが集まれば、ロボットには乗らずとも
 いろいろな能力で人外レベルなサブキャラも多数いるわけで…。
 彼らの多方面での活躍が描かれるのは見てて楽しいもんです。


DLC 愛・気合・出会い

 アクエリオン組とエヴァ組に気合を入れるお話。
 特にエヴァ組は原作のいざこざがあるので
 赤木からこういうフォローがあると嬉しい。


DLC ガルガンティアの休暇

 声を出せなくなったレドの代わりにピニオンとエイミーがチェインバーに
 搭乗して指示を与えるシナリオ。
 ちゃんと二人の専用セリフが用意されてるので、戦闘は常にONですわー。


DLC マウンテンサイクルの闇

 マウンテンサイクルで発掘したモビルスーツが襲ってくるだけとか
 今作屈指でつまらないDLCシナリオですな…。


DLC バスターマシンの心

 原作3話を基にしたチコメインのエピソード。
 拾ってくれるのは良いけど、全くクロスオーバーなしじゃ、何も嬉しくないね。


今度こそ、分岐シナリオがんばる!
サイコブレイク ザ・コンセクエンス
キッドのDLC後編です。
「ザ・アサインメント」では全く出番のなかった銃器を使うシーンがあるので
僅かながらの戦闘要素もありましたが、基本的には「ザ・アサインメント」と一緒で
ほぼ完全なステルスゲーでした。

そのステルス部分も本編と比べると大したことないので
ゲーム的には全く見るところなしですかねぇ。
「ザ・アサインメント」にあったホラー要素がなくなってしまったのも残念でした。

そもそも、ストーリーの補完的な意味合いが強いDLCだったので
本編をプレイして設定が好みだったり、残された謎が気になる人用ですな。
一応、ストーリー要素は前面に押し出されいたかと。

クリア後に高難易度のモードも追加されたりしましたが、まぁスルーですね。
でも、「ザ・エクセキューショナー」はやってみるとします。
第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 その12
なんだか…オリジナルばかりで版権作品のシナリオって全然ないのね。


第30話 闇の中の真実

 スズネ先生の二重人格の真相が、本当にただの二重人格だったとは、逆にビックリw
 ここでクロウもサードステージに突入しますが、ランドと比べると、ちと唐突だったかな。


第31話 憎しみと悲しみと

 ランド、クロウに続いてセツコもサードステージ突入!
 だがしかし、アドヴェントの化けの皮が剥がれ、生身でジェニオンを撃墜!
 テンシの正体はアドヴェントで、さらにナースのマキさんはクロノの一員でした!
 という怒涛の展開でヒビキじゃなくても放心状態ですわ…。


第32話 太極

 ついにヒビキ君がサードステージに突入しました。
 カットインのグラフィックも、ようやく格好良くなりましたねー。


第33話 黒歴史の闇

 D.O.M.E.さんが、いろいろ語ってくれましたが、大事なところでアボン…。
 まぁ、ターンエーとダブルエックスがパワーアップされたので良しとしましょう。
 サブパイにティファは最高の強化ですな!
 (戦艦にいるのにサブパイ扱いとか、めっちゃ優遇すなぁ)


第34話 復活の日

 ノノがバスターマシン7号として覚醒する話ですが
 原作に比べるとスケールが小さくて、ちょっとイマイチでしたね。
 双子がいるので、タイタン変動重力源も、後で登場するでしょうけど
 なんで原作とタイミングを変えたんかなー。


第35話 1万2000年を超えて

 ついにダブルアクエリオンが揃い踏みだぁー!
 ディーバ組が3人しかいなかったり、ソーラーアクエリオン限定だったり
 残念な部分もありますが、共演してくれただけでめっちゃ嬉しい。


この後は3分岐!5話ずつあるからきついけど、がんばる!
ヴァルハラナイツ3 GOLD その2
コツコツコツコツ、地道にコツコツとサブクエストをやりながら
徐々に徐々にストーリーを進めております。

その地道な作業が実ってか、無事にドラゴン討伐後の「野盗を倒せ」まで
順調にクリア出来ました。
HPを筆頭にステータスが上がるパッシブスキルを覚えると、かなり楽になりますねー。
ただ、後衛職業はHPが上がるパッシブスキルがなかったりするので
マスタースキルが優秀なシーフをローテーションで育成中です。

序盤では回復役をCPUに任せるのが不安でしたが
HPが高くなってくると、だいぶ安定するので、攻撃に専念出来て良い感じ。
本当はもっとアクション性が高いと良かったんですが
パーティメンバーが7人もいたら、これが限界ですかねぇ。

買い物したりクエストを受けたりする時に
女の子を指名して料金を払わなければならないシステムは
序盤こそお金不足で困るものの、最近は楽しく利用させてもらってますw
まぁ、彼女らを仲間にしても、また育てるのが面倒なので倉庫番ですけどね。
仲間にした時に転職に必要なアイテムをもらえるので、そっちが本命と言いますか…。

ちなみに順調に進んではいるものの、クソゲーなのは間違いないかな…。
何故かコツコツプレイしてしまう魅力があるのは認めますが
フリーズの頻度が多かったり、UIがひどかったり、ダッシュ出来なかったり
戦闘が大味だったり、作業を強制させられたり…。
もうちょっと遊びやすく、楽しくプレイ出来たら良いんですけどね。
ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド
略してP4U2!
タイトル名に「2」の要素が見当たりませんが、P4U2です。

前作では一通りのキャラで簡単なコンボを組んでいたので
今作でも同じように戦えるかなーと思ったのですが
思ったよりも技の変化が激しくて、前作のコンボをそのまま流用というわけにはいかない模様。
今回もゲームとしてはそれ程やり込むつもりはないですし
キャラも増えているので、技の出し方だけ覚えてコンボは適当にやる事にしました。

てことで、ストーリーモードのP4側をクリア!
今回は全キャラで同じストーリーをやらされるような事はなく
一つのストーリーを操作キャラを変えながら進んでいくスタイルですね。
場面によって主観キャラが変わるので、各キャラをきちんと魅せつつ
冗長な部分を削ってスマートな構成になったかと。

一応、P4側のストーリーだけで物語は完結しているようにも見えますが
P3側のストーリーはどんな展開になるのかな?
第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 その11
版権シナリオが展開されるのは久々な気がする…。


残されの海ルート

第26話 深海の秘密

 ヒディアーズの真相に驚愕…!
 一気にガルガンティアが面白くなってきたぁー!
 しかも、シャアのアクシズ落としが成功した後の世界という
 設定レベルのクロスオーバーもお見事。


第27話 野望の島

 TV版をやって、映画版をやって、そしてまた飽きずにギャラクシー船団の登場。
 ブレラが操られるとか、もう一度やらなくても良いでしょうに…。


第28話 翠の海の明日

 くたばれ、ブリキ野郎!
 ということで、これでガルガンティアは原作終了かな?
 ここぞとばかりに一気に話を進めてきましたね。
 人類銀河同盟とヒディアーズがどうなったのか…というのは
 描かれないんでしょうか?


第29話 深淵よりの目覚め

 大陸ルートの28話と29話のオリジナル部分を混ぜた感じ。
 こちらは詰め込み過ぎで大陸ルートの方が自然な流れだったかと。


ようやく半分ってところかな…。先は長い。
ヴァルハラナイツ3 GOLD
クソゲーと名高い、ヴァルハラナイツ3ですが
完全版であるゴールドではある程度クソ要素が改善されているということで
怖いもの見たさもあって購入してみました。

まずは序盤をサクサクっとプレイ…なんて思ってましたが
簡単なのは本当に最初だけで、かなり序盤だと思われるストーリークエすら
レベリングしないと、すぐに歯が立たなくなりました…。

キリの良いところまで進んでファーストインプレッションで最初の記事を…
なんて目論んでいましたが、地道にコツコツとやっちゃいましたね。

ストーリー1つ進めては、サブクエ交えながら、ひたすらレベリング。
なかなか上がらないレベル、スキルポイント足らない、お金足らない、装備買えない…。
足が遅い、UIが不親切、油断するとフリーズ地獄。それでも、ひたすらコツコツと…。
そういえば、コツコツとやるゲームは嫌いじゃなかった事を思い出す。

結局、ストーリーは「城主の隠れ家」までクリアしたのですが
メインキャラが3人も抜けて、この先やっていけるか不安です…。
第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 その10
今、気が付きましたが、分岐ルートが何話あるのか
インターミッション画面に表示されてるんですね。
便利なようで、意味のない情報ですし、ネタバレに近いので
表示がない方が良い気もしますが…。


中央大陸ルート

第26話 輝け、ぼくらの星

 ギルターがザンボットを非難した際に
 香月やアキがかばってくれる展開が燃えます…!
 今回、参戦作が増えて、いるだけのキャラも多い中
 このくらいでもイベントがあると嬉しいですね。


第27話 地上に降りた太陽

 こちらでは鉄人28号にスポットが当たっております。
 Vコンが盗まれる展開だったり、宇宙魔王やズールの復活が確定したり
 またか…って思っちゃいますねぇ。


第28話 闇の兄、光の弟

 今回キンゲは参戦してませんが、ブラック・サザンクロスの名前が…!
 ランドと知り合いという設定といい、確実にあの人の事ですよねー。
 出せないのはいろいろ事情があるでしょうが、こういうフォローはとても嬉しいですね。
 あ、ギルターさん死んだ。


第29話 猛攻のストラウス

 脱いだらすごいってこういう事ですかね、ストラウスさん…。
 ランドが自軍一番乗りでサードステージに到達したものの
 効果が防御アップと、かなり微妙…。
 オヤジの愚痴大会は新鮮で笑ったわー。


では、別ルートいきますよ。
ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ クリア
クリアといっても、ストーリーモードを100%にした所までです。
対戦はもとより、アーケードモードにも手を出さずに終了。
チャレンジモードはコンボの参考にプレイしましたが
突き詰めてプレイするつもりはありません。

ということで、ストーリーモードのみの感想ですが
各キャラの「To be continued」後のストーリーも、ほぼ全キャラ同一なので
さすがに最後の方はめっちゃ飽きましたねw

ストーリーを最後まで進めても事件の解決に至らなかったので
最後にアンロックされたエリザベスのストーリーが解決編なのだろうと
楽しみにプレイしましたが、全くそんなことはなかったぜ。
まさか、次作に持越しとは思ってもいなかったので、とても残念です。

まぁ、既にP4U2も手に入れてあるので、このまま続けていきますよー。
サイコブレイク ザ・アサインメント
キッドの視点で展開するDLC。
もともと本編をやりながら、キッドを操作したいなーと思っていたので
願ったり叶ったりなDLCで嬉しいです。

ただ、借りたゲームだったので、ディスクを持っておらず
ディスク必須な本作のプレイを諦めていたんですが
幸運な事にもう一度手に入れる事が出来ました。
PS3引退前にプレイ出来て良かったー。

DLCって事で、それ程長くはなく、3時間くらいでクリア出来ました。
ほぼステルスゲーになっていて、武器は攻略に必要な場面でしか手に入らず
見つかると為す術がないので、かなりドキドキしますね。

ホラー演出も本編より一般的でベタな内容が増えていて単純に怖くなってます。
訳が分からない的な怖さの演出も健在なのですが
こちらはホラー演出というよりはストーリー演出として見るべきでしょうね。
まぁ…もう本編の内容もあまり覚えていないし、ストーリーはどうでもいいかなw

今回は前編にあたる内容なので、引き続きDLC後編もプレイしますー。
リトルビッグプラネット PlayStation®Vita
久々のリトプラですが、相変わらず楽しさ抜群ですな!
とりあえず、2つ目のステージであるブロークンランドまで終わりました。
初見同士で協力プレイするのが、一番楽しいと思うので
今回も、ソロでは進めず協力プレイのみで進めていきますよー。

今作でも基本的なゲーム性は変わりませんが
ハードの特性を活かしたタッチ操作やジャイロ機能を利用したギミックが多いですね。
正直、どちらもあまり好きな機能ではないので、ない方が嬉しかったんですが
実際にやってみると、結構面白いです。
二人で同時にタッチしたりすると、足を引っ張り合ったりする事もあるので
協力プレイでの連携がより大事になっているのも良いですねー。

ちなみにVitaでは、ハード側でボイチャ機能を標準搭載しているので
ヘッドセットを持っていないフレンドともボイチャ出来るのが嬉しいです。
まぁ、音質はかなり悪いですし、音量もなかなかうまく調節出来ませんが
それでも、すごく連携しやすくなりました。

あとは、個人環境に依存しているのかもしれませんが、かなりラグラグです。
ジャンプのタイミングがずれたり、瞬間的に操作不能に陥る事も稀にあるので
その辺りをストレスに感じる人は多そうですね…。
3もあるし、Vita版はあまりやり込まないで、3に移行もありかな。
第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 その9
今作も結構DLCをこなしていますが、面白いのが少ないですね~。
エピソードの掘り下げにしても、クロスオーバーにしても薄味だし
戦闘にしても珍しい条件のマップがあるわけでもないから
今のところ買ってよかったと思えるシナリオはないかな…。


DLC 炎のトウキョウライブ

 サイデリアルの攻撃に晒されるトウキョウで
 バサラの歌が士気を高める内容ですが
 ゼロの落とし穴といい、バサラの歌といい
 何度同じ展開をやった事か…さらにDLCでまでやる意味はないような。


DLC 戦わざるもの食うべからず

 食事パーティのお話。
 まぁ、それ自体は面白いので良いんですが
 ネタとしては繰り返しになるので、もう飽きてきてます。


DLC 獣と風

 久々に獣人が登場したのは良かったかな。
 でも、それだけや…。


第23話 最後の来訪者

 満を持してEVAの登場ですが、めっちゃギスギスしてますな…。
 ゲンドウやミサトを含め、サブキャラは登場しないですし
 原作再現も一切ないようなので、完全にいるだけ参戦っぽいですね。


第24話 一筋の光明

 ローゼンズールの顔見せと、エンシェントAQの復活顔見せですね。
 シンジがアスカをかばって、Q組のギスギスした感じが少し和らぎましたが
 どの程度スパロボマジックで面白く出来るかなぁ?


第25話 特異点の使命

 オルソン復帰も召喚武器でした!知ってた!
 そしてスズネ先生が離脱。そろそろ黒スズネの正体が判明しそうですね。


この後はまた分岐なり!
2015/5
ゲームレジェンド行ってきたなり。
スペハリ本は大切に保管!


<2015年5月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★ライトニングリターンズ ファイナルファンタジー13 (PS3)

   クエストも祈りのキャンパスも、ほぼ網羅して「終極の冥宮」まで出して1周目をクリア。
   出来ることは概ねやったと思うので、これにて終了です。
   ここまでストーリーに興味が持てなかったRPGは初めてかもしれぬ…。


 ★シアトリズム ドラゴンクエスト (3DS)

   難易度「激ムズ」で全曲フルコンボまではやりました。
   音ゲーと関係ないやり込み要素は興味がないし、ドラクエと言えども
   シアトリズムでは面白さが半減していると感じるので、ここで終了ですね。
   セガの作った音ゲーでドラクエの曲がやりたいなー。


 ★ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ (PS3)

   格闘ゲームとしては全くやり込んでいませんが、ストーリーは100%まで進めました。
   格ゲーとは思えない程にストーリーが作り込まれていましたが
   細部以外は基本的に全キャラ同じストーリーなので、ちょい辛いかな。
   それに超王道で面白かったんですが、まさか「to be continued」で終わるとはねw


 ・第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 (PS3)

   今、20話くらい…いくら全ルート並行してプレイしているとはいえ
   序盤で1か月に10話しか進んでいないのは深刻かもしれん。


<2015年6月のプレイ予定>
(★新規)


 ・第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 (PS3)

   ほんと、がんばりまっす!



 ★リトルビッグプラネット PlayStation®Vita (PSV)

   密かに終わったモンハン部の後釜としてリトプラ部を結成!
   1も2も面白かったから、非常に楽しみにしてます。


 ★ヴァルハラナイツ3 GOLD (PSV)

   シアトリズムの後の携帯ゲーム機枠として、数ある候補の中から何故かこれを選択…。
   自分で選んでおいて非常に不安だが、やるからにはキッチリクリアしてみせよう。


 ★ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド (PS3)

   ストーリーも面白かったし、続編もやりたいなーと思っていたら直っちが貸してくれた!
   P4Uが「to be continued」で終わって気になっていたので、プレイ出来て良かったー。


 ★ドラッグ オン ドラグーン3 (PS3)
 ★ティアーズ・トゥ・ティアラ2 覇王の末裔 (PS3)

   始める隙をうかがってます!…そろそろ、やるやる詐欺みたいになってきたな。


次回のゲームレジェンドは11月だそうで、また参戦する事になりそうやな!
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.