いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
リパブリック その2
サクサクとチャプター3までクリア。
やはり、簡単過ぎますねー。

ウォッチドッグスのようにスマホの電池を消費しながら
スキル的なものを使えたりしますが、ただクリアするだけなら一切不要!
というか、特に深く考えずに目的地へ向かうだけでも
悠々突破出来る事もあるようなザル警備です。

このゲームを楽しもうと思ったら高難易度でのタイムアタックとかなのかな。
タイムアタックならスキル込みでの最適ルートの模索や充電のタイミングなんかも
考慮する必要があるし、スタンガンを消費しての強硬突破なのか
時間を使ってでも武器を温存するのかなど、考える余地がたくさんあって
結構楽しいかもしれません。

そこまでやるつもりがない自分はゆる~くプレイしてますが
そうなるとゲームよりも、ストーリーの方が興味深いかも。
プレイ前は全く期待していませんでしたが、脱出する流れで
結果的に仲間を犠牲にする場面が描かれるなど、結構面白いです。

一応チャプター3の最後で地上に出られた?ようですが
まだ半分くらいでしょうし、今はストーリーに期待しちゃいますね。
リパブリック
まずは序章(チャプター1)までクリアしました。
捕まったら即アウトな完全ステルスゲーですね。

ただ、AIがアホなので、見つかっても簡単に逃げ切れるのと
捕まったとしても、消費アイテムのスプレーやスタンガンがあれば
回避出来るので、難易度は低めだと思います。
さらにリトライポイントも多いので、ステルスでの突破ルートを深く考えるよりは
まずトライしてみて失敗しながら最適なルートを模索する方が早いかも。
まぁ、そもそも何度も失敗する程は難しくないですけどね。

プレイヤーは主人公を助ける立ち位置なので
スマホだったり監視カメラだったりのカメラ視点で主人公の位置を確認しながら
脱出ルートを指示する形になります。
カメラからカメラへと移動しながら、ハッキングでドアを開けたり
敵を誘導したりと、ウォッチドッグスと似たゲーム性もありますねー。

正直、簡単すぎですが、まぁまぁ面白いです。
気になる場面で序章が終了したので、以降のシナリオも楽しみ。
ホットライン・マイアミ クリア
スタッフロールが終わったと思ったら時間が戻って
別キャラ視点で、物語が再開されました。
強敵だったメット野郎です。

謎だったストーリーが明かされる展開なのかもしれませんが
そもそも何が謎なのかすらわかっていない自分に死角はなかった。

本編主人公と違って、武器はナイフしか使えない近距離キャラですね。
銃が使えないので辛いかと思いきや、当然ステージ難易度も
キャラに合わせて調整されているので、特に難しくはありません。
ステージ数も少ないので、思いのほかあっさりクリア。

本編の時は主人公に殺される結末でしたが
ラストステージで主人公と対峙した際は、逆に返り討ちにしてやりましたよ!
…つまり、どういう事なんでしょうね?w
まぁ、あまり深く考えるゲームじゃないって事にしておきましょう。

クリア後はボーナスチャプターとかスペシャルチャプターとかが
アンロックされていたので、それもプレイしてみましたが
どの辺がボーナスでスペシャルなのかは、やはりわからず。

この後2をプレイする前にインターバルが欲しいので別作品を一つ挟みまーす。
英雄伝説 零の軌跡 Evolution
あまり同じシリーズを連続プレイすると飽きるかもしれないと思い
少し間を空けてプレイ開始です。

空の軌跡も面白いなーと思いましたが、まだ序章をクリアした段階で
零の軌跡もかなり面白いです。

空の軌跡では遊撃士協会という民間組織での活躍が描かれていましたが
零の軌跡での主人公は警察という国家組織に所属しているので
また違った視点や立場での活躍が期待出来そうですね。

まぁ、普通の警察組織だと行動に自由が利かないですし
仕事の幅も狭くなってしまうので、遊撃士と同じような仕事をする部署を作って
そこに配属されるという設定にはなっています。

ともかく1章以降も楽しみで仕方ないですわー。
ホットライン・マイアミ その2
サクサク進めて、一旦スタッフロールが流れるところまで進みました。
意味深なトロフィーが取得出来たので、まだ続きがあるみたいです。

最初はすぐ死ぬし、難しめのゲームかと思いましたが
コツを掴めば、そんなに苦戦する程でもなかったですね。
AIがアホなので、誘き出しと角待ちが非常に有効でした。
ドア付近も簡単に倒せるポイントですな。

まぁ、ボス戦の場合はボス戦だけの攻略法が必要なので
試行錯誤が楽しかったのは、そこくらいかな。

基本はスコアタゲーみたいなので、高ランクスコアを目指したり
オンラインランキングの上位を狙おうと思えば、やり応えありそうですが
そこまでやる程は面白くないかな~。
ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド クリア
クリアしました~…が、後半が超展開過ぎて、どう評価したものかw
まぁ、ストーリー的な事はどうでも良いんですが
まさかのゾンビ物って事で、ゲーム性も変わってきますからねぇ。

ゾンビは敵味方関係なく攻撃するし、敵もゾンビを攻撃するので
戦術的には面白い要素でしたが、ゾンビ単独相手だと面白くないです。
その代わりに、工作機械のようなロボットに乗って
ゾンビを蹂躙しながら進むのは楽しかったですがw

ともかく、ステルスメインだったりゾンビ出てきたり
自分の望んでいたスタンダードなFPSとは違った感じでしたが
それなりに楽しめました。ラスボス戦も結構良かったね。

収集物なんかは最初のうちは気にしてましたが
シューティングに集中したいし1周目にやるもんじゃないですな。
とはいえ、2周目はやらないので、取れてない分はスルーです。
ホットライン・マイアミ
真上からの見下ろし視点で、ひたすらマフィアを殺していくという
ステージ攻略型の2Dシューティングゲームです。
買ったのは、1+2のCollected Editionですが、まずは1からですね。

とりあえず、チャプター3までクリアしましたが
いろいろ独特な雰囲気のゲームですな~w

ストーリーは謎めいていて、覆面の連中とか
意味不明な依頼の電話とか、興味をそそられます。
多くが語られないのも良いですね。
(まぁ、実はあまり興味はないんですが…)

ゲームは完全にトライ&エラー系です。
主人公はガンガン死にますが、リトライが一瞬なのでストレスフリー。
ちょいと照準の付け方が慣れないと難しいかなーと思う以外は問題ないかと。
近接武器はたくさんありますが、あまり差はなさそうね。

非常にサクサク進んで、止め時がないゲームなので
この後は一気に進めるかな~。
逆転裁判6 クリア
最後の5話がめっちゃ良かったー!
今作では1~5話までの内容が全て繋がる…といった
全体としてのサプライズはありませんでしたが
5話単独で見ると、シリーズでも屈指のストーリーだったかと。

終盤の矛盾で詰まったりする事がなかったので、ストーリーのテンポを
阻害する事がなく、ストーリーの良さを助長してくれました。

プレイ前は、マヨイちゃん復活という事で気になっていましたが
メインは完全にオドロキくんとクラインのお話でしたね。
クラインの新キャラ達にも十分にスポットが当たっており
深く物語が描かれていたと思います。
それでいて、ナルホドくんやマヨイちゃん、ココネちゃんが主役の話もあって
オドロキくんという軸の他にも幅広い展開が出来ていたのはお見事でした。

ということで本編は十分に満足出来たのですが
DLC系は面倒なんで、全部パスー。
付いてたダウンロードコードがちょっともったいない気もするけどね。
ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド その2
チャプター5が開始されたところで、パート2という表記が出てきたので
とりあえずキリが良さそうなここまでで一旦区切りますー。

チャプター2以降はチャプター1のような完全ステルスの展開はなくて
ステルスで行ってもいいし、正面突破しても良いようなバランスになってますね。
正面突破の場合、指揮官を倒さないと延々と増援を呼ばれるので
指揮官だけでもステルスで倒しておくと楽な気がします。

まぁ、全体的にFPSというよりはステルスゲーの方が強いかな~。
投擲グレネードの照準が出来なかったり、銃の反動がなかったり
敵のAIがおバカだったりとシューティングとしては適当な作りに感じます。

あと、各ステージでベッドを調べるとミニゲームっぽい
レトロなグラフィックのFPSが始まりますが、あれはなんなんでしょうw
過去作をやった事はないですが、昔の作品を体験できる
ファンサービス的なものでしょうかね?
ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド
ウルフェンシュタインシリーズ最新作。
シリーズは初プレイですが、いつものようにストーリー等には
あまり興味ないので、どこから始めても問題なし!

とりあえず、チャプター1までクリアしましたが
想像以上にステルス要素が強めですなー。
シリーズ最初の作品がステルスゲームのようですし
その流れを意識した作りになってるんでしょうかね?

チャプター1だと基本的に正面からの撃ち合いでは
勝てないような敵ばかりだったので、必然的に
完全にステルスゲームになってました。

まぁ、序章的なところでは、普通に撃ち合いしてたので
シューティングで攻略する部分とステルスの部分とで
メリハリを付けているのかもしれません。
この辺はもう少しプレイしてみないとわかりませんね。

FPSもたまにプレイすると楽しいです。
ドラゴンクエストヒーローズ2 双子の王と予言の終わり クリア
本編のストーリーは最後まで楽しくクリアー!
ただ、全体的に好感触だったシステム面も含めて
終盤はちょっと不満が強かったかな~。

まぁ、要は裏世界でルーラが使えなかったり
最後まで気軽に拠点に帰れなかったりするのが、面倒だったのです。
ラストダンジョンも、長くてちょっと面倒でした。
動く床とかのギミックは嬉しかったですが
中ボス4体倒したら、その後ラスボス戦で良かったかも。

それと前作からそうなんだけど、これだけオリジナルばっかりの話なんだし
原作曲は原作キャラメインのシーンだけにして
基本的にはオリジナル曲をかけてくれると良かった。
オープニングからエンディングまで、原作曲で進行するのはさすがにどうかと…。
ドラクエの思い出は音楽と共にある事も多いですが
このゲームで思い返されるのって過去作の曲ばっかりになっちゃうんですよね。

クリア後のやり込み要素も前作より良質になりボリュームも増えてますが
今回もやり込みはしないです。
ストーリーは面白かったけど本編に特化した部分だけだし
システム的にも減点要素はほぼないですが、突出して面白い部分もないので…。

今後、「改善」の要素は多くないかもしれないですが、「進化」出来る部分は
たくさんありそうなので、次回作があれば期待しちゃうな~。
まだまだ「完成」には遠いと思います。
2016/7
最近、高いから新作でゲーム買わなくなってきた…。
値下がり待つようになってしまったなぁ。


<2016年7月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★英雄伝説 空の軌跡SC Evolution (PSV)

   クリアまで楽しかった~!
   ストーリーでこれだけ楽しめたのは久しぶりです。
   キャラも世界観も設定も、みんな良かった。


 ★ドラゴンクエストヒーローズ2 双子の王と予言の終わり (PS4)

   とくにやり込みせずに本編クリアで終了。
   面白かったけど、やり込みしたいって思う程の懐の深さはなかったかな。
   1と比べるとかなり良くなったと思いますが、まだまだ進化の余地はありますなー。


 ★リトルビッグプラネット3 (PS4)

   予定にはなかったんですが、7月でオンラインサービス終了という事で急遽プレイ。
   このゲームはオンラインで遊んだ方が圧倒的に楽しいからねー。
   とりあえず、サービス終了までに一通りは遊べたので良かったです。


 ・逆転裁判6 (3DS)

   4話まで終わりました。良くも悪くもいつもの逆転裁判。
   やり込んでる人からすれば、気になる点や評価する点があるのかもしれませんが
   自分みたいな浅いプレイヤーにとっては、いつも通りの楽しさって感じ。
   マヨイちゃんは良かったと思うなー。


 ・初音ミク Project DIVA Future Tone (PS4)

   難易度ハードで全曲パーフェクト挑戦中…。
   150曲くらい終わったので、あと70曲くらいやね…。
   面白いと思うけど、家庭用DIVAのシステムの方が好きかな。
   アーケード用のシステムと譜面だとコントローラでやりにくいってのもあるかも。


<2016年8月のプレイ予定>
(★新規)


 ・逆転裁判6 (3DS)

   あとは最後の5話で終わりです。
   DLC関連は手を付けないつもりー。
   今、丁度オドロキVSナルホド戦で、ドキドキしてるw


 ・初音ミク Project DIVA Future Tone (PS4)

   とりあえず、難易度ハードの残り70曲でパーフェクトを目指してますが
   難易度エクストリームは、ほとんど出来る気がしないなぁ…。
   専用コントローラを買えば少しは変わりそうですが、さすがにそこまではね~。


 ★英雄伝説 零の軌跡 Evolution (PSV)

   空の軌跡から逆転裁判を挟んでのプレイ予定。
   軌跡シリーズは全部当たりの予感がする。


 ★リパブリック (PS4)

   ステルス系のアクションゲーム。
   DLで安く売ってたので買っちゃいました。
   なんだかんだでMGSVTPPもやってないし、久々のステルスゲームや。


 ★ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド (PS4)

   こちらも久々のFPS。
   基本はオフ専なので、ストーリーメインのタイトルを購入。
   安かったし評価も高めだったので。


 ★ホットライン・マイアミ Collected Edition (PS4)

   めっちゃレトロ感漂うシステムとグラに惹かれました。
   1,2のセットです。


8月はオリンピックあるから、ゲームする時間は少なくなりそー。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.