いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
サモンナイト6 クリア
最初はよくあるファンディスク的な作品で、中身は薄いんだろうな~と
思っていましたが、想像以上に内容が濃くて満足しました。

まぁ、ゲームの本質部分であるSRPGとしてのバランスとかシステム面では
大いに課題を残すどころか、低品質と言わざるを得ませんが
そもそもファンディスクとして見ていて、ハードルが低かったのが良かったですね。

シナリオ面はシリーズキャラクター夢の競演といった要素を
自然に取り入れており、メインストーリーのみならず
日常を描いたクロスオーバー的なサブイベントもたくさんあったので
非常に良かったと思います。

あとはやり込みとして無限回廊とかありますが、SRPGとしては楽しくないので
その辺は完全にパスですね~。
最後、まさかのメルギトス加入に驚いて、ぜひ使いたかったんですが
もう育てるのも面倒ですわw

まだシリーズをプレイしたい気持ちはあるけど、厳しいでしょうなぁ。
よるのないくに その2
アクションゲームなのでサクサク進んで、中盤の4章まで終わりました。
システムもストーリーも、こんな感じかな~というのが大体掴めてきましたね。

アクションゲームだから…というのもあるとは思いますが
ストーリーは想像以上に内容がスカスカです。
大まかな設定と目的があるだけで「展開」といったレベルのものは
ほとんどありません。
キャラもちょっと弱いような気がするし、5章以降も
お話はあまり期待出来ないかなぁ。

…ただ、かといってアクションが面白いかと言われれば、これまた微妙。
最初のうちは、従魔をうまくコントロールしながら一緒に戦うのが
目新しさもあって面白かったのですが、飽きも早かったです。

従魔は多数いるし特性もうまく分けられていてバランスも悪くなく
敵キャラも無個性ってわけじゃなく、むしろ個性がある方だと思うので
戦術にも幅が出て良作臭がするのに、自分には合わなかったという事かな~。
決してつまらなくはないです。
ドラゴンボール ゼノバース
2が発売されるという事もあって、久々にドラゴンボールのゲームを
プレイしてみます。
もともとドラゴンボール自体は結構好きなんですが
どのキャラを使っても大差ない戦闘システムや
繰り返される原作再現ばかりで、ゲームにはあまり興味がなかったのです。

今作は、結構評判も良くて、オリジナルキャラのカスタマイズと
歴史修正物のストーリーに興味を惹かれたので、やってみようかなーと。

とりあえずストーリーをサイヤ人編まで終わらせましたが
やはりゲームシステム自体は自分に合わないかな~。
他の一般的な格ゲースタイルの方が楽しいです。
狂ってしまった歴史を修正するストーリーは結構面白いので
なんだかんだで最後まで楽しめそうではあります。

戦闘システムに期待せず、攻略サイトなどを参考に
楽に戦えそうなサイヤ人女を気弾特化で作ってますが
ストーリー重視なら、これで正解かな。

まずはストーリーを一通り終わらせるとして
他の要素をどれくらいプレイするかは、やる気と要相談ですねw
サモンナイト6 その5
18章~22章まで終わって、ようやく仲間が全員揃ったのかな?
外伝とかサブシナリオ系も全部こなしたので
プレイアブルになるキャラは全員揃ったとは思う…。

しっかし、トウヤ、アヤ、ハヤトと、ナツミ以外の1主人公が
仲間になるの遅すぎでしょー。
揃って終盤参戦とか、個人的にはあまり思い入れないから良いけど
1の主人公好きな人には辛い気がします。
まぁ、ストーリー面ではそれだけ重要な立ち位置にいるので
物語だけで見れば、良い役割をもらっていると思います。

ちなみに本編以外のシナリオだと、敵のレベルが高めだったので
レベル上げの為に無限回廊も10Fまで進んでます。
無限回廊も含めてフリーマップは1回しかプレイしない縛りなので
レベルが上がり切らず、敵と4レベル差くらいある時もありましたが
難易度ハードでも楽勝なのは、相変わらずバランス調整に疑問がありますな。

お話は単なるお祭りゲーにとどまらない、しっかりしたメインストーリーもあり
これから終盤にかけて、まだまだ面白くなりそうなので期待です。
正直、もっと適当設定でも良いと思うくらい凝ってましたw
英雄伝説 碧の軌跡 Evolution その2
面白い…とにかく面白いよー!
2章まで終わりましたが、よくもまぁこれだけ前作の素材を使いまわして
飽きさせもせずに良作に仕上げてくるものです。

使えるところは使い回し、変えるべき所は変える。
そして、必要な部分は新しく作る。
こういったバランスが良いんでしょうね。
ストーリーRPGを謳っている通り、多少素材を使いまわしても
物語の良さが、それを感じさせないようにカバーしている側面もありそうです。

その物語では、主人公が公的機関に所属している事を生かして
前作以上に政治・経済・社会に踏み込んだ展開になっていて
娯楽としては本来扱い辛いテーマであるにも関わらず
取っ付きやすく解りやすい表現が実現出来ている印象です。
もちろん、地域や住民に根差した活動もしているので
表と裏、どちらの視点も充実しており、解りやすさの一端になっていると思います。

戦闘面も新しい試みや改善に取り組んでいる姿勢は見受けられますが
やはり、根本から見直さないと個人的には面白くないシステムかな~。
この辺はまた次回作に期待しましょう。
よるのないくに
どうも評価がよろしくなくて、ちょっと前にプレイ予定から
はずしていたのですが、2も出るという事になりPlusで配信されたので
やってみる事にしました。無料なのは偉大だよね。

まずは1章まで終わらせましたが、お約束のチュートリアルです。
ストーリーの導入をしながら、システムの説明ですね。

ここまでのプレイだと、アクション性はそれ程高くなさそうかな?
従魔という4体のNPCを呼び出して戦えるので
呼び出す為のSPの管理と、従魔それぞれのHPやSPの管理、命令の実行など
管理・コントロールしながら自分も戦闘に参加するスタイルのようです。

実際、自分の攻撃力や防御力、支援能力よりも従魔の能力の方が高いので
主人公メインで戦って従魔をオマケ程度に扱っていると結構苦戦しそうですね。
この辺は操作キャラで無双したい人には合わないかも。
個人的には、まぁまぁ楽しいです。
サモンナイト6 その4
14章で各ルートのキャラ全員が合流して大所帯となり
システム的にもいろいろと解放され、本番開始と言った様相で
17章まで終わりました。

一応、同じフリーバトルは2回プレイしないという縛りでやってますし
人数が増えると、全員を育てていく事が出来ないので
1軍は8~12人くらいでやっていくつもりです。

ただ、たまに強制出撃があったり、ブレイブオーダーの条件になっている
キャラを育てていなかったりすると、辛い場面がありますな…。
ブレイブオーダーも今のところ全部取得しているので、続けたいところ。

ストーリー面は相変わらず興味深くて、なかなか楽しいんですが
戦闘面では、サモンバーストが強力で大雑把な戦闘になりがちなので
もはや戦術など存在しないようなレベルなのが残念…。
難易度ハードで敵のレベル以下でプレイしても
詰将棋になるような場面は皆無で、手応えが全くないんですよねぇ…。

全体的にみると、期待外れかな~。
初音ミク Project DIVA Future Tone その4
まだ難易度ハードの★7.5で全曲パーフェクト出来てないので
中途半端な状態ですが、自分の実力だと、この辺から本当にきつい。
先が長くなりそうなので、いったん中間報告です。

といっても、★7.5でパーフェクト出来てないのは、千本桜だけなので
ほぼ★7.5まではやり遂げました。
★8の4曲と合わせて、あと5曲でハードは終わりですねー。

ちなみに今更ながら本作の感想ですが
余計なモードが一切なく、ひたすら演奏するのみという割り切りが好印象。
その分、演奏そのものを補助する機能や楽しませる機能が充実してます。

スティック、タッチパッド、モーションセンサーにまで対応している
充実のキーコンフィグ、多彩なモジュール、髪型変更
ハイスピードモードや目隠しモードなどもありますし
ようやく実装されたプラクティスモードなど
本当に音ゲーとして楽しめるように作られていて、嬉しいです。

唯一残念なのが、譜面がアーケード版のベタ移植なので
PS4コントローラでの操作が考慮されていない点ですね。
その為に、これだけ充実したキーコンフィグになったんだと思いますが
それでもやはり操作しにくいので、家庭用に譜面を一新してくれていたら完璧でした。
まぁ、曲数が半端じゃないので譜面を変えるのも、相当大変でしょうけど。

難易度エクストリームは、ほぼ諦めモードですが
今後も継続的に新曲が配信されるようですし、まだしばらくは楽しめそうです。
英雄伝説 碧の軌跡 Evolution
零の軌跡から続けてプレイして序章まで終わりました。
丁度、前作と今作を繋ぐ話として描かれていて
かつ、本作のチュートリアルと現在の状況が説明されており
続編の序章としては完璧な内容でした。

システム面ではオーブメント回りで新機能があるものの
ほとんどは使い回しなので、前作から続けてプレイしていれば
全く違和感なく、プレイしていけるかと。

パーティメンバーは前作では、ほぼ固定の4人でしたが
今作ではいきなり主人公ロイド以外は別のメンバーで始まり
システム面は使い回しでも、新鮮にプレイ出来ました。
後々、メインは前作メンバーになっていくとしても
最初に目新しさを見せるのは大事だよねー。

空の軌跡からの再登場キャラも増えてるし
今作のストーリーも楽しみです♪
サモンナイト6 その3
男女それぞれの主人公序盤の物語が終了し、いよいよ合流…
かと思いきや、11章からは第三のキャラクター序盤が描かれます。
こちらは主人公ポジというわけではなく、自称管理官とか名乗ってるし
特殊な立ち位置みたいですねー。

仲間キャラとして、ライとかリシェルとかサモンナイト4のメインキャラが参入!
初サモンナイトが4だったので、めっちゃ嬉しいー。
他の主人公キャラもそうですが、ライとフェアが並び立つ姿に特に感激です。
まぁ、サモンナイト4だと主人公はボイスなしだったので
喋るライやフェアに違和感バリバリなんですがねw

一体、いつになったら全キャラ合流するのやら…なんて思っていたら
13章であっという間に合流!
11章、12章ともに短かったから、本当にすぐでしたw

ここからが本番…かな?
英雄伝説 零の軌跡 Evolution クリア
いや~面白かった~!
空の軌跡でもそうだったけど、終章のオールスター感はめっちゃ盛り上がる!
そして、次作の為にフラグを立てまくって終わりました!

お約束?の次回作へ続く…といった終わり方なんですが
空の軌跡よりは単作での完結度も高いし、そういった手法なのも
あらかじめ知っていたので、そこは問題ないかな~。
むしろ、碧の軌跡が楽しみで期待しています。

あと気になった点としては、これもまた空の軌跡でもそうだったんですが
ストーリーで最高に盛り上がったところでラストダンジョンへ突入となり
攻略に時間がかかって物語の進行に水を差す事。
戦闘部分に興味がないプレイヤーとしては、もうちょっとサクっと攻略したい。

制作陣もストーリーRPGである事は自覚しているわけだから
ここはもっと極端な作りにしても良いんじゃないかなぁ。

それと警察組織の越えられない壁みたいなものを
序盤から意識させていた割にはテーマとして機能していなかった点。
この部分については次回がメインなのかもしれませんけどね。

まぁとにかく続きが気になるので、碧の軌跡は即プレイ開始します!
サモンナイト6 その2
前回(書いてませんでしたが1章~5章)から、場面が変わって
女性主人公の序盤が描かれる6章~10章をプレイしました。

男女のW主人公で、それぞれの序盤が描かれるのは良いんですが
仲間になるキャラクターが違うだけで、描かれる内容が同じなのは頂けません。
ご丁寧に、男主人公側で説明した世界観などのお話も蒸し返しているので
本当は最初に男女どちらかの主人公を選んで、選んだ方のストーリーだけが
展開される予定だったんだろうと思います。

違いというと、8章で釣りのミニゲームが出来るようになる事くらいかな。
ゲーム本編が進まなくても、最後までやり込めるようになっていたので
ついつい全ての魚を釣るまで釣り続けてしまいました…。
どこぞのゲームのカジノのように、ゲームバランスが壊れてしまうような装備が
手に入るわけじゃないので、大きな問題はないんだと思いますが
お金だけはめっちゃ貯まりましたねw

メインストーリーは男性主人公の展開と同じなので退屈でしたが
キャラの掘り下げ系の話が多いので、あまり気にはなりませんでした。
ただ、想像以上にボイスなしのパートが多いのは気になりますねぇ…。
フルボイスを望むわけじゃないですが、もうちょい声が欲しいかな。
2016/9
今年のゲームショウはデモンゲイズ2のじゃんけん大会で
寄せ書き色紙もらえて良かった~。
ダメ元でも参加してみるもんだねw


<2016年9月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★ホットライン・マイアミ Collected Edition (PS4)

   2もクリアしましたが、1と2を連続でプレイした影響もあり
   かなりマンネリ気味でした。
   ストーリーもボケーっと見てるだけだと解りにくいし、いまいちだったかなぁ。


 ★初音ミク Project DIVA Future Tone (PS4)

   まだ難易度ハードで全曲パーフェクトまで10曲くらい残っており、挑戦中ですが
   まぁ、気長にやっていくつもりなので、この場では完了宣言しておきます。
   シーズンパスも買っだから、DLCで曲もちょくちょく増えていくし
   終わりのないゲームだからね。


 ・英雄伝説 零の軌跡 Evolution (PSV)

   終章の終盤まで進んでいるので、もう後わずかです。
   ストーリーRPGを謳っている通り、お話とキャラクターはめっちゃ良いですわー。


 ・サモンナイト6 (PS4)

   8章くらいまでクリア済みです。
   難易度ハードでプレイしてますが、普通にクリアするだけなら簡単過ぎですかね。
   ブレイブオーダー達成とか、評価Sとか、何らかの目標達成を目指すと
   結構良い感じの手応えになってくれてます。


<2016年10月のプレイ予定>
(★新規)


 ・英雄伝説 零の軌跡 Evolution (PSV)

   あとちょっとなので、もう終わるー!
   そして既に碧の軌跡もめっちゃプレイしたいw
   一気に終わらせるぞ!


 ・サモンナイト6 (PS4)

   久々に戦闘難易度が好みのレベルなので、1周目でうまく楽しめるよう
   見極めながらプレイスタイルを調整・調節してやっていきたいところ。
   ストーリーも思ったより面白そう。


 ★英雄伝説 碧の軌跡 Evolution (PSV)

   軌跡シリーズ3作プレイしてきて、全てが素晴らしい作品だったので
   期待値はほぼMAXです!


 ★よるのないくに (PS4)

   以前やりたいゲームリストに入っていながら、ひっそりと消していたタイトルですが
   9月のフリープレイで配信されていたので、やってみる事にしました。
   無料なのは大きいよねw


 ★ドラゴンボール ゼノバース (PS4)

   つい先日、ドラゴンボール超の第6宇宙VS第7宇宙のところを視聴して
   熱が上がっていたところに、ゼノバース2も出るという事で
   急にプレイしたくなっちゃいました。


碧の軌跡が終わると、また携帯機でプレイするタイトルがなくなるなぁ…。
閃の軌跡はEvoを待ちたいし、何かないかな。
据え置きとのマルチは据え置きでプレイするから、案外ないんだよね。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.