いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ウォーキング・デッド シーズン2
ウォーキングデッドといってもドラマの方じゃないです。
サブタイトルとかないので、見分けつかないですがゲーム版です。

正直、1のゲーム性には大いに裏切られ
ドラマ版も面白さがなくなってきたな~と思ってはいるものの
結局買ってしまうのは、こういうジャンルが好きだからなのです。

エピソード2までプレイした感じではゲーム内容は1と全く同じで
選択肢を選んでムービーを再生させるだけのゲームです。
ごく僅かに探索要素とQTEがあるのも1と同じ。

ストーリーの分岐要素とかが、どれくらい進化しているかは
2周目をプレイしてみないとわかりませんが
これも1と同じで、どの選択肢を選んでも
大差ない結果になるガッカリ分岐なんじゃないかなぁ…。

今のところ、ネガティブな印象しかないですが
短いゲームなので、サクっとやっちゃいます。
英雄伝説 碧の軌跡 Evolution その3
3章くらいまでは、政治経済を描ける程、現実的で面白い話でしたが
4章まで終わって、さすがに終盤だからか、話が急展開を迎え
だいぶ現実離れした内容になってきました。
もちろん、つまらなくなったわけではなく、熱い展開の連続で
素晴らしく面白いんですけどね!

2作品の後編のさらに終盤ということで、今まで描かれてきた
人物や組織の揺れ動きが凄まじく面白いし
その中で主人公達が、どう判断し、どう行動していくのかを
見守っていくのも、とても楽しいです。

もはや、ゲームとしての楽しみ方は全くしていませんが
シリーズ通して、この作品はこうやって楽しむものでしたしね。
初めてアニメで見てみたいと思ったゲーム作品ですよ。

自宅でもプレイしたい欲求に駆られますが
携帯機は層が薄いので、我慢我慢…。
ドラゴンボール ゼノバース クリア後
DLCを除いたパラレルクエストと
ストーリーの伝説の超サイヤ人編を一通りクリアしました。
パラレルクエストは全部大成功済みです。

途中からは超サイヤ人で究極技連発に慣れて
まともに戦うとダル過ぎるようになってしまい完全に作業化してました。
この方法で戦うと、どのクエストも短時間で楽勝なので
アイテム回収には良いんですが、全く楽しめないのが難点ですな…。

一応、欲しい装備とかはいくつか集めましたが
あまり粘って集めたようなものはないです。
同じクエストを回し続けるマラソン程つまらないものはないですからね…。
まぁ、誰か友達とかと一緒にプレイするなら違ったかもしれませんが。

IFストーリーがすごく楽しかったので、ゼノバース2もぜひプレイしたいですが
来年になっちゃうかな~。

原作の雰囲気を再現しつつ、面白いゲーム性に仕上げるのは難しいと思いますが
そろそろ格闘ゲーム以外のジャンルでドラゴンボールのゲームもみたいですねー。

スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ その4
アビリティを3個装備して効果発動の謎システムって
いつまで続けるのかね…?
システムに手を入れずにシリーズ続けるのって無理があると思う。


第17話 鉤と剣

 ハーケンと共に親分帰還~!
 ぶっちゃけ今作最大のサプライズがハーケン参戦でしたね。
 アシェンもいるので、エクセレンだけでなくラミアとの絡みも楽しみ。


第18話 髑髏の騎士

 スカルナイトの搭乗でダークブレイン軍団が勢揃いしましたね。
 アシェンが自軍合流しましたが、ラミアとの絡みは結構あっさり。
 エンドレスフロンティアへの転移についても、ちょっと話してたね。


第19話 ランナウェイ・ゴースト

 久々にエントリヒ・ガイストが登場。
 敵勢力の一つとして忘れないでね!
 という風なリマインド的な出番でした。


第20話 セレンディビティ

 ゴライクンルとの戦闘ですが、ストーリー的には
 GCシナリオの前振りといった感じでしたね。


第21話 ギリアムの一手

 ギリアムによるラースエイレム封じ!
 どんな手を使うんだろうとワクワクしていましたが
 大した事なくて、ガッカリですわ…。


第22話 パフォーマーズ

 ジークとサリーが脱走して自軍に合流しますが
 仲間になるのは、まだ先かな?
 フェアリさんの記憶喪失が治ったけど
 あまりにもあっさりと治ってビックリ。
 記憶喪失中に重要な事をする事もなかったし、何の意味があったんだw


この後は分岐です~。
トーヤとカルヴィナは分かれるとばかり思っていたけど
JとGCで分かれるみたいね。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ その3
部隊合流後は、かなり人数が多くなりますが
序盤だからか出撃可能数は少な目で、もやもやします。


第10話 ラースエイレム

 フューリー最大の特徴である時止めの初披露!
 2回くらいは、わけがわからないままラースエイレムの餌食になって欲しかったですが
 まさかの1回でネタが時止めだと突き止めていたのは、ちょっと残念だったかな。


第11話 惨劇の夜(前篇)

 ラマリス初戦闘~。
 市街地動きにくい、夜で敵が見にくい
 高低差があって移動範囲がわかりにくい…
 いろいろ全部ダメ!


第12話 惨劇の夜(後篇)

 11話のラマリスが合体します!
 これで話を分けるとか、露骨な水増しな気が。


第13話 鋼龍戦隊、西へ

 移動途中で敵の足止めに遭うだけのシナリオ。
 敵の思考ルーチンが珍しかったりするので
 そういう部分は良いと思います。


第14話 嫌悪なる道化

 デブデダビデの顔見せ。
 ギャグっぽい敵キャラも少数なら嫌いじゃないですw


第15話 台北突入

 ジュアムとの戦闘だけど、特にシナリオの進展はなしー。
 ビギナーモードだと、敵のツインユニットはここが初かな?


第16話 忘れたはずの呼び名

 カルヴィナとアルヴァンの話がメイン。
 徐々にラマリス、フューリーや最初の事件についてわかってきますね。


ハガネとヒリュウ改に転移装置が付けられたので
かなり強引なシナリオ展開も可能になりますね…。
シナリオの都合で故障とかも自在ですし
シナリオを楽にする便利装置ですわ。
バイオハザード HDリマスター
GC版が出た時から、ずっとやってみたいと思っていましたが
ハードの壁に悩まされて結局プレイ出来ないままだったので
今回、配信されて、すぐに飛びつきました!

まずは一旦洋館を出て、中庭に出たところまで進めましたが
かなり変更点が多いようで、記憶を頼りにプレイしようとしても
全く役に立たないですねー。
基本的な部分は変わらないのに、新鮮味があるのはすごいと思う。

恐怖感は最近のバイオ作品と比べても段違いですな。
やはりカメラ固定の方が恐怖演出的に優れているみたいです。

わかりやすい新要素として、倒したゾンビが復活するクリムゾンヘッドがあるんですが
あまりにも有名な追加要素だった為、プレイ前に対処法などの情報を知っていて
驚きが少なかったので、これについては対処の面倒さの方が上回ったかも。
焼却にアルコールとライターという2アイテム必要という事も
面倒さに拍車をかけているんじゃないかと。

リメイク作品は改悪評価される事が多いと思いますが
まだ中庭に到達した時点とはいえ、原作よりも面白くなっていると感じますね。
最後まで楽しめそうです。
ドラゴンボール ゼノバース クリア
とりあえずストーリークリア!
想像以上にIF系のオリジナルストーリーだらけでしたが
何度も原作再現されるよりは、ずっと楽しめましたね。

DB系の格闘ゲームはあまり自信がなかったので
攻略サイトで「超サイヤ人で究極技連発が楽」というのを見て
真似てみたら、本当に楽勝でしたわ…。
というか、これ以外だときつすぎるような気もしますが
アイテムをうまく使えばいけるかな?
超サイヤ人だと強すぎてアイテムは使う必要ないですからね。

まだパラレルクエストをやり込んでなくて、カスタマイズが全然出来ていないので
これからは、パラレルクエストを潰していこうかなーと思います。
師匠イベントとかも同時進行したいですね。
ベジータとクリリンには免許皆伝もらってます!

適当なところまでアイテム集めたら切り上げましょうかねー。
よるのないくに クリア
最後の方は割と強引でしたが、なんとかクリアー。
本当はシステムを生かして、従魔をいろいろ考えてパーティを組んだり
状況に応じて武器を変えてみたり…とかで、華麗に戦う予定だったんですが
終盤は武器は戦槌オンリー、従魔も4体固定で1パーティしか使わず…でした。

もうちょっとアクションがしっかりしてれば、従魔禁止の縛りプレイは
やってみたかったですね~。
今でも、やってみたら結構面白いかも…って思いますが飽きちゃったのw
せめて別衣装とか別キャラとかもいれば、モチベ保てたかもしれないんですがね。

闘技場は戦術を考える要素が大きくて、本編と面白さの棲み分けが出来ているし
システム的にはがんばっていると思いました。

ストーリーは終始アーナスとリュリーティスがイチャイチャするだけの内容でしたが
アクションゲームと考えれば、平均的なレベルかもしれません。

クリア後にも重要なサブクエストなどが新たにプレイ出来るようですが
ストーリーの補完とかキャラの掘り下げとかに興味はないので
この辺はパスしようと思います。
正直、ハードルは低いですが、思ったよりも楽しめました。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ その2
ビギナーモードでやり直しー。
ビギナーだと何故か1話がプレイ出来ないので
一度ノーマルで1話をクリアしてからプレイしてます。
なんで1話がないんだろね??


地上ルート

第1話 ソウルセイバー対コンパチカイザー

 ソウルセイバー顔見せでいきなりコンパチとの対戦。
 味方機同士の戦闘はそれだけで珍しいからね~。
 戦闘セリフも堪能させてもらいました。


第2話 父と子、そして宿命

 エ・セルダさん、最後の雄姿です。
 トーヤは完全に悲劇の主人公ですわ。


第3話 泥人形の罠

 操られた味方兵士を撃墜せずに指定HP以下にするという
 宇宙ルートと全く同じネタを使ってきやがりました。


第4話 それぞれの理由

 ほぼ海のマップで海上プラント上で戦うのが有利そうでしたが
 構わず海中に突っ込んで蹂躙。
 戦いたくないトーヤと戦いたいアキミの対比が良い感じ。


第5話 水晶の竜

 ダークブレイン軍団のクリスタルドラグーンの顔見せ。
 コンパチの話はほとんど知らないからなぁ…。


第6話 ガンナー・ガード

 GGモードでの初戦闘です。
 扱いやすいスーパーロボットっていうコンセプトが珍しいですわ。
 アキミとアケミがロボットで戦える事を自然に表現してるよね。


第7話 極上の獲物

 ジュアムとの戦闘ですが、こちらは陽動で
 全編的な内容なので、あまり絡みはないですね。


第8話 光るグランティード

 こちらが本命、トーヤが初めて自分の意思でグランティードに乗り込み
 アルヴァンとカルヴィナの絡みもあって重要お話でした。
 GC組はJの話に乗っかってるだけ感があるけど
 固有キャラとの絡みがまだだから、これからに期待ですね。


第9話 共鳴

 今回初めてGCキャラとの戦闘になりますが、ここでも絡みはなし。
 DのシュンパティアとJのサイトロンコントロールシステムでクロスオーバーがあり
 こっちの話がメインでしたな。


ここで、宇宙ルートと地上ルートが合流。
本番開始ってところかな。
スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
PVを見ても発売後の評価を見ても、どうもやる気にならなかった
OGMDですが、ようやく重い腰を上げました。
OGMDにはあまり期待していなくても、OGシリーズ自体には
まだまだ期待しているので、プレイし続けるぞ!


第0話 プロローグ

 エ・セルダさんが、グランティードを持ち逃げする
 物語の始まりに位置する、まさにプロローグシナリオ。
 スパロボJはプレイしたものの、ほぼ覚えていないですが
 トーヤのお父さんで良かったかな…?


宇宙ルート

第1話 ホワイト・リンクス

 やっぱり昔の作品…特に携帯機の戦闘曲を据え置き機で聞くと
 感動するな~。
 カルビのツンツン具合も良い感じです。


第2話 厭客再来

 鋼龍戦隊も軍隊っぽくなっちゃって(実際軍隊ですが)
 スパロボっぽくなくなっちゃいましたね。
 民間人キャラが増えてきたらどうなるんかな??


第3話 災い、彼の地より

 カルビさん正式加入、フールーさん顔見せな感じ。
 クロスゲートから放たれた光はなんなんでしょうね?


第4話 甦る亡霊

 アレスガイストの顔見せマップ。
 敵が1機だけで撃墜でも出来ないという珍しい構成でした。
 このタイミングで前作から鋼龍戦隊の変化について説明してくれます。


第5話 眠れる敵

 操られた味方兵士を撃墜せずに指定HP以下にする面倒な条件。
 敵全滅ばかりの勝利条件が味気ないのも確かだけど
 護衛系とか防衛系とか、面倒な条件入れるくらいなら
 全部敵全滅で良いかもしれない…。


第6話 ギントの目撃

 初めての地上戦で海も多くて若干戦いにくいくらいで
 特に何かあるわけでもないシナリオ。
 タイトル通り、ギントの能力を披露するのが目的のシナリオかな。


第7話 護剣の欠片

 一度、2ルート合流していろいろメンバー再編したのち
 こちらはヒリュウ改に乗り換えになったようです。
 ここも本格的な戦闘じゃないし参戦ユニットのテストに使う感じかなー。


第8話 転移航路

 目的地移動中に接敵して戦闘というなんでもない話。
 この辺はまだ伏線を巡らせているところですね。


第9話 ガディソード

 ガディソードとの共闘シナリオで、ゴライクンルの新顔とかも登場。
 今作だとGC勢の立ち位置が原作とは色々と違うようなので楽しみですね。


さて、本番はビギナーズモードでプレイするので
地上ルートでやり直しまー。
2016/10
先日のスパロボVのPVは久々に燃えたわ~。
ヒュッケバインもそうだし、原曲版のBGMがめっちゃ嬉しい。


<2016年10月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★英雄伝説 零の軌跡 Evolution (PSV)

   やり込みという程の事はしてませんが、人々の暮らしに触れるのが楽しいので
   サブクエスト系は基本的に全部クリアしたはず。
   めっちゃ楽しかったー。


 ★サモンナイト6 (PS4)

   難易度ハードでブレイブオーダーは全部取得してクリアです。
   ストーリーはまぁまぁでしたが、戦闘バランスは極悪でしたね…。
   どうせシリーズキャラを集めたファンディスクレベルだろうと思っていて
   ハードルが低かったので、まぁまぁ楽しめました。


 ・英雄伝説 碧の軌跡 Evolution (PSV)

   2章の後のインターミッションまで終了~!
   相変わらずの楽しさ、空の軌跡から4作連続でプレイ中なのに全く飽きない。
   それだけストーリーの魅せ方、描き方にも幅があるってことかな。


 ・よるのないくに (PS4)

   4章までクリアしましたが、特に見るべきところがないというか…。
   AIの仲間が重要な戦力になっているアクションゲームというのは
   システム的に珍しいとは思いますが、斬新さと面白さは比例しないのでね…。


 ・ドラゴンボール ゼノバース (PS4)

   ストーリーは人造人間編まで終わりました。
   戦闘システムは好みじゃないですが、IFストーリーと
   オリジナルキャラのカスタマイズが楽しいです。


<2016年11月のプレイ予定>
(★新規)


 ・英雄伝説 碧の軌跡 Evolution (PSV)

   サブクエストもこなし、人々にもたくさん話しかけながら
   この世界を堪能しつつストーリー進めていこうと思います。


 ・よるのないくに (PS4)

   普通にクリアだけしたら、それで終わるつもりです。
   アクションとしてやり込みしたいレベルからかけ離れすぎてるしね。


 ・ドラゴンボール ゼノバース (PS4)

   ストーリーとパラレルクエストは全部終わらせるつもりですが
   その後のカスタマイズ要素は、やり過ぎると地獄を見そうなので
   いくつか欲しい装備や技を少なく絞って、獲得したら終わりかな~。


 ★新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~ (PSV)

   英雄伝説の次にプレイする携帯機枠!
   そのうちプレイするつもりでダラダラ後にしていたら
   都合良く完全版的な作品が出たので、プレイするならこのタイミングかな、と。
   閃の軌跡はEvo待ち。


 ★スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ (PS4)

   スパロボVで再燃して来たので、ようやく重い腰を上げる事にします。
   評判最悪だけど、自分の目で確かめるまでは…期待…してます。


 ★ウォーキング・デッド シーズン2 (PS4)

   アマゾンプライムでシーズン6の無料配信始まったし、このタイミングしかないでしょう!
   正直、1はゲームとしてあまり面白くなかったけどねw


 ★バイオハザード HDリマスター (PS4)

   立て続けにゾンビ物になっちゃいますが、PSプラスで無料配信されてたので…。
   初代はPS版しかプレイしていないけど、GC版は結構変わっているらしいね。


今後、人は減って、仕事は増えそうなので
余計な仕事、無駄な仕事はしないようにせんと。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.