いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
ヴァルキリードライヴ ビクニ その3
ドライブ13からカオス20までクリアして、通常エンドを見ました。
ドライブ16の次がカオス17ですが、ドライブからカオスに呼び名を変える事に
何か意味があったんでしょうかね…?

まぁ、それはともかく、ドライブ12までで期待を持たせてくれたストーリーは
後半に入りリンカが一人ギャーギャー喚いているだけで、せっかく前半で蒔いた種が
何一つ芽吹くことがなく、とても残念な内容でした。
ていうか、島を出たいって言ってるんだから、帰してやりゃあいいのに…。
最終的には「これからが本当の戦いだ!」というエンドで何も解決してませんが
一応、別ルートがあるようなので、そちらに期待ですかね…。

戦闘はもう完全に作業ですなぁ。
キャラも偏っているので、同じことの繰り返し感が強いです。
簡単なので引きの画面で周囲の状況を確認しながら、きちんと戦うくらいなら
寄せてキャラの動きを楽しみながら適当に戦うのが正しい戦い方でしょうなぁ。

中盤あたりに比べるとだいぶ不満が増えてはきましたが
別ルートで汚名返上してくれる事を祈りましょう。
ソルト アンド サンクチュアリ
リトルナイトメアに引き続き、インディーゲーですが
今までプレイした雰囲気ゲーとは違い、これはガチなアクションゲームの匂いが…。
という期待を胸にしつつ、最初のボス戦まで終わったところで確信しました。
これはガチアクションゲーだ!

多少前情報も仕入れてはいましたが、システム的には2Dになったソウルシリーズ。
基本操作からあらゆるシステムに至るまでパクリまくりです。
秀逸なシステムは真似されるのが、ゲーム業界の通ってきた道ではありますが
ここまでまんま同じだと複雑な気持ちですね。
まぁ、プレイヤーとしては面白いゲームが一つでも増えるのは嬉しい事でもありますが…。

ただ、真似だけでは作れないのが全体的なバランス。
これに関しては、まだ序盤なのでなんとも言えませんが、今のところ良好だと思います。
ほんとここまでは、とても面白くて先の展開も期待しちゃいますねー。
リトルナイトメア クリア
やり込み系は無視して、とりあえず普通にクリアしましたー。
LIMBOやINSIDEに比べると、謎解きもアクションも低難易度でしたね。

謎解きは、そもそもそんなものあったっけ?という程度でしかないし
アクションも視認性の悪さからくる落下死くらいしかゲームオーバーの要素がなくて
全くゲームをしている感じがしませんでした。

ストーリーに関しても何一つ語られることはないので、これは前述の2作品同様
個人の想像力(妄想の方が近いかもしれないが)に託されますね。

逆に作品の世界観や雰囲気は、3作の中で一番良かったかもしれません。
細かな演出や小物の配置、敵の造形に至るまで、良く出来ていたと思います。
ゆえに、難易度の低下と合わせて、より雰囲気を楽しむゲームに特化したんでしょうが
個人的には、ここまで雰囲気重視でゲーム性を蔑ろにされてしまうと
映画を見た方が良いと思ってしまうので、ゲームという媒体で表現する以上は
ゲーム性で勝負する事を放棄しないで欲しいなーと思いました。

と、言いつつも本当に雰囲気だけは良かったですし
考察サイトは覗きにいくと思いますw
バトルフィールド1 その2
引き続きキャンペーンをプレイして
「高き場所の友」と「サヴォイアに栄光あれ!」をクリアしました。

最初のキャンペーンシナリオで、いきなり戦車戦で始まり度肝を抜かれましたが
次は歩兵メインだろうと思っていたところ、まさかの空戦で、さらにびっくりw
その次も最初のステージではアーマーを着込んだ兵隊ですし
普通の歩兵戦になったのは、3個目のキャンペーンの2ステージ目なので中盤だね。

で、その歩兵戦なんですが、それまでが戦車・戦闘機・アーマー兵と
敵を無双出来る内容だったので、いきなり貧弱になりかなり苦戦しました。
少しでも突出するとあっという間に死にますし、仲間と連携したり
身を潜めながら敵の少ない場所を探して進むとか、いろいろ考えさせられました。

ちなみに空戦は(戦車戦もだけど)視点が強制的に機体後方に固定されるので
コックピットビューで戦えなかったのが、めっちゃ不満でした。
機体操作もロールが出来ないし、軌道はめちゃくちゃだし
エスコン好きとしてはゴミみたいなもんでしたね…。
(プロペラ機の仕様だと、これが正しいというのなら、ごめんなさい。
自分の知識不足です。)

ただ、それ以外の戦闘とストーリーは相変わらず素晴らしかった。
話は短いものの、描きたい事が明確でわかりやすいし、面白いね。
残りのキャンペーンも期待出来そう。
シュタインズゲート・ゼロ クリア
かがりエンド、クリスエンド、そして真エンドまで見終わりました。
さすがにクリスエンドから真エンドまでの流れはしっくりきましたね。

ただ、今回見たかがりエンドを含めて、真ルートまでの流れ以外の分岐ルートは
蛇足ではないものの、初代のように真ルートの中に混ぜて描くことも可能だったと思うし
大きくルート分岐させる意味はなかったように思います…。

ルート分岐させるなら、サウンドノベル系のゲームのように
もっと大幅な変化がないと、説明が重複したりして冗長にもなるし
飽きやすくなるんですよね。
基本的には新キャラのエピソードを交えながら本筋1本でストーリーを描き
結末の差を描きたいならちょこっとルート分岐…という初代の方式が綺麗だったと思います。

あとまぁ…今回で描いたストーリー自体が、ネタとして弱く
初代の時点で自分なりにストーリーを妄想した人もいるだろうという部分の作品化なので
新作っぽさがなくて、ファンディスク作品レベルになっちゃってるのが残念でしたかね…。
ヴァルキリードライヴ ビクニ その2
ドライブ12までクリア。
戦闘もストーリーも段々と印象がよくなってきました。
特に、ゴウザンゼ先生を倒し、ダイイトク先生を倒した後に
謎が提示されたストーリーには、かなり引き込まれてます。

個々のエピソードもかなりいい感じで
潜在能力の高さが示唆されているリンカ
姉への依存を断ち切るランカ
腹黒野心家で、仲間から孤立しつつあるマナ
徐々に心を開いていく桃
真の実力は謎のまま、食にしか興味のない満腹
小春への思いを遂げ、存分に力を発揮するヴァイオラ
ヴァイオラの思いを受け止め、更に前進する小春

どのエピソードも、最終的に激熱の展開に持って行ける
下地は出来たんじゃないでしょうか。
メインストーリーの進行と共に上手に個人エピソードを絡ませていけば
かなり面白くなるんじゃないかと。

戦闘も複雑だったりシビアだったりという程じゃないにしろ
ファントムや打ち上げを駆使すれば、無双ほど単純ではなかったです。
最初の頃に適当にやり過ぎただけでした。
ドライブすれば爽快感もアップするし、だいぶ楽しくなってきましたね。
ニーアオートマタ クリア
Eエンドまで全部見たよ!
他のF~Zは2個くらい見たと思うけど、興味ないので、ここまでかなー。

結局ストーリーに関しては、Eエンドまで見ても大して面白くなかったですが
終盤、A2と9Sを交互に操作する所と、9Sがおかしくなっていく展開は良かったです。

ただねぇ…オープンワールド、クエスト、ハッキング
シューティングからアクションに至るまで全てイマイチなんですよ。
もともとニーアゲシュタルトの時点で全く面白くなくて
本作も興味なかったんですが、プラチナ制作という部分に惹かれて
アクション面を期待していたのに、この体たらくですからね…。
プラチナも最初期のベヨネッタがピークという印象が強くなったなぁ。

クリア後のチャプターセレクトなど、ユーザビリティは高いと思いますが
そもそもリプレイしたいと思えないのが残念です。
スーパーロボット大戦V その16
いよいよ終盤。
DLCシナリオも全部終わりました。


第46話 宇宙の娘

 ガミラスの次元潜航艦が出ないなーと思ってたら出番はここだけかー。
 スパロボだとイベント戦っぽくなって上手く再現出来ないんだろうね。
 ドメルとの決着は原作よりはマシになってたかな…。


第47話 守るべき未来

 インベーダーとの決着。
 波動砲が使えるよーっていう以外は目新しさがないです。
 やはりチェンゲは参戦し過ぎなのでは…。


第48話 繋がる想い、届かぬ想い

 ガミラスに侵攻するELSとの対話という珍しい流れ。
 まぁ、やる事は変わらんのだけどね…。


第49話 落日の星

 ガミラスとの最終決戦ですが、オリジナル系の方が印象深いなー。
 自我を取り戻したグーリーと初期機体のヴァングレイで対峙するシーンは
 最近のオリジナル系の中では、かなり燃える展開でした。
 正直、やれば出来るやん!って思った。


ボーナスシナリオ 美と力の共演

 やる事はいつもと同じだけど、話は毎回面白いw
 戦闘パートが全く面白くないのも強調されてる気がするけどね。


ボーナスシナリオ 熱戦のバトルフィールド

 全く面白くない戦闘パートにスポットを当てているんだから
 面白い内容になるわけがない…。
 各作品ボスとの戦闘ですが、作業にしか感じない。


この後分岐ですが、もう面倒で困難ルートはやらない予定。
バトルフィールド1
久々のFPSです。たのしー。
マルチはやらないので、キャンペーンのみでお届け。

とりあえずは最初のキャンペーンシナリオである「血と泥濘の先に」をクリア。
まぁ、5個あるシナリオの好きな物から始められるので
これが最初とは限らないですが、ナンバー振られてるので順番にいきます。

シナリオは第一次世界大戦中からピックアップした戦闘を元に作られているようで
「血と泥濘の先に」はカンブレーの戦いをモチーフにしているようです。

まぁ、第一次世界大戦の知識は皆無といって良いので
史実に基づいていようが、創作だろうが面白ければ問題ないですが
「血と泥濘の先に」は戦車兵としての戦いが描かれていて、結構面白かったです。
乗組員も個性があったし、戦車そのものにも愛着湧きましたしねー。
戦車に「ベス」って名前付けてましたが、その気持ちはわかりますw

ちなみに戦車兵という事で、戦車戦がメインになり
戦車から降りて行動する時はスニーキングが基本のミッションなので
FPSの華である歩兵での銃撃戦は、ほとんどないというねw
ストーリーも戦闘もスニーキングも全部面白かったら良いんだけどさ。
内容的には中盤くらいでプレイしたかったかもしれない。
ライズ オブ ザ トゥームレイダー クリア
クリアまで一気に進めました!
途中までは、探索を並行して進めていて
最初に訪れた時には必要な装備がなくて取得出来なかった秘宝とかも
装備を手に入れてから前のステージに戻って取得していたりしていたんですが
後半に差し掛かってから段々と面倒になって、探索自体の熱も冷めてしまい
最終的にはだいぶ取りこぼしました。

トゥームも含めて、最後まで謎解き要素はほとんどなくて
精々ギミックを操作して道を作るくらいで、頭を悩ます部分は皆無。
ストーリー上での謎解きはありますが…キャラが勝手にやってる事ですし…。
まぁ、そのストーリーは前作に比べれば、だいぶ冒険よりになって良かったと思います。
ラストが続編ありきな終わり方なのも嫌いじゃない。

あとは全体的に前作と変わり映えしないのが不満ですかねー。
システム関連はもちろんの事、謎解きがなくなった事や
何故か超常現象のような要素が混ざっている事など、とても似ています。

収集物を集める気は、あまりありませんが
DLCが盛りだくさんなので、もうちょっとプレイする予定。
ヴァルキリードライヴ ビクニ
戦乱カグラには興味がなかったですが
同じようなコンセプトのゲームをいくつも作っていれば
多少はマシな内容になっているだろうと考え、ダメ元で買ってみました。
ほんと、携帯ゲームは不作過ぎる…。
スマホ持ってたらスマホゲーに浮気してるかもしれん。

とりあえずはドライブ4(4章)でコンゴウ先生と戦うところまで進みましたが
アクションはめっちゃ簡単ですねー。
キャラ数は圧倒的に少ないのに、無双並に単純化されてます。
難易度普通でやっている限りだと、難しいところもないので
非常にサクサク進みますね。

ストーリーは今のところ、あってないようなレベルでしかなく
世界観とキャラ設定だけで適当な会話をしているだけです。
最初、優等生タイプに見えたマナが、腹黒な野心溢れるキャラだったのが意外で
このキャラが気に入ってますw
逆に乱花は姉への依存度が高くて、ちょっと嫌いなタイプかなー。

とりあえず、サクサク進めちゃいましょう。
シュタインズゲート・ゼロ その2
まゆりエンドと真帆エンドを視聴~。

まず、まゆりエンドですが、こちらは最初のバッドエンドと近いルートを辿るので
話がかぶっている部分が多いのが、辛かったです。
同じ文章でも既読扱いにはならないので、既読スキップが出来ないですし
ボタン連打で飛ばしていると、いつの間にか読んだ事ない展開になってたりするし…。

という事で、終盤までは退屈だなーと思っていましたが
終盤の展開はすごく綺麗で、とても良かったです。
まぁ、多少中途半端に終わった感じは受けましたが
初代シュタゲと違い複数ルート制なので、真エンド以外はどれも中途半端なんでしょう。
ゲーム内でも示唆はされてましたが、まゆりの活躍が表だって描かれるのは
とても珍しいと思いました。

真帆エンドは結構序盤で自分が最初にプレイしたルートと違う分岐ルートを通るので
テキストのほとんどが初見で、普通に楽しめました。
エンド名の通り、真帆に大きく焦点を当てたストーリーだったと思います。
新キャラなので、既存キャラよりも深く描かれるのは当然ですね。

ただ、このルートでも謎を多く残したまま終わってしまい、めっちゃモヤモヤします。
まゆりエンド側のルートとの矛盾点などもあるので、早くモヤモヤを解消したい。
つまり、早く続きをプレイするしかないですな!
2017/6
6月末に、また人員削減で一人減りました…。
どこまで減らされるのやら…。


<2017年6月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 (PSV)

   クリアしましたが、ダンジョンRPGもストーリーも、どちらもイマイチだったなぁ…。
   まぁ、ストーリーに関してはキャラを好きになれるかどうかで、大きく左右されそう。


 ・スーパーロボット大戦V (PS4)

   48話くらいかな?
   連続参戦してる作品の扱いが雑すぎないかねぇ…。
   こんなに雑に再現されるなら、原作終了後扱いでいいと思うよ。
   (エヴァが一番ひどいかな)


 ・ライズ オブ ザ トゥームレイダー (PS4)

   何気に本編クリアまでは進みました!
   途中から探索が面倒になっちゃったんで、収集率低めです。


 ・シュタインズゲート・ゼロ (PS4)

   エンディング一つだけ見てますが、ADVなのであまり時間空けずにプレイしないと
   内容忘れちゃうんで、気を付けないといけないですな。


 ・ニーアオートマタ (PS4)

   Bエンドまで見て、3周目にA2にてプレイ中。
   アクションについてはプラチナ開発というだけで、期待し過ぎたかもしれない…。


 ・リトルナイトメア (PS4)

   最初のステージだけクリア済み。
   もうちょっと明るい雰囲気のゲームかと思ったら、めっちゃ暗かったー!


<2017年7月のプレイ予定>
(★新規)


 ・スーパーロボット大戦V (PS4)

   もうちょっとでクリア。
   隠しルートの条件満たしてるけど、面倒だからやらなくていいや…。


 ・ライズ オブ ザ トゥームレイダー (PS4)

   せっかくDLC入ってるし、まぁまぁ面白かったので
   もうちょっとやってみようと思います。


 ・シュタインズゲート・ゼロ (PS4)

   やり込む部分はないし、シナリオ全部読んだら普通に終わりですね。
   シュタゲ熱再燃で、友人にもちょろちょろ1作目をおススメしたりしてるw


 ・ニーアオートマタ (PS4)

   借り物なので早めに返さないといけないし、やり込みはしない予定。
   Eエンドまで見れれば満足かなー。


 ・リトルナイトメア (PS4)

   クリア後の考察が捗りそうな世界観のゲームですが
   そういうの苦手なので、きっとクリアしたら考察サイト覗いて満足しそう。


 ★ヴァルキリードライヴ ビクニ (PSV)

   ルフランの後釜ゲーです。
   携帯ゲームの不作はしばらく続きそうかな…。


 ★ソルト アンド サンクチュアリ (PS4)

   正直、今までプレイしたインディーゲーの中では一番期待してます。
   リトルナイトメアの後にプレイするつもり。


 ★バトルフィールド1 (PS4)

   FPSはほとんどプレイしないのですが、キャンペーンが充実している事と
   ゲーム自体の評判がかなり良いので、安売りもしてたし、ちょっとやってみようかな、と。


平行してプレイしてる作品が多すぎて、プレイ予定がカオスになってきたぞw
6月後半が体調不良も重なって思うようにプレイ出来なかったのが響いてるなー。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.