FC2ブログ
いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
真・流行り神2 その2
第二話と第三話を読み終わりました。
ストーリーはまぁまぁ面白いんですが、科学ルートとオカルトルートの使い分けが
あくまで視点の違いでしかなく、もっと展開そのものの変化も欲しかったかな。

また、第二話と第三話は、第一話の半分程度のボリュームしかなく
選択肢の数も、かなり少ないので実質カレッジポイントは意味をなしてませんでした。

セルフクェスチョンも、情報が少ない段階で多く発生しますが
正解を判断しようもないので、選択肢自体に当たり障りのない物が多く
どれを選択しても、結局は今はわからない…という結果になり、意味がないです。
ほとんど、科学とオカルトのどっちで考えるかの方針決定だけの存在意義ですね。

逆にシステムで良かったのはライアーズアート。
前作では何が正解なのか、ほぼ勘だけを頼りに選択肢を選んでいましたが
本作ではしっかり、主人公の感じた相手の印象と
これからどのような意図でライアーズアートを仕掛けるのかを説明してくれるので
何か効果的な言葉なのかを推測する事が出来て、とても楽しいです。

こういったシステムの印象は、たぶん最後まで変わらないと思いますが
ストーリーはこの先、どうなるでしょうかね??
第二話までは科学とオカルトの境界に位置するような事件でしたが
第三話では科学ルートでも、完全にオカルトが顔を見せていたので
今後は、よりオカルトよりになっていきそうかな。
メタルギアソリッド5 ファントムペイン クリア
クリア…したんだか、なんだかわからないまま
終わりなのかも、わからないまま、いつの間にか終わってたみたいです。

後半で第二章などと銘打って始まった割には、ほとんどが第一章と同じミッションの
高難易度版ですし、ボリュームがほとんどなく、ストーリーも急に終わるし
開発途中で打ち切りになった感がすごいです。

基本的に自分はゲームにストーリーを求めない方だと思いますが
それでもMGSシリーズのストーリーは好きだったので
このような終わり方が残念でした。

ストーリーに関係なく、システムの完成度は高いと思いますし
ゲーム自体はとても楽しいので、本編が終わった後もサブミッションくらいは
全部やっても飽きないだろうなーと思っていましたが、やる気がなくなってしまいました…。

ただ、ほんとにゲーム自体は楽しめたので、サバイブにも結構期待はしてます。
タイタンフォール2 その2
キャンペーンモード進行中…最初の目的地であるアンダーソン少佐との合流地点に
到着するも、すでにアンダーソン少佐は死亡しており…という展開。
全く期待していなかったストーリーがにわかに面白くなってきました。

それまでのストーリーや進行ギミックも、それなりに凝っていて
なるほど面白いなーと感じながらプレイ中です。

「結果と原因」というステージでは、過去と現在を行き来しながら進めていく内容で
タイトル通り、因果関係が描かれていて、とても楽しめました。

システム的にもワンボタンで過去と現在を切り替える事ができて
地形や状況の変化を有効に活用しながら進めていく構成は圧巻。
過去における主人公の行動が現在のレコーダーに残されていたりするのも良い。

特に、過去で戦闘している時に誰もいない現在に切り替え、敵の背後の位置に回り
過去に戻ることで、さながら瞬間移動しながら戦っているような戦術が出来ますが
この戦術を受けた敵の残したレコーダーを現在に戻り再生すると
敵が主人公の事をいかに脅威に感じていたかがわかり、面白かったです。
(最初、このレコーダーを聞いたとき、「そんなやばい敵がいるのか…」と思いましたが
後になって「これって主人公の事やん」って思いましたw)

ロボットでの戦闘も、少しずつ武器や特性が変更出来るように追加されていくので
常に新しい戦術で戦う事が出来て、全く飽きません。
主人公との会話も面白いですし、ほとんど不満はないですねー。

キャンペーンは短そうなので、この楽しみもあと僅かなのが残念かな…。
グラヴィティデイズ2 その2
2章をクリアして、1の舞台であるヘキサヴィルに戻ってきました。
ストーリーが進めば、またプレイ出来るとは思いますが
サイドミッションやチャレンジミッションをいくつかやり残したままに
してしまったので、全部終わらせてから進めれば良かったかも。

そんな2章では新システムのフォームチェンジ(チューンチェンジ)が出来るようになりました。
フォームチェンジにより重力操作のレベルが通常状態より軽くなったり、重くなったりするので
移動や攻撃の特性も、それに合わせて変化して結構面白い。
敵の特徴に合わせた使い分けはもちろん、重力スライド時のグリップが変わってくるので
レース系のミッションでも重要な要素になりそうかな。

ストーリーは、かなり分かりやすい王道物で前作から一貫してます。
基本的には子供向けですが、見ていて悪い気はしないので
アクションゲームとしては十分なレベルかと。

それにしても1章の舞台となった今回の新しい街は広いですなー。
ただ横に広いだけじゃなくて、浮遊都市や浮遊島が多数あって
その高低差もかなりあるので、かなり広大に感じます。
ただ、街として見れば広いですが、街=ワールドマップなので
全体マップとして見れば、そんなに広いわけじゃないですけどね…。
真・流行り神2
前作が散々な評価だったので(自分はまぁまぁ好きでしたが)
早々に値下がりするだろうと思っていたら、なかなか値段が下がらず最近ようやく購入。
とりあえず第一話「●●女」を科学ルート・オカルトルートの両方でSランククリア。
バッドエンドも全部見れたと思います。

今作から、旧シリーズと同様に科学ルートとオカルトルートに分岐するようになりましたが
このシステムは好きだったので、大歓迎ですね。
第一話では、科学ルートが事件を正面から捉えた内容で
オカルトルートが事件を裏から見た陰謀ルートみたいな雰囲気になっていて
両ルートを通じて、事件の真相が見えてくるという構成でしたが面白かったです。

一話にしては地理や住民関係の描写が少なくて、地域のイメージがしにくい事を除けば
導入としてはしっかりと描かれており問題ない入り方だし
話やキャラも特別良いとは思わないけど、無難で雰囲気に合っていて、まぁまぁ良い感じ。

二話、三話も楽しみです。
ダンジョントラベラーズ2-2 闇堕ちの乙女とはじまりの書 その4
メンバー全員集合!10章に入りましたー!
レベルは45前後で、本編クリアまではもう少しありそうなので、なかなか長いですな。
前作は全員使っていたので平均レベルが低めだったけど
これくらいのレベルで本編はクリアしていた気がします。

前作だと仲間が全員揃ったところで、すぐに本編は終了になってしまったので
裏ダンジョンをプレイしない場合は、後半で仲間になるキャラを使う期間が
限られていたのですが、本作は改善されていて良い事だと思います。

まぁ、ストーリーをそれ程気にする事のないダンジョンRPGなので本編とか裏とか
分けて考える必要性は薄いかもしれませんが、スタッフロールを見ると
少なからずゲームクリアの感覚があるのは事実ですからねぇ。

そういえば、今作は召喚マモノと傭兵バディという操作不能ながら
擬似的に7人でパーティを組めるシステムになっているので
前作よりも難易度が低下している気がしますね。
加えて、前述のように平均レベルは前作より高くなっているし
職業も個人的に使いやすいと感じている職業に絞っているので、なおさらです。

今のところ、大きな苦戦なく戦ってこれているので
裏はともかく本編クリアまでは問題なくやれそうです。
タイタンフォール2
まだキャンペーンモードでロボットに乗れるようになったところなので
最初の部分しか遊べてませんが、やはりロボ戦があるのは楽しいですなー。

ロボットに乗っていない状態での戦闘もスタンダードなFPSの要素だけでなく
バックパックを使った二段ジャンプや、壁走りなどのアクションがあり
ステルス機能を駆使した戦術も使えるので、新鮮な感じです。

ロボットに搭乗しての戦闘は、まだほとんどプレイしていませんが
対歩兵戦は無双が楽しく、対タイタン戦では各機能を駆使した戦いになりそうです。

ストーリーはどうだろうね…死ぬ間際のロボットパイロットから
権限譲渡されてロボット乗りになる流れは王道で良いと思いますが
基本的には薄いストーリーになりそうな予感。

まぁ、FPSでロボットアクションが楽しめれば満足です。
メタルギアソリッド5 ファントムペイン その5
ちょっとした鬱エピソードであるEP43をクリアしました。
第二章に入って、まだまだ楽しめるぞーと思っていたら
ここにきて、不満がだいぶ目に付くようになってきましたなぁ。

一章の頃から、オープンワールドのくせに実質エリアが区切られてて意味ないなーとか
出撃や乗馬、スタッフクレジットの演出が毎度しつこいなーとか
細かい事はいろいろありましたが、やはり二章の高難易度ミッションはダメでしょう…。

まぁ、100歩譲って高難易度バージョンは許せますが、完全ステルス限定とか
別に用意しなくても、同じミッションで勝手に自分で条件付ければ良いだけですし
EPにナンバリング振ってエピソード数として数える必要ありますかね?
一章二章に分けて作っていたものの、二章を作る時間が足りなくなって
水増しエピソードを増やしたんじゃないかと揶揄されても仕方ない構成なんじゃないかと…。

しかも、二章の新規エピソードよりも水増しエピソードの方が多いとか
完全にモチベを奪いに来てますよね…。

ゲーム内容自体は今でも面白いと思っているし、楽しいとも思っていますが
二章の構成だけは、本当に納得いかないです。
ライフ イズ ストレンジ クリア
※ネタバレあります


つづきを表示
メタルギアソリッド5 ファントムペイン その4
EP31をクリアして第一章が終わりました。
どうもスネークが寡黙なので、ストーリーが全然盛り上がらなくて楽しくないですなぁ…。
重要な話もカセットテープで済まされたりするし、専門用語も多いし
段々と聞き流す事が増えて理解が追い付いていない感じです。
EP31の後に二章のPV的な予告が流れていましたが
なかなか面白そうだったので、期待はしてますが…。

楽しかったフルトン回収も感染者隔離のシナリオで兵力を大量に奪われ
一時的にやる気がなくなったりと、この辺はあまり良い思い出がないですな…。
ただ、やはりゲーム的な面白さは確かなので、サイドオプスとかやりながら
すぐにモチベを取り戻しましたけどね。
一応、EP31クリア前までにクリア出来るサイドオプスは全部潰せたと思います。

FOBもイベント中の作戦に参加してみましたが
その時やってたスカルズ襲撃が、めっちゃムズイ!
現時点で最高の武器群を最大数持ち込み、全弾打ち尽くしても4体中3体を倒すのが精一杯。
グレード5以下の武器で倒すとタスク達成になるようなので
そもそもグレード4の武器で挑んでいる現状だと、相当ハードモードなんでしょう…。
(決して下手なわけじゃないはず…)

二章もメインストーリーとサイドオプスを平行してプレイしながら
基地の拡張を楽しんでいきますよー。
2017/9
10月初めがちょい忙しくてブログ更新出来てなかったよー。
今日から再開します。


<2017年9月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★お姉チャンバラZ2 ~カオス~ (PS4)

   ストーリークリア後に挑戦したミッションモードをハードの途中で挫折。
   ようやくクールコンボにも慣れてきて、いろんなキャラで練習したかった所ですが
   一度ミッション失敗したら面倒になっちゃったw
   クールコンボが上手くなると、面白さがダンチですね。


 ★ライフ イズ ストレンジ (PS4)

   良い子ちゃんキャラの受け答えで1周クリア。
   ストーリーの質はともかく、システム面では圧倒的に日本のADVの方が上ですねぇ。
   メインストーリーは良いと思いますが、リプレイ性はほとんどないかなー。
   2周目以降限定でもいいから、お遊び要素が欲しい。


 ・メタルギアソリッド5 ファントムペイン (PS4)

   1章EP31まで終わりました。
   潜入も楽しいし、フルトン回収して部隊を大きくするのも楽しいんですが
   ストーリーはいまいち楽しめてないんですよね…。もっとスネークに喋ってほしい。


 ・グラヴィティデイズ2 (PS4)

   まだ始めたばかりですが、自由に空間を飛び回る楽しさは健在。
   これから能力を育てていけば、どんどん楽しくなってくれそう。 


 ・ダンジョントラベラーズ2-2 闇堕ちの乙女とはじまりの書 (PSV)

   8章に入りました。本作ってキャラゲーの要素も大きいと思いますが
   自分の場合、会話イベントとかほぼ聞かずにダンジョンゲーとしか楽しんでないですw


<2017年10月のプレイ予定>
(★新規)


 ・メタルギアソリッド5 ファントムペイン (PS4)

   これから2章に入りますが、終盤になるにつれて、FOB関連がどうでもよくなりそう。
   どこまでフルトン回収を楽しめるかなー。
   終盤はストーリーも大詰めだし潜入に集中して楽しめるので
   それはそれで良いと思いますが。


 ・グラヴィティデイズ2 (PS4)

   また新たな世界で飛び回るのが楽しみ~。
   前作の舞台にも戻れるようになるみたいだし、ストーリー展開も気になりますね。
   クロウのDLCもやるつもり。


 ・ダンジョントラベラーズ2-2 闇堕ちの乙女とはじまりの書 (PSV)

   1周クリアした後、どこまで続けますかねー。
   晩成型のジョブもあるし、出来るだけ長くプレイしたいんですが
   育てたいキャラが多くなると育成が大変で挫折するんですよね…。


 ★タイタンフォール2 (PS4)

   ストアで安売りしていたので、買ってみました。
   評判良いし、ロボット出るし楽しみですな。


 ★真・流行り神2 (PS4)

   前作の動きから予測して、すぐに値下がりするだろうと後回しにしていましたが
   そろそろ買い時の値段になってきたので、ようやく購入です。
   ADVも好きなジャンルなので定期的にプレイしたいね。


巨人はCS進出出来なかったので、もうストーブリーグしか楽しみがない…。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.