FC2ブログ
いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
グランクレスト戦記 クリア
クリアしましたー。
6章からだったかな?イベント発生までのターン制限が一気に緩くなり
好き勝手にクエストや侵攻・防衛が出来るようになりましたが
ターンを待たずともストーリーを進められますし
内政したり領土拡大を目指したりする必要が全くありませんね…。

ストーリー以外の要素は好きな人だけやってね。
というスタイルなのかもしれませんが、戦略要素も
戦術要素も面白いとは思えないので、ほぼ無視して本編ばかりを
進めてたら、あっさりと終了。

特に中盤辺りから、50レベルの明らかに強すぎる人材が
ぽこぽこと自軍入りを志願してくるので、難易度は激ヌルです。
ちゃんとゲームを楽しみたいのなら、絶対に使ってはいけない。

ストーリーや背景、設定などは全く知らなかった割に楽しめました。
もともと原作を知らずにゲーム内容に興味を持って始めたのですが
実際はゲームは面白くなく、ストーリーの方が興味深かったですね。
アニメがあるようなので、ちょっと見たくなりました。
仁王 Complete Edition その3
中国篇と近畿篇まで終わりました。
やっぱり難易度は、なかなか高くて苦戦しますね。

死にゲーの楽しさという点ではソウルシリーズと共通していますが
プレイすればする程、その差も感じるようになってきました。

ソウルシリーズではボスまでの道のりも、かなり険しい内容になっていますが
仁王では雑魚戦で、それほど苦戦する場所はいまのところなく
(前回も書きましたが)スキルを駆使すれば、かなり簡単に突破できます。
地形も、あまり迷わせるような感じではないですしね。

ボス戦はソウルシリーズのような派手さは少ないものの
しっかりと強敵としてデザインされているので、かなり苦戦します。
あれだけ苦戦したのに一度倒せれば、もう負けない感じになるのも
成長を感じられる丁度良いバランスの現れだと思います。

サブミッションではストーリーと同じステージであっても
開始位置や敵配置が変更されていたり、どんどん出てくる敵を倒すような
特殊ステージがあったりと、多様な楽しみ方を提供してくれていますね。
装備にランダム性能が付与されており、ハクスラ要素が強いのも特徴かな。

とまぁ、いろいろとソウルシリーズとの差はありますが
個人的には同じ楽しみ方で楽しめているので満足しています。
まだまだ楽しくて、いくらでもプレイ出来ちゃうw
グランクレスト戦記 その2
2章~4章までクリアしましたが、想像していた内容とは
かけ離れたゲームになっていて、ちょっと困惑気味…。

公式のPVで見たときは軍を部隊単位で動かして
戦術的に戦うのかなと、思っていましたが
実際は、全員で移動して敵軍を片っ端から潰してまわるだけという
部隊戦術の要素が皆無の内容です…。

戦術視モードは完全にスキルを任意に使う為のシステムになっていて
進軍ルートの設定だの、部隊を分けて~とかの設定とか全く使わない。
というか、使うようなシチュエーションが全くない。
この先、必要になってくるのなら良いのですが
4章でもこれですからね…期待はあまり出来ないかも…。

戦術面が薄い代わりに、戦闘でコマンド入力させたり
装備収集にハクスラ要素があったり
拠点統治の為の戦略的要素があったりしますが全てが薄い。
全部が低レベルという残念さです。

そもそもこれだけ詰め込めば、内容をハイレベルにするには
相当な大作になるので、原作ファン用のニッチなゲームでは
予算的に到底不可能だろうと思います。
企画書を見れば、めっちゃ面白そうだと感じると思いますけどね…。

連続でハズレを引いてしまったかなぁ…。
オメガクインテット ノーマルエンド
ノーマルエンドという名のバッドエンド?です!
(個人的には全然バッドな雰囲気ではありませんでしたが)

日常ワイワイから脱却してアリアの正体が判明する流れは良かったですが
いかんせん遅すぎたのと、ストーリーがキョウカ絡みと
アリア絡みくらいしかないので、薄すぎました。

それでもストーリーは最初から眼中になかったので、まだいいのですが
ゲームシステムが、ここまで面白くないのは誤算…。
アイドル的演出にも多少期待していましたが、これも全くの期待はずれ。

当初はノーマルの後にトゥルーエンドを見ようと思っていましたが
ストーリーに全く興味が持てなくて、ゲームも面白くなく
ノーマルでも一応のエンディングは迎えたという事から
一気にやる気がなくなったので、これで終了とします。

ちゃんとトゥルーの条件も満たしながらプレイしていたんだけどねー。
仁王 Complete Edition その2
ボチボチ進めて九州地方の話が終わったところです。
ロンドン編とかチュートリアルをプレイした感じでは
完全にダークソウルやん…と思いましたが(それで良いんだけどw)
実際はダークソウルよりもアクションよりな調整ですね。

同じ系統の武器でも、上段中段下段の構えを変える事で
攻撃の特性を変化させたり、スキルツリーからスキルを覚えて
コマンド入力で発動させたりと、出来ることは
ソウルシリーズやブラッドボーンよりも格段に多いです。
攻撃後の残心で気力を回復させたりもするので、かなり忙しい。

出来ることが多い分、雑魚敵との戦闘はダークソウルよりも簡単かなぁ。
まだ尖った敵が出てきてないだけかもしれませんが
スキル使ってると簡単に完封出来ます。

ボス戦ではスキルが通用しなかったり、隙が少なかったりで
なかなか簡単にはいきませんが、ソウルシリーズの常連プレイヤーなら
楽しく攻略出来る難易度なんじゃないかな?
大体、各ボス戦で5回くらいリトライしている気がします。

今のところめっちゃ楽しい!
グランクレスト戦記
原作は全く知りませんが、公式ページのPVを見て
システムが面白そうだと思い買ってみました。

チュートリアルを兼ねた1章をプレイしましたが
結構複雑なシステムで、SLG要素だけじゃなくて
若干のアクション要素もあるのが意外でしたね。

勇なまをプレイして改めて感じた通りRTSは苦手なのですが
今作は時間を止める事も可能なので、なんとかなるかなーと。

ストーリーに関しては、話はなんとなくわかりますが
設定はあまり理解出来てないので、雰囲気で付いて行ってます。

キャラ描写に尺を取っているわけでもないので
原作体験といっても、既に知っている人向けの内容かな。
(まぁ、原作ありのゲームはファンが買うのがほとんどでしょうが…)

まだまだシステムもストーリーの理解も覚束ない感じですが
なんとかやっていこうと思います。
V!勇者のくせになまいきだR クリア
いけるか不安でしたが、なんとか最後までクリアー!
エピローグのトークには、ちょっと感動してしまいました。

ステージ8以降は結構ギリギリの戦いになり、侵略指示してから
悠長に待っていると時間がかかり過ぎるので
安い巣を繋げて強引に領土を広げて、自陣の深いところから
拠点目標へ一気にワープさせて進軍させてました。

あとは基本的にエレメンタルとリリスだけを使って
食物連鎖の管理を簡素化させて、リリスが増えてきたら
どんどんゴーレムを召喚していく流れでしたね。
ゲジゲジとかトカゲを使うメリットがわからなかったです。

最終ステージでは門を制圧できる事に気が付かなくて
1度ゲームオーバーになりましたが、2回目できっちりクリアです!

Sランク取得ステージは2つのみ。
難易度普通でも、こんなもんなので、あまり上達の見込みはないかな…と。

とにかく途中で挫折しなくて良かった!
初ゆうなま終了!
仁王 Complete Edition
個人的に期待大のソウルライクゲームです。
最初のロンドンとチュートリアルが終わったところですが
これ、まんまダークソウルやん!という感想w

似た感想を持ったゲームにソルトアンドサンクチュアリがありますが
あれはシステムが同じでも2Dという大きな違いがありましたが
これは3Dゲームなので、ほぼ差を感じられません。
用語が和風になっているだけのダークソウルです。

難易度的には、シリーズ経験者向けに最初から殺しにかかってくる
ソウルシリーズの2や3、ブラッドボーンなどと違って
初心者にも優しい設定でした。(この後どんどん難しくなるでしょうけど)

一番大きな違いは舞台が架空のファンタジー世界ではなく
ロンドンや日本であり、会話なども頻繁に発生する事ですね。
フロムのゲームはストーリーを楽しむためにプレイヤーの想像力が重要となりますが
仁王では、ゲーム内でしっかりとストーリーが語られそうです。
そういった意味でも優しいですねw

ともかくダークソウルのようなゲームがやりたかったので
その願いは叶えてくれそうかな~。
オメガクインテット その3
7話をクリアしたところで、そろそろ終盤なのか
話がシリアスモードになってきました。
まぁ、シリアスといってもメンバーの雰囲気がシリアスになっただけで
起こった出来事は、そんな大したことでもないとは思いますが…。

ただ、自分が5話以降のセリフは9割くらいスキップしているから
キャラにも話にも興味がなくなっているのが原因かもしれません。

前半ワイワイ、後半シリアスでも良いんですが、バランスが大事。
基本的に日常に興味ないので、日常期が長いとダメですね。
今作で言えば5話くらいからシリアスになってくれないと
付いていけなくなっちゃったって事です。

まぁ、もともとストーリーには期待していなかったのですが
期待していたアイドルとしての演出とかも、全然物足りなくて
戦闘も時間がかかる仕様なうえに、単調で面白くなく
前回の不満点なども総合すると、悪いところしかなくて
個人的には完全に外してしまったゲームになってしまいました…。

一応、エンディングまでは頑張るつもり…。
ABZÛ クリア
クリアしましたが、古代文明の遺跡みたいなものから
海洋生物を開放していくみたいなストーリーは必要だったのかな?
最後は仲間になったホオジロザメと一緒に移籍を破壊する展開でしたが
これじゃない感が強かったです。

ボリュームは想像以上に少なくて、フィールドの狭さと
収録されている海洋生物の少なさが気になりました。
ダイオウイカだったり絶滅種だったりといったツボは
ある程度抑えているものの、魚を探す楽しみは少なかったかな。

用意された演出はどれも良かったですが、レールゲーであるため
見せられている感が強いので、半分は冷めた気持ちもありました。
ゲームというよりも映像ソフトだと割り切ってプレイしないと
いけなかったですね…。
2019/2
初めてリアル脱出ゲームに参加してみましたが
なかなか難しくて脱出できませんね…。
また次回脱出を目指します!


<2019年2月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★ヴェスタリアサーガ (Windows)

   最近どころか過去プレイしたSRPGの中でもトップクラスで面白かった。
   最初は興味のなかったストーリーにもいつの間にか引き込まれるし
   ほぼ文句なしの作品でした。これが無料…。


 ★Fate/EXTELLA LINK (PS4)

   EXステージも全てクリアしましたが、半分以上はストーリーのステージの
   難易度を上げただけの内容で残念。
   Fateのキャラクターを多く知ることが出来たのが一番の収穫。


 ★ABZÛ (PS4)

   Wiiでプレイしたフォーエバーブルーが忘れられなくてプレイしましたが
   期待値が大きすぎて、物足りなく感じてしまいました。
   あれが神ゲー過ぎたんだよなぁ…。


 ・ラビリンスの彼方 (3DS)

   ステージ5をクリアしてステージ6へ…。
   一か月で1ステージのペース!


 ・オメガクインテット (PS4)

   7話をプレイ中ですが、ゲームもストーリーも面白くないですね…。
   戦闘は難易度ノーマルでゴリ押しして、ストーリーはほぼスキップです…。


 ・V!勇者のくせになまいきだR (PS4)

   半分くらいまで進みましたが、自分の戦術センスのなさにガッカリ。
   やはり戦闘系のストラテジーは合わないなーと思いました。


<2019年3月のプレイ予定>
(★新規)


 ・ラビリンスの彼方 (3DS)

   1ヶ月1ステージを目標に頑張る!


 ・オメガクインテット (PS4)

   面白くないと言いつつもクエストは全部クリアしながら進めています。
   まぁ、必要最低限の戦闘しかしないし、必要最低限の文章しか読まないので
   それなりにサクサク。


 ・V!勇者のくせになまいきだR (PS4)

   あまりに下手過ぎて最後までクリア出来るか心配ですが、頑張る…。


 ★グランクレスト戦記 (PS4)

   原作は知らないですが、PVのゲーム紹介が面白そうだったので
   やってみようと思います。


 ★仁王 Complete Edition (PS4)

   ダークソウルポジションを期待してます!


 ★ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン (PS4)

   100円セールのタイミングで購入。
   前作が面白かったから期待してます。


スパロボは1周で隠しを全部取りたいので、発売日に買いはするけど
プレイするのは5月くらいかねぇ…。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.