FC2ブログ
いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
スーパーロボット大戦T その11
今回の分岐は正規部隊ルートでいきます!


非正規部隊ルート

第30話 水の一滴の向こう

 ドモンは東方不敗に、ヴァンはウーに敗れてからの逆転劇。
 ヴァンの方はまぁわかるけど、ドモンの明鏡止水会得は
 流れがようわからなかったなぁ…。


第31話 歪んだ進化

 ドモンとヴァンに刺激を受けて竜馬もストナーサンシャインを使えるように。
 でも、出来れば3つの心を合わせる系の話が欲しかったなぁ…。


第32話 闇に蠢く

 ビシャス登場もCVなし…ビバップの話はやっぱり会話のみの進行で終わりなのね。
 ヴァンとレイは水と油だけど、アキトと打ち解けているのは面白い設定だった。


正規部隊ルート

第30話 少年は振り向かない

 アムロ・レイの復活劇。ダブルゼータ時代がベースになってるのかな?
 チェーンがいなくてベルトーチカがパートナーなのはベルチルを意識しているのかも。
 それから、甲児と親友という設定が良い!


第31話 不安と恐れの行き先

 ビルバインが夜間迷彩仕様になり、オーラシュート取得。
 ショウとシオンの関係が、なかなか進展せず同じやり取りが多いので
 もうちょっとトッドなり他のキャラを絡ませて変化を付けて欲しいかな。


第32話 聖戦士、飛ぶ

 ついにショウとシオンの関係性が明らかに!
 といっても、原作知らずともプレイヤーは気が付いていたとは思いますが…。
 ヴェルビンが使えるのは良いけれど、ヴェルビンもビルバインも
 どちらも最強技がショウ限定というのが…。


レギュラーの撃墜数を、ほぼ均等に揃えていた為
分岐から帰ってきたタイミングで全員エースになっており
お祝いメッセージが大渋滞。
マリオ&ルイージRPG2
実は、だいぶ前から借りていて、1が面白かったから楽しみにしつつも
ずっと温めるだけになっていた作品。ようやく開始!

パッケージに2×2と書かれているのは、マリオ&ルイージの二人が
現在と過去で二人ずついるよーという意味ですね。
過去の2~3歳くらいと思われるマリオとルイージがとにかく可愛いのですw
当然、ピーチやクッパも相応に若い…というか、子供の設定で登場するので
現在とはちょっと関係性も違ったりしていて、とても面白いです。

ストーリーはUFOで宇宙人が攻めてきたり
タイムマシンで過去に行ったりと、かなりSF色が強いのが意外かな。
といっても、このゲームのストーリーは状況作りの為にあって
いろんなシチュエーションでのキャラクターの反応や行動を見るのが
正しい楽しみ方かなーと思います。

特に今回はベビィマリオとベビィルイージが媚び媚びですしw
スーパーロボット大戦T その10
DLCは揃えているので、お金とパーツとTacPは飽和気味。
余ってるからといって使いすぎると、簡単になるので自重してます。
といっても、イージーモードなのだけどね。


シークレット プライベート・ミッション

 パーツと資金がガッポリステージ。
 ドモンがアキトを鍛える内容も結構好き。


第27話 楽園と追放者

 最近原作を見たのでハッキリわかるけど
 楽園追放の原作再現回は、かなりがっつり再現しますなー。
 原作知ってるとクロスオーバーが欲しくなるね。
 ハッキングの時にエドがフォローしてるのは良かった!


第28話 決戦の火星極冠遺跡

 火星の後継者と決着をつけ、北辰も倒したのにユリカが戻らない…。
 ここでようやくナデシコCへ乗り換えたので、まだ先になるのかー。
 劇場版ナデシコは、毎回引き伸ばし気味になるよね。


第29話 それぞれの誇り

 イーグルにジョーと各作品ライバルをぶちのめして仲間にする展開w
 ついでにオリジナル系のライバルキャラも倒しましたが…。


ボーナスシナリオ 心のある場所

 人間らしい感情を持つフロンティアセッターと勇者ロボたちを横目に
 自分が人間であるかどうか疑問に思うアンジェラのお話。
 キリコも交えた良い話っぽい展開だけど、オチは面白かったw


ボーナスシナリオ ここは、この世のパラダイス

 女性陣でビーチにバカンス~な流れだけど
 フェイの過去に絡めた結構シリアスなシナリオでした。
 水着姿はバストアップじゃなくて全身映して欲しいねー。


初のエース到達はブライト艦長!
ホライゾンゼロドーン
発売当初から、かなり期待していた作品群の一角。
安くなるのを待っていた為、プレイが遅くなりましたが
序盤をプレイしただけでも、期待通りの面白さですね。

最近は難易度イージーでプレイする事も多くなりましたが
今回はちゃんとゲーム部分が面白そうだったので、難易度ノーマルでプレイ。

主人公が自分の出生の秘密を知るための旅に出る事になる
ストーリー導入部分までをプレイしました。
クエストで言うと「山に抱かれて」をクリアしたところです。

世界の謎の一端と共に、主人公の生い立ちから性格まで
かなり丁寧に描かれていて、ストーリーはかなり面白そうなんですが
若干ローカライズの出来が微妙なのが気になるかな…。

戦闘も探索も育成も楽しそうだし、これはこの先も期待出来そう!
スーパーロボット大戦T その9
版権作品のシナリオは良いけど、オリジナル系は相変わらず面白くないね…。


第24話 帰らざる日々

 ヴァンVSガドヴェド。
 イノーバがセフィーロからお邪魔しますしたり
 あしゅら男爵が顔を見せに来たりしますが
 甲児も言っていた通り、今回の主役はヴァン!


第25話 プロジェクトTND凍結

 オリジナル敵勢力が地球侵略宇宙人と判明。
 誰も侵略目的を聞こうとしないのね…。
 ラミィは…何なん?


第26話 会社と人と誇りと

 主人公機パワーアップ!
 機体も武装もマイナーチェンジレベルですが
 前作が乗り換えなしだったので、だいぶマシに思える…。


ボーナスシナリオ 魔法騎士と聖戦士

 光と炎龍、海と氷龍、風と風龍のコンビで
 雷龍はモコナの相手なのワロタw


ボーナスシナリオ 楽園グルメ紀行

 アンジェラ主催(審査員)の料理対決~だったけれど、そこよりも
 アキトが密かにラーメンを作って味を見てもらう展開や
 ホイ・コウ・ロウから道をはずさないように言われたり
 ぼすらーめんを紹介される内容が良かった。


主人公の後継機乗り換え!
そろそろ各作品ともパワーアップイベント祭りに入る予感。
ラビリンスの彼方 クリア
携帯ゲームをプレイするタイミングがなくて
とても時間がかかってしまいましたが、無事にクリアしましたー。

ラスボス戦の近くになって、あーだこーだ言い出して
ようやく物語が進みますが、それまでは女の子と世間話をしながら
ダンジョンを進んで行くだけだったので、少々唐突な流れ。

ラスボスを倒すと、別れがやってくる事になるので
突然の別れを突き付けられる感じですね…。
リアル時間でも結構長い付き合いになっていたので
多少寂しさもありました。

ただ、ストレスが多いゲーム内容だったので
やっと終われるという気持ちも半分あり
少女との別れの気持ちに水を差してしまっているのが、残念でした。
英雄伝説 閃の軌跡 Ⅲ その3
2章はやっぱりクロスベルが舞台になっているのがでかいね!
零碧が好きな自分としては、今のグラフィックで再現されるクロスベルの街を
歩いてるだけでも感動ものでした。

それにリベールに行くことはないと思いますが、ティータやアガットの再登場に加えて
カプアやオリビエが登場したり空の軌跡の要素もしっかり散りばめられていて
過去作ファンに配慮している事が伺えますねー。

展開がワンパターンなのは相変わらずですが
シチュエーションが良かったので、満足です。
新たな勢力も登場したし、アッシュやミュゼも出番が増えてきました。

戦闘は難易度をイージーにしているとはいえ、かなり簡単。
1や2よりも、更に難易度が下がった気がします。
本来強敵なはずのマクバーンも楽々撃破…。
シナリオとは乖離してしまいますが、その辺は脳内変換ですねw

ロイドに出番がなかったのは残念でしたが、2章はとても良かったです。
バレットガールズ ファンタジア クリア
難易度ノーマルでストーリークリアしました。
物語は単純な内容かと思っていたら、歴史改変系で多少凝ったものだったので
ちゃんと読んでいれば、もうちょっと楽しめたかもしれません。

キャラクターも前作からのリストラがいるのは残念ですが
新キャラは総じて良いキャラばかりで、キャラゲーとしては良い出来だったかと。
尋問についてはノーコメントにしておきましょうかねw

さて、問題はゲームシステムです…。
といっても、システム自体は楽しかった前作と大差なく
変わったのはステージ構成ですね。

マップの種類もギミックも圧倒的に少なく、ミッションの目的も常に同じ。
敵も無双のようなモブ兵が、大量にワラワラ出てくるだけで
全てのステージで同じ内容をプレイしているようなものです。
前作はまだミッションのパターンが複数ありましたし
ステルス要素やカバーしながらの射撃など戦術面も今作よりも多彩だったんですけどね。

さらに最大の問題として、めちゃくちゃロードが長い。
ステージ開始時やエリアチェンジ時はもちろん、メニュー画面や編成画面も重く
極め付きは会話シーンで、別キャラが会話に加わるだけでもローディングで待たされ
テンポの悪さは最悪でした。

ハクスラ要素を求めて、難易度を上げてのプレイもしようと思っていたのですが
こんなロード地獄はとても耐えられないので、1周で終わることにしました。
グラフィックも低レベルだというのに、何をロードしているのやら…。
スーパーロボット大戦T その8
今作は、最近の作品の中ではシナリオの出来が良い気がする…。


第21話 小さな火を胸に

 宇宙怪獣の襲来とガンバスターの発進シナリオ。
 しっかし原作と比べるとガンバスター初出撃なのに燃えない事…。
 エクセリヲンとタシロ艦長がいないとなぁ…。


第22話 戦いは誰がために

 ハマーン、カミーユ、ジュドーが一堂に会し
 それぞれの想いをぶつけるIFが最高です。
 ハマーンとカミーユにはシャアとの関係もありますし
 逆にシャアに思い入れのないジュドーも重要。


第23話 毒と毒と毒

 ゾンダーメタルとインベーダーとDG細胞がお互いを食い合うという地獄絵図w
 スターガオガイガーに乗り換えたのは良いけど
 マイクは武装…しかもディバイディングドライバーの演出変化だけとは…。


ボーナスシナリオ 黒いストレス

 アキトの抱える闇をヴァンと共に和らげていくお話。
 アキトとナデシコ組の関係は丁寧に描かれていると思う。


ボーナスシナリオ 対決!カウボーイVS社長!

 スパイクとワッ太という、珍しい組み合わせ。
 アンディも登場したけど、やっぱりビバップのお話を
 スパロボに組み込むのは難しいかなーと感じる…。
 ていうか、みんなカウボーイのライセンス取得してるのねw


今作のボーナスシナリオは面白いのが多い気がする!
戦闘も短くなった気がするし。
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー クリア
達成率100%でクリアー!
ゲーム内システムのフォローが手厚いので
特に攻略サイトを見なくても100%達成の難易度は低かったですね。

自分は一部チャレンジの場所を探すのに、時間が勿体なくて
攻略動画を見ましたが、しらみつぶしにするだけなので
自力でも5分かからず見つけられたと思います。

ストーリーは真面目に見るようなレベルではないですし(翻訳もいまいち)
戦闘は難易度イージーなので楽勝と、探索以外の部分は適当プレイでしたが
チャレンジトゥームを始めとした探索・パズル要素は十分楽しめました。

クリア後にメニュー画面にあるチャレンジトゥームという項目を
プレイしようとしたら、本編と同じ内容のものとDLC分しかないのが残念でした。
チャレンジトゥームに特化したモードみたいなものかと思っていたのですが
全て有料とはね…。
スーパーロボット大戦T その7
どっちの部隊のストーリーを見たいですか?っていう分岐は何のためにあるのかな?
わざわざ片方を見せない事に何の意味があるのかな?


治安維持隊ルート

第16話 門が開く時

 自由遊撃隊ルートと同じ内容ですが
 転移先がアストラギウス銀河ではなくてセフィーロ。


第17話 バランバランの秘宝

 セフィーロとバイストンウェルがごっちゃになって
 よくわからないままに、シオン&サーバインが合流。
 レイアース組もとりあえず合流。


第18話 魔法騎士、その使命

 戦闘では、トッドやジェリルが顔見せしたくらいで
 メインは会話だけで進むレイアース組の話。
 魔神に乗るまではテキストのみの参加になるのは仕方ないね…。


第19話 目覚める伝説

 ついにレイアース組が参戦!
 詳しくは知らないですが、たぶん原作展開を相当すっ飛ばしてるねw


第20話 黒い野望

 ショウ参戦してすぐにトッドも自軍へ寝返り。
 今回は憎まれ役としてアレンがいたものの、簡単に仲間になり過ぎでしょ…。
 イーグルも顔見せしてレイアース組がパワーアップしたり
 ラバーンがオーラロードを開いて地上へ帰還と、いろいろ盛り沢山。


こちらを正として進行します。
スーパーロボット大戦T その6
今作最初の分岐です。
毎度の通り、両方のルートをプレイするので
まずは本命じゃない方から…。


自由遊撃隊ルート

第16話 星の門

 オリジナル敵勢力との戦闘のみ…。
 久々に何もない無なシナリオだった。


第17話 バトリング

 別の銀河でも呼べば来るダンw
 バトリングで呼び出してめっちゃ盛り上がる演出も良かったなー。


第18話 電脳世界から

 フィアナが攫われるのと、アンジェラがちょっかいを出してくるシナリオ。
 キリコって結構、別作品のキャラから狙われるパターンも多いよねw


第19話 ビッグバトル

 ニーバとの決戦。
 カレンとキリコの絡みも良かったけど、フィアナを交えた
 アンジェラとの絡みも良さそうな気配!


第20話 星の果ての楽園

 オリジナル敵勢力が出てくると、途端に話が薄くなる…。
 アストラギウス銀河と天の川銀河(というか太陽系かな?)では
 設定レベルのクロスオーバーがありそう。


この後は、また16話に戻って別ルートプレイしますー。
バレットガールズ ファンタジア
前作がまぁまぁ面白かったので、安くなったタイミングで購入。
ジャンルはTPSですが、ある程度ゲームになっていてくれれば良いので
ゲームとしてのハードルは低いですねー。

まだ1章しかプレイしていないので、今後増えるかもしれないですが
タイトル通り、舞台がファンタジー世界に変わったので
出てくる敵がモンスター系ばかりになってます。
ライバル校の女子達を脱がしていくという部分は完全になくなっているので
これはどうなんだろうねー?

ストーリーはシリアス系なら、読んでみたいと思いますが
異世界に行っても、女の子がワイワイするだけの量産型ストーリーっぽいので
あまり期待出来ないかな…。

とりあえず、難易度ノーマルで1周クリアしてみますよー。
英雄伝説 閃の軌跡 Ⅲ その2
まずは第一章をクリアしました。
最初は新キャラとの交友をメインに描くのかと思いましたが
案外1~2のキャラ達の出番も多いですね。

ただ、3からのキャラと1~2のキャラ達との交流はあまり描かれず
基本的にはリィンと生徒たち、リィンと旧友たちという分断された関係でしかないので
これから後半に向けて、関係が深まっていくのが楽しみです。

また、序盤にも関わらず、敵の奇襲に第二分校の生徒達全員で立ち向かうという
なかなかの燃えイベントがありましたが、ここで自分たちの未熟さを知り
後半に成長した姿を見せる為の布石イベントなのかなー。
後半の更なる燃えイベントに期待。

戦闘では、新システムとしてオーダーが発動出来るようになりましたが
ベリーイージーなので特に…って感じかな…。

シャーリィいいね!
2019/5
バイオが面白くてVR用の大作ゲームに飢えてます…。
全然ないよー(>_<)


<2019年5月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★バイオハザード7 レジデント イービル (PS4)

   最初のVR酔いはどこへやら…後半はめちゃくちゃ楽しくプレイ出来ました!
   DLC分もプレイするつもりですが、諸事情によりプレイが遅れる予定なので
   一旦、完了扱いにします!


 ★シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (PS4)

   なんだかんだで、いつもと変わらないトゥームレイダーでした。
   さすがに飽きたかなー…トゥームの攻略は楽しいんだけどね。


 ・ラビリンスの彼方 (3DS)

   ステージ10を攻略中です。
   牛歩だけど、順調に安定して進んでます!


 ・英雄伝説 閃の軌跡 Ⅲ (PS4)

   まずは1章までですが、新キャラはみんな好きで良いかも。
   リィン主役だと、どうしても添え物になっちゃうんだけどね。


 ・スーパーロボット大戦T (PS4)

   25話くらいまで進みました。
   相変わらず変わり映えしないなー。


 ・バレットガールズ ファンタジア (PS4)

   まだ始めたばかりですが、敵がモンスターばかりなのは…どうなのかな?
   尋問モードしか見るところがないw


<2019年6月のプレイ予定>
(★新規)


 ・ラビリンスの彼方 (3DS)

   順調にいけば、今月にはクリア出来るはず!


 ・英雄伝説 閃の軌跡 Ⅲ (PS4)

   新旧キャラを上手く絡ませて、物語が展開していくといいなー。
   リィンの出番を減らして群像劇っぽくしてくれると、もっと良いのだけど…。


 ・スーパーロボット大戦T (PS4)

   最後のIFルート分岐は、いつも両方ともプレイするーと言いつつも
   片方クリアしたら満足して終わっちゃうけど、今回は果たして…。


 ・バレットガールズ ファンタジア (PS4)

   まずは難易度ノーマルで1周終わらせて、ハード以降はその時の気分次第でかなー。
   今のところ、難易度エクスタシーまでやりたいとは思っているけど…。


 ★ホライゾンゼロドーン (PS4)

   ようやく値段が下がったので購入。発売時から楽しみにしてました!
   ちなみにコンプリートエディションです。


 ★マリオ&ルイージRPG2 (DS)

   ラビリンスの彼方が終わった後の携帯機枠。
   RPG1から思ったよりも時間が空いてしまった…。


6月から交流戦!巨人の再浮上に期待!
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.