FC2ブログ
いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
マリオ&ルイージRPG2 その2
ドッスン・ボルケーノが終わって、マザーシップに入った所です。
クッパ&子供クッパとの対決が年代を超えての競演同士となって
なかなかに熱い戦いでした。
中盤の強ボスって感じでしたし、前作よりは扱いが良くなったかなー。
キャラは全体的に前作よりも良い味を出してると思うんですよね。

逆に、他の部分では前作程の良さは感じられないかなー。
フィールドギミックやブラザーアクションに目新しさはないですし
マップも攻略ルートが1本道で、考える要素も少ないと感じます。

ベビィと大人の操作が入り乱れて、わちゃわちゃするので
プレイスキルが求められる分、やり応えはあるかもしれないですが
逆に難しかったり、わかりにくいといった意見もありそう。

手放しで褒められるのは、ベビィの愛らしさくらいですね!
スーパーロボット大戦T その15
43話~からのシナリオ分岐が、もっとあると良いけど
最近は滅多に見なくなったね…。
終盤の分岐はお約束みたいになってるけど…。


ボーナスシナリオ 呪いのスーパーデフォルメ

 トップとレイアースキャラがSDになる完全なギャグ回。
 コールでガンバスターを呼び出したりとか面白いw
 せっかく面白いのにテキストが少ないのが残念かなぁ。


ボーナスシナリオ 主人公は誰だ

 各作品のサブキャラ達が存在感を見せつけるシナリオ。
 敵のモブ指揮官が自分達をサブキャラ扱いして名乗り出ようというタイミングで
 名乗らせずにモブ扱いするのは面白かったねw


シークレット 来訪者X

 Vキャラに続いてXキャラもゲスト参戦ですが、Vキャラと同じく
 特に絡みなく記憶喪失気味であっという間に去って行ってしまうので
 本当に1シナリオちょこっと操作出来るっていうだけのオマケですね。


独自ルート

第43話 混沌の宇宙

 シャアにつくかハマーンにつくか、どちらにもつかないか。
 で、独自ルートを選んだ結果、シャアとハマーンが手を結ぶ展開に…。
 そりゃそうですよねーw


第44話 サイレント・ヴォイス

 ハマーンとの決着…最後にカロッサとメリッサに自分を重ねて自戒するところが
 スパロボらしいクロスオーバーで良かったかな…。
 ガンダムがガンダム系だけのクロスだと寂しいからね。


第45話 落ちた赤い彗星

 憎しみを自分に集めて最後は敗れ去る。
 ルルーシュ以降、スパロボで同じネタをやり過ぎてて
 この展開も飽きてきたなーという感じが…。


第46話 闘志、氷原に燃ゆる

 やっとユリカ復帰だー!
 アキトとユリカの再開はスパロボでいろいろなパターンがあるけど
 どれもこれも最高!
 ドモンと究極東方不敗による真のガンダムファイトも良かったけどね!


今回のルート分岐は、シャア、ハマーンと独自の3シナリオあるけど
46話から共通ルートになるので、些細な変化しかないと考えて
別シナリオはプレイしないでいきます。
独自ルートが良いとこ取りな感じがするし。
英雄伝説 閃の軌跡 Ⅲ クリア
終章クリアしましたー!
どうせ中途半端なところで終わるんだろうとは思っていましたが
このレベルは想像以上でした…。
ストーリー自体はぶつ切りで終わるにしても
ある程度は幕間的なタイミングだと思っていたのですが
戦闘中に終了って、そんなんあり…?

逆にラストダンジョンの短さ(これは良い方に裏切られたけど)とか
最後の盛り上がりのなさについては、想像を大幅に下回ってましたね。
アッシュの件は4章最後に見事な引きをしたなぁと思ったのに
その後に回収されずに次作へ持ち越しじゃ、何の意味もないですね…。

全体的に序盤の方が面白くて盛り上がりもあり
後半に進むにつれて、つまらなくなっていくという
作品としては最悪の構成だったんじゃないかと思います。

完結作となる次作こそ面白くなると信じているぞ…!
ホライゾンゼロドーン その2
全体マップの南、南東、東側を埋めるくらいまでプレイしました。
メインクエストで言うと「ノラ族の敵討ち」が終わったところですね。

キャラも少しずつ育ち、プレイも徐々に慣れつつある…といった感じでしょうか。
基本的に草むらに隠れて口笛で1体ずつ誘き出してサイレントストライクしていくのが
安全で消耗品の節約にもなるので、戦術として多用してます。

中型の敵になるとサイレントストライクだけでは倒せないけど
前準備してからのサシの勝負なら、それ程苦戦しないかな。
2体以上いる時でオーバーライドも出来ない敵だと、結構消耗が激しい感じ。

この後は、北東方面に進むか中央に進むかですが
メインクエストだと中央に向かわされるし、北東は敵が強そうな気がするので
素直にメインクエスト周辺地域から攻略していく事にします。

話は全然進んでないですが、やっぱり探索してるとかなり時間がかかるね…。
スーパーロボット大戦T その14
さすがに書くことがなくなってきたw


ボーナスシナリオ 放浪の異邦人

 組織を抜けた敵オリジナルキャラの放浪記。
 追ってのヤザンや助太刀に来る東方不敗とのやり取りは良いけど
 かなりあっさりなシナリオ。


ボーナスシナリオ 悩める好敵手たち

 一癖ある主人公の各ライバルキャラ達の共闘。
 トッドがリーダー格として、みんなをまとめるのは
 スパロボ歴の長さからかなw
 キャラ変わってる気がするしw


第39話 眠る光、目覚める闇

 各作品で行き場をなくした小物の中ボス達がUNDの寄せ集めとして登場。
 そしてザ・パワーの力でブラックノワールが再生怪人として復活するものの
 まるで小物達の親玉みたいな立ち位置で、ちょっと哀愁が漂う…。


第40話 天駆ける真龍

 オリジナルデザインの真ゲッタードラゴンへ乗り換え!
 竜馬たちが真ゲッターと使い分けて乗れるようですが
 ついにチェンゲは主人公が出なくなりましたね…。
 そして…武蔵ぃいいいいい!!


第41話 みんなのしあわせ

 VS二つのネオジオンから始まりますが、完全に前座扱い。
 本番はファサリナ登場から、突如やってきた無限軌道SSXで
 ダンを修理して神は裁きを習得する。
 この辺、原作とは少々流れが違うらしいですね。


ボーナスシナリオ 特務三課、激震

 三課のメンバーでケンカして連携を乱してピンチ…。
 でも、課長が一括するだけで全て解決という手抜き感。


第42話 最後のVTX魂

 社長の命と引き換えに主人公の最強技解禁!
 熱く悲しいシーンのはずなのに
 敵のワシールモンがギャグ系のキャラなので締まらない感じに…。


オリジナルのキャラ自体はともかく、シナリオ自体はやっぱりひどいもんだね…。
といっても、スパロボみたいな形式で魅力的なオリジナルキャラ用の
シナリオを展開するのは難しいかもしれませんが…。
ハードコアメカ
海外インディデベロッパーによる横スクロールのロボアクションゲーです。
横スクロールもの自体は、和ゲーでも結構ありますが
ロボットものとなると、なかなか見ないので個人的には待望と言っていいかも。

PVのノリや見た目の雰囲気はスパロボを彷彿とさせるものがありますが
実際の世界観やストーリーはスパロボよりもリアル寄りみたいですね。
まだ2ステージをクリアしただけですが、なかなかキャラの掛け合いも熱いですし
戦争物ではなく、きちんとロボット物をやってくれそうなのは安心です。

アクションは操作するボタンが多くて割と複雑な方かな。
思い通りに機体を操作するには、まだまだ慣れが必要だと感じました。
上手になればなるほど、面白くなっていくはず!
英雄伝説 閃の軌跡 Ⅲ その5
3章で結社が去ってしまったので、4章では帝都の警備がメインという
更に地味な内容となり、次作への布石がメインのシナリオとなってしまいました。

細かく言うと、学園の定期テストイベント、お祭り中の帝都観光に
祝賀会での会話イベントっていう感じかな…。
結社関連、魔女関連、地精関連、オズボーン関連とか気になる話も出るけど
何も判明せずに、キャラエピソードレベルの追加情報しかないのが残念でした。

戦闘系も共和国スパイの拿捕とプレロマ草関連で、閃の軌跡3本編の話というよりは
単なる前振りだけで終わる内容。
そのくせ、終盤だからかダンジョンだけ無駄に長くてダレるというね…。

あと個人的な好みですが、妹のエリゼの出番が増えた事により
リィンのシスコンがしつこいくらいに表現されるので
どんどんリィンの気持ち悪さが増していくというね…。
閃の軌跡2まではエリゼのブラコンの方が気持ち悪かったのですが
最近はブラコン要素は鳴りを潜めているので、エリゼの好感度は上がりつつあります。

唯一、章の終わり方だけは、過去の軌跡シリーズ通してみてもダントツで良かったかな。
海外ドラマ風の強い引きを狙った終わり方です。
キリが良いところで終わる事が多いですが、毎回こういう章の切り替えの方が好きかも。
スーパーロボット大戦T その13
地球ルートを正として進行。


宇宙ルート

第35話 アクシズ激震

 ネオジオンがハマーン派とグレミー派で分裂。
 戦略レベルの話になると、三つ巴がやっぱり面白いよね。


第36話 二つのネオ・ジオン

 ダブルゼータは、スパロボで碌に再現されませんが
 今回も状況は違うものの、セリフはかなり原作から持ってきている感じですね。
 やっぱり後半部分だけでも良いから、もうちょっとガッツリやって欲しい…。


ボーナスシナリオ 妖精たちの午後

 チャムとプリメーラが、ショウとランティスのどちらが一番かで争っている所で
 シルキーは過去の記憶を取り戻してシオンとシリアスな雰囲気に…。
 そして、なんだかんだでモコナが一番良いところを持っていく、とw


ボーナスシナリオ 十年越しの三人

 一年戦争を共に戦い抜き、大人になったアムロ、甲児、竜馬のお話。
 初代スパロボに参戦し御三家と呼ばれている事もあり
 古参のスパロボプレイヤーほど感慨深いシナリオだったかと。
 この三人でのジェットストリームアタックや
 スクランダー故障中の空飛ぶ機械獣戦などネタも満載でした。


第37話 月面の激闘

 合体原種との決戦、のちJが仲間に。
 Jが仲間になった時に、突っかかってくるジョーとかレイがとても良いw
 ハンマーヘルアンドヘブンが使えるようになったけど、何もイベントないとは…。


第38話 太陽系絶対防衛戦

 ガンバスターが炎に!
 カズミの合流は原作とは違う味があって改変も悪くないけど
 宇宙怪獣の規模が大幅に縮小されているのがなぁ…。
 エクセリヲンもないし。


やっぱり、1作品毎の内容が薄まってきてるから
もうちょっと作品絞った方が良さそうだなぁ。
ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~
ホラー系のVRで帋人形をプレイするつもりだったのですが
あまりに評価が芳しくない為、まずまずの評価だったこちらに変更しました。

タイトル通り、幽霊とだるまさんがころんだゲームをする内容。
操作はボタン押下による前進と首振りのみなので、めっちゃ簡単です。
最初の2ステージは見られている時に前進するとNGで首は動かしても良い設定。

いろんな手段で驚かせてきますが、ビックリしてもボタンを押しちゃうような事は
基本的にないので、恐怖のあまり早くクリアしたくて
ボタンを押し過ぎちゃうパターン以外は負ける要素はないかなーと思います。

2ステージクリアすると、首を動かす事も禁止される高難易度モードが遊べますが
こちらは、恐怖で頭が動いちゃうだけでNGですし、時間制限も追加されており
見られていない時に首振りで時間制限を伸ばすアイテムを探す必要もあるので
なかなか難しかったですね。

ただ最大の問題点は、とにかく短いという事…。
内容は面白いし怖いけれど、あまりにもボリューム不足で
値段相応とは言えない気がしますね…。

アイデア次第でもっといろんな、だるまさんがころんだパターンが作れそうだし
もうちょっと頑張って欲しかったかなー。
英雄伝説 閃の軌跡 Ⅲ その4
1章2章と比べると少々地味な展開だった3章が終わりました。
ストーリーが地味な分、戦闘が多めに用意されていたので
自分にとっては面倒な章でしたね…。

ピンチに旧Ⅶ組が助けに来る展開も、さすがに人数分やられると
もう感動もしなくなるし、基本的にワンパターンが目立ちますね。
ガイウスの登場シーンが、メンバーの中で一番格好良かったものの
一番最後だったので、飽きと相殺されて残念な感想に…。

閃の軌跡全体としてそうなんですが、大筋のストーリーは進まず
設定とキャラエピソードばかり描かれるので
もうちょっとストーリーがあると良いなぁ、と思いました。

これで一通りメンバー分の出番は描いたので
最後の4章で集結して~って感じかな?
スーパーロボット大戦T その12
中盤で中だるみがピークに達するのが35話前後かなーと思います…。


第33話 誓いのガンダムファイト

 ステージ開始前のモビルファイターVSモビルスーツが一番の見どころ。
 セリフだけとはいえ、結構面白かったです。
 本編はアレンビーがバーサーカーモードを克服する内容。
 結局ウォンも生きてたし、原作終了後なのに原作と同じ内容ばかり再現するGガン…。


第34話 終焉の日

 ザガートの決戦に勝利したら、エメロード姫がキレて襲ってくるシナリオ…。
 三回行動とか極とか初の大ボス戦って感じですね。
 レイアースって、こんな悲しい話だったのか…。


シークレット Vジャンクション

 スパロボVのオリジナルキャラがゲスト出演する話。
 使えるのは嬉しいけど、会話が少ないのが残念。
 1話限定なのも残念。


地球ルート

第35話 無限の地獄

 Dr.ヘルが顔見せに来て鉄也がさらわれたと思ったら
 ランティスていうイケメンとノヴァっていうヤンデレの子が出てきた…。


第36話 光の子の力

 VSブロッケンからのVSインフィニティ。
 人の多様性という痛いところを突いてくるDr.ヘルがなかなか良い。
 ボスが良い感じに成長してたねー。


発売前からVTXが直近三作のスパロボタイトル名だというのは話題になっていましたが
やはりVのキャラも出てきましたね。当然Xのキャラも出てくるんでしょう!
2019/6
交流戦1位は逃したけど、巨人が首位に返り咲いたので
とりあえず満足なプロ野球。


<2019年6月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★ラビリンスの彼方 (3DS)

   めっちゃ時間(というか期間)かかったけど、無事にクリア!
   移動のストレスがなければ、もうちょっと良かったと思うけど…。


 ★バレットガールズ ファンタジア (PS4)

   もうちょっと楽しめると思って買ったのですが、尋問モード以外は本当にダメですな…。
   全マップが同じような内容でロード地獄もあるし…。


 ・英雄伝説 閃の軌跡 Ⅲ (PS4)

   3章の途中をプレイ中。
   1章も2章も終盤は盛り上がったので、結構楽しめているけど
   章の最後以外は退屈な時間が多いです…2倍速が欲しい。


 ・スーパーロボット大戦T (PS4)

   40話をプレイ中。
   各機体が最強武器を開放していく時期なので、テンション上がってきました!


 ・ホライゾンゼロドーン (PS4)

   オープンワールドでもゲーム性がつまらないゲームが多いですが
   アクション面でかなり頑張ってる本作は本当に面白い。
   期待が大きかったけど、期待通りの面白さ!


 ・マリオ&ルイージRPG2 (DS)

   前作のDX版をプレイして、洗練されたゲーム内容に感嘆しましたが
   本作では、ベビィたちの可愛さが加わり、更に楽しくプレイ出来ています。
   やっぱりルイージが良いキャラしてるなぁw


<2019年7月のプレイ予定>
(★新規)


 ・英雄伝説 閃の軌跡 Ⅲ (PS4)

   ほぼストーリーにしか興味がないので、後半の盛り上がりに期待。
   オート戦闘があれば良かったなぁ。


 ・スーパーロボット大戦T (PS4)

   DLCで後日談が追加されたようなので、そちらも続いてプレイしたいなぁ…。
   やる気が続くかはわからないけれど…。


 ・ホライゾンゼロドーン (PS4)

   今のところ探索も戦闘も楽しいので、めっちゃ時間かかりそうな雰囲気!
   探索で隅々まで周っちゃうタイプなんだよねー。


 ・マリオ&ルイージRPG2 (DS)

   コミカルなキャラクター達に癒されながら、ゆったりとプレイしていきます。


 ★ハードコアメカ (PS4)

   海外インディーの2Dメカアクションゲー!
   ロボットのSDデザインや演出がスパロボっぽい感じで楽しみ。


 ★帋人形 (PS4)

   VRでいろいろ探しても面白そうなのはホラーばかり…という事で
   バイオをプレイしたばかりですが、季節的にも合っているし、やってみましょう。
   ちなみに読みは「かみにんぎょう」です。


夏はホラーゲームを優先してやっていこうかなー。
毎月1作!
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.