FC2ブログ
いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
戦場のヴァルキュリア4 その3
13章まで終わりました。
一気にストーリーが濃くなってきましたね!

6章までは主に自軍を中心にキャラの紹介を兼ねて
快進撃のストーリーが描かれてきましたが
7章で敗走してからは、敵側のキャラの露出が多くなり
謎の少女が登場したり、カイを中心とした人間模様も複雑化してきました。

基本的にメインストーリーはシリアスを基本として描かれていて
コメディは各隊員の断章(キャラエピソード)で描くという住み分けも好印象です。

ただ、ストーリーの出来そのものは平凡で、よくある設定や展開だらけなので
見どころという程のものはないかもしれません。
それでも、軸がぶれずに一貫性のある描き方をしているので
とても楽しみやすいですし、悪い印象にはならないんじゃないかな、と思いました。
中だるみもないですしね。

ステージ構成は、中盤に来ても新鮮さが失われておらず
各ステージしっかりと設計され、明確な特色を持たされているので
最後まで飽きずに楽しめそうな感じです。
Bridge Constructor
Bridge Constructor Portalをプレイしようと思っていたんですが
コラボ元のBridge Constructorをプレイした事がなかったので
やはり、先に元のゲームをプレイしておくべきだろうと考え、やってみる事にしました。
Portalはプレイした事があるんですけどね。

ゲーム内容はタイトル通り、橋を作るゲームです。
作った橋に実際に車を走らせて渡り切れれば成功という内容。

橋を架ける為に使う素材とか、どのように建設するかは簡単に指示出来るんですが
予算が限られているので、絶対に壊れないようなガチガチな橋を作ることは出来ず
いかに物理的に強固な橋を少ない予算で作っていくかを求められるゲームですね。

最初のステージのチュートリアルで、三角形を念頭に作ると強度が高くなるよ!
というヒントがあるくらいなので、物理に弱い人には難しいゲームかもしれません。

まず最初のステージである、ウエストランドには全ての橋を架けられましたが
建設の基礎がわかってないと、何も乗ってなくても簡単に瓦解しますねw
ヒント機能もないみたいなので、途中で詰まる人も多いかもしれないです。

今のところ自分は大丈夫ですが、恐る恐る先に進んでみます。
英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- その3
第2部まで終わりました。
第1部と断章が、コピペ展開だっただけに、2部からはリィンが加わって
ようやくいろんな展開が見れるかなーと思いきや
2部前半は、まだ1部を見ているかのような同じ展開が続き
リィンが加わった事以外に変化がない退屈な時間でした。

風向きが変わったのはリーヴスで本校とぶつかった時ですね。
それまでとは一味違った展開になっており
ずーっと味がしなかったガムを噛んでいた状態から
新しいガムに取り換えた直後のような感動がありました。

その後のパンタグリュエルでの展開は、これまた過去作と似たような感じに
逆戻りしてしまいましたが、大規模なオールスター感に騙されれば
非常に熱く燃える内容になっていて、良かったと思います。
(彼らの復活は予想通りというよりは期待通りという感じかな。)

今後の展開に期待が持てるようには、なってきましたが
自軍メンツや協力者が豪華メンバー過ぎて
キャラクターが感じている程の悲壮感をプレイヤー視点で感じられないのが難点かな。
こんだけいれば、どうとでもなるやろ…って思うので
シリアスに物語を見つめるのが難しくなっているかもしれません。
バイオハザード7 レジデント イービル NOT A HERO
他のDLCはプレイする気はないですが、クリス主人公のこれだけは
少し休憩してからやろうと思っていました。
本編では倒さずに終わったルーカスとの戦いが描かれていますし
6の後、更には映画「ヴェンデッタ」の後のクリスという事で興味がありました。

ストーリー的にはルーカスとの決着と、クリスと新アンブレラの関係。
そしてルーカスと繋がりのある謎の組織「コネクション」の存在を示して
続編への前振りをしている内容ですね。

一応最初はVRでプレイしましたが、本編をプレイしていた頃の慣れはどこへやら…。
開始10分程度で頭クラクラ…酔いの耐性は完全に消えていました…。
また少しずつ慣らしながらプレイするのも時間がかかって大変なので
バイオ7で初めてTV画面でプレイ。完全に平均以下のFPSゲームだねぇ…。

恐怖に関しても、主人公が強く、敵の正体が判明している時点で
無に等しく、体術も駆使してガンガン化け物を倒していくので
久々に爽快感がありました。

出来る事なら、VRでガンガン敵を倒していきたいところでしたが
今回はTV画面で我慢…VRの今後の進化に期待。
戦場のヴァルキュリア4 その2
7章まで終わりました。
敵の強固な拠点を大規模作戦で攻略し、勢いづいたところを
敵の奇襲で一気に劣勢に立たされ退却。
なんとか山岳地帯を越えて辿り着いた先に待っていたのは全滅した友軍。
迫りくる敵戦車部隊…その時…!
といった感じの流れでした。

ここまで3章から7章と、それ程進んだわけではないのですが
ストーリー的には盛り沢山。
主人公とヒロインの関係や、断章で語られるカイの物語など
キャラクターの深掘りも、しっかりとやっており濃い内容です。

SRPGとしてのステージ構成も、ストーリーに負けず劣らず多種多様で
非常に遊び応えがありますね。
同じステージの再プレイはしないで一発Sランクを目指しているので
かなりの回数をトライ&エラーで進めてます。

ゲームシステム的には敵の索敵も重要な要素なんですが
Sランクを狙おうとすると、どうしても敵の配置を把握をしておかないと
難しいので、敵の配置を確認してからやり直し…という行動になりがち。
これは初見クリアの楽しみを減らしている可能性もありますが
今回はこのスタイルでいくという事で…。
Bus Simulator
タイトル通りバスの運転手としての仕事や
バス会社の運営を楽しめるゲームとして
PS1の頃の野心溢れるゲーム臭がして面白そうだと思って購入。
(2000円くらいだと思ったら4000円もして、結構高かった)

数時間プレイしてみましたが、運営部分はほとんどおまけで
運転がメインのゲームみたいですね。
運営は運転手を雇って、バスを買って、路線を作って~というくらいしか出来ません。
路線を走らせれば、勝手に収入が入りますが、支出が収入を上回ることは
あり得ないようなゲームバランスなので、運営を回すと
一人で走ってお金を稼ぐよりも楽が出来るよーくらいの内容です。

バスの運転は大型車両を運転した事がないので、公道をバスで走るというだけでも
結構新鮮で、特に路地を曲がるときはコツが必要で操作が面白いです。
ゲームなので仕方がない事ですが、プレイヤーに慣性が働かないので
発進やブレーキ・停止でバスの重さを感じられないのが残念かな…。

乗客へのもろもろの対応や、交通事情を踏まえながら時間通りに走行するなど
求められるものはいろいろあり、結構楽しいです。

一度人身事故を起こして、めっちゃお金取られた時は倒産するかと思ったw
英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- その2
第1部と断章が終了しました。
リィンが復帰という事で、前半の区切りとしてはベストなタイミングでしたね。

ストーリーの盛り上がりも前半部分としては十分な展開だったと思いますが
それまでの展開は過去作同様のコピペ展開と言いますか
相変わらず同じプロットを繰り返すだけの退屈な時間でした。

第1部は3編ありますが、その全てで全く同じパターンの繰り返し。
更に言えば、過去作も全て同じパターンの繰り返し。
セリフまわしなども、各キャラ似たり寄ったりで
プレイすればする程、残念な部分が目立ってしまうんですよね。

せっかくキャラクターの相関や設定、ストーリーの本筋は良いのに
中だるみを感じる部分が多すぎるのが難点だと思います。
加えてシステム面も含めた演出などのテンポの悪さも拍車をかけてますね。

もはやストーリーの核となる部分以外は、初めて見るシーンであっても
デジャブや見飽きた感があるので、セリフは飛ばし気味。
どうせ、特に意味のあるような会話はしてない事がほとんど…。

次回作では、設定やストーリーはこのままの方針で良いので
テキストを書く人をなんとかして欲しいなーと思う。
戦場のヴァルキュリア4
公式ページやPVを見る限り、1のシステムと3のストーリーの
良いとこ取りな感じがして面白そうだったので、期待して購入。
2章の後の断章までプレイしました。

まずマップが大きく一つになった(戻った)のが良いですね!
PSPの2や3ではPSP時代のモンハンのように
マップが細かくエリアで分かれてしまっていて残念だったのですが
据え置き機の今作では、また広大なマップで戦術を練る楽しさが復活。

実際、ここまでのマップ構成を見ても単純に突撃して
敵殲滅というマップはなく(チュートリアルの序章は除く)
どれも一癖ある内容になっているのが序盤から非常に好印象です。

ストーリー面もシリアスとギャグのバランスが程よく
現在と過去、キャラクター同士の相関が順序良く描かれていて
とても物語に入り込みやすいです。

久々の戦ヴァルは期待通り楽しめそう!
2019/10
日本シリーズは巨人の惨敗に終わったわけですが
ミス多すぎですな…SBも強かったけど、自滅の印象も強かった。


<2019年10月のプレイ履歴>
(★完了)


 ★クイズマジックアカデミーDS ~二つの時空石~ (DS)

   ストーリークリアと、見たことのある問題が増え始めるタイミングが
   大体一致したので、この辺が終わるのに丁度良いかなーと思って終了。
   問題の難易度を上げれば、まだまだ未知の問題も多くなりそうですが
   自分自身がついていけないのでね…。


 ★ドラゴンズクラウン・プロ (PS4)

   1周クリア~!で満足!
   アクションがオーディンスフィアくらい面白ければ、まだ遊べたと思うけどね。


 ★バイオハザード RE:2 (PS4)

   レオン表とクレア裏をクリア、DLCちょこっとプレイして終わりです。
   DLCはリベレーションズ系のクリア後モードとかマーセナリーズと比べると残念な出来…。


 ★ヴェスタリアサーガ外伝 ルッカの英雄 (Windows)

   かなり短く、難易度も簡単過ぎで、SRPGとしては楽しみが薄かったですが
   ルッカ村のお話は結構面白かったね。
   このクオリティなら他のキャラの話もやって欲しいくらい。


 ・マリオ&ルイージRPG3 DX (3DS)

   ピーチ城に入る為にスターワクチンを集め中。
   今まで抑圧されていた分、外で自由にマリオ達を動かすのが楽しい!
   クッパのアクションがもうちょっと面白ければなぁ。


 ・英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- (PS4)

   断章でリィンを救出するところまで進めました。
   システムもストーリー展開のパターンも過去作と同じなので、4作目ともなると…。


<2019年11月のプレイ予定>
(★新規)


 ・マリオ&ルイージRPG3 DX (3DS)

   結構プレイしている気がするから、そろそろ終盤かな?
   やり込み系は全く興味ない(マメも全無視)けど、クッパJr.RPGはプレイするかも。


 ・英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA- (PS4)

   シリーズ完結に向けて~の後半戦になるからには、シリーズファンにも
   いつものパターンだな、と思われない展開を頼むぞ…!


 ★戦場のヴァルキュリア4 (PS4)

   シリーズファンとしては、プレイするのが遅くなり過ぎましたね…。
   2や3で不満だったエリアマップを廃止して、一つの大きなマップに戻ったのは嬉しい。


 ★Bus Simulator (PS4)

   バスの運転とバス会社の運営が出来る~って事で、なんだか惹かれました。
   シンプルシリーズくらいの値段だと思ったけど、結構高いので
   かなり作り込まれていることに期待。


 ★Bridge Constructor Portal (PS4)

   ブリッジコンストラクターとポータルのコラボゲームらしいですが
   ポータルが面白かったので、ちょっとやってみようかなーと思います。


携帯ゲームで遊ぶタイトルがまたなくなってしまった…。
携帯ゲームはそろそろスマホかなー。
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.