いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
HOSPITAL. 6人の医師 内視鏡: トモエ・タチバナ
初めて画面写真とかを見た印象では、一番やってみたかったのがコレです。
内臓内を移動していくので、グラフィックがダメな人はダメかも。

小腸やら大腸は一本道なのでともかく
肺は分岐点が多くて、空間把握がうまく出来ない人は迷子になりやすい。

操作はヌンチャクがメインで、他と比べて非常に特殊です。
慣れてない事もあって、最高でもBランクしか取れませんでした。
最後が手術じゃなくて、崩落現場の瓦礫の隙間に内視鏡を入れて
要救助者を見つけ出すという特殊なものだったのが印象的です。

主人公は他の医者達に比べると普通の人なんですが
自分専用の内視鏡を特注で作ったりと、やっぱりどこか…w

あまり意識してませんでしたが
彼女が日本の実家に帰ると言った時に
アメリカが舞台だったことを思い出しました。

やはりこのゲームのメインターゲットは日本よりも
海外っぽいですねぇ。
患者の身体データも、身長は“in”(インチ)で
体重は“ibs”(ポンド)表記ですし。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.