いっしんのゲーム日記?
ゲームや自分の好きなものについて 何か書いています。
レイトン教授VS逆転裁判 クリア
5章から最後まで一気にクリアです!
最後まで結構長いんですが、連続した展開になるので
なかなかやめられなくなりますね。

難易度は後半になるにつれて、ナゾ解きも裁判も少し難しくなりましたが
それでも簡単な部類なので、ほとんどヒントいらずなんじゃないかと思います。

システム的には、最後まで両作品が独立していて
あまりコラボ作品ならではの要素がなかったのが残念だったかな。
一応「ナゾ解き中の発想の逆転」や「裁判中のナゾ解き」が
必要な場面もありましたが、わずか1,2ヶ所でした。

ストーリー面では、脚本は映画作品っぽく壮大で
展開もオチも素晴らしかったんですが、いかんせん説明不足。
まぁ、この展開で完全な説明は難しい内容だったと思いますが
説明出来ない限り、せっかくのオチがご都合主義になっちゃうんですよねぇ。

中盤までの展開のまま最後までやった場合は、ご都合主義にはならないですが
オチが弱くて、普通の作品で終わっちゃうのが辛いところですね。

細かい事は気にしないって人なら、何も問題ないと思いますが
自分の場合は、もともと逆裁側が好きでプレイしたので
やっぱり、不整合や不自然さが、気になっちゃいました。

細かい点はネタバレになるので、追記に…。


いやー、実は魔法とかありませんでした!全て現実の出来事でした!
っていうオチはすごく良かったんですが、じゃあ今までの出来事を
全部現実で再現出来るのかといったら、明らかに無理なわけですよ。

で、無理な部分は、超技術や架空物質でとにかく出来たの!って事なんですよね。
これって、ファンタジーネタからSFネタになっただけじゃないのかな?

魔法だからこそ、現実で説明出来ない不思議な出来事に納得出来ましたが
実は現実でした…ってなってからも、とにかく架空の技術や物質で何故か出来ました
という説明しか出来ないなら、それはあまりにもひどいご都合主義というもの。

それに詳しくネタを説明してくれた部分ですら穴だらけなんですよね…。

純銀の音で気絶するのは構わないですが、気が付くタイミングは
コントロール出来ないでしょうし、前後の記憶が綺麗に繋がるのもおかしい。
記憶操作出来るという設定ですが、さすがに現場で簡単に出来るレベルじゃないでしょう。

いきなり出現した鐘楼は見えない物質で覆って隠していたらしいですが
真の黒とやらで光を吸収って設定だと、透明になるんじゃなくて
黒く見えるんじゃないのかなぁ?
透明に見えるのなら、光は吸収されるんじゃなくて、屈折しているのでは?
それに存在が消えるわけじゃないんだから、触れる事は出来るわけですよね。
10年間も、誰も触れる事がなかったというのも不自然っていうレベルじゃないし。

とまぁ、他にも序盤の出来事なり、現実にすると説明出来ない事が多すぎる。
これらを説明出来て、初めてオチに意味が出来るのかなーと。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

clover | URL | 2013-03-06-Wed 23:12 [EDIT]
こんばんはです!

レイトン教授VS逆転裁判のクリアおめでとうございます!
私も友人から借りて、少しプレイしたのですが・・・
思っていたよりうまく混ざり合っていましたね。

レイトンが好きな私にとってはそこそこ面白かったのですが
逆転裁判が好きな人にとっては少し物足りない感が
あるかもしれないですね。

いっしん@管理人 | URL | 2013-03-07-Thu 15:23 [EDIT]
どうも、こんにちは~。ありがとうございます!

頭を使うゲームっていう共通点はありますが
世界観も絵のタッチも違う2作品でしたから
ホントに良く混ざってくれたと思いますね~。

自分は逆転裁判しかプレイした事がなかったですが
十分楽しめましたよー。
格好良いレイトン教授も見れて良かったですしw

Pin | URL | 2013-05-26-Sun 18:48 [EDIT]
昨日クリアしました。
「真の黒」については「見えない」じゃなく「意識しない」になればある程度納得出来るかな?と。
無意識のうちにスルーしてしまうとか何とか。

でも「魔法なんて無かった!」なのに、冒頭で教授のお弟子さんを大魔女が追っかけてるシーンは思っきり魔法使ってるんですよねぇw
空を飛んで火炎魔法投げたり、石像動かしたり。
そこのムジュンが最後気になってしまいました。

いっしん@管理人 | URL | 2013-05-28-Tue 01:39 [EDIT]
>Pinさん
クリアおつーん!
「真の黒」は、なかなか解釈が難しいですな…。
「意識しない」というと、あれですね。「石ころ帽子」的なw

序盤部分は後で振り返ると矛盾のオンパレードですからねw
まぁ、最後の最後で、序盤の事なんて思い出してんじゃねーよ!ってことで一つw

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 いっしんのゲーム日記?. all rights reserved.